2018年04月14日

<統計的な考え方>を利用した「超音波技術」No.3

<統計的な考え方>を利用した「超音波技術」No.3




超音波システム研究所は、
 超音波利用に関して、
 <統計的な考え方>を利用した
 効果的な「測定・解析・評価方法」に関する技術を開発しています。

<統計的な考え方について>
 統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
 具体的なものとの接触を通じて
 抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
 これが統計数理の特質である




超音波の研究について
「キャビテーションの効果を安定させるには統計的な見方が不可欠」

<モデルについて>
モデルは対象に関する理解、予測、制御等を
効果的に進めることを目的として構築されます。

正確なモデルの構築は難しく、
常に対象の複雑さを適当に"丸めた"形の表現で検討を進めます。
その意味で、
モデルの構成あるいは構築の過程は統計的思考が必要です。




<モデルと現状のシステムとの関係性について>
( 考察する場合の注意事項 )

1)先入観や経験は正しくないことがあると考える必要があります

2)モデルの本質を考えるためには、
 圏論(注)を利用することが有効だと考えています
 (実際に応用化学や量子論などで積極的に利用されています)

注:圏論は、数学的構造とその間の関係を抽象的に扱う数学理論

<論理モデルの作成について>
(情報量基準を利用して)

1)各種の基礎技術(注)に基づいて、対象に関する、

 D1=客観的知識(学術的論理に裏付けられた理論)
 D2=経験的知識(これまでの結果)
 D3=観測データ(現実の状態)

  からなる 「情報データ群 」、DS=(D1,D2,D3) を明確に認識し
  その組織的利用から複数のモデル案を作成する

2)統計的思考法を、
   情報データ群(DS)の構成と、
   それに基づくモデルの提案と検証の繰り返し
   によって情報獲得を実現する思考法と捉える

3) AIC の利用により、
   様々なモデルの比較を行い、最適なモデルを決定する

4) 作成したモデルに基づいて
   超音波装置・システムを構築する

5) 時間と効率を考え、
 以下のように対応することを提案しています

5-1)「論理モデル作成事項」を考慮して
   「直感によるモデル」を作成し複数の人が検討する

5-2)実状のデータや新たな情報によりモデルを修正・検討する

5-3)検討メンバーが合意できるモデルにより
   装置やシステムの具体的打ち合わせに入る




上記の参考資料
 1)ダイナミックシステムの統計的解析と制御
   :赤池弘次/共著 中川東一郎/共著:サイエンス社
 2)生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門
   :和田孝雄/著:講談社 

ポイントは
 表面弾性波の利用です、
 対象物の条件・・・により
 超音波の伝搬特性を確認することで、
 オリジナル非線形共振現象(注1)として
 対処することが重要です

注1:オリジナル非線形共振現象
 オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象


様々な分野への利用が可能になると考え
 各種コンサルティングにおいて提案しています。





参考動画

<音圧データの解析>

https://youtu.be/ZuqMifkPbt0

https://youtu.be/dOxP7eCv4MM

https://youtu.be/zetds4XCnNk

https://youtu.be/2LIrQ7VSSIk


<統計的な考え方>を利用した「超音波技術」

https://youtu.be/YzpGKndbM70

https://youtu.be/fyeSnW7ha94

https://youtu.be/TJbL1zlNwfw

https://youtu.be/GYSXzwAfclQ

https://youtu.be/08TskbMHRcU





<超音波の研究:論理モデル>

https://youtu.be/r0oKBTVNWBI

https://youtu.be/RTKjM4GHXjo

https://youtu.be/RarMkucdN3g

https://youtu.be/lRNl_cxXsjk

https://youtu.be/GTOYhYKqgus


<超音波の研究:表面弾性波>

https://youtu.be/o8sgaaofMNw

https://youtu.be/0SPEvRgRd_s

https://youtu.be/iddzj-uPXm8

https://youtu.be/-pmeaPBYXy4





<超音波洗浄機>

https://youtu.be/x8eeFeyM3GU

https://youtu.be/0yJhb-j8jco

https://youtu.be/ebuI2_66wWk

https://youtu.be/rftFxGaWJZY







統計的な考え方を利用した超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=12202

参考

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
2015年(上記の書籍発行) 以降の進展について
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/ad388e78927e24e0d38458939a3a51a6.pdf

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/12f72611ff69c379308e7fb9eb530c2d.pdf

超音波テスターNA(推奨タイプ)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/06d8809b57609380ea2fdcc654dfda68.pdf

超音波洗浄資料(抜粋)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf

洗浄システム(推奨)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/52cc97c1a13fd294f53af526edd69990.pdf






<<< 論理モデル >>>

通信の数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む<統計的な考え方>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963





<<< ダイナミック制御 >>>

<超音波のダイナミック制御技術>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

超音波のダイナミック制御技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7425





<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705




超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波の音圧測定解析データを公開
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2387







  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:42Comments(0)超音波技術

2018年04月14日

セミナー(超音波洗浄 東京・大井町:2018.4.27)




セミナー(超音波洗浄 東京・大井町:2018.4.27)

 洗浄・超音波の基礎から学ぶ、超音波洗浄の活用技術とトラブル対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波システム研究所は、
下記の通り超音波セミナーを行います。

タイトル
「 洗浄・超音波の基礎から学ぶ、
    超音波洗浄の活用技術とトラブル対策」

講師 超音波システム研究所 代表  斉木 和幸

日時 2018年4月27日(金)10:30~16:30

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社
 http://www.science-t.com/

受講料(税込)
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円

【キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料
       (1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。

資料・昼食付




会場 【東京】品川区大井町 きゅりあん 4階 第2特別講習室

〒140-0011
東京都品川区東大井5-18-1

<JR(京浜東北線)>
●「大井町駅」(中央改札)より徒歩1分

<東急大井町線>
●「大井町駅」より徒歩3分
 
<りんかい線>
●「大井町駅」(A1出口)より徒歩3分


詳細 https://www.science-t.com/st/cont/id/28307




<プログラム>

1.洗浄の基礎知識

 1.1 洗浄の目的と原理
 1.2 洗浄のエネルギー
  1.2.1 汚れと付着力
  1.2.2 洗浄と表面エネルギー
 1.3 洗浄の方法
  1.3.1 物理作用
  1.3.2 化学作用
  1.3.3 マイクロバブル
 1.4 一般的な洗浄プロセス
 1.5 洗浄液(洗剤、溶剤…)
 1.6 洗浄効果の確認・評価方法
 1.7 洗浄システムの具体例

2.音圧データの測定解析に基づいた問題と改善策

 2.1 液体、気体、固体が化学反応した汚れには、
    キャビテーションの変化が有効

 2.2 ナノレベルの精密な洗浄には、
    複数の異なる超音波周波数による音響流制御が有効

2.3 再付着には、超音波シャワー・洗浄液の流れの見直しが有効

2.4 洗浄プロセスの効率改善には、
    隣接する水槽間の相互作用を確認・解析することが必要

2.5 部品の隙間に入ったメッキ液の洗浄には、
    洗浄物の音響特性に合わせた揺動操作が有効

2.6 超音波が大きく減衰する洗浄液を使用する場合は、
    水槽の設置・治工具の工夫が必要

3.洗浄で使われる超音波

3.1超音波の利用ノウハウ
  3.1.1 設置
  3.1.2 マイクロバブル発生システム
  3.1.3 液循環
 3.2 超音波振動の伝搬現象
  3.2.1 液体
  3.2.2 気体
  3.2.3 弾性体
 3.3 キャビテーションと音響流
  3.3.1 測定
  3.3.2 解析
  3.3.3 評価
  3.3.4 具体例

4.洗浄の問題解決テクニック( トラブルシューティング)

 4.1 大型部品(軸・フレーム…)の洗浄
 4.2 洗浄バレルを使用した洗浄
 4.3 大量の部品洗浄
 4.4 洗剤・溶剤を利用した洗浄
 4.5 複雑な形状の部品洗浄
 4.6 その他 (線材、素材、粉末、アルミ、セラミックス…)

  □質疑応答□






<趣旨>

製造工程にとって重要な洗浄。
 機械加工の工程や表面処理の工程など、
 製品への付加価値レベルの向上に伴い、
 洗浄技術は大変重視されるようになりました。
しかし、現状の洗浄状況は、
 IT技術・3Dプリンター・ナノテクノロジーの普及などと比べると
  大きな改善・変化が起きていません。
洗浄後の汚れが再付着する状況や
 洗浄物の違いによる洗浄状態のバラツキ、乾燥後のしみの発生など、
 性能を低下させる原因やクレームになる事例は多く、
 洗浄工程の考え方や改善方法等は、非常に重要な事項だと言えます。

本セミナーでは、
 洗浄のメカニズムや基本的な知識についてわかり易く解説するとともに、
 講師の長年におよぶ洗浄実験から得られた洗浄のテクニック
 (水槽設計・製造、マイクロバブルの利用、
  キャビテーションと音響流の最適化技術、
  洗浄中の表面弾性波測定技術…)や
 トラブルシューティング、
 アルミ部品・大型材料の表面処理事例等について紹介します。




参考動画

超音波洗浄機

https://youtu.be/XU5AqGpcdy8

https://youtu.be/WXc_T1hjXK4

https://youtu.be/UvX9dgYqbk4

https://youtu.be/UJZw4c7i3Ic

https://youtu.be/DKY81b6HEAI

https://youtu.be/SoUiTVCmE2g





脱気マイクロバブル発生液循環

https://youtu.be/EaE296dCz6o

https://youtu.be/1LICuXiOQOQ

https://youtu.be/tFOenqyo7uk

https://youtu.be/Ra5B9dM9oR8

https://youtu.be/0Xo0npoB10I





音圧測定

https://youtu.be/glWfqnQyI0Q

https://youtu.be/4cRFSad4tv4

https://youtu.be/x4PYdQtXPvc

https://youtu.be/uBlrEaiQOwI





音圧解析

https://youtu.be/2bnNPmVoZes

https://youtu.be/EnvNmRpqQB0

https://youtu.be/4Xt6Lrfl5DQ

https://youtu.be/mawZoU0HukI

https://youtu.be/duisI-x56-E







参考

セミナー(超音波洗浄)
http://ultrasonic-labo.com/?p=12572

超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1410

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177


【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
住所:〒192-0046 
   東京都八王子市明神町2丁目25-3
   SOHOプラザ京王八王子 303
担当  斉木 
電話 090-3815-3811
メールアドレス  info@ultrasonic-labo.com
(できるだけ,メールアドレスに,お問い合わせ下さい。)
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/










  


Posted by 超音波システム研究所 at 11:04Comments(0)超音波技術

2018年04月08日

液晶樹脂による<メガヘルツの超音波制御>技術を開発

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
LCP樹脂を利用した、超音波発振制御技術を開発しました。
ファンクションジェネレータと超音波プローブを応用することで、
1-100MHzの超音波伝搬状態を利用可能にする
超音波制御技術として利用しています。




超音波伝搬状態の測定・解析・評価・技術に基づいた、
 精密洗浄・加工・攪拌・表面改質・液体の均一化・・・・
 への新しい応用技術です。

材料の音響特性(表面弾性波)の利用により
 20W以下の超音波出力で、1000リッターの水槽でも、
 対象物への超音波刺激は制御可能です。

弾性波動に関する工学的(実験・技術)な視点と
 抽象代数学の超音波モデルにより
 非線形現象の応用方法として開発しました。




ポイントは
 LCP樹脂(注2)の利用です、
 対象物の条件・・・により
 超音波の伝搬特性を確認することで、
 オリジナル非線形共振現象(注1)として
 対処することが重要です

注1:オリジナル非線形共振現象
 オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象




注2:LCP樹脂
LCP樹脂:上野液晶ポリマーUENOLCP
 https://www.ueno-fc.co.jp/lcp/
 UENO LCPは、
 液晶ポリマーの世界的原料(モノマー)メーカーである
 上野製薬株式会社がその強みとノウハウを活かし、
 独自に研究開発した熱可塑性ポリマーです。

注3:特許出願済み
 LCP樹脂(液晶ポリマー)の超音波利用に関しては
 上野製薬株式会社による特許出願が行なわれています

様々な分野への利用が可能になると考え
 各種コンサルティングにおいて提案しています。




参考

<動画>

https://youtu.be/kr5Hz9aHY5M

https://youtu.be/42f6aCDboGo

https://youtu.be/Hk5Wc4GIraw

https://youtu.be/yZykXlsuc48

https://youtu.be/Mriqdi5ANMw

https://youtu.be/Yxss5ssd-Po




https://youtu.be/Z534m9SxMIY

https://youtu.be/ei9xfnV8tbU

https://youtu.be/y1WnhIU_pMw

https://youtu.be/eiY4v_ZDtok

https://youtu.be/OD40rJbYKq0

https://youtu.be/RJQR89OGtFE

https://youtu.be/T6rw0mjEpqQ




https://youtu.be/52Us1SIlMr4

https://youtu.be/snfHhtuudJ0

https://youtu.be/j8t6wo1jAac

https://youtu.be/UnAp_k7lVa4






<写真・スライド>

https://youtu.be/ZhGNDJSASTA

https://youtu.be/XwlyGpTRlW4

https://youtu.be/8P8eKWRcRSQ

https://youtu.be/xfzLPzTeOpE

https://youtu.be/BQl4CDdxnTo

https://youtu.be/3bAk2oPj7K4

https://youtu.be/7XmfOhUH_uw





超音波洗浄器(42kHz)による
<メガヘルツの超音波洗浄>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

超音波の非線形現象
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

統計的な考え方を利用した超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=12202




超音波の非線形振動
http://ultrasonic-labo.com/?p=13908

超音波<測定・解析>システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1000

超音波美顔器を利用した、「超音波伝搬制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1205

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267





超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/?p=13404


詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。





  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:52Comments(0)超音波技術

2018年04月05日

抽象数学における、スペクトル系列を利用した超音波制御技術

超音波システム研究所は、
超音波の非線形性に関する現象を含めた状態を、
抽象数学(圏論)における
Monoid(モノイドの圏)モデルとして、開発しました。




このアイデアに基づいて、
 超音波制御を行う、具体的な方法を
 結び目図式のスペクトル系列として、開発しました。

今回開発した制御方法は、
 超音波の音圧データを
 自己回帰モデルでフィードバック解析することで、
 キャビテーションと音響流の効果に関する
 非線形現象の分類技術(高調波、低調化)を発展させました。





これまでのデータ解析から
 効果的な利用方法を
 以下のような
 4つのタイプに分類してダイナミックに制御します。

 1:キャビテーション主体型
 2:音響流主体型
 3:ミックス型
 4:変動型

 上記の各タイプについて
  安定性・変化の状態・・・に関して
  詳細な分類・調整により、
  目的と効果に対する、効率のよい
  各種条件の設定・調整が可能になりました。

 特に、洗浄に関しては
  汚れの特性やバラツキに関する情報が得られにくいため
  このような分類・解析をベースに実験確認することで
  効果的な超音波制御が、実現します。





 この分類・制御の本質的なアイデアは、
 超音波による定在波の特徴を、
 抽象代数学の「導来関手」に適応させるということと、
 非線形現象の特徴を、
 Monoid(モノイドの圏)モデルに適応させるということです。

 今回、複雑な超音波の変化を
 結び目図式から得られるスペクトル系列として表現することで
 時間経過で変わっていく、不安定な超音波の状態を
 目的に合わせて、コントロールできるようになりました。

 抽象的ですが
 超音波の伝搬状態を計測解析するなかで
 定在波と音響流に関する的確な解析により
 キャビテーションを主体とした超音波の効果・・を
 効果的にコントロールできる事例が増えたことから
 公表することにしました。


なお、超音波システム研究所の「非線形制御技術」は、
 この方法による、
 具体的な技術(流水式超音波、超音波シャワー)として対応しています。

応用技術として
 非線形現象の発生状態に関する研究開発を進めています。
 「超音波利用の最も大きな効果が、非線形状態の変化にある」
  という考え方が、さらに一歩進んだと考えています。



<< 超音波のMonoid(モノイドの圏)モデル >>

基本的な超音波発振による現象全体をRing(環の圏)として、
キャビテーション・・による(発振周波数を主体とした)現象を
 「アーベル群の圏」
加速度・音響流・・による(伝搬周波数の変化を主体とした)現象を
 「Monoid(0元をもつ乗法の一元体)」
とするモデルを開発しました。


<< 超音波の三角化されたカテゴリーモデルによる制御 >>

キャビテーションと音響流による現象について
三角化された加法的カテゴリーモデルにより
制御パラメータ(流れ・表面弾性波、出力・パワー、周波数・発振)を
スペクトル系列のコホモロジーで、最適化します。




参考

超音波の非線形振動
http://ultrasonic-labo.com/?p=13908

モノイド圏モデルを利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9692

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

代数モデル
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

音圧測定に基づいた「超音波洗浄資料」の無料提供
http://ultrasonic-labo.com/?p=3829





コンサルティング対応として
上記のモデルを適切に設定することで
以下の技術を実現します。
 1)ジャグリング定理を応用した「超音波制御」技術
 2)音色と超音波・音と超音波の組み合わせ制御技術
 3)「脱気・マイクロバブル発生装置」の利用技術
 4)超音波機器の<計測・解析・評価>技術


超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2295

超音波装置の最適化技術をコンサルティング提供
http://ultrasonic-labo.com/?p=1401



  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:19Comments(0)超音波技術

2018年03月24日

超音波とマイクロバブルと表面弾性波による表面処理技術

--超音波とマイクロバブルと表面弾性波による表面処理技術 --

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
超音波とマイクロバブルと表面弾性波による
メガヘルツの超音波伝搬現象を利用する技術を開発(公開)しました。

超音波とマイクロバブルによる、残留応力を緩和する技術に
 表面弾性波(樹脂、鉄鋼、ステンレス、ガラス、セラミック・・)の
 音響特性を最適化することで、
 目的に合わせた超音波の利用方法を開発しました。

特に、超音波洗浄、めっき液の均一化において、実績が増えています



この技術を
 コンサルティング対応として提供します

これは、新しい超音波による表面処理技術であり、
 表面弾性波(音響特性)による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
 応用・発展できると考えています。


超音波とマイクロバブルと表面弾性波を利用する
 超音波制御システム技術として、コンサルティング対応します
 具体的には、以下の事項を提供します

 1:原理の説明
 2:具体的な装置の検討・確認(必要であれば設計・製造)
 3:操作方法・作業ノウハウの提案・説明
 4:新しい超音波利用技術の提案・説明

実績・事例
 1:超音波水槽の表面改質
 2:超音波振動子の表面改質
 3:金属部品の表面改質
    板金部品、ネジやボルト、・・・
 4:樹脂部品の表面改質
    レンズ、コーティング・塗装部品、・・
 5:新素材の開発
 6:洗剤、溶剤・・均一化処理
 7:超音波溶接
 8:超音波めっき



参考

(メガヘルツの効果を実現した音圧データ)

https://youtu.be/V5TqjkUQAl4

https://youtu.be/jTSU1ZeCmdo

https://youtu.be/HEWIEUuDkAs

https://youtu.be/vpYA3dZGEFg



(超音波実験)

https://youtu.be/kFWvcyPR3ag

https://youtu.be/DKhI2WUnTaA

https://youtu.be/RGVrAmfW8tw

https://youtu.be/28IKAPHB4KU

https://youtu.be/C1v2bZqUJS0

https://youtu.be/AJDvkfWKYWM



(脱気・マイクロバブル発生液循環システム)

https://youtu.be/PXdQzCcitis

https://youtu.be/kK5afUWNYiQ

https://youtu.be/mmDeB1yeXNs

https://youtu.be/7qcbfVOnQxw

https://youtu.be/jFkOsEjH4oo



超音波の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
https://youtu.be/eaFivlxliys

超音波洗浄セミナー動画
https://youtu.be/P7wiq0fQu5k

超音波攪拌(乳化・分散・粉砕)技術
https://youtu.be/_JX9c7LtbSo

超音波制御技術(非線形共振現象)
https://youtu.be/w2Valhalwo4

超音波の音圧測定解析システム「超音波テスター」
https://youtu.be/dOduC0xQJ5Y

「ナノテクノロジー」の研究・開発
https://youtu.be/FUn6lzL7G60


(表面弾性波を利用した、超音波制御技)

https://youtu.be/GBhyBTl3SLs

https://youtu.be/JJ2Y_kYioC4

https://youtu.be/LVSyWztou-U

https://youtu.be/sTHzqsUFCgk

https://youtu.be/k_0XzooQ7M4

https://youtu.be/gnLZhC29Pm0

https://youtu.be/bvFeOUBx2PE

https://youtu.be/GeI7KdM-_fQ

https://youtu.be/YWk-uc0H080




現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323



超音波による金属・樹脂の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

<脱気・マイクロバブル発生液循環システム>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波システム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530




2015年(上記の書籍発行) 以降の進展について
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/ad388e78927e24e0d38458939a3a51a6.pdf

中小企業広島会報誌-H29.4
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/95a1e4f6f5b475a612043565e4c1e6d6.pdf

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/12f72611ff69c379308e7fb9eb530c2d.pdf

超音波テスターNA(推奨タイプ)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/06d8809b57609380ea2fdcc654dfda68.pdf

超音波洗浄資料(抜粋)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf

洗浄システム(推奨)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/52cc97c1a13fd294f53af526edd69990.pdf
  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:08Comments(0)超音波技術

2018年03月14日

超音波に関する動画・スライドの数が、68000に達しました。

超音波システム研究所は、
YouTubeに投稿した、
 超音波に関する動画・スライドの数が、68000に達しました。


超音波システム研究に関する、各種技術の紹介

 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・
 ・・・・・・・
 各種の動画・スライドショーを
 YouTubeに投稿しています。





参考(投稿)

https://youtu.be/gkexgtnzyUc

https://youtu.be/BfvkCnOh6uM

https://youtu.be/h23Q4OsLJM4

https://youtu.be/BloR9R6xeEM

https://youtu.be/X-Zp1Fxfxec

https://youtu.be/PN-Bts0gVJs

https://youtu.be/mtcgnw1vPIo

https://youtu.be/89xltJXGUZs

https://youtu.be/BTijamDGQNU

https://youtu.be/EZVqR3JDNcg

https://youtu.be/uB7J3oMX1N0

https://youtu.be/ljGsJXfs_0g

https://youtu.be/X6urfnITp5I

https://youtu.be/p9XI7EIEbW0

https://youtu.be/r0TLNgBVLG8

https://youtu.be/eWCdSbDOjF0

https://youtu.be/HE_Ue6AUIU4

https://youtu.be/YA9_UL2TyS4

https://youtu.be/BDLvfhX70KU

https://youtu.be/5oyLvnx30P0

https://youtu.be/TV1mwGWxro0

***

https://youtu.be/fjSRKMjV_Jg

https://youtu.be/E5YaqUN_yVc

https://youtu.be/rfYb5u5HIBI

https://youtu.be/giGXMek1-_g

https://youtu.be/anlwySCgbQk

***




超音波洗浄セミナー動画
https://youtu.be/P7wiq0fQu5k

超音波の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
https://youtu.be/eaFivlxliys

超音波の利用技術
https://youtu.be/xrO2yRFlzUU

音圧測定装置:超音波テスター
https://youtu.be/9MBMY1poVSo

超音波攪拌(乳化・分散・粉砕)技術
https://youtu.be/_JX9c7LtbSo

超音波制御技術(非線形共振現象)
https://youtu.be/w2Valhalwo4



参考技術

YouTube::投稿動画1
http://ultrasonic-labo.com/?p=1584

YouTube::投稿動画2
http://ultrasonic-labo.com/?p=3722

オリジナル超音波実験
http://ultrasonic-labo.com/?p=13919




超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

超音波測定解析の推奨システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波<キャビテーション・音響流>制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波の非線形現象
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074




表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/?p=13404



  


Posted by 超音波システム研究所 at 19:09Comments(0)超音波技術

2018年03月10日

超音波とマイクロバブルと表面弾性波(超音波制御技術)

超音波システム研究所は、
超音波制御により表面弾性波を利用した、
応用技術を開発しました。




超音波とマイクロバブルと表面弾性波の組み合わせにより
 ダイナミックな超音波伝搬制御を実現します。

ポイントは
 音響流と表面弾性波をマイクロバブル流水を媒体として
 超音波の非線形現象を
 効率の高い状態で制御可能にします。

上記の具体的な技術として
 水槽・治工具・・・と超音波の相互作用による
 非線形現象(バイスペクトル)を
 目的(洗浄、攪拌、応力緩和・・)に合わせて制御する
 システム技術を開発しました。

超音波の伝搬状態の測定・解析技術を利用した結果、
 高調波の制御を実現していること
 非線形現象を調整できることを確認しています。

システムの音響特性を
 (測定・解析・評価)確認して対応することがノウハウです




参考動画

https://youtu.be/2e9oO0wbBpU

https://youtu.be/eWCdSbDOjF0

https://youtu.be/oQqwFM1XQ1k

https://youtu.be/hsWNBoWEsW8

https://youtu.be/_d8SgrJEmo0

https://youtu.be/ashJfvOnNMs

https://youtu.be/WQ2JsPKE4e4

https://youtu.be/48AS7EMVq20

https://youtu.be/r0TLNgBVLG8

https://youtu.be/pTstGHJIh0M




***

https://youtu.be/anWIWqafW5M

https://youtu.be/Gn0BCu3MlWw

https://youtu.be/L4PLGUhyBzw

https://youtu.be/3mkWBm7TeTk

https://youtu.be/FQCOmPM--E0

https://youtu.be/Kg0jJCzAOik

https://youtu.be/jrk6a6wmT0Y

https://youtu.be/ViY463bk20w

***

https://youtu.be/unTZY8-gG3o

https://youtu.be/8IHXtBXgFu4

https://youtu.be/RJFPYuYA-Ik

https://youtu.be/n1qUzq9Gf0A

https://youtu.be/-84kkbRPEEc

https://youtu.be/MrEdKmkh1fo

https://youtu.be/N2S4KGFfdDg

https://youtu.be/ikimhPZ1css

https://youtu.be/jxQNv80efs8

https://youtu.be/xrfBzNIHCtE

https://youtu.be/4vAI1DYWq-8




超音波の発振・制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852
  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:58Comments(0)超音波技術

2018年03月04日

超音波技術(多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析)No.3

超音波システム研究所は、
 多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析技術を応用した、
 「超音波の伝搬状態を測定・解析・評価する技術」を開発しました。




超音波テスターを利用したこれまでの
 計測・解析・結果(注)を時系列に整理することで
 目的に適した超音波の状態を示す
 新しい評価基準(パラメータ)になることを確認しました。

注:
 非線形特性
 応答特性
 ゆらぎの特性
 相互作用による影響

統計数理の考え方を参考に
 対象物の音響特性・表面弾性波を考慮した
 オリジナル測定・解析手法を開発することで
 振動現象に関する、詳細な各種効果の関係性について
 新しい理解を深めています。

その結果、
 超音波の伝搬状態と対象物の表面について
 新しい非線形パラメータが大変有効である事例を確認しています。

特に、洗浄・加工・表面処理効果に関する評価事例・・
 良好な確認に基づいた、制御・改善・・・が実現しています。

<統計的な考え方について>
 統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
 具体的なものとの接触を通じて
 抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
 これが統計数理の特質である


<参考>
以下のプログラムを参考にして開発・作成した
 オリジナルソフト(解析システム)を
 オープンソースの統計解析システム 「 R 」 で
 実行・解析を行っています




生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門:和田孝雄/著:講談社

赤池モデルを臨床にいかす画期的な解説書。
1/fゆらぎ解析に必須かつ難解な赤池モデルと、臨床への応用を懇切丁寧に解説。
生体のダイナミクスに関心をもち臨床デ-タ解析に携わる医学者・工学者待望の書

内容(「MARC」データベースより)
〈CD-ROM付き〉生体のゆらぎとリズムの時系列解析への入門。
 第一線の研究者である著者が、経験した者だけが知る様々な困難点について、
 他に類例のないユニークな視点から細部の議論を展開する。

生体のゆらぎとリズム 和田孝雄著
添付されたプログラムの使用方法
*.exe 解析実行ファイル
*.for 解析プログラムファイル(フォートランのソースファイル)
*.dat 解析データファイル

インパルス応答(時間領域での伝達特性
        ラプラス変換するとS領域での伝達特性)
周波数伝達関数(周波数領域での伝達特性)
 AIRCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のインパルス応答
AIRCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のインパルス応答

多変量自己解析モデルによるフィードバック解析
 ARPCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のパワー寄与率
ARPCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のパワー寄与率





<<超音波の音圧測定・解析>>

1)多変量自己回帰モデルによる
 フィードバック解析により
 超音波伝搬状態の安定性・変化について解析評価します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 対象物の表面状態・・に関する解析評価を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、形状、材質、測定条件・・
 データの最適化に関する解析評価を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の
 非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物の振動モードに関する
 ダイナミック特性の解析評価を行います

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を
 時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。





参考動画

https://youtu.be/oSY8Z5Qqtoc

https://youtu.be/bSQXwBl_c34

https://youtu.be/5bcOQp0-vRw

https://youtu.be/A4N3dlm2vik

https://youtu.be/mGgciRhOBrc

https://youtu.be/9ecslt_oEiQ

https://youtu.be/cMi2pz4g37A

https://youtu.be/RIsDHZ1iGJM

https://youtu.be/WQHmOwACPy0

https://youtu.be/EhjoDNpcpVg

https://youtu.be/JjOpQ48qRvQ

https://youtu.be/oW_p0AyexyM

https://youtu.be/yVmPKGjm8lE

https://youtu.be/4TWZfQKzlNY

https://youtu.be/UV_mEDY8POs

https://youtu.be/SuTJI5EzumE

https://youtu.be/V-qs4hCl3KU

https://youtu.be/q9caJGWKkYk

https://youtu.be/4Xt6Lrfl5DQ

https://youtu.be/mawZoU0HukI







<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905










<<< 音圧測定・解析 >>>

オリジナル超音波プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=8163

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

  


Posted by 超音波システム研究所 at 05:43Comments(0)超音波技術

2018年02月26日

超音波プローブの発振制御による表面検査技術 No.3

超音波システム研究所は、
 対象物の表面を伝搬する超音波データの解析実績から
 メガヘルツの超音波発振による、新しい表面検査技術を開発しました。




超音波プローブの発振制御による
 「音圧・振動」測定・解析技術を応用した方法です。

目的(対象物の表面を伝搬する振動モード)に合わせた
 超音波プローブの開発対応による、
 コンサルティングにより
 評価技術の説明対応を行っています。

新しい超音波発振制御技術です。
 対象物の音響特性に合わせた、
 メガヘルツの超音波伝搬状態に関する共振現象を利用することで
 様々な特徴を検出することが可能です。

特に、発振・受信の組み合わせによる
 応答特性を利用した
 部品検査や、小さい部品の精密洗浄評価・・・に関して、
 超音波振動の新しい応用が可能になる基本技術です。

表面弾性波の伝搬現象に関する、超音波のダイナミック特性を
 測定・解析・評価に基づいて
 論理モデルを構成・修正しながら検討することで
 検査目的に合わせた効果的な利用を可能にしました。





超音波プローブの概略仕様
 発振・測定範囲 0.01Hz~100MHz
 コード長さ 10cm~
 対象材質 ステンレス、樹脂、セラミック、ガラス・・・

 対象物の音響特性を、目的に合わせて、最適発振します。

この技術は、超音波洗浄に関して
 洗浄バラツキを発生する原因を明確にします。
 従って、超音波制御による対応・対策を可能にします。
 

参考(実験動画)

https://youtu.be/J4C5HBEjhPw

https://youtu.be/ucxfzElbnS8

https://youtu.be/4VSLMthzCAM

https://youtu.be/TGQx8Iroo0s

https://youtu.be/_8BPsVVTKJs

https://youtu.be/i63jBISt6Ek

https://youtu.be/hpoHwpEjDro

https://youtu.be/6lka6dxT1rQ

https://youtu.be/EgdHLkif0nE

https://youtu.be/EmEPEo3EhCU

https://youtu.be/zl3dRBxkb2s

https://youtu.be/j0jCmmYjEEQ

***

https://youtu.be/wjM9KtLut5o

https://youtu.be/nTUHQ6W8CbY

https://youtu.be/LUsPNEKwobE

https://youtu.be/jHh0MFH5rwY

https://youtu.be/IRceiNIBKGY

https://youtu.be/l-5j4ukd2j8

https://youtu.be/kx0bb_siFf8

https://youtu.be/xSm4YKBcHu4

https://youtu.be/3m-I08KsX4c

https://youtu.be/CIzfVlxNKe4

https://youtu.be/zFIek-T8Y98

https://youtu.be/MdDJfFOkF2s

https://youtu.be/_nYTw5IghM0

https://youtu.be/qdayG4l_MYg

https://youtu.be/nZ7yJtjmKVo

***

https://youtu.be/JjOpQ48qRvQ

https://youtu.be/waJyJOoe2JQ

https://youtu.be/7oVKBpgV8UA

https://youtu.be/xW_ZSLain0Y

https://youtu.be/CxZzV7Vh988

https://youtu.be/9x6Okp5Gebw

https://youtu.be/MB4Af8X2yCo

https://youtu.be/x0ARBX28KB8

https://youtu.be/Kwa8kTfrzaQ

https://youtu.be/jhGb8VxGT78

https://youtu.be/SxSaODY7hgw

https://youtu.be/B0RkPIuEjow

https://youtu.be/Wz60bajGWmc

https://youtu.be/iOT4fqtIhT0

https://youtu.be/W3Px6JSgIs8

https://youtu.be/skrlSHzoLwQ

https://youtu.be/xNr3TEvUi7E

https://youtu.be/1tJ8Ac6zCLA

https://youtu.be/Z7TN-03twDQ

https://youtu.be/Ae51Ld58Sc8

https://youtu.be/_7maHNmQX0s

***

https://youtu.be/BUAhAwiY4-8

https://youtu.be/NNxguGeljmk

https://youtu.be/mciUncl9V6I

https://youtu.be/_OXz9fk08pg

https://youtu.be/VLAL0X0KqWM

https://youtu.be/0ocqZKPzzOc

https://youtu.be/XkRKJ6YCh54

https://youtu.be/ZxALuuRzg4c





超音波洗浄機の<計測・解析・評価>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波プローブによる<メガヘルツの超音波発振制御>技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

脱気マイクロバブル発生液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

<樹脂容器の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563

超音波プローブの<発振制御>技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

空中超音波の伝搬状態を評価する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1552

間接容器と定在波による、音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

超音波の応答特性を利用した、表面検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10465

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を「解析・評価」する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177











詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。

  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:21Comments(0)超音波技術

2018年02月24日

<<キャビテーションのコントロール>>

<脱気・マイクロバブル発生液循環システム>による非線形制御技術

<<キャビテーションのコントロール>>




超音波システム研究所は、
 目的に合わせた効果的な超音波のダイナミック制御を実現する、
 <脱気・マイクロバブル発生液循環システム>に関して
 メガヘルツの超音波発振制御とのくみあわせにより
 超音波の非線形現象をコントロールする技術を開発しました。





超音波液循環技術の説明

1)超音波専用水槽(オリジナル製造方法)を使用しています。
  (材質は、樹脂・ステンレス・ガラス・・対応可能です)
2)水槽の設置は
  1:専用部材を使用
  2:固有振動と超音波周波数・出力の最適化を行っています。
  (水槽の音響特性に合わせた対応を実施します)
3)超音波振動子は専用部材を利用して設置しています
  (専用部材により、定在波、キャビテーション、音響流の
   利用状態を制限できます)
4)脱気・マイクロバブル発生装置を使用します。
   (標準的な、溶存酸素濃度は5-6mg/l)
5)水槽と超音波振動子は表面改質を行っています。

上記の設定とマイクロバブルの拡散性により
均一な洗浄液の状態が実現します。

均一な液中を超音波が伝搬することで
安定した超音波の状態が発生します。

この状態から
目的の超音波の効果(伝搬状態)を実現するために
液循環制御を行います
(水槽内全体に均一な音圧分布を実現して、
 超音波、脱気装置、液循環ポンプ、・・の運転制御がノウハウです)

目的の超音波状態確認は音圧測定解析(超音波テスター)で行います。




ポイントは
適切な超音波(周波数・出力)と液循環のバランスです
液循環の適切な流量・流速と超音波キャビテーションの設定により
超音波による音響流・加速度効果の状態をコントロールします。

マイクロバブルの効果で
均一に広がる超音波の伝搬状態を利用します。

液循環により、以下の自動対応が実現しています。

溶存気体は、水槽内に分布を発生させ
レンズ効果・・・の組み合わせにより、超音波が減衰します。




適切な液循環による効率の良い超音波照射時は、
大量の空気・・が水槽内に取り入れられても
大きな気泡となって、水槽の液面から出ていきます。

しかし、超音波照射を行っていない状態で
オーバーフロー・・により
液面から空気を取り込み続けると、超音波は大きく減衰します。

この空気を取り入れる操作は必要です
多数の研究報告・・がありますが
液循環の無い水槽で、長時間超音波照射を行い続け
溶存気体の濃度が低下すると
音圧も低下して、キャビテーションの効果も小さくなります。
(説明としては、キャビテーション核の必要性が空気を入れる理由です
 液面が脱脂油や洗剤の泡・・・で覆われた場合も空気が遮断され
 同様な現象になります)




さらに、
超音波照射により、脱気は行われ
溶存気体の濃度は低下して、分布が発生します
単純な液循環では、この濃度分布は解消できません。

この濃度分布の解決がマイクロバブルの効果です。

脱気・マイクロバブル発生液循環が有効な理由です。

注:
オリジナル装置(超音波測定解析システム:超音波テスター)による
音圧測定解析を行い
効果の確認を行っています。






上記の液循環状態に対して
超音波プローブによるメガヘルツの超音波発振制御を行うことで
超音波の非線形現象が幅広い周波数帯で発生するとともに
ダイナミックな超音波の変化を実現します。

気体の流量・流速分布・・・を適切に設定することで
目的に合わせた、非線形現象を発生させることができます。




<<参考動画>>

https://youtu.be/l2Y42lSuvxU

https://youtu.be/61_E57OEB4s

https://youtu.be/9GZYTuzREe0

https://youtu.be/mlX94XFEqqY

https://youtu.be/u9xWEb-B1EQ

https://youtu.be/5BDITNLcjCY

https://youtu.be/PI3dAnnQmXQ

https://youtu.be/2KzAYORuq4w

https://youtu.be/W0ZgpzB0hSI

https://youtu.be/xodhREWmBfY

https://youtu.be/bjiKx2OULko

https://youtu.be/ACt7-McUujM

https://youtu.be/v6ZMZs-m3p4

https://youtu.be/aJ455bNFa4g

https://youtu.be/_Z5A7dLiEJk




<<< キャビテーション・音響流 >>>

超音波キャビテーションの観察・制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

キャビテーションと加速度の効果に関する新しい分類
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1251


間接容器と定在波による、音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1471






  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:33Comments(0)超音波技術

2018年02月20日

オリジナル超音波プローブの「発振・制御」技術 No.10

超音波システム研究所は、
 オリジナル製品:超音波プローブの「発振・制御」技術を利用した
 部品検査、精密洗浄、ナノ分散、化学反応実験・・・・に関して、
 新しい「超音波<発振・制御>システム」を開発しました。




 目的に合わせたオリジナル超音波プローブによる応用技術です。
 超音波の音圧データを測定・解析・評価することで
 効果的な超音波の発振・制御が実現できるシステムです。

 特に、複数の発振・制御を組み合わせにることで
 高い音圧レベルや、非線形現象による高い周波数について
 コントロールできます。

 部品の接続状態や表面についての検査や
 非常に小さい部品の精密洗浄、表面処理、・・・に関して、
 超音波振動の新しい利用方法として提案しています。




超音波プローブは
 利用目的を確認した「オーダーメード対応」しています。


参考動画

https://youtu.be/WGWcH_DlDyo

https://youtu.be/zftFqCJdj14

https://youtu.be/hz0Ekrw97x0

https://youtu.be/FAbSlIkpmNM

https://youtu.be/6jNRa6QTjME

https://youtu.be/uNcK_YZdoF8

https://youtu.be/J1fjSP5KzHM

https://youtu.be/wDyG1D-EvA8

https://youtu.be/wtvbULu-4fE

https://youtu.be/if4BrH0dSF4

https://youtu.be/D81TOL2lnI4

https://youtu.be/r0GsoXaMzkE

https://youtu.be/es5APowmTzw

https://youtu.be/l15LNdVkykU

***

https://youtu.be/zmGcSOVUUh8

https://youtu.be/zO6bCJHLUIU

https://youtu.be/ItSfdJZKoDs

https://youtu.be/WNocrrorwGY

https://youtu.be/qSI_cuZGFPc

https://youtu.be/hCS8Zhxr2sk

https://youtu.be/li8BTND0agE

https://youtu.be/IQqS_AOpNYE

https://youtu.be/J2IWzAswST0

https://youtu.be/Md-kUPvsA40

https://youtu.be/cmEHMHy9ydk

https://youtu.be/mNjj5hTAats

https://youtu.be/DZTBbT50kL8

https://youtu.be/rxnojzcCICU

https://youtu.be/0Tv6b9BB_x8

https://youtu.be/aEnkHm935UE




<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

オリジナル技術(音圧測定解析)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

「オリジナル振動計測技術」を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1421

超音波を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1117

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004 

超音波の伝搬状態を利用した評価技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=6849

超音波の非線形振動
 http://ultrasonic-labo.com/?p=13908

超音波による表面弾性波の制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5609

音と超音波の組み合わせ技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=12463

超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

超音波プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波を利用した「表面弾性波の計測技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1184

超音波プローブの<発振制御>技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波の発振・制御技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:36Comments(0)超音波技術

2018年02月03日

超音波の発振制御システム No.6

超音波システム研究所は、
 オリジナル超音波プローブの発振制御により、
 対象物に伝搬する超音波振動の、
 非線形現象をコントロールする技術を開発しました。




音圧測定解析システム(超音波テスター)
 ファンクションジェネレータによる発振制御を
 対象物の音響特性に合わせて、
 発振出力、波形、変化・・・させることで、
 超音波の伝搬状態をコントロールします。

注:対象物の音響特性と
 超音波の発振制御で、
 相互作用による振動現象を利用した
 超音波のダイナミック制御・・・・を行います
 (超音波テスターで、音圧の測定・解析・確認を行っています)

この技術を、
 精密洗浄や化学反応実験・・・に用いた結果、
 ナノレベルの効率の高い超音波システムとして
 応用(洗浄・改質・反応制御・・)することが可能となりました。

これは、従来では干渉や共振により減衰すると考えられた状態について
 大きな可能性を示した結果だと考えます。

今後、超音波による非線形現象はますます可能性を広げていくと考え
 研究開発を含め、実用的な提案をしていきます。




参考動画

https://youtu.be/Jxav8DFwmPU

https://youtu.be/Cr79nC41Ly8

https://youtu.be/xrL2pP0t4uo

https://youtu.be/VE0Ib5dkDrQ

https://youtu.be/ClXXFO8BdAk

https://youtu.be/j4heh4v6NVI

https://youtu.be/DF9OEDGzR5g

https://youtu.be/CvdJopzwSWc

https://youtu.be/naS5eXUOR9U

https://youtu.be/naS5eXUOR9U

https://youtu.be/EvDLDJxZMB4

https://youtu.be/EvDLDJxZMB4

https://youtu.be/QNh6enbroHE

https://youtu.be/FHb8NYxuOts

https://youtu.be/SmdAj-sZMZ4

https://youtu.be/SksjN6OjV8w

https://youtu.be/SisHc9HJ4pE

https://youtu.be/C1aqdcOvrBc

https://youtu.be/GTlntRzHoiw

https://youtu.be/LULRM1EwB0Q

https://youtu.be/za5CGUi4qnA

https://youtu.be/LkyP--U8c50

https://youtu.be/N9L0GkT4xCg

***

https://youtu.be/Elbm9RT07lM

https://youtu.be/4CnbW0OHgyY

https://youtu.be/9J6su39xKi8

https://youtu.be/tD-Lbus0LR8

https://youtu.be/-KXjlcR_iQo

https://youtu.be/QwGYYCnn7HQ

https://youtu.be/uPVWGDx_Fkc

https://youtu.be/WBSaoOJCZr4

https://youtu.be/5X-tyXdlzPs

https://youtu.be/b3fykO_AqxU

https://youtu.be/1gZfaYzOFcE

https://youtu.be/AcSjx5ZhyDw

https://youtu.be/MvAuC8x-06U

https://youtu.be/m3JTcfLfOLk

https://youtu.be/cZ4wDn7vOZQ

https://youtu.be/EHjyg3m7TwE

https://youtu.be/x_yGehzA7uA




<<参考>>

超音波の発振・制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:52Comments(0)超音波技術

2018年01月26日

超音波のミクロポリフォニー(新しい超音波制御技術) No.2

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
ジェルジ・リゲティが
1960年代に用いた作曲方法(ミクロポリフォニー)を応用した
物の表面を伝搬する、新しい超音波制御技術を開発しました。





複雑な振動状態について、
 1)線形現象と非線形現象を
 2)相互作用と各種部材の音響特性を
 3)音と超音波と表面弾性波を
 音圧測定データの統計数理モデルによる解析結果に基づいた
 新しい評価方法で最適化します。

超音波洗浄、加工、攪拌、・・・表面検査、・・ナノテクノロジー、・・
応用研究・・・ 様々な対応が可能です。


超音波のミクロポリフォニー
(ミクロポリフォニー:Mikropolyphonie)
ハンガリーの作曲家ジェルジ・リゲティが 1960年代に用いた作曲方法で,
多数の声部がそれぞれ細かく動きながら,
全体は一つの音響層の動きのように聞こえる多声手法。





「アトモスフェール」 ジェルジ・リゲティ作曲
Ligeti Atmospheres
 https://youtu.be/mgvn3fII6M8
 https://youtu.be/wIZG1IcpR-4
 https://youtu.be/1AgAy-k-xcc

Hannigan & GSO - LIGETI Mysteries of the Macabre
 https://youtu.be/sFFpzip-SZk
 https://youtu.be/w0Tvj83xqDw

Aventures
 https://youtu.be/Nso8hPgjB_E

Mysteries of the macabre:Alicia Amo, soprano
 https://youtu.be/eMGyn5vcUlM

Koloratursopran
 https://youtu.be/BkRRc9RPbGU

ミクロポリフォニーを超音波制御に応用した実験を行っています

https://youtu.be/fwYsIBAFAE4

https://youtu.be/es5APowmTzw

https://youtu.be/EJb2zP_m6Sc

https://youtu.be/jGxcyIS6LsQ

https://youtu.be/miXDMnTGDmk

https://youtu.be/D81TOL2lnI4

https://youtu.be/r0GsoXaMzkE

https://youtu.be/L3y59inyY2Y


超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

超音波の発振・制御・解析技術による部品検査技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2104

超音波の応答特性を利用した、表面検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10027

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665





参考動画

制御技術の参考になった音楽(暫時的位相変換プロセス)

スティーヴ・ライヒ:作曲,
Four Organs
 https://youtu.be/TYqs3NHCrlE

Music for 18 Musicians
 https://youtu.be/ZXJWO2FQ16c
 https://youtu.be/PMsYuFrKUQ8

Pendulum Music
 https://youtu.be/fU6qDeJPT-w

Drumming
 https://youtu.be/doJk4yPwJDk

Pendulum Music
 https://youtu.be/fU6qDeJPT-w

It's Gonna Rain
 https://youtu.be/vugqRAX7xQE

テヒリーム
 https://youtu.be/JbyrPhOzC24
 https://youtu.be/q6I1Qp8DR0c

ルチアーノ・ベリオ:作曲
「シンフォニア」
 https://youtu.be/9YU-V2C4ryU

Folk songs
 https://youtu.be/Q_DpEaKsFm4

アントワヌ・ボイハー作曲
 https://youtu.be/KnK5LaEDBig
 https://youtu.be/8AA1VA4mcH0

アラ・ソレンコワ
Алла Соленкова
The Queen of the Night Die Zauberflote Mozart
 https://youtu.be/R8tSLErUBH0
 https://youtu.be/gdhsF7YXgd0

Edda Moser Arie der Konigin der Nacht Die Zauberflote Mozart
 https://youtu.be/qhwdPl4HuwQ

Sofia Gubaidulina - In Tempus Praesens
 https://youtu.be/L8JVSYj-qV8

Sofia Gubaidulina - Light of the End (2006) - part 1
 https://youtu.be/53J-XH1HF1Y

Sofia Gubaidulina - Light of the End (2006) - part 2
 https://youtu.be/9x3TSbq0y0E

ブルックナー 「テ・デウム」ヨッフム Bruckner : Te Deum
(指揮)オイゲン・ヨッフム
 https://youtu.be/jG7HxXrRpFE

月に憑かれたピエロ/シェーンベルク
 https://youtu.be/GUyKZgS-7OY

Karlheinz Stockhausen, Gruppen
- Ensemble intercontemporain
 https://youtu.be/34_SfP7ZCXA

バッハ ゴールドベルク変奏曲 
イタリア協奏曲 パルティータ第4番 
解説付き 他 グレン・グールド
 https://youtu.be/iho1yS2EPJI

ギャヴィン・ブライアーズ
Gavin Bryars - The Black River
 https://youtu.be/UCTSH9nH3A4

Meredith Monk: Songs of Ascension
(Ann Hamilton's Tower, Oct 2008)
 https://youtu.be/c3mSVR3xtfU

Dead Can Dance - Song of the Stars (Pina version)
 https://youtu.be/Ys5xfdn5rlo

The Sinking Of The Titanic (1975, Obscure)
Producer -- Brian Eno
Written-By -- Gavin Bryars
 https://youtu.be/2oVMRADOq5s

A performance of 'Winestead' by The Gavin Bryars Ensemble
- 22nd June 2017
 https://youtu.be/Wi7J3Lmt8b4

トーマス・ヘル リゲティ作曲
 https://youtu.be/wgY57iGXXz8

カイヤ・サーリアホ
Kaija Saariaho : Laterna Magica
 https://youtu.be/wZC5cvfn8iw

ゲオルク・フリードリヒ・ハース
Georg Friedrich Haas - String Quartet No.2 (1998)
 https://youtu.be/gnDmycfIweI

Georg Friedrich Haas - RELEASE (for ensemble) (2017)
 https://youtu.be/eFABMipJtns

ピエール・ブーレーズ「水の中の太陽」
 https://youtu.be/_qh-y4NXBWA

Pierre Boulez, Repons
- Ensemble intercontemporain - Matthias Pintscher
 https://youtu.be/OQE5TYnD58k

シュルホフ Erwin Schulhoff - Hot-Sonate
 https://youtu.be/xEINXjjcsNw

Erwin Schulhoff - String Quartet No. 1
 https://youtu.be/Q2pSLX-mWQw

Schulhoff - The Communist Manifesto
 https://youtu.be/dAujsDBZByA

Erwin Schulhoff: Die Mondsuchtige ("Moonstruck")
 https://youtu.be/CK22FGUOTtE

Erwin Schulhoff: H.M.S. Royal Oak (1930)
 https://youtu.be/8ofHzAQCGpY

Erwin Schulhoff: Sinfonia n.5 (1938)
 https://youtu.be/XMr7BRQ2Ycg

Erwin Schulhoff
- Sonata Erotica for female voice solo (1919)
 https://youtu.be/iFunx2E2on8


上記の音楽を参考にした超音波実験






https://youtu.be/7f1gCBulpIc

https://youtu.be/L3y59inyY2Y

https://youtu.be/ibCxD5RLQLg

https://youtu.be/cX2qdpwxvL0

https://youtu.be/l15LNdVkykU

https://youtu.be/dNrcuE0p8LQ

https://youtu.be/jGxcyIS6LsQ

https://youtu.be/dDoq9sH35vc

https://youtu.be/CIvzQ2VtpBg

https://youtu.be/sjSYq6KDSZA

https://youtu.be/-b5GNasKqkU

https://youtu.be/GepTr6WDBx4

https://youtu.be/SOYvTqJ1-6o

https://youtu.be/s9aZrImY8ug


<音圧データの解析>

https://youtu.be/4Xt6Lrfl5DQ

https://youtu.be/2bnNPmVoZes

https://youtu.be/UV_mEDY8POs

https://youtu.be/mawZoU0HukI

https://youtu.be/CEuqZ68EWRQ

https://youtu.be/mzmkLO55L1k


<<研究開発の方針・イメージ>>
ダイナミックな振動現象、相互作用・・・を、
西田哲学の、直観(連続性)と経験(空間)でとらえ、
超音波の自覚(非線形現象)で整理する


オリジナル技術(音圧測定解析)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662


<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905



<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

空中超音波の伝搬状態を評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1552

超音波プローブによる表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1962


<<< キャビテーション・音響流 >>>

超音波キャビテーションの観察・制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>サービス
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波機器の超音波伝搬状態を測定・評価する技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1478

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

  


Posted by 超音波システム研究所 at 19:36Comments(0)超音波技術

2018年01月22日

脱気・マイクロバブル発生液循環システム

<脱気・マイクロバブル発生液循環システム>




マイクロバブルの効果で
均一に広がる超音波の伝搬状態を利用します。




<<動画>>

https://youtu.be/glWfqnQyI0Q

https://youtu.be/WdACnNNV0yY

https://youtu.be/tFOenqyo7uk

https://youtu.be/9O2krcgXRIk

https://youtu.be/EaE296dCz6o

https://youtu.be/4jpEEy8yzlk

https://youtu.be/mFtPItaHuNE









  


Posted by 超音波システム研究所 at 13:28Comments(0)超音波技術

2018年01月13日

超音波技術(多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析) No.2

超音波システム研究所は、
 多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析技術を応用した、
 「超音波の伝搬状態を測定・解析・評価する技術」を開発しました。




超音波テスターを利用したこれまでの
 計測・解析・結果(注)を時系列に整理することで
 目的に適した超音波の状態を示す
 新しい評価基準(パラメータ)になることを確認しました。

注:
 非線形特性
 応答特性
 ゆらぎの特性
 相互作用による影響

統計数理の考え方を参考に
 対象物の音響特性・表面弾性波を考慮した
 オリジナル測定・解析手法を開発することで
 振動現象に関する、詳細な各種効果の関係性について
 新しい理解を深めています。

その結果、
 超音波の伝搬状態と対象物の表面について
 新しい非線形パラメータが大変有効である事例を確認しています。

特に、洗浄・加工・表面処理効果に関する評価事例・・
 良好な確認に基づいた、制御・改善・・・が実現しています。

<統計的な考え方について>
 統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
 具体的なものとの接触を通じて
 抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
 これが統計数理の特質である


<参考>
以下のプログラムを参考にして開発・作成した
 オリジナルソフト(解析システム)を
 オープンソースの統計解析システム 「 R 」 で
 実行・解析を行っています

生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門:和田孝雄/著:講談社

赤池モデルを臨床にいかす画期的な解説書。
1/fゆらぎ解析に必須かつ難解な赤池モデルと、臨床への応用を懇切丁寧に解説。
生体のダイナミクスに関心をもち臨床デ-タ解析に携わる医学者・工学者待望の書

内容(「MARC」データベースより)
〈CD-ROM付き〉生体のゆらぎとリズムの時系列解析への入門。
 第一線の研究者である著者が、経験した者だけが知る様々な困難点について、
 他に類例のないユニークな視点から細部の議論を展開する。

生体のゆらぎとリズム 和田孝雄著
添付されたプログラムの使用方法
*.exe 解析実行ファイル
*.for 解析プログラムファイル(フォートランのソースファイル)
*.dat 解析データファイル

インパルス応答(時間領域での伝達特性
        ラプラス変換するとS領域での伝達特性)
周波数伝達関数(周波数領域での伝達特性)
 AIRCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のインパルス応答
AIRCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のインパルス応答

多変量自己解析モデルによるフィードバック解析
 ARPCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のパワー寄与率
ARPCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のパワー寄与率


<<超音波の音圧測定・解析>>

1)多変量自己回帰モデルによる
 フィードバック解析により
 超音波伝搬状態の安定性・変化について解析評価します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 対象物の表面状態・・に関する解析評価を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、形状、材質、測定条件・・
 データの最適化に関する解析評価を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の
 非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物の振動モードに関する
 ダイナミック特性の解析評価を行います

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を
 時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。



参考動画

https://youtu.be/6g8tHmxHEBk

https://youtu.be/EnvNmRpqQB0

https://youtu.be/jvevHZ7PYks

https://youtu.be/KTIFwcojEnk

https://youtu.be/wVdFKbIjuw4

https://youtu.be/SuTJI5EzumE

***

https://youtu.be/-5j0vrzKCyo

https://youtu.be/B1R717E9gJY

https://youtu.be/fbVZ5aOTY9w

https://youtu.be/mawZoU0HukI

https://youtu.be/RlzPUxnrmu0

https://youtu.be/V-qs4hCl3KU

https://youtu.be/Ibe3HBbXpJU

https://youtu.be/nLO100v8ieQ

https://youtu.be/fVQ9fu7rJwg

https://youtu.be/PxseTSz56Ag

https://youtu.be/imqfzkGxfD0

https://youtu.be/rlroEZg4hIo

https://youtu.be/l97yyHUDgcg

https://youtu.be/duisI-x56-E

https://youtu.be/sxOgOTtsui4

https://youtu.be/Eu9SNiOJJYo

https://youtu.be/PrVNjii-S3w

https://youtu.be/UV_mEDY8POs

https://youtu.be/JHGLePU7Zn4

https://youtu.be/mzmkLO55L1k

https://youtu.be/iPlshnu81OY

https://youtu.be/B4HIpY45KB4

https://youtu.be/dlWI7JcLAtc

https://youtu.be/N4FoVcLn9DI

https://youtu.be/R-BXKVkGvb8



<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905



<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:29Comments(0)超音波技術

2018年01月09日

電池が起こすエネルギー革命

電池が起こすエネルギー革命
旭化成株式会社顧問…吉野彰

第11回【ITからETへ】
2017年12月15日(金)放送2018年2月19日(月) 午後3:00配信終了
第12回【ET革命の先陣を切る自動車】
2017年12月22日(金)放送2018年2月26日(月) 午後3:00配信終了
第13回【ET革命がもたらす未来の社会】
2017年12月29日(金)放送2018年3月1日(木) 午後3:00配信終了

NHKラジオ http://www.nhk.or.jp/radio/

上記を聞いて考えたこと

白熱電球、交流送電、ガソリン自動車が無くなる
 --> IT・ET・AI・・ 
 --> 電気の新しい利用方法
 --> 新しい超音波制御














  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:15Comments(0)超音波技術

2018年01月06日

YouTubeに投稿した超音波実験の数が、66000に達しました

報道関係各位
                          2018年01月06日
                       超音波システム研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

YouTubeに投稿した超音波実験の数が、66000に達しました

(超音波システム研究に関する動画・スライドを投稿しています)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波システム研究所は、
YouTubeに投稿した、
 超音波に関する動画・スライドの数が、66000に達しました。





超音波システム研究に関する、各種技術の紹介

 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・
 ・・・・・・・
 各種の動画・スライドショーを
 YouTubeに投稿しています。


参考(投稿)

https://youtu.be/dDoq9sH35vc

https://youtu.be/B4HIpY45KB4

https://youtu.be/s9aZrImY8ug

https://youtu.be/N4FoVcLn9DI

https://youtu.be/szd8yA1Dh-Y

https://youtu.be/LV4Wg6ZYspw

https://youtu.be/D81TOL2lnI4

https://youtu.be/L3y59inyY2Y

https://youtu.be/EJb2zP_m6Sc

https://youtu.be/51WPur9YrD0

https://youtu.be/c0fmIf-fDzo

https://youtu.be/QB8MWvu-Tns

https://youtu.be/es5APowmTzw

https://youtu.be/iUtsLmust0U

https://youtu.be/Y3Mkrpem79I

https://youtu.be/VhpzCuQaXf8

https://youtu.be/S8Uj5y511Dw

https://youtu.be/GepTr6WDBx4

https://youtu.be/p1TTtkMDk5M

https://youtu.be/QfVV-VppW78

https://youtu.be/814cf_VNFjg

https://youtu.be/SOYvTqJ1-6o

https://youtu.be/ibCxD5RLQLg

https://youtu.be/KJgg6nhUdsA

***

https://youtu.be/MGMlL_xl1m4

https://youtu.be/Diw-HYIAabE

https://youtu.be/hAbk7ZWRlVw

https://youtu.be/WQtGLYyIW0k

https://youtu.be/wGrMRHsJ9RQ

https://youtu.be/1MPdkhRLTNk

https://youtu.be/0o0hDChOMvI

https://youtu.be/PlFkQX8d-_I

https://youtu.be/YQxNkJ-GjyU

https://youtu.be/rsXCvjUeFHo

https://youtu.be/_nB6TVKfitM

https://youtu.be/mn7zH1z7tPU

https://youtu.be/P5YDYMQiesk

https://youtu.be/F3r-Xb6qtDY



参考技術

YouTube::投稿動画1
http://ultrasonic-labo.com/?p=1584

YouTube::投稿動画2
http://ultrasonic-labo.com/?p=3722

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

超音波測定解析の推奨システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波<キャビテーション・音響流>制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波の非線形現象
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/?p=13404


【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
住所:〒192-0046 
   東京都八王子市明神町2丁目25-3
   SOHOプラザ京王八王子 303
担当  斉木 
電話 090-3815-3811
メールアドレス  info@ultrasonic-labo.com
(できるだけ,メールアドレスに,お問い合わせ下さい。)
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:32Comments(0)超音波技術

2017年12月13日

<メガヘルツ>の超音波発振制御技術を開発 No.6

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
超音波伝搬状態のコントロールに関して、
ファンクションジェネレータと超音波プローブを応用することで、
1-100MHzの超音波伝搬状態を利用可能にする
超音波発振制御技術を開発しました。




超音波伝搬状態の測定・解析・評価・技術に基づいた、
 精密洗浄・加工・攪拌・・・への新しい応用技術です。

各種材料の音響特性(表面弾性波)の利用により
 20W以下の超音波出力で、3000リッターの水槽でも、
 対象物への超音波刺激は制御可能です。

弾性波動に関する工学的(実験・技術)な視点と
 抽象代数学の超音波モデルにより
 非線形現象の応用方法として開発しました。

ポイントは
 表面弾性波の利用です、
 対象物の条件・・・により
 超音波の伝搬特性を確認することで、
 オリジナル非線形共振現象(注1)として
 対処することが重要です

注1:オリジナル非線形共振現象
 オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象


様々な分野への利用が可能になると考え
 各種コンサルティングにおいて提案しています。







参考動画

**実験**

https://youtu.be/XvmrcQxNN_U

https://youtu.be/fa9DuG8GOhI

https://youtu.be/3UY_3pbh0so

https://youtu.be/Jvl3A-9Gt4Y

https://youtu.be/hYehYzic2uI

https://youtu.be/7S8sNrudH-I

https://youtu.be/npspmuWFNvg

https://youtu.be/f58F4-5XFn4

https://youtu.be/D1kViVtU5qY

https://youtu.be/FWiFhO_JO1U

https://youtu.be/oMpZP_4R1XQ

https://youtu.be/7eTN3d2b04A

https://youtu.be/dsb_2MV4abk

https://youtu.be/C0Q9LCFSUQM

https://youtu.be/nuDcJ5PpRSk

https://youtu.be/BJF9YAItHV8

https://youtu.be/Dj1_lhCqd18

https://youtu.be/_1EhKGaYT2c

https://youtu.be/rDUgl_D9XgU

https://youtu.be/1SbmmUI0Cns

https://youtu.be/c66HyWWvZLs

https://youtu.be/AP9sChUAYh0

https://youtu.be/AizUVFGImXg

https://youtu.be/HaLW_GdS4cU

https://youtu.be/JT63xIS_GP0

https://youtu.be/wWK5vo1Dmxw

https://youtu.be/uBlrEaiQOwI

https://youtu.be/ZeOadz7o63I

https://youtu.be/dg9cO53cmrY

https://youtu.be/LGHAbTI5l34

**新技術**

https://youtu.be/gfuF05wWroY

https://youtu.be/2rgh8oqNwY4

https://youtu.be/nw0Cd6h_Sbk

https://youtu.be/J13XhCVx8XQ

https://youtu.be/ZdG1pHcEGO0

**音圧測定**

https://youtu.be/4cRFSad4tv4

https://youtu.be/MR1vM-ck0_k

https://youtu.be/5U75FNCWd9o


超音波洗浄器(42kHz)による
<メガヘルツの超音波洗浄>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

超音波<測定・解析>システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1000

超音波美顔器を利用した、「超音波伝搬制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1205

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934











  


Posted by 超音波システム研究所 at 11:39Comments(0)超音波技術

2017年12月07日

<脱気・マイクロバブル発生液循環システム> No.6

超音波システム研究所は、
 目的に合わせた効果的な超音波のダイナミック制御を実現する、
 <脱気・マイクロバブル発生液循環システム>に関して
 各種の音響特性の測定解析に基づいた組み合わせを利用することで、
 超音波をコントロールする技術を開発しました。




超音波液循環技術の説明

1)超音波専用水槽(オリジナル製造方法)を使用しています。
  (材質は、樹脂・ステンレス・ガラス・・対応可能です)
2)水槽の設置は
  1:専用部材を使用
  2:固有振動と超音波周波数・出力の最適化を行っています。
  (水槽の音響特性に合わせた対応を実施します)
3)超音波振動子は専用部材を利用して設置しています
  (専用部材により、定在波、キャビテーション、音響流の
   利用状態を制限できます)
4)脱気・マイクロバブル発生装置を使用します。
   (標準的な、溶存酸素濃度は5-6mg/l)
5)水槽と超音波振動子は表面改質を行っています。

上記の設定とマイクロバブルの拡散性により
均一な洗浄液の状態が実現します。

均一な液中を超音波が伝搬することで
安定した超音波の状態が発生します。

この状態から
目的の超音波の効果(伝搬状態)を実現するために
液循環制御を行います
(水槽内全体に均一な音圧分布を実現して、
 超音波、脱気装置、液循環ポンプ、・・の運転制御がノウハウです)

目的の超音波状態確認は音圧測定解析(超音波テスター)で行います。





ポイントは
適切な超音波(周波数・出力)と液循環のバランスです
液循環の適切な流量・流速と超音波キャビテーションの設定により
超音波による音響流・加速度効果の状態をコントロールします。

マイクロバブルの効果で
均一に広がる超音波の伝搬状態を利用します。

液循環により、以下の自動対応が実現しています。

溶存気体は、水槽内に分布を発生させ
レンズ効果・・・の組み合わせにより、超音波が減衰します。

適切な液循環による効率の良い超音波照射時は、
大量の空気・・が水槽内に取り入れられても
大きな気泡となって、水槽の液面から出ていきます。

しかし、超音波照射を行っていない状態で
オーバーフロー・・により
液面から空気を取り込み続けると、超音波は大きく減衰します。

この空気を取り入れる操作は必要です
多数の研究報告・・がありますが
液循環の無い水槽で、長時間超音波照射を行い続け
溶存気体の濃度が低下すると
音圧も低下して、キャビテーションの効果も小さくなります。
(説明としては、キャビテーション核の必要性が空気を入れる理由です
 液面が脱脂油や洗剤の泡・・・で覆われた場合も空気が遮断され
 同様な現象になります)

さらに、
超音波照射により、脱気は行われ
溶存気体の濃度は低下して、分布が発生します
単純な液循環では、この濃度分布は解消できません。

この濃度分布の解決がマイクロバブルの効果です。

脱気・マイクロバブル発生液循環が有効な理由です。

注:
オリジナル装置(超音波測定解析システム:超音波テスター)による
音圧測定解析を行い
効果の確認を行っています。


上記の液循環状態に対して
超音波プローブによるメガヘルツの超音波発振制御を行うことで
超音波の非線形現象が幅広い周波数帯で発生するとともに
ダイナミックな超音波の変化を実現します。

液循環の流量・流速分布・・・を適切に設定することで
目的に合わせた、非線形現象を発生させることができます。




<<動画>>

https://youtu.be/glWfqnQyI0Q

https://youtu.be/WdACnNNV0yY

https://youtu.be/tFOenqyo7uk

https://youtu.be/9O2krcgXRIk

https://youtu.be/EaE296dCz6o

https://youtu.be/4jpEEy8yzlk

https://youtu.be/mFtPItaHuNE

***

https://youtu.be/CZxlkoQhdaw

https://youtu.be/O9nkPODVrY4

https://youtu.be/3EzonKbs_EQ

https://youtu.be/6rZVVMfg01U

https://youtu.be/lXMrmddNXXo

https://youtu.be/1fKyKd90JRg

https://youtu.be/pgO54mY7cFU

https://youtu.be/yfzzWgQmUYw

https://youtu.be/e85wAPOHlJA




上記の技術に関して、
目的の超音波利用に合わせた
水槽の構造設計や液循環位置(ポンプへの吸い込み口、吐出口)は
非常に重要ですが
目的・サイズ・洗浄液・・によりトレードオフの関係が発生する場合があり、
一般的な設定はありません
(具体的な数値は、コンサルティング対応しています)

適切な設定が実現すると
マイクロバブルは超音波作用によりナノバブルに分散します
ナノバブルによる超音波の安定性は、マイクロバブルに比べて大きく
非線形現象の制御がより簡単になります
(具体的な制御は、音圧測定・・・コンサルティング対応しています
 洗剤の使用や撹拌・・では、
 通常の洗浄とは反対の設定を行う成功事例が多い傾向にあります)



超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1410

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します



  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:38Comments(0)超音波技術

2017年12月04日

<<超音波実験写真>>

<<超音波実験写真>>

超音波実験写真
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2005

1)超音波実験写真1 http://ultrasonic-labo.com/?p=1507

2)超音波実験写真2 http://ultrasonic-labo.com/?p=1511

3)超音波実験写真3 http://ultrasonic-labo.com/?p=1516

4)超音波実験写真4 http://ultrasonic-labo.com/?p=1695

5)超音波実験写真5 http://ultrasonic-labo.com/?p=1575

6)超音波実験写真6 http://ultrasonic-labo.com/?p=1690

7)超音波実験写真7 http://ultrasonic-labo.com/?p=1697

8)超音波実験写真8 http://ultrasonic-labo.com/?p=1745

10)超音波実験写真10 http://ultrasonic-labo.com/?p=4787

YouTube::投稿動画・写真 http://ultrasonic-labo.com/?p=11803

超音波実験写真 
Ultrasonic experiment photo  http://ultrasonic-labo.com/?p=2005

超音波実験写真 
Ultrasonic experiment photo  http://ultrasonic-labo.com/?p=1648



































  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:57Comments(0)超音波技術