2013年06月23日

超音波キャビテーションの測定評価技術を開発

超音波キャビテーションの測定評価技術を開発

http://youtu.be/2KzAYORuq4w


超音波システム研究所は、
 時系列データのフィードバック解析を利用した、
 キャビテーションの
 ダイナミック特性測定評価技術を開発しました。

これまでに、開発した制御技術(注)と組み合わせることで、
 超音波洗浄・攪拌・表面改質・・・に用いた結果、
 超音波の利用目的に合わせた、
 最適なキャビテーションと加速度の状態設定(評価)が、
 制御可能となりました。

(注)
1:バイスペクトル解析による、
 「超音波の(高調波に関する)非線形現象」を利用する分析技術。

2:超音波の相互作用を利用した制御技術。

*複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術
*代数モデルを利用した「定在波の制御」技術
*超音波(時系列)データのフィードバック解析技術

上記の技術を組み合わせた応用技術です。
  
複雑に変化する超音波のキャビテーションを、
音圧や周波数だけで評価しないで
非線形性の「音色」を考慮した解析が有効だと考えています。

超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
ホームページ  http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/

超音波装置の最適化技術をコンサルティング提供
http://ultrasonic-labo.com/?p=1401

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:13Comments(0)超音波技術

2013年06月23日

超音波によるナノレベルの物質を加工する技術

超音波によるナノレベルの物質を加工する技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
超音波の制御技術を応用した、
ナノレベルの物質を加工する技術を開発しました。

超音波テスターによる測定・解析技術を利用した
超音波のダイナミック特性制御技術で、
ナノレベルの物質に合わせた
 キャビテーションの周波数と強さを
 コントロールして加工を行います。

さらに、音響流と加速度の効果により
 表面状態を改質することを可能にしました。


今回の技術を
 超音波システムの
 洗浄・攪拌・改質技術として
 コンサルティング提案させていただく予定です。

これまでの、実験・・・では、
 ステンレス容器内の超音波伝搬周波数は
 5kHz~5MHzの範囲の超音波効果として
 計測・制御を確認しています


参考
 http://youtu.be/JlS36G_gx0w

 http://youtu.be/wh_LDxFVJZc

 http://youtu.be/DSnoy381yR8

 http://youtu.be/6qKJ6Pt04kI

 http://youtu.be/X73IhcP6n1M

 http://youtu.be/pqfgyAv2S9Y


  


Posted by 超音波システム研究所 at 13:05Comments(0)超音波技術

2013年06月23日

超音波シャワー

<<音響流の利用技術>>

1)2周波の超音波洗浄
2)流水式超音波洗浄(超音波シャワー)
3)高周波(1MHz以上)の利用

この動画は、上記に関する基礎実験の様子です

http://youtu.be/IlGh7Oo68n0

  


Posted by 超音波システム研究所 at 05:16Comments(0)超音波技術