2017年08月22日

超音波技術(多変量自己解析モデルによるフィードバック解析)を開発

超音波システム研究所は、
 多変量自己解析モデルによるフィードバック解析技術を応用した、
 「超音波の伝搬状態を測定・解析・評価する技術」を開発しました。




超音波テスターを利用したこれまでの
 計測・解析・結果(注)を時系列に整理することで
 目的に適した超音波の状態を示す
 新しい評価基準(パラメータ)になることを確認しました。

注:
 非線形特性
 応答特性
 ゆらぎの特性
 相互作用による影響

統計数理の考え方を参考に
 対象物の音響特性・表面弾性波を考慮した
 オリジナル測定・解析手法を開発することで
 振動現象に関する、詳細な各種効果の関係性について
 新しい理解を深めています。

その結果、
 超音波の伝搬状態と対象物の表面について
 新しい非線形パラメータが大変有効である事例を確認しています。

特に、洗浄・加工・表面処理効果に関する評価事例・・
 良好な確認に基づいた、制御・改善・・・が実現しています。

<統計的な考え方について>
 統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
 具体的なものとの接触を通じて
 抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
 これが統計数理の特質である





<参考>
以下のプログラムを参考にして開発・作成した
 オリジナルソフト(解析システム)を
 オープンソースの統計解析システム 「 R 」 で
 実行・解析を行っています

生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門:和田孝雄/著:講談社

赤池モデルを臨床にいかす画期的な解説書。
1/fゆらぎ解析に必須かつ難解な赤池モデルと、臨床への応用を懇切丁寧に解説。
生体のダイナミクスに関心をもち臨床デ-タ解析に携わる医学者・工学者待望の書

内容(「MARC」データベースより)
〈CD-ROM付き〉生体のゆらぎとリズムの時系列解析への入門。
 第一線の研究者である著者が、経験した者だけが知る様々な困難点について、
 他に類例のないユニークな視点から細部の議論を展開する。

生体のゆらぎとリズム 和田孝雄著
添付されたプログラムの使用方法
*.exe 解析実行ファイル
*.for 解析プログラムファイル(フォートランのソースファイル)
*.dat 解析データファイル

インパルス応答(時間領域での伝達特性
        ラプラス変換するとS領域での伝達特性)
周波数伝達関数(周波数領域での伝達特性)
 AIRCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のインパルス応答
AIRCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のインパルス応答

多変量自己解析モデルによるフィードバック解析
 ARPCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のパワー寄与率
ARPCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のパワー寄与率






<<超音波の音圧測定・解析>>

1)多変量自己回帰モデルによる
 フィードバック解析により
 超音波伝搬状態の安定性・変化について解析評価します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 対象物の表面状態・・に関する解析評価を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、形状、材質、測定条件・・
 データの最適化に関する解析評価を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の
 非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物の振動モードに関する
 ダイナミック特性の解析評価を行います

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を
 時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。






参考動画

<<解析>>

https://youtu.be/OkU_K6sHWkQ

https://youtu.be/BhnRCKJPyhY

https://youtu.be/gbKqVK87KtU

https://youtu.be/QnkONye0Ps4

https://youtu.be/cBDo_b2svOw

https://youtu.be/NKBvMOlw2xA

https://youtu.be/yd88kaCEvmk

https://youtu.be/mOTAoUcLMAw

***

https://youtu.be/SBqid25w23Y

https://youtu.be/pSwgT9rp0hE

https://youtu.be/poSoTRE0n3s

https://youtu.be/ZlF-eBHyM4Y

https://youtu.be/uKPAxMKUwV4

https://youtu.be/dP7rJUCKD7s

https://youtu.be/vLS2hKxgoIo

***

https://youtu.be/rq_MC-9b9YI

https://youtu.be/Ku0hSqAYVTE

https://youtu.be/MQlz6QnMG2U

https://youtu.be/4PMMWy15wyc

https://youtu.be/R7ZkOG5JPKQ

https://youtu.be/1OPQZGuJ9CU

https://youtu.be/mFj17pwHOEI






<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905













<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:10Comments(0)超音波技術

2017年08月19日

超音波の利用技術(超音波の相互作用)No.6

超音波システム研究所は、
超音波とマイクロバブルを利用した、
表面改質技術を
水槽、超音波振動子、各種治工具・・・に適応させることで、
超音波の相互作用を考慮した、応用技術に発展させました。






超音波とマイクロバブルによる表面改質効果により
 高い音圧レベルによるキャビテーション効果や
 液循環による加速度効果(音響流)を制御して
 効率の高い超音波の利用を可能にします。

上記の具体的な技術として
 各種治工具(設置台の条件・・)と超音波の相互作用による
 超音波の非線形現象(バイスペクトル)を
 目的に合わせて制御する技術を開発しました。

超音波の伝搬状態の測定・解析技術を利用した結果、
 高調波の制御を実現していること
 非線形現象を調整できることを確認しています。

システムの音響特性を確認して対応することがノウハウです






■実験動画

https://youtu.be/kSfDEcoi9WA

https://youtu.be/jthnb8ajC44

https://youtu.be/I1im4NCA3Zw

https://youtu.be/ycIOKyDxRbk

https://youtu.be/zvjfI5-CvIo

https://youtu.be/6uxhKQcaaJA

https://youtu.be/clQD1RRhEdY

https://youtu.be/eMATGYhwLpA

https://youtu.be/KwmYYa1nE0A

https://youtu.be/G_JneItLETY

https://youtu.be/8zUVXbUGN70

https://youtu.be/LHg0xXcFFfw

https://youtu.be/lCgUtTwETZY

https://youtu.be/VhVuxeiBFm4

https://youtu.be/aVezNMBwSto

https://youtu.be/V075SXwdwME

https://youtu.be/Be1NvYdJqYQ





これは、超音波による表面処理技術の応用であり、
 音響特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
 コンサルティング対応しています。


上記の処理方法について
 コンサルティング対応も行っています。

 興味のある方はメールで連絡してください


超音波<キャビテーション・音響流>制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波洗浄器(42kHz)による
<メガヘルツの超音波洗浄>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

超音波キャビテーションの観察・制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

技術提携
http://ultrasonic-labo.com/?p=1575

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177






  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:08Comments(0)超音波技術

2017年08月16日

2017年9月13日開催「新技術創出交流会」

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 2017年9月13日開催「新技術創出交流会」に参加します。





◆開催日時  平成29年9月13日(水) 10:00~17:00
◆会場    パレスホテル立川(東京都立川市曙町2-40-15)
◆入場料   無料
◆詳細ページ http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1707/0024.html
◆問合せ   公益財団法人 東京都中小企業振興公社
  多摩支社 新技術創出交流会担当 電話042-500-3901

技術アピールシート
http://www.technology-tama.jp/tama/H29_ebook/_SWF_Window.html?pagecode=272





超音波測定解析の推奨システムを展示します。

参考動画

https://youtu.be/oHc8UNF_CqA

https://youtu.be/k_2O_Yg3n4Y

https://youtu.be/WU9cgxD80Gk

https://youtu.be/lAyU8WxL-UQ

https://youtu.be/y7MoMAYj5iE

https://youtu.be/_ilK5-JgawM

https://youtu.be/YwaN8Juq2Fo






<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267




  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:17Comments(0)超音波技術

2017年08月06日

小型ポンプを利用した「流水式超音波制御技術」を開発 No.5

(超音波テスターによる<測定・解析・制御>の応用技術)

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 小型ポンプを利用した液循環により
 超音波(音響流)の伝搬状態をダイナミックに制御する
 「流水式超音波(音響流)制御技術」を開発しました。






超音波テスターによる
 流れと超音波の複雑な変化を、
 水槽・液体(マイクロバブル)・超音波振動子・・・
 の相互作用を含めた音圧解析により
 利用目的に合わせて、
 音響流の変化をコントロールするシステム技術です。

実用的には、
 現状の液循環装置について
 ON/OFF制御(あるいは流量・流速・・・の制御)を
 装置の設置状態、対象物を含めた表面弾性波を考慮して
 各種相互作用・振動モードを最適化する方法です。

特に、ポンプの特性を利用して、
 液体と気体を交互に循環させる・・・により
 新しい超音波・マイクロバブルの効果を実現しています。

ナノレベルの応用では、
 「流水式超音波システム」として
 20メガヘルツまでの周波数変化を含めた
 「超音波シャワー」による
 効率の高い超音波利用が実現しています。


-今回開発したシステムの応用実施事例-

オゾンと超音波の組み合わせ技術

低出力(50W以下)による5mサイズの水槽への超音波伝搬

ガラス・レンズ部品の精密洗浄(超音波シャワー技術)

複雑な形状・線材・真空部品・・・の表面改質(共振現象の制御技術)

溶剤・洗剤・・・・の化学反応(超音波と流れによる攪拌)

ナノレベルの粉末・塗料・触媒・・・攪拌・分散(表面弾性波の制御技術)

マイクロレベルの金属エッジ部のバリ取り

めっき・コーティング・表面処理・・・

・・・・・・・

上記の技術は、音圧(非線形現象)測定・解析に基づいて、
 表面弾性波と流体の流れに関して
 ダイナミック制御を実現させる
 新しい超音波システムの開発方法です。

興味のある方は、メールでお問い合わせください






■参考動画

https://youtu.be/JZlRFcv3H_Y

https://youtu.be/eXscPGrKAac

https://youtu.be/mo0ry2rTDeo

https://youtu.be/hDV5xnZfL1k

https://youtu.be/mnugDeGcudY

https://youtu.be/zxOn14bmzfA

https://youtu.be/jjgqFqeC0Yo

https://youtu.be/-5fL_0qxS40

https://youtu.be/NHrHG1rzjRk

https://youtu.be/OcLHc-234zw

https://youtu.be/l3xf9Up-yTI

https://youtu.be/i33PrJ8CmnY

https://youtu.be/TdFh9tj7_is


***

https://youtu.be/zKLOaPDmscY

https://youtu.be/0_AlDC3LNDs

https://youtu.be/Gwpwga426Tg

https://youtu.be/kuj_g8K_d-o

https://youtu.be/ro0Xt80FXR8

https://youtu.be/POBMqyCaHrc

https://youtu.be/W5qoVbGlZZU



「流水式超音波システム」は
 中性洗剤、アルコール・・・に対しても利用可能です。

現在利用している洗剤、溶剤、洗浄液・・・に対しても
 場合によっては利用することができます。

「流水式超音波システム」による効果は
 効率的な超音波照射を実現するとともに
 マイクロバブル・ナノバブルの発生を促進します。

さらに、一定時間の超音波照射により
 ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなます。

その結果、
非常に安定した超音波(音響流)制御を行うことができます。
(超音波伝搬状態の計測・解析により確認しています)



「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1602

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

ジャグリング定理を応用した「超音波制御」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

超音波キャビテーションの観察・制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:16Comments(0)超音波技術

2017年08月05日

「脱気・マイクロバブル発生装置」

「脱気・マイクロバブル発生液循環装置」

超音波システム研究所は、
 小型ポンプを使用した
 超音波<実験・研究・開発>のための
 低価格で簡易的な
 「脱気・マイクロバブル発生液循環装置」の
 タイマー制御による超音波システムを開発しました。



-今回開発したシステムの応用事例-
 ポリマーの化学反応実験
 金属粉末の表面改質実験
 洗浄水槽や治工具の洗浄実験
 各種の攪拌(乳化・分散・粉砕)実験
 流水式超音波装置の簡易実験
 ナノ物質に対するメガヘルツの超音波処理
 音響流の応用(超音波シャワー)実験
 樹脂の表面改質(残留応力の緩和)実験
 粉末の超音波洗浄(流動性の改質)
 薄い材料(板材、線材・・)の表面処理
 ・・・・・・・



■参考動画

http://youtu.be/tlBzGhjW8m0

http://youtu.be/JMaJxulfKk8

http://youtu.be/JcEBQV919OY

http://youtu.be/AtuuVNby6R0

http://youtu.be/vTdMxBWWaNE






http://youtu.be/-8UVZK7PnTs

http://youtu.be/hJMog3b429A

http://youtu.be/c7CnBqIU1vY

http://youtu.be/vqKbrLu3lIU

http://youtu.be/OsilBwmupQo

http://youtu.be/3duaEp-tXiY

http://youtu.be/pHY5xuxBj5U

http://youtu.be/H-QNtGMr5cM








http://youtu.be/mBYaaijiRwg

http://youtu.be/8S5RSsR4K0I

http://youtu.be/WUP1lo5MQDQ

http://youtu.be/H4aOmIImvtc

http://youtu.be/afpChpR17wk

http://youtu.be/QAbXpglSexA

http://youtu.be/tYXJZuSrsnY





http://youtu.be/x9PTuebFNvI

http://youtu.be/2Mb7pYTfxbI

http://youtu.be/6lElTrBGPcY

http://youtu.be/SlDsMhzIafs

http://youtu.be/SZD74WEX1VA

http://youtu.be/8J6WwWiN0BA

http://youtu.be/V4Ezah0SS60






 「脱気・マイクロバブル発生装置」は
  中性洗剤、アルコールに対しても利用可能です。
  現在利用している超音波洗浄液・・・に対しても
  場合によっては利用することができます。

 「脱気・マイクロバブル発生装置」による効果は
  効率的な超音波照射を実現するとともに
  ナノバブルの発生につながります。
  さらに、一定時間の超音波照射により
  ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなます。
  その結果、
  非常に安定した超音波照射制御を行うことができます。
  (超音波テスター(オリジナル製品)による
    超音波の計測・解析により確認しています)

 超音波を安定した状態にすることで
  液循環のタイマー制御(ON/OFF設定)により
  簡単にキャビテーションと音響流の状態を
  目的に合わせてコントロールできます。


 様々な応用事例が発展しています。



■参考

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

現状の超音波装置を改善する方法
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1323










  


Posted by 超音波システム研究所 at 07:12Comments(0)超音波技術

2017年07月30日

超音波実験動画(超音波研究に関する実験動画を投稿しています)No.2

超音波システム研究所は、
YouTubeに、
 超音波に関する実験動画を投稿しています。





超音波実験 Ultrasonic experiment

 1:キャビテーションと音響流の制御技術

 2:超音波専用水槽の製造、液循環制御技術

 3:間接容器・治工具の設計・応用技術
 
 4:マイクロバブル・ナノバブルの応用技術
 
 5:超音波の測定・解析・評価技術


 上記に関する「超音波実験」動画を投稿しています。





<<超音波実験動画>>


https://youtu.be/8zUVXbUGN70

https://youtu.be/sOZKlDA57no

https://youtu.be/W35dx9ufJ1k

https://youtu.be/KssLM9P-LBw

https://youtu.be/LHg0xXcFFfw

https://youtu.be/q2vSZMZokQQ

https://youtu.be/lCgUtTwETZY

https://youtu.be/-ifkMhhEdSM

https://youtu.be/dujYXcjyXPc

https://youtu.be/QCBMFrY1HoM

https://youtu.be/11v4P6sT6qk

https://youtu.be/w63LHzrkXuQ

https://youtu.be/beu5N-xQZKE

https://youtu.be/TSSPcicGufc

https://youtu.be/GRREOzYlK2k

https://youtu.be/VhVuxeiBFm4

https://youtu.be/Y5O1AvGsOYo

https://youtu.be/aVezNMBwSto

https://youtu.be/Qkvx_IHoaKg

https://youtu.be/B5EKD6GOTC0

https://youtu.be/uLl9jGNFjfo

https://youtu.be/4C0KcXWmgK4

https://youtu.be/V075SXwdwME

https://youtu.be/E4I0GtMsF6A

https://youtu.be/Be1NvYdJqYQ







***

https://youtu.be/3oftgxaGPLg

https://youtu.be/y9HHTXbTlYo

https://youtu.be/Dhx0KAu22YQ

https://youtu.be/uAp6jDNEv40

https://youtu.be/cjxaZhMFDWk

https://youtu.be/H8HmhepSzlc

https://youtu.be/sex8kLqQhvw

https://youtu.be/w3yQ8YNAn-A

https://youtu.be/v-F6jaaBhG8

https://youtu.be/pFf81BRhm-o

https://youtu.be/Qaiu2-45HlU

https://youtu.be/M4dYcWjJsNM

https://youtu.be/CaszeRR1cTM

https://youtu.be/e4iyIhHRXdE

https://youtu.be/MknOZ7ERZpY

https://youtu.be/l3lbVwFZHys

https://youtu.be/2c8sT-ycV78

https://youtu.be/lmUZnEYwIJM








参考技術

YouTube::投稿動画1
http://ultrasonic-labo.com/?p=1584

YouTube::投稿動画2
http://ultrasonic-labo.com/?p=3722

YouTube::投稿動画・写真
http://ultrasonic-labo.com/?p=11803

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

超音波測定解析の推奨システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波<キャビテーション・音響流>制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177







  


Posted by 超音波システム研究所 at 07:15Comments(0)超音波技術

2017年07月25日

圧測定装置:超音波テスターを利用した実験動画

超音波システム研究所は、
 音圧測定装置:超音波テスターを利用した
 超音波制御技術に関する実験動画を公開しています。





超音波伝搬状態の変化を
 超音波テスターで測定・解析します。

の特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付

超音波プローブによる測定・解析システムです。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響特性として検出し
 目的に合わせて、応用(制御)します。






<実験動画>

https://youtu.be/EmbU8VB5adI

https://youtu.be/Q_-qAALjwN4

https://youtu.be/LrSBtA7qhpc

https://youtu.be/wqjhnEwEMYI

https://youtu.be/6njQs0AWhZw

https://youtu.be/eHsLqeVZHlw

https://youtu.be/o7py_X07sMo

https://youtu.be/AhvCGFeV9Ig

https://youtu.be/qnd7RZZ9aPU

https://youtu.be/wkl2mN_-DYA

https://youtu.be/VHizsGIVSKs

https://youtu.be/4Rkyv1Hg6ec

https://youtu.be/ITDAbYR2ZtA

https://youtu.be/tn1FbLdGi90

https://youtu.be/8k9YdVEusOI

https://youtu.be/Y_Bftel4ujo

https://youtu.be/UOb6fHN5UmQ

https://youtu.be/ayR3ivAcyIc

***

https://youtu.be/VxaV3bPrr64

https://youtu.be/wfFX7evlYCI

https://youtu.be/86KLCE_OYdg

https://youtu.be/zEdPSr63Omc

https://youtu.be/OfzRP_SdvZE

https://youtu.be/Ug7vtrKgNqE

https://youtu.be/uggdIMt_7hE








オリジナル技術(音圧測定解析)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662


<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905






<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267



<<< キャビテーション・音響流 >>>

超音波キャビテーションの観察・制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波機器の超音波伝搬状態を測定・評価する技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1478

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

小型超音波振動子による「超音波システム」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1280

超音波振動子の改良による、超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9865

  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:22Comments(0)超音波技術

2017年07月18日

オリジナル超音波プローブの「発振・制御」技術 No.6

超音波システム研究所は、
 オリジナル製品:超音波プローブの「発振・制御」技術を利用した
 部品検査、精密洗浄、ナノ分散、化学反応実験・・・・に関して、
 新しい「超音波<発振・制御>システム」を開発しました。

 目的に合わせたオリジナル超音波プローブによる応用技術です。
 超音波の音圧データを測定・解析・評価することで
 効果的な超音波の発振・制御が実現できるシステムです。

 特に、複数の発振・制御を組み合わせにることで
 高い音圧レベルや、非線形現象による高い周波数について
 コントロールできます。

 部品の接続状態や表面についての検査や
 非常に小さい部品の精密洗浄、表面処理、・・・に関して、
 超音波振動の新しい利用方法として提案しています。






超音波プローブは
 利用目的を確認した「オーダーメード対応」しています。


参考動画

https://youtu.be/EgLarTxnB7E

https://youtu.be/US8Fx76zQuo

https://youtu.be/dGNjj0aQq0Q

https://youtu.be/33pV4V8-9to

https://youtu.be/BZ-v8Vt0HLA

https://youtu.be/XTB-CKLNU_w

https://youtu.be/88eR7_OrkWw

https://youtu.be/YvrbsUSmIDM

https://youtu.be/oIrSAUPfJUs

https://youtu.be/l1InLN8gFpY

https://youtu.be/xAnNLrQgsKA

https://youtu.be/V3kYFDtAM9Q

https://youtu.be/CICMvRu98vs

https://youtu.be/hXkdfJK2PcA

https://youtu.be/icbFoZlZxQM

https://youtu.be/g5IpkxwqIQQ

https://youtu.be/_cEPmyE-_QY

https://youtu.be/MW9wJRka2w8

https://youtu.be/hSurEo9vLb4

https://youtu.be/-YqDbkhJMMU

https://youtu.be/hsLnuW4ABbA

https://youtu.be/NSB0JpvKxdg

https://youtu.be/HjQSTWr5Xyk

https://youtu.be/Ud0dGH1UnwM






<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

「オリジナル振動計測技術」を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1421

超音波を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1117

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004 

超音波の伝搬状態を利用した評価技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=6849












  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:21Comments(0)超音波技術

2017年07月15日

<脱気・マイクロバブル発生液循環システム> No.4

超音波システム研究所は、
 目的に合わせた効果的な超音波のダイナミック制御を実現する、
 <脱気・マイクロバブル発生液循環システム>に関して
 各種の音響特性の測定解析に基づいた組み合わせを利用することで、
 超音波をコントロールする技術を開発しました。





超音波液循環技術の説明

1)超音波専用水槽(オリジナル製造方法)を使用しています。
  (材質は、樹脂・ステンレス・ガラス・・対応可能です)
2)水槽の設置は
  1:専用部材を使用
  2:固有振動と超音波周波数・出力の最適化を行っています。
  (水槽の音響特性に合わせた対応を実施します)
3)超音波振動子は専用部材を利用して設置しています
  (専用部材により、定在波、キャビテーション、音響流の
   利用状態を制限できます)
4)脱気・マイクロバブル発生装置を使用します。
   (標準的な、溶存酸素濃度は5-6mg/l)
5)水槽と超音波振動子は表面改質を行っています。

上記の設定とマイクロバブルの拡散性により
均一な洗浄液の状態が実現します。

均一な液中を超音波が伝搬することで
安定した超音波の状態が発生します。

この状態から
目的の超音波の効果(伝搬状態)を実現するために
液循環制御を行います
(水槽内全体に均一な音圧分布を実現して、
 超音波、脱気装置、液循環ポンプ、・・の運転制御がノウハウです)

目的の超音波状態確認は音圧測定解析(超音波テスター)で行います。



ポイントは
適切な超音波(周波数・出力)と液循環のバランスです
液循環の適切な流量・流速と超音波キャビテーションの設定により
超音波による音響流・加速度効果の状態をコントロールします。

マイクロバブルの効果で
均一に広がる超音波の伝搬状態を利用します。

液循環により、以下の自動対応が実現しています。

溶存気体は、水槽内に分布を発生させ
レンズ効果・・・の組み合わせにより、超音波が減衰します。

適切な液循環による効率の良い超音波照射時は、
大量の空気・・が水槽内に取り入れられても
大きな気泡となって、水槽の液面から出ていきます。

しかし、超音波照射を行っていない状態で
オーバーフロー・・により
液面から空気を取り込み続けると、超音波は大きく減衰します。

この空気を取り入れる操作は必要です
多数の研究報告・・がありますが
液循環の無い水槽で、長時間超音波照射を行い続け
溶存気体の濃度が低下すると
音圧も低下して、キャビテーションの効果も小さくなります。
(説明としては、キャビテーション核の必要性が空気を入れる理由です
 液面が脱脂油や洗剤の泡・・・で覆われた場合も空気が遮断され
 同様な現象になります)

さらに、
超音波照射により、脱気は行われ
溶存気体の濃度は低下して、分布が発生します
単純な液循環では、この濃度分布は解消できません。

この濃度分布の解決がマイクロバブルの効果です。

脱気・マイクロバブル発生液循環が有効な理由です。

注:
オリジナル装置(超音波測定解析システム:超音波テスター)による
音圧測定解析を行い
効果の確認を行っています。



上記の液循環状態に対して
超音波プローブによるメガヘルツの超音波発振制御を行うことで
超音波の非線形現象が幅広い周波数帯で発生するとともに
ダイナミックな超音波の変化を実現します。

気体の流量・流速分布・・・を適切に設定することで
目的に合わせた、非線形現象を発生させることができます。




<<動画>>

https://youtu.be/4CcI2-c4oQ0

https://youtu.be/LiRrgRupqcw

https://youtu.be/wQ9uFl62WCE

https://youtu.be/5QrqFuu9ktk

https://youtu.be/N0XOaXubaZU

https://youtu.be/CQIzJJ99qsQ

https://youtu.be/8tCK53CmLK8

https://youtu.be/j4goi3kimJI

https://youtu.be/0BLCfmOpW2w

https://youtu.be/MlQaf4Cy6VA

https://youtu.be/lt9vctebrms

https://youtu.be/gZc6Zlnm9OQ

https://youtu.be/q3LCfJx9HJo

https://youtu.be/hl_C9lIvw2I

https://youtu.be/8prj2v90lUs

https://youtu.be/3_FbV1xEfYw

https://youtu.be/keh8h3SfcE4

https://youtu.be/MXB4lGp_jlo

https://youtu.be/tdOdP69odDQ



上記の技術に関して、
目的の超音波利用に合わせた
水槽の構造設計や液循環位置(ポンプへの吸い込み口、吐出口)は
非常に重要ですが
目的・サイズ・洗浄液・・によりトレードオフの関係が発生する場合があり、
一般的な設定はありません
(具体的な数値は、コンサルティング対応しています)

適切な設定が実現すると
マイクロバブルは超音波作用によりナノバブルに分散します
ナノバブルによる超音波の安定性は、マイクロバブルに比べて大きく
非線形現象の制御がより簡単になります
(具体的な制御は、音圧測定・・・コンサルティング対応しています
 洗剤の使用や撹拌・・では、
 通常の洗浄とは反対の設定を行う成功事例が多い傾向にあります)




超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1410

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843




超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します









  


Posted by 超音波システム研究所 at 15:36Comments(0)超音波技術

2017年07月11日

YouTubeに投稿した超音波実験の数が、62000に達しました

(超音波システム研究に関する動画・スライドを投稿しています)




超音波システム研究所は、
YouTubeに投稿した、
 超音波に関する動画・スライドの数が、62000に達しました。





超音波システム研究に関する、各種技術の紹介

 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・
 ・・・・・・・
 各種の動画・スライドショーを
 YouTubeに投稿しています。






参考(投稿)

https://youtu.be/XQ_9K0oqQFI

https://youtu.be/7pTob2BMv0g

https://youtu.be/n28hbZn9Gns

https://youtu.be/kNjOLO1Hyas

https://youtu.be/H5IGI9GFnNA

https://youtu.be/5YdHBjtP158

https://youtu.be/SC3zMaw0gDA

https://youtu.be/ao6CAJlZ6yo

https://youtu.be/Qw_Tshkw_Ig

https://youtu.be/LbEjTzdIB-c




https://youtu.be/oOlwDdZg9-c

https://youtu.be/iSJkILmRAuU

https://youtu.be/rBiQdYZFQR8

https://youtu.be/FVip8H-O-Dw

https://youtu.be/3cVtC4hlPmo

https://youtu.be/Owqx59dJMlA




https://youtu.be/OBn07-fZzdM

https://youtu.be/-7IgaqNCj8M

https://youtu.be/-eKfmxKV4JU

https://youtu.be/zVVXDw74K8U

https://youtu.be/Aiob7RZw6bg

https://youtu.be/6HrgD8oZVa8

https://youtu.be/gIIGmfNcOZ8

https://youtu.be/9uVTfn0Kxok

https://youtu.be/Tg1lU3yHmRc




https://youtu.be/P04ec6FXHu8

https://youtu.be/XkNUmJvI8aE

https://youtu.be/zi13mD5HYWg

https://youtu.be/PjQTpTMWaao

https://youtu.be/wHWbJl1Mcac

https://youtu.be/yBW9zOfOGy8

https://youtu.be/ApQ2sFq4waU




https://youtu.be/ixzpW4DLjIA

https://youtu.be/TWAh-XTtVQE

https://youtu.be/Yizn6nWvnRU

https://youtu.be/NSXbUwyZv9M

https://youtu.be/ySwEnL5FAhk

https://youtu.be/LFOfFA4rXvM

https://youtu.be/u65YjJIsts4

https://youtu.be/ue3HRPwfMEo

https://youtu.be/HE7vSeP7Ee8

https://youtu.be/OKJhJO7vbYM




参考技術

YouTube::投稿動画1
http://ultrasonic-labo.com/?p=1584

YouTube::投稿動画2
http://ultrasonic-labo.com/?p=3722

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

超音波測定解析の推奨システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波<キャビテーション・音響流>制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950





超音波の非線形現象
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779





「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413






  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:45Comments(0)超音波技術

2017年07月07日

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術を開発 No.3

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 小型のギアポンプによる
 脱気・マイクロバブル発生装置を利用した
 超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術を開発しました。




-この技術による応用事例-
 音響流とキャビテーションの最適化による超音波洗浄
 音響流制御による超音波攪拌(乳化、分散、粉砕)
 音響流による伝搬周波数の変化を利用した化学反応の制御
 音響流とマイクロバブルによる表面改質(残留応力の緩和)
 音響流を利用した加工液による加工装置への応用
 音響流によるメガヘルツのシャワー効果
 音響流によるメッキ液の改良
 ・・・・・・・

 ガラス製の水槽を利用したソノケミカル反応実験
 ナノ粒子の製造実験
 霧化サイズのコントロールによるコーティング実験
 各種材料の攪拌実験
 ・・・・・・・

 ガラス部品の精密洗浄実験
 複雑な形状・線材・・の表面改質実験
 溶剤・・の化学反応実験
 ・・・・・・

<<音響流の利用技術>>

1)2種類の超音波を利用した洗浄
2)流水式超音波洗浄(超音波シャワー)
3)表面を伝搬する高調波(1MHz以上)の利用
4)ガラス・樹脂・ステンレス・・各種容器の音響特性を利用
5)キャビテーションと定在波の最適化(音圧測定解析)を利用
6)その他(非線形現象、相互作用・・)
 流れる水に超音波を伝搬させ、
 シャワー状にして洗浄対象を洗浄する・・・


以下の動画は、上記に関する基礎実験の様子です


<参考動画>

小型ポンプによる「音響流の制御システム」

https://youtu.be/EtvSyST_P8A

https://youtu.be/1DGmeLM4dRg

https://youtu.be/1RBoeQXfHFQ

https://youtu.be/tVCiBTbcwII

https://youtu.be/PLMJb0GWHD4

https://youtu.be/P1k60rkbJu4

https://youtu.be/rTty-7XqJtw

https://youtu.be/6sp-QOZpAm8

https://youtu.be/xYp0JoxUpe0

https://youtu.be/F414RNqPsr4

https://youtu.be/cXCzxZjQNo0

https://youtu.be/gwElU_90KwU


脱気・マイクロバブル発生装置

https://youtu.be/iUQp7X-ZL_w

https://youtu.be/6PiBbp5eWUk

https://youtu.be/fDDV4fNXVlc

https://youtu.be/1yDGvHw1OdM

https://youtu.be/e9UghLDb9eQ

https://youtu.be/IDq3Ye1dNDA

https://youtu.be/GMPqxSskwuE

https://youtu.be/q2VaWKECH4Q

https://youtu.be/ZDQ3WCPIF2A

https://youtu.be/PJO4acbzU6c

https://youtu.be/hNOVuqaURu4

https://youtu.be/l4WQ093oZr0

https://youtu.be/-QCsD58ALKI

https://youtu.be/7KzmsT1ov8s

https://youtu.be/subSJv18qOM



 「脱気・マイクロバブル発生装置」は
  中性洗剤、アルコールに対しても利用可能です。
  現在利用している超音波洗浄液・・・に対しても
  確認テストにより、利用することができます。

 但し、各種の液体に対して、音響伝搬特性の測定解析を行い
  適切な治工具や容器との組み合わせ・・・が必要になります。


 「脱気・マイクロバブル発生装置」による効果は
  効率的な超音波照射を実現するとともに
  ナノバブルの発生につながります。
  さらに、一定時間の超音波照射により
  ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなります。
  その結果、
  非常に安定した超音波の非線形制御を行うことができます。
  (マイクロバブルによる超音波伝搬状態の効果は、
   適切なサイズの範囲があることを、計測・解析により確認しています)


 様々な応用事例が発展しています。

 40kHzの超音波を利用して
 音響流の制御により1MHzの伝搬状態を実現させることも可能です

 あるいは
 40kHzの超音波を利用して
 音響流の制御により10kHz以下の振動モードを利用した
 高い音圧レベル(100-1000倍)の実現も可能です

コンサルティング対応しています。


<<参考>>

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:18Comments(0)超音波技術

2017年07月03日

表面弾性波を利用した、超音波制御技術

超音波システム研究所は、
超音波と水槽・・(治工具)の表面弾性波を利用した、
応用技術を開発しました。




超音波とマイクロバブルによる表面改質効果により
 表面処理することで
 水槽・・(治工具)の表面弾性波を
 効率の高い状態で制御可能にします。

上記の具体的な技術として
 水槽・治工具・・・と超音波の相互作用による
 超音波の非線形現象(バイスペクトル)を
 目的に合わせて制御する技術を開発しました。

超音波の伝搬状態の測定・解析技術を利用した結果、
 高調波の制御を実現していること
 非線形現象を調整できることを確認しています。

システムの音響特性を
 (測定・解析・評価)確認して対応することがノウハウです





参考動画

https://youtu.be/5LghkDF6Sb4

https://youtu.be/Pm3N4JnOdS4

https://youtu.be/-2pRyoXCrsw

https://youtu.be/dlPZd03_1-k

https://youtu.be/PoM-vq0S1To

https://youtu.be/AMQXuFpXmLU

https://youtu.be/yBHk7BLykTw

https://youtu.be/7m2Ua-ibero

https://youtu.be/qrOgjVK_uGg

https://youtu.be/ov5WVI0JWyI

https://youtu.be/spLHbtxvQM4

***

https://youtu.be/unu46mYxWyA

https://youtu.be/TUCJy9GPwXw

https://youtu.be/3RWhBjzMDqo

https://youtu.be/anqZP14zpN8

https://youtu.be/BhrKHRXybHg

***

https://youtu.be/WrKn5IK6vww

https://youtu.be/rZd0fbO18ls

https://youtu.be/jNkrfp3ojNI

https://youtu.be/fEyKDmjtfPM

https://youtu.be/qefSNjnDqyI

https://youtu.be/CdXRvpXOD7g

https://youtu.be/iIWryG4abbw

https://youtu.be/LljMD-yTFPA

***

https://youtu.be/M8PtzVhLEF8

https://youtu.be/rpu9xwEXvh8

https://youtu.be/wHWbJl1Mcac

https://youtu.be/PjQTpTMWaao



オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852
  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:17Comments(0)超音波技術

2017年07月01日

超音波実験

超音波システム研究に関する、各種技術の紹介






 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・動画を
 YouTubeに投稿しています。







参考

 http://youtu.be/YRA9E6rqXmg

 http://youtu.be/EKs-VhNiEFw

 http://youtu.be/c5XG6PX9WzI

 http://youtu.be/p1iMoFANqxo

 http://youtu.be/APTw0Dn2Vbo






超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、
  << 超音波コンサルティング >>を提供します

 超音波の非線形性現象を認識して、
 その効果を利用しています。













  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:00Comments(0)超音波技術

2017年07月01日

2017年06月30日

超音波の発振制御システム No.5

超音波システム研究所は、
 オリジナル超音波プローブの発振制御により、
 対象物に伝搬する超音波振動の、
 非線形現象をコントロールする技術を開発しました。





音圧測定解析システム(超音波テスター)
 ファンクションジェネレータによる発振制御を
 対象物の音響特性に合わせて、
 発振出力、波形、変化・・・させることで、
 超音波の伝搬状態をコントロールします。

注:対象物の音響特性と
 超音波の発振制御で、
 相互作用による振動現象を利用した
 超音波のダイナミック制御・・・・を行います
 (超音波テスターで、音圧の測定・解析・確認を行っています)

この技術を、
 精密洗浄や化学反応実験・・・に用いた結果、
 ナノレベルの効率の高い超音波システムとして
 応用(洗浄・改質・反応制御・・)することが可能となりました。

これは、従来では干渉や共振により減衰すると考えられた状態について
 大きな可能性を示した結果だと考えます。

今後、超音波による非線形現象はますます可能性を広げていくと考え
 研究開発を含め、実用的な提案をしていきます。






参考動画

https://youtu.be/Tg1lU3yHmRc

https://youtu.be/vF9QVsvBL4s

https://youtu.be/P04ec6FXHu8

https://youtu.be/CCVeC2GYEJE

https://youtu.be/MkYepUO9qJU

https://youtu.be/XkNUmJvI8aE

https://youtu.be/0htyYFFWGeI

**

https://youtu.be/VK-50cV0uc4

https://youtu.be/kp1t9eEpXc0

https://youtu.be/PjQTpTMWaao

https://youtu.be/kU7fuWGf1K0

https://youtu.be/47SQ3_SPiK8

https://youtu.be/YyDlcetlKGo

****

https://youtu.be/kd2tBf2rkJ8

https://youtu.be/e0ag-iUx2Ag

https://youtu.be/PJrfef4I0vs

https://youtu.be/T5waIpnpnww

https://youtu.be/i5ecYjnF76I

https://youtu.be/Ddd1vrf_v48

https://youtu.be/GI5Ezf93q9Y

https://youtu.be/sSnkbWFsORI

https://youtu.be/RKic9kBiMQo

https://youtu.be/mQiR3gt25sY

https://youtu.be/dEykF2Y-CS8

https://youtu.be/CUk6Gug_0K0







<<参考>>

超音波の発振・制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852







  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:18Comments(0)超音波技術

2017年06月27日

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術を開発 No.2

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 小型のギアポンプによる
 脱気・マイクロバブル発生装置を利用した
 超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術を開発しました。





-この技術による応用事例-
 音響流とキャビテーションの最適化による超音波洗浄
 音響流制御による超音波攪拌(乳化、分散、粉砕)
 音響流による伝搬周波数の変化を利用した化学反応の制御
 音響流とマイクロバブルによる表面改質(残留応力の緩和)
 音響流を利用した加工液による加工装置への応用
 音響流によるメガヘルツのシャワー効果
 音響流によるメッキ液の改良
 ・・・・・・・

 ガラス製の水槽を利用したソノケミカル反応実験
 ナノ粒子の製造実験
 霧化サイズのコントロールによるコーティング実験
 各種材料の攪拌実験
 ・・・・・・・

 ガラス部品の精密洗浄実験
 複雑な形状・線材・・の表面改質実験
 溶剤・・の化学反応実験
 ・・・・・・

<<音響流の利用技術>>

1)2種類の超音波を利用した洗浄
2)流水式超音波洗浄(超音波シャワー)
3)表面を伝搬する高調波(1MHz以上)の利用
4)ガラス・樹脂・ステンレス・・各種容器の音響特性を利用
5)キャビテーションと定在波の最適化(音圧測定解析)を利用
6)その他(非線形現象、相互作用・・)
 流れる水に超音波を伝搬させ、
 シャワー状にして洗浄対象を洗浄する・・・


以下の動画は、上記に関する基礎実験の様子です


<参考動画>

小型ポンプによる「音響流の制御システム」

https://youtu.be/ec-WndkROdU

https://youtu.be/_9kyNqlaRRE

https://youtu.be/fBbSx4u5Ing

https://youtu.be/AvWHyw15OPU

https://youtu.be/mwwVofvQB70

https://youtu.be/7Is1J7NhHhY

https://youtu.be/ixzpW4DLjIA

https://youtu.be/BmuzfOklKJQ

https://youtu.be/SiPmnLaTlRI

https://youtu.be/LfXuCbrM3Qc

https://youtu.be/-_gr6ZMXHjg

https://youtu.be/y7snMT91GmU

https://youtu.be/7rQilg7Lym0

***

https://youtu.be/dNatKlzixwQ

https://youtu.be/n_6FNx0GZWo

https://youtu.be/IxJE467Ug_w

https://youtu.be/kpA6Yx6RQ1U

https://youtu.be/Y-Z3aOA5nPk

https://youtu.be/93g2LcQvztk

https://youtu.be/fDDV4fNXVlc

https://youtu.be/JtKzFZJk32E

https://youtu.be/Q63TkJ1EJEc

https://youtu.be/2pE2VVeKTck

https://youtu.be/Nv9ufCPgW2g

https://youtu.be/1yDGvHw1OdM

https://youtu.be/1rzRdMlOpL0

https://youtu.be/Nf7hwQeLotc

https://youtu.be/ppo7353ENYg

https://youtu.be/CDIJfkI2tBA

https://youtu.be/18-BxHDLyPQ

https://youtu.be/H7HvDsGirFg

https://youtu.be/e9UghLDb9eQ

https://youtu.be/IDq3Ye1dNDA

https://youtu.be/6_cvF85ulTc

***

https://youtu.be/qoBLgKQbccY

https://youtu.be/mfgUlgSQGvU

https://youtu.be/OCm8Zojaf8Q

https://youtu.be/ad6OkIw38Dc

https://youtu.be/7bQd0vDA-2w

https://youtu.be/uNc8Qk2VzT8

https://youtu.be/rmV51ycCQCw

https://youtu.be/ec-WndkROdU

https://youtu.be/SRe3lS6IklU

https://youtu.be/fBbSx4u5Ing

https://youtu.be/YdtQ_qMK-KQ

https://youtu.be/pbe6tiMQ68U

https://youtu.be/8Eysztk-ses



 「脱気・マイクロバブル発生装置」は
  中性洗剤、アルコールに対しても利用可能です。
  現在利用している超音波洗浄液・・・に対しても
  確認テストにより、利用することができます。

 但し、各種の液体に対して、音響伝搬特性の測定解析を行い
  適切な治工具や容器との組み合わせ・・・が必要になります。


 「脱気・マイクロバブル発生装置」による効果は
  効率的な超音波照射を実現するとともに
  ナノバブルの発生につながります。
  さらに、一定時間の超音波照射により
  ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなります。
  その結果、
  非常に安定した超音波の非線形制御を行うことができます。
  (マイクロバブルによる超音波伝搬状態の効果は、
   適切なサイズの範囲があることを、計測・解析により確認しています)


 様々な応用事例が発展しています。

 40kHzの超音波を利用して
 音響流の制御により1MHzの伝搬状態を実現させることも可能です

 あるいは
 40kHzの超音波を利用して
 音響流の制御により10kHz以下の振動モードを利用した
 高い音圧レベル(100-1000倍)の実現も可能です

コンサルティング対応しています。


<<参考>>

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:59Comments(0)超音波技術

2017年06月21日

「ナノテクノロジー」の研究・開発<超音波の非線形制御技術>

「ナノテクノロジー」の研究・開発<超音波の非線形制御技術>




超音波システム研究所は、
 *複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術
 *間接容器の利用に関する「弾性波動」の応用技術
 *振動子の固定方法による「定在波の制御」技術
 *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術
 *液循環に関する「ダイナミックシステム」の統計処理技術
 *超音波の「非線形現象に関する」制御技術
 *超音波とマイクロバブルによる「表面改質技術」
 *超音波の「音圧測定・解析技術」
 *磁性・磁気と超音波の組み合わせ技術
 *超音波による「金属部品のエッジ処理」技術

 上記の技術を組み合わせることで
  対象物に合わせた、超音波の非線形制御技術を開発しました。





今回開発した技術の具体的な応用事例として、
 カーボンナノチューブ、銀粉、鉄粉、銅粉、アルミニウム粉、
 ガラス、樹脂、セラミック、ポリマー、・・・
 に対して、超音波特有の効果(表面刺激)を実現しました。

 詳細な特性につきましてはメールでお問い合わせください。

 特に、
 超音波の発振周波数に対する、
 対象物への伝搬状態(キャビテーションと音響流の効果)を
 明確に制御(最適化)することで、安定した表面処理を実現します。

 非常に単純な事項が多いのですが
 具体的な対象や目的により様々な設定があります。
 詳細は、ノウハウとしてコンサルティング対応しています。

複数の超音波振動子を利用する場合は
 発振の順序、出力設定、水槽内の液面の振動・・に関する
 各種(時間の経過による特性の変化・・)の問題に、
 <相互作用の影響>をグラフとして、把握することが重要です。

超音波・洗浄・改質・攪拌・・・様々な応用・研究・・につながっています。




■参考動画・スライド

https://youtu.be/so6w6TA3YFw

http://youtu.be/jowNkJJIRAY

http://youtu.be/lkiFPQL2jpI

https://youtu.be/oMmPio-Naxc

http://youtu.be/b2lkl_DrptI

https://youtu.be/-vz8XblTAM4

https://youtu.be/G_iM0Mm6ycY

https://youtu.be/fqgbTPjoiP8

https://youtu.be/toIT_PQccx4

https://youtu.be/d3-eOKXZ2jo

https://youtu.be/ubr1w7tVyts

https://youtu.be/o3wO-xx9Y8E

https://youtu.be/OSWarWU9vNk

https://youtu.be/mJByyvumpl4

https://youtu.be/CfQm7Ts_vfQ

https://youtu.be/ImDMFT37oBU

https://youtu.be/QW4b0fmdpUs

https://youtu.be/pZlek0uf-4U

https://youtu.be/bvxEamfL2_o

https://youtu.be/lxXXbL_HJgk

https://youtu.be/n4BWbIGIHoI

https://youtu.be/V1CfvUhxW_A

https://youtu.be/iKdf4c6f4IQ

https://youtu.be/VhsCkGNHWho

https://youtu.be/FFCcyuswQyc

https://youtu.be/lNaRZis193g

https://youtu.be/h2hlbSsBIx0

http://youtu.be/VStQrJFBxrw

http://youtu.be/ZVpXLAnIXGo

http://youtu.be/25y4zHCrE2I

http://youtu.be/4H87dATnOVA

http://youtu.be/WxipcOkvrvo

http://youtu.be/2BjWJ4UZfrs

http://youtu.be/bCBi5Fc5V0M

http://youtu.be/f1ev0gDGuYQ

http://youtu.be/Z86YJLbPZD8

https://youtu.be/9JcXtGdTEw4

http://youtu.be/f1ev0gDGuYQ

http://youtu.be/J_i7RcsuUrI

http://youtu.be/L1h3HqNtP3Y

http://youtu.be/iyv8rr5cPhw

https://youtu.be/e_f9ORiHgwo

https://youtu.be/mRiX5BRLUFs

http://youtu.be/ZGK0Mrk8hEo

http://youtu.be/fwpRXMACIj8

http://youtu.be/uKOFBPDlO5w

https://youtu.be/FYU3qrcZ2bU

https://youtu.be/nzP3E92J-08

https://youtu.be/n_6FNx0GZWo

https://youtu.be/LNd4Z7W0-co

https://youtu.be/Aq_HK85XHXY

https://youtu.be/Wa3VddPcscY

https://youtu.be/75BIEHH697E

https://youtu.be/DYzhjG0dhE0

https://youtu.be/RZgPWg6XfrY

https://youtu.be/p1ZoLS3d52w

https://youtu.be/zuky3GzBo8U

https://youtu.be/rxtJpB1BQ6M

https://youtu.be/ryazAOmKx2g

https://youtu.be/G79TzUOirR8

***

https://youtu.be/mF_8x9AAAMM

https://youtu.be/ikUaL95P0dU

https://youtu.be/3q_Bk0PmgXE

https://youtu.be/i50vmEVIC5Y

https://youtu.be/uY25RYS3cSs

https://youtu.be/Z6iknlagukU

https://youtu.be/ZVn03jWvjns

https://youtu.be/HKSk1Upoutc

https://youtu.be/edUUGaERlBk

https://youtu.be/FLfZWXdlIgg

https://youtu.be/TWAh-XTtVQE

https://youtu.be/3uPVi-x-Uw4

https://youtu.be/6XiEAwJ0C2w






これは、超音波に対する新しい視点です、
 今回の実施結果から
  対象物と超音波振動子の周波数の関係よりも
  システムの超音波振動による非線形現象・相互作用の影響が
  大変大きいことを確認しています。
  超音波の伝搬状態を有効に利用するためには
  相互作用による伝搬周波数の状態変化・・を検出して
  最適化(制御)することが重要だと考えています。


 コンサルティング事業としては、
 2種類の超音波振動子の同時照射を使用するシステムを
 主体として展開しています。













■参考

超音波の発振・制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

オリジナル技術(音圧測定解析)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波攪拌(乳化・分散・粉砕)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3920

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

アルミ箔の超音波分散
http://ultrasonic-labo.com/?p=5550

磁性・磁気と超音波(Ultrasonic and magnetic)
http://ultrasonic-labo.com/?p=3896

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454




超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

超音波システム研究所<理念Ⅱ>
http://ultrasonic-labo.com/?p=3865












  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:18Comments(0)超音波技術

2017年06月21日

2017年06月21日

表面改質に関する書籍の発売(発刊 2015年3月27日)

マイクロバブルと超音波との組み合わせによる
 樹脂・金属の表面改質に関する書籍が、、
 株式会社 情報機構様より
マイクロバブル(ファインバブル)の
 メカニズム・特性制御と実際応用のポイント
」として発売されています。



この書籍は
 未だ解明されていない点も多い、超微細気泡の謎に迫る!
 各種メカニズムに関する最新の知見と各種応用技術を詳述!・・を
 一冊の書籍としてまとめたものです。

発刊・体裁・価格
発刊  2015年3月27日  定価  63,000円+税
体裁  B5判 ソフトカバー 469ページ  
ISBN 978-4-86502-079-3





詳細、申込方法はこちらを参照
http://www.johokiko.co.jp/mousikomi/index.php#no3

書籍の概要
http://www.johokiko.co.jp/publishing/BC150301.php



目次
第一章 マイクロバブル(ファインバブル)の発生メカニズムとその設計・制御法

第1節 超高速旋回式
1.マイクロバブルとは何か
2.超高速旋回式マイクロバブル発生装置
 2.1 発生装置と発生原理
 2.2 マイクロバブルの発生機構
 2.3 旋回速度の計測
3.超高速旋回式マイクロバブルの特徴
 3.1 発生頻度分布
 3.2 収縮を起点として生起する物理化学的特性
 3.3 装置の選択基準
4.適用分野と装置の適用問題

第2節 加圧溶解法
1.加圧溶解法の概要と気泡径・数密度の特性
2.気泡発生メカニズム
3.発生後の気泡の時間変化




第3節 エジェクター方式
1.エジェクター方式とは
2.アスピレーター
3.マイクロバブル発生に求められるエジェクター
 3.1 エジェクターの条件
  3.1.1 安定した径(単分散)の微細気泡が発生できること
  3.1.2 気泡径を自在に制御できること
  3.1.3 少ないエネルギー(低圧)で生成できること
  3.1.4 目詰まりを生じないこと
  3.1.5 スケールアップが可能であること
 3.2 エジェクター方式を利用した用途別の効果および製品の一例
  3.2.1 マイクロバブルシャワーヘッド
  3.2.2 酸化防止用窒素置換ノズル
  3.2.3 食器洗浄機
  3.2.4 洗濯機
  3.2.5 養殖場の酸素供給装置
  3.2.6 閉鎖水域浄化装置




第4節 ベンチュリ管式マイクロバブル発生装置の流動特性
1.実験装置と実験条件
2.ベンチュリ管内の気泡挙動
3.ベンチュリ管内の流動場
4.流路方向の圧力分布とボイド率分布
5.ベンチュリ管内の音速

第5節 ナノ多孔質フィルムを使ったマイクロナノバブル発生装置
1.気泡発生メカニズム
 1.1 概要
 1.2 使用されるナノ多孔質フィルムについて
 1.3 発生気泡のコントロール
 1.4 装置の性能を活かすための条件設定・使用のポイント
2.ナノ多孔質フィルムを使ったマイクロナノバブル発生装置の特徴
 2.1 気泡発生装置の特徴
 2.2 発生気泡の特性
3.ナノ多孔質を使ったマイクロナノバブル発生装置の用途
 3.1 排水処理設備での利用用途
 3.2 工業用途への利用
 3.3 農業、養殖業での利用用途
 3.4 その他の利用用途
4.今後の展開

第6節 超音波方式
1.超音波を利用したマイクロバブルの生成メカニズム
 1.1 マイクロバブル生成現象
 1.2 界面の時間的挙動と気泡生成メカニズム
2.超音波利用型マイクロバブル発生装置
 2.1 装置概要
 2.2 マイクロバブルの発生状態と放出挙動

第7節 現場に対応した装置作製・設計のポイント~一次産業に向けて~
1.発生方式の特徴
2.各産業での活用における課題点
3.一次産業に対応するポイント
4.一次産業に対応した発生装置開発の事例
 4.1 水産業における事例
 4.2 農産業における事例




第二章 マイクロバブル(ファインバブル)の特性・挙動・機能性
~各種メカニズムとその制御・評価法~

第1節 マイクロバブル(ファインバブル)の発生・合体・消滅・安定化メカニズム
第1項 マイクロバブルの発生・合体・消滅・安定化メカニズム
1.バブル発生の一般的な道すじ
 1.1 蒸気泡の発生
 1.2 ガス気泡の発生
2.発生のメカニズム―核生成理論の概略とバブル発生
3.消滅のメカニズム―発生したバブルの運命
 3.1 バブルの成長
 3.2 バブルの縮小
 3.3 バブルの合体
4.合体のメカニズム―バブル合体に至る条件
5.安定化のメカニズム―表面張力の熱力学とバブル安定性

第2項 ガス過飽和水中における微細気泡の安定化機構
1.気泡溶解の原理
2.気泡曝気によるガス過飽和水の生成
3.バルクナノバブルの存在性
4.超音波洗浄への応用

第2節 マイクロバブル(ファインバブル)の物性・特性-力学特性と化学反応
1.水中における気泡の力学的特性
2.マイクロバブルの収縮挙動
3.マイクロバブルの収縮に及ぼす温度の効果
4.マイクロバブルの化学反応
5.マイクロバブルの具体的化学反応の例

第3節 マイクロバブル(ファインバブル)の機能発生メカニズム-洗浄効果と生物活性効果
1.マイクロバブルによる洗浄効果
 1.1 マイクロバブルを利用した洗浄試験
 1.2 マイクロバブル洗浄のメカニズム
2.マイクロバブルの生物活性作用
 2.1 酵母に及ぼすマイクロバブル効果
 2.2 マイクロバブルを用いたクルマエビの養殖
 2.3 マイクロバブルを用いたノリの養殖
3.マイクロバブルの生物への作用メカニズム
 3.1 マイクロバブルとタンパク質の相互作用
 3.2 マイクロバブルの生理活性作用のメカニズム




第4節 マイクロバブルの物理学的特性
1.マイクロバブル技術の基本
 1.1 マイクロバブルの特徴
 1.2 マイクロバブルの収縮運動
  1.2.1 限界気泡径
  1.2.2 可視化装置
  1.2.3 収縮パターン
  1.2.4 収縮過程における特徴
  1.2.5 収縮過程における時間的変動特性
 1.3 気体の溶解度とマイクロバブルの関係
2.窒素マイクロバブルと酸素マイクロバブル
3.マイクロバブルの負電位特性
4.マイクロバブルの発光特性

第5節 マイクロバブル水の物理化学的特性
1.マイクロバブル水の基本的性質
 1.1 マイクロバブル水とは何か
  1.1.1 マイクロバブル水の定義と分類
  1.1.2 空気マイクロバブル水
 1.2 各種液体を用いたマイクロバブル水
  1.2.1 淡水マイクロバブル水と海水マイクロバブル水
  1.2.2 人工精製水
  1.2.3 各種汚染水
  1.2.4 低温水と高温水
  1.2.5 特殊な液体
 1.3 発生装置の違いによる相異
2.マイクロバブル水の化学的特性
 2.1 発生装置によるマイクロバブル水の相異
  2.1.1 超高速旋回式装置で製造されるマイクロバブル水
  2.1.2 加圧溶解式装置で製造されるマイクロバブル水
 2.2 液体の種類によっても異なる
3.生物適応水としてのマイクロバブル水
 3.1 生理活性水としてのマイクロバブル水
4.生理活性現象の観察

第6節 マイクロバブルを利用した気液・中和反応
1.炭酸ガスを用いた気液反応型中和のメリット
2.反応効率に影響を与える因子
3.マイクロバブル型気液混合機
4.実施例

第7節 マイクロバブルの気泡径測定法
1.気泡径計測手法の概要及び分類
2.各種計測手法の原理と特徴
 2.1 直接撮影に基づく方法(画像処理法)
 2.2 散乱光強度に基づく方法(光散乱粒子カウンタ法、レーザ回折・散乱法)
 2.3 散乱光の干渉を利用する方法(位相ドップラ法、干渉画像法)
 2.4 ブラウン運動に基づく方法(ブラウン運動追跡法、動的光散乱法)
 2.5 コールターカウンタ法
 2.6 共振式質量測定法




第8節 シミュレーション
第1項 マイクロバブルの粒子シミュレーション
1.粒子シミュレーションの原理
2.粒子シミュレーションの適用範囲
3.例:マイクロバブルの力学的つりあい
4.例:核生成のシミュレーション
5.例:薄液膜の安定性
6.例:水溶液の表面特性




第2項 マイクロバブル分散液の物性・特性評価シミュレーション
1.単一マイクロバブルの運動方程式
 1.1 並進運動方程式
 1.2 体積運動方程式
2.気泡群としての粘度特性
 2.1 テイラーのエマルジョンの理論
 2.2 ムーニーの高濃度球形分散体モデル
3.全体流動を記述する支配方程式と数値解法
 3.1 混合体としての保存方程式
 3.2 数値計算手順
4.シミュレーションの事例
 4.1 気泡噴流
 4.2 物体まわりのマイクロバブル浮上流


第三章 マイクロバブル(ファインバブル)応用のポイント

第1節 物質製造・化学工学プロセス
第1項 超音波マイクロバブル発生法を利用する金属ナノ粒子の合成
1.超音波マイクロバブルを利用する金属イオンの還元と金属ナノ粒子の生成
2.各種実験条件で生成されるマイクロバブル特性と金属イオン還元反応の関係
 2.1 溶存ガスが還元反応に与える影響
 2.2 添加有機物が還元反応に与える影響
 2.3 超音波強度が還元反応に与える影響
 2.4 超音波周波数が還元反応に与える影響
3.金属ナノ粒子のサイズ制御合成の例(還元速度と粒子サイズの関係)
4.超音波マイクロバブルから発生する物理的作用が粒子の凝集に与える影響
5.金属ナノ粒子の形状制御合成の例(超音波照射時間の影響)

第2項 ファインバブル/ウルトラファインバブルの有機合成・反応への応用
1.はじめに
 1.1 気相が関与する化学反応
2.有機合成用FB/UFB発生装置
3.FB/UFB手法によるアルコールの空気(酸素)酸化反応
 3.1 アルコールの空気(酸素)酸化反応
 3.2 Cu+ / TEMPO触媒系空気酸化反応
 3.3 Fe3+/ NO3? / TEMPO触媒系空気酸化反応
 3.4 Br? / NO2 / TEMPO触媒系空気酸化反応
4.FB/UFB手法による接触水素化反応
 4.1 接触水素化反応の工業的な利用
 4.2 アルケン・アルキンの接触水素化反応
 4.3 芳香族ニトロ化合物の接触水素化反応
5.FB/UFB手法による過酸化水素合成
 5.1 過酸化水素の工業的製法
 5.2 アントラキノン法による過酸化水素合成
 5.3 合成過酸化水素水の直接的利用
6.FB/UFB手法による光酸化反応
 6.1 一重項O2による光酸化反応
 6.2 一重項O2によるγ-terpineneの光酸化的芳香族化
 6.3 一重項O2によるアミンの光酸化的脱水素化ホモカップリング
 6.4 一重項O2によるスルフィドの増感剤フリー光酸化反応
7.FB/UFBの効果
 7.1 有機溶媒中における溶存酸素飽和率
 7.2 有機溶媒中におけるウルトラファインバブルの計測
 7.3 種々の溶媒と気体におけるウルトラファインバブルの計測

第3項 中空マイクロカプセルの製造
1.マイクロバブルを利用した中空マイクロカプセルの製法
2.バブルテンプレート法による中空ポリ乳酸マイクロカプセルの製造
3.Gas/O/W法による中空ポリ乳酸マイクロカプセルの製造

第4項 微細気泡の晶析技術への利活用
1.微細気泡が関与する異相界面に着目した反応場の応用例
2.液相の組成・物性の変化と気泡の微細化効果
 2.1 N2微細気泡を用いた塩化ナトリウムの粒径制御
 2.2 N2微細気泡を用いたグリシンの多形制御
3.供給ガス種の変化と気泡の微細化効果
 3.1 CO2/NH3微細気泡を用いた炭酸カルシウムの多形制御
4.マイクロ波の併用と気泡の微細化効果
 4.1 CO2微細気泡を同伴する水溶液へのマイクロ波照射による炭酸リチウムナノ粒子の製造

第5項 マイクロバブル発生装置を利用した界面活性剤を必要としないエマルション技術
1.混合と溶解
2.界面活性剤を必要としないエマルション生成技術への応用
3.SFNEの水和構造からの安定メカニズムの解明




第2節 水処理・水質浄化
第1項 排水処理
1.下水再生利用の現状と課題
2.オゾンマイクロバブルによる下水再生処理
 2.1 マイクロバブルによる消毒・不活化の原理
 2.2 マイクロバブル生成方式
 2.3 下水再生処理フロー
3.下水再生処理システムの実証事例
 3.1 パイロットプラント概要
 3.2 長期実証結果例
 3.3 開発方式の経済性と保守性
  3.3.1 コストに関する成立性
  3.3.2 維持管理面に関する成立性
4.今後の適用展開

第2項 水質浄化・汚泥分解
1.ファインバブルを用いたバイオエタノールの製造工程における排水処理
 1.1 実験装置および方法
 1.2 結果および考察
2.ファインバブルを用いた余剰汚泥のオゾン分解
 2.1 実験装置および方法
 2.2 結果および考察




第3項 ファインバブルを利用した膜濾過技術
1.ファインバブルを利用した河川水の膜濾過処理
 1.1 ファインバブル発生器
 1.2 膜濾過装置
 1.3 膜ファウリング抑制効果(気液二相流旋回型)
2.河川水質と膜ファウリング抑制効果の関係(加圧溶解型)
3.ファインバブルによる膜ファウリングの抑制メカニズム

第4項 マイクロバブル存在下における光化学反応プロセス設計
1.マイクロバブル存在下における光照射法 ― 外部照射と内部照射―
2.マイクロバブルを用いた光化学反応で生成する活性酸素種の計測法
3.紫外光照射によるマイクロバブルからのオゾン生成とその環境浄化プロセスへの応用
4.マイクロバブルを用いた光化学反応における無機塩の効果
5.マイクロバブルと酸化チタン光触媒の関係
6.有機化合物の分解におけるマイクロバブルの効果
7.光触媒とマイクロバブルの併用における課題

第3節 洗浄
第1項 ベンチュリ管式マイクロバブル発生装置を用いたノンケミカル洗浄技術
1.ベンチュリ管と洗浄対象
2.ベンチュリ管内の流動挙動と発生気泡径
3.洗浄能力の定量評価
4.洗浄のメカニズム

第2項 洗浄における界面活性剤との混合と相乗効果
1.実験概要
 1.1 人工汚染布
 1.2 洗浄率の算定法
2.洗浄液
 2.1 ファインバブル混合液の洗浄効果




第3項 洗浄における機械的作用との相乗効果
1.実験概要
2.交番流式洗浄
3.交番流式洗浄におけるファインバブル混合液の洗浄効果
4.濡れ性との関係

第4節 超音波との組み合わせによる樹脂・金属の表面改質
1.何が問題か?
2.どのようにして解決するのか?
 2.1 マイクロバブルと超音波の組み合わせ効果1
 2.2 マイクロバブルと超音波の組み合わせ効果2
 2.3 マイクロバブルと超音波の組み合わせ効果3
 2.4 マイクロバブルと超音波の制御
  2.4.1 超音波伝搬状態の測定・解析技術
  2.4.2 超音波専用水槽の設計・製造技術
  2.4.3 液循環技術
3.マイクロバブルと超音波伝搬状態の制御・最適化
4.具体例




第5節 殺菌・消毒
第1項 バイオフィルムへの適用と浸透殺菌効果
1.目的
2.試験
 2.1 酸素微細気泡水の生成および評価
 2.2 バイオフィルムの作成
 2.3 薬剤浸透性の評価
3.試験結果
4.考察

第2項 食品の殺菌・消毒応用
1.低加圧二酸化炭素マイクロバブル(MBCO2)殺菌処理装置の概要
 1.1 MBCO2殺菌装置を開発した経緯
 1.2 バッチ式MBCO2処理装置の殺菌効果
 1.3 2槽式MBCO2処理装置の殺菌効果
2.MBCO2の殺菌メカニズム解析における現状
3.現状における課題

第6節 食品分野
第1項 マイクロバブルが味・香りに及ぼす影響とその評価
1.2槽式MBCO2により殺菌・酵素失活処理した清酒の品質評価
 1.1 清酒の殺菌および酵素失活
 1.2 清酒の官能評価
 1.3 清酒の香気成分
2.2槽式MBCO2により殺菌処理した無ろ過ビールの品質評価
 2.1 ビール酵母の殺菌
 2.2 ビールの官能評価
 2.3 ビールの香気成分
 2.4 その他の成分

第2項 マイクロナノバブル入り食品の開発とその効用
1.食品製造に適したマイクロナノバブルと発生装置
 1.1 食品製造に適したマイクロナノバブルの性質
 1.2 食品製造に適した発生装置
2.食品製造工程での利用例
 2.1 マイクロナノバブル入り食品
  2.1.1 マイクロナノバブル水を使った食品製造
  2.1.2 食材へのマイクロナノバブル混入
  2.1.3 マイクロナノバブル水の浸透性を使った製品開発
 2.2 オゾンマイクロナノバブルの利用
 2.3 その他食品製造工程への利用
3.今後の展開




第7節 農業分野
第1項 農業利用
1.マイクロバブルの農業利用の契機
 1.1 巨大ホテイアオイの出現
 1.2 農業利用の開始と発展
2.マイクロバブル野菜
 2.1 マイクロバブル野菜とは何か
 2.2 マイクロバブル野菜の特徴
3.マイクロバブルの植物活性
 3.1 植物活性に関する定義
 3.2 マイクロバブル水との反応性
 3.3 成長促進の要因
 3.4 味の向上
4.農業利用におけるマイクロバブル技術の役割




第2項 オゾンマイクロバブルによる植物の残留農薬除去および品質評価
1.オゾンマイクロバブルによる柿葉の残留農薬除去効果および品質評価
 1.1 オゾンマイクロバブル処理による柿葉の農薬除去効果
  1.1.1 フェニトロチオン
  1.1.2 ベノミル
 1.2 オゾンマイクロバブル処理による柿の葉の品質評価
  1.2.1 色素
  1.2.2 破断強度
2.水温の違いがオゾンマイクロバブルによる野菜の留農薬除去効果に及ぼす影響
 2.1 水温の違いが各O3処理における野菜のFT残留率に及ぼす影響
 2.2 オゾンマイクロバブル処理が野菜の品質へ及ぼす影響
  2.2.1 破断強度
  2.2.2 色素

第8節 水産分野
第1項 完全閉鎖型陸上養殖システムへの応用 -成長促進効果との関わり-
1.マイクロバブル技術の水産養殖への展開と課題
2.完全閉鎖型陸上養殖システムの構築
3.魚介類の成長促進に最適なマイクロバブル条件の決定-キタムラサキウニを例に-
 3.1 諸条件
 3.2 ウニの成長に最適なマイクロバブル条件、想定される成長促進メカニズム
4.事業展開における課題

第2項 養殖応用
1.閉鎖循環式養殖おけるマイクロバブルの必要性
2.泡沫分離装置
 2.1 原理と特徴
 2.2 泡沫分離装置と気泡(マイクロバブル)供給機
 2.3 泡沫分離装置の性能とマイクロバブル
 2.4 泡沫分離の機能・性能に及ぼす送気量
3.曝気装置




第9節 医療・美容分野
第1項 微小バブル製剤の活用展開と現場ニーズ
1.超音波造影と造影剤
 1.1 超音波造影剤に求められる特性
 1.2 第二世代造影剤
 1.3 第二世代造影剤による超音波診断法
 1.4 第二世代超音波造影剤 Sonazoid
2.超音波セラノスティクス
 2.1 キャビテーションと分子導入
 2.2 超音波セラノスティクスに向けたバブルリポソームの開発と応用
 2.3 固形腫瘍を標的とするバブルリポソームによるセラノスティクス
 2.4 RGD-バブルリポソームによる血栓に対するセラノスティクス
3.超音波セラノスティクスの今後

第2項 マイクロバブルバス―効果と製品設計・展開
1.微細気泡入浴システム
 1.1 バスシステムの微細気泡生成装置の概要
 1.2 温浴効果
 1.3 保湿効果
2.マイクロバブルシャワーの効果
 2.1 マイクロバブルシャワーの概要
 2.2 洗浄効果
3.製品設計の留意点と今後の展開




第3項 血流改善を目的としたマイクロバブル炭酸製剤
1.市販の炭酸スキンケア製剤
2.炭酸ガスの皮膚への供給を高めるためのアプローチ
 2.1 炭酸ガスの浸透促進
 2.2 炭酸ガスの保持
3.炭酸スキンケア製剤への応用

第10節 船舶・海水設備
第1項 船舶の抵抗低減
1.気泡による抵抗低減のメカニズム
2.船舶用のマイクロバブル発生装置
3.船舶抵抗低減への応用例

第2項 海生生物の付着抑制技術
1.海生生物の付着
 1.1 生物被膜
 1.2 付着動物
2.海水中のガス・マイクロバブル
 2.1 気泡径
 2.2 水質影響
3.ガス・マイクロバブルの付着抑制効果
 3.1 空気・窒素・二酸化炭素による比較
 3.2 プレート式熱交換器への適用例
 3.3 CO2マイクロバブルの防汚メカニズム
4.空気マイクロバブル適用の基礎検討
 4.1 マイクロバブルの防汚効果
 4.2 検討方法
 4.3 付着抑制効果
 4.4 応用のポイント




第11節 土木分野
第1項 液状化対策
1.マイクロバブル水注入による液状化対策技術
 1.1 地盤の不飽和化による液状化対策
 1.2 マイクロバブル水注入による飽和度低下効果
 1.3 マイクロバブル水注入液状化対策工法の設計
 1.4 マイクロバブル水注入液状化対策工法の施工方法
2.実地盤での試験施工例
 2.1 試験施工概要
 2.2 マイクロバブル水による空気注入
 2.3 マイクロバブル水注入による飽和度変化

第2項 土壌・地下水浄化・VOC除去
1.浄化の原理と特徴
2.使用するバブル特性とその条件
3.浄化工法の概要
4.適用性試験
 4.1 塩素化VOCを含む地下水
 4.2 燃料油由来のBTEXを含む地下水
5.実サイトでの施工事例
 5.1 ガソリンによる汚染サイト
 5.2 塩素化VOCによる汚染サイト




第12節 その他応用
第1項 染色加工
1.羊毛の防縮加工
2.綿布の漂白
 2.1 水温およびpHの違いによる溶存オゾン濃度の影響
 2.2 オゾン・マイクロバブルによる綿布の漂白
3.染色廃液の処理

第2項 ファインバブルによるディーゼル機関の環境負荷低減
1.使用するバブル特性とその条件
 1.1 エジェクタ式ファインバブル混入器
 1.2 ファインバブルの特性と生成条件
 1.3 粒度分布
 1.4 GC/MS分析
2.ディーゼル機関への適用
 2.1 実験装置
 2.2 インライン型ファインバブル混入装置
 2.3 実験方法
 2.4 燃費への影響
 2.5 ファインバブル燃料によるディーゼル機関の燃費低減メカニズム





第四章 マイクロバブル技術20年と今後の課題
1.マイクロバブル技術の誕生とその発展
2.マイクロバブル技術の特徴
3.マイクロバブル技術の壁
4.「生成期後期」の課題
 4.1 マイクロバブル発生技術
 4.2 科学的課題
 4.3 技術的課題
5.次の「成長期」に備えて


  


Posted by 超音波システム研究所 at 07:15Comments(0)超音波技術

2017年06月20日

充電式超音波洗浄器(50kHz)を利用した実験動画 No.5

充電式超音波洗浄器(50kHz)

超音波システム研究所は、
 充電式超音波洗浄器(50kHz)と
 治工具(樹脂容器、ガラス容器、ステンレス容器・・)を利用した
 超音波制御技術に関する実験動画を公開しています。








超音波伝搬状態の変化を
 超音波テスターで測定・解析します。

音圧測定装置:超音波テスターの特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付

超音波プローブによる測定・解析システムです。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響特性として検出し
 目的に合わせて、応用(制御)します。










<実験動画>

https://youtu.be/ue3HRPwfMEo

https://youtu.be/qIP9UUohdz8

https://youtu.be/5lmp0rxQu40

https://youtu.be/10gokRuHa30

https://youtu.be/BxbE7LZJ37s

https://youtu.be/jYkaU7_LOpg

https://youtu.be/9IOfJa-EKaw

https://youtu.be/3vN3J-vlxQQ

https://youtu.be/ut-Ly8o50v8

https://youtu.be/9FbI_bVlaXs

https://youtu.be/pSurr4XFxJY

https://youtu.be/ujWXH2Rhy8k




https://youtu.be/wYN3LkXn3lI

https://youtu.be/PSM6Cs6EJDI

https://youtu.be/eph4Xp-wKvs

https://youtu.be/V53rARPigLM

https://youtu.be/uxBVAYeAhGo

https://youtu.be/6qEcZiFg2F8

https://youtu.be/YUFSWwaF9H8

https://youtu.be/DjLEV1oZfd0

https://youtu.be/RgYQ6ydgjKA



https://youtu.be/H7HvDsGirFg

https://youtu.be/pd1vpeDFL_c

https://youtu.be/9kH8RTlEhMs

https://youtu.be/obKM8oHhpDA

https://youtu.be/z0ybhWFrxNk

https://youtu.be/6_cvF85ulTc

https://youtu.be/Llw0PxudzaA

https://youtu.be/VY0iosKFlBU

https://youtu.be/aVn9AwLsSJk

https://youtu.be/g8g7rglgHds




超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 no.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

オリジナル技術(音圧測定解析)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662


<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905




<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267




<<< キャビテーション・音響流 >>>

超音波キャビテーションの観察・制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波機器の超音波伝搬状態を測定・評価する技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1478

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

小型超音波振動子による「超音波システム」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1280

超音波振動子の改良による、超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9865


  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:29Comments(0)超音波技術