2014年11月30日

超音波実験



超音波システム研究所

http://youtu.be/6dTfiTLJRcI

http://youtu.be/CeYuqpXso6E

http://youtu.be/pPVN7snupGs

http://youtu.be/1YfkltRnUDI

http://youtu.be/wT-XpW0tHSw

http://youtu.be/0v1gLyHH7pI



超音波実験 Ultrasonic experiment

http://youtu.be/eKg-gikFN7E

http://youtu.be/d9Nv4guG-O0

http://youtu.be/ANi1evv6E9A

http://youtu.be/zghb74yfTtc

http://youtu.be/XcnfI6jiL54



http://youtu.be/ccRwfSujsw4

http://youtu.be/fgLvHHa2afQ

http://youtu.be/aReByADEjXQ

http://youtu.be/8ZpLVj_P__s

http://youtu.be/AnLkaMHQanw

http://youtu.be/4eKYjoYuZlc

http://youtu.be/FJ11ygEeQ-g

http://youtu.be/XrsH6M3EeLQ



超音波とサイバネティクス(流れの観察)

http://youtu.be/zug4EU-VLws

http://youtu.be/J-XzJlJB5mY



http://youtu.be/vTvoMKErJfo

http://youtu.be/2Cp4sCb_f9k

http://youtu.be/fEqVlKd7xgg



オリジナル超音波(プローブ製作・調整)システム

http://youtu.be/8fr9agHNkMc

http://youtu.be/hHjzGMJI8Wg

http://youtu.be/TraSz6EYodk

http://youtu.be/8PUp0vysgq4

http://youtu.be/QWzbQ-O0cBs

http://youtu.be/wqPrmjCV17w

http://youtu.be/RklY_YzKOEA

http://youtu.be/bqn6pSBpf3c

http://youtu.be/fDLsX2Prdjc



音圧測定装置(超音波テスター)

http://youtu.be/AQ5NYHJfdyQ

http://youtu.be/d1mtzJfL1-Y

http://youtu.be/u5umkDFhbSs

http://youtu.be/ztjPeIQUaCE

http://youtu.be/Ad_6E_sQ0jU



表面改質

http://youtu.be/dB4cQxYUZT4

http://youtu.be/ItQJO3fdPMU

http://youtu.be/kyhKYqQRUV4

http://youtu.be/LT-WbwnsVAU

http://youtu.be/YVCbHPo3ncQ

http://youtu.be/758x79SNSpM

http://youtu.be/39RsBZ24mUk

http://youtu.be/22v1jFeda8I



その他

http://youtu.be/5C4kY5S65tQ

http://youtu.be/UI1bsd_aZGA

http://youtu.be/iH96YPz1gAg



参考書

http://youtu.be/KNXyt_InE-Y

http://youtu.be/QONfG-XxeUc

http://youtu.be/9TKoa5N8Mss

http://youtu.be/nrOPqcvbl80



  


Posted by 超音波システム研究所 at 08:18Comments(0)超音波技術

2014年11月29日

超音波システム研究

超音波システム研究に関する、各種技術の紹介

 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・
 ・・・・・・・
 各種の動画・スライドショーを
 YouTubeに投稿しています。



参考(動画)

超音波<音圧測定・解析>システム
スライドショー

http://youtu.be/wUedMn6zmhE

http://youtu.be/IK8gov31g0A

http://youtu.be/TykPGaxgooU

http://youtu.be/aXOoVWw-GX8

http://youtu.be/rDPsdcgGqr0

http://youtu.be/ThgQCuc8wZ0

http://youtu.be/yznQbqpgbgc

http://youtu.be/OqfTUJ1GxZU



http://youtu.be/LQTFtrku5_0

http://youtu.be/_sEA4AdjYPc

http://youtu.be/WSs30qwjf6c

http://youtu.be/OdpPqQw9ZC8

http://youtu.be/hgLOfNP-gA4

http://youtu.be/8YZK4bgTANk

http://youtu.be/ZsDGtnPD3Lw



http://youtu.be/vpyqrApETlM

http://youtu.be/hMBz7RXvj-A

http://youtu.be/KjrbWgXIEek

http://youtu.be/vvhhEy9K-pY

http://youtu.be/wMZlDQPyoHM

http://youtu.be/wA2x4m7d31o

http://youtu.be/6AIvkNmEdKo

http://youtu.be/Zr3gcVSDvOE




超音波実験 Ultrasonic experiment
スライドショー

http://youtu.be/S4kagFFTiso

http://youtu.be/tZRUbU8AJZs

http://youtu.be/YrCzudZzDNw

http://youtu.be/OvdTE8E7RKc

http://youtu.be/ZvX_cWSozwk

http://youtu.be/6iMwsPTeCQs

http://youtu.be/NIySXhwFD0Q

http://youtu.be/s7z-HWJUbGw

http://youtu.be/l6pgP_0iP50



http://youtu.be/p6QaxUNUH5o

http://youtu.be/bjgaLSOONXM

http://youtu.be/pbTg0Xy4_u4

http://youtu.be/ZinIKCQL86I

http://youtu.be/3Zc4_kx65is

http://youtu.be/Tq-t4zV_pO4

http://youtu.be/iJz-W7ShcyA

http://youtu.be/mAAJmygF4wQ

http://youtu.be/DCBPsWQqpok

http://youtu.be/gnp_D7454ms




  


Posted by 超音波システム研究所 at 08:17Comments(0)超音波技術

2014年11月26日

洗浄セミナー(2015.03.05)

洗浄および超音波洗浄の基礎と問題解決策・事例 〜デモ付〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、
下記の通り超音波セミナーを行います。



〜 超音波の状態を判断する方法、
 出力や音圧を高くしても洗浄効果が改善しない理由、
 低い音圧レベルでも大きな洗浄結果を出している具体的な方法 〜


洗浄効率や洗浄効果を飛躍的に改善する具体的ノウハウを修得する講座
 一段と高くなっている洗浄レベルに対応し、
 安定した洗浄を実現するための
 問題解決策・改善のポイントが修得できる特別セミナー!

タイトル
「 洗浄および超音波洗浄の基礎と問題解決策・事例 」


講師 超音波システム研究所 代表  斉木 和幸

日時 2015年3月5日(木)10:30~17:30

主催 株式会社日本テクノセンター

受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)

会場 【東京】日本テクノセンター研修室

住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分

詳細 http://www.j-techno.co.jp/seminar/ID50NITH6KD/






<洗浄の基礎>

1.洗浄の基礎知識
  (1).洗浄の目的と原理
  (2).洗浄のエネルギー
  (3).洗浄の方法   
  (4).洗浄プロセス
  (5).洗浄液(洗剤、溶剤、他)
  (6).洗浄効果の確認方法
  (7).リンス、乾燥工程の基礎知識

2.洗浄の問題点と解決方法
  (1).問題とは何か?(再付着、バラツキ、しみなど)
  (2).原因は何か?(変化する要因をとらえ、評価する)
  (3).対策・解決方法(洗浄プロセス、汚れの流れ)

3.洗浄で使われる超音波の基礎
  (1).超音波とは何か?
  (2).超音波伝搬現象(液体、気体、弾性体)
  (3).キャビテーションと音響流

4.超音波<測定・解析>システムによるデモンストレーション
     (音圧データの測定画面を表示しながら説明します)
  (1).洗浄物(金属・ガラス・樹脂)の表面を伝搬する振動現象
  (2).超音波伝搬状態を音圧グラフで観察



<超音波洗浄技術の問題解決策・事例>

5.トラブルシューティング
  (1).大型部品(軸・フレーム、ほか)の洗浄
  (2).樹脂部品(プラスチックレンズ、ほか)の洗浄
  (3).洗浄バレルを使用した洗浄
  (4).大量の部品洗浄
  (5).洗剤・溶剤を利用した洗浄
  (6).複雑な形状の部品洗浄
  (7).その他(線材、素材、粉末、アルミ、セラミック、ほか)
     (スキルとして公開できる範囲で紹介します)

6.洗浄ノウハウ
  (1).超音波専用水槽
  (2).間接水槽・治工具の設計開発方法
  (3).複数(2種類、3種類)の異なる超音波振動子による制御
  (4).大型水槽を使用した洗浄装置
  (5).超音波を利用した洗剤の製造方法
  (6).超音波とマイクロバブルによる表面改質方法
  (7).流水式超音波洗浄(超音波シャワー)
  (8).ナノレベルの乳化・分散・粉砕
  (9).音圧測定解析(表面検査)

7.洗浄工程の管理方法(知っておきたい洗浄の知識)
  (1).要因が変動する場合の管理方法
  (2).対象物の変化(形状、材質、数量、ほか)に対する管理方法
  (3).洗浄液の管理方法
  (4).新規工程立ち上げ時の注意事項
  (5).高周波利用に関する法規制について 
  (6).管理データの検討方法について

講師の言葉

洗浄に関する現象は大変複雑です。

現在の洗浄状況に関して、次のような、強い要望を確認しています。

「具体的な実務レベルの超音波洗浄方法」を知りたい。

特に、
  1)絶対に行ってはいけない事項や
  2)超音波が減衰してしまう事項について知りたい
 といった要望を多数いただきました。

現在、超音波は幅広く利用されていますが、多数の問題があります。

最大の問題は、適切な測定方法がないために、
 超音波利用の状態が、明確になっていないことです。

偶然(対象物、装置、冶具、環境など)に、左右されているのが実状です。

この問題を、解決するために、
 超音波の音圧測定解析システムを開発し、
 様々な装置の設計・開発・コンサルティング対応を行って来ました。

これまでのコンサルティング経験から
 「超音波の出力や音圧レベルを高くする改善が、洗浄効果につながる」
 という考え方が広く普及しています。
 
このセミナーでは、
 精密洗浄において、
 出力や音圧を高くしても洗浄効果が改善しない理由や、
 治工具や洗浄液の流れを利用して
 低い音圧レベルでも大きな洗浄結果を出している
 具体的な方法を説明します。




参考

 超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

 超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

 キャビテーションと加速度の効果に関する新しい分類
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1251

 シャノンのジャグリング定理を応用した
 「超音波制御」方法
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

 超音波による表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1527

 デジタルカメラによる
 キャビテーションの写真を利用した超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

 超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

 超音波システム研究所のコンサルティング
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

 超音波「測定・解析」装置(超音波テスター)
 http://youtu.be/b6QyutNgxi4


  


Posted by 超音波システム研究所 at 12:11Comments(0)超音波技術

2014年11月25日

2014年11月24日

ガラス容器内の液体を伝搬する超音波実験

超音波システム研究所は、
 超音波テスター(音圧測定解析システム)による、
 ガラス容器内の液体を伝搬する超音波実験を公開しました。

超音波伝搬状態の変化を
 音圧データの統計解析(応答特性)により評価しています。

今回開発した技術は、以下の応用事例があります
 1)表面検査(応力、キズ、表面処理状態など)
 2)乳化・分散状態の評価
 3)部分の組み付け・結合状態の評価
 4)ガラス容器に合わせた超音波周波数・出力の選定
 


■ガラス容器内の液体を伝搬する超音波

http://youtu.be/vcCQTNTm_WA

http://youtu.be/wZ4F8s6uZow

http://youtu.be/7e03R53aOGo

http://youtu.be/qXSeLSGqoPY

http://youtu.be/RG0o5QsFPv8

http://youtu.be/XoFFqns71IM

http://youtu.be/q0A4WFtB_Kg

http://youtu.be/wcwqE7KT_Ak





http://youtu.be/EXVMZMZf2ws

http://youtu.be/Ag1y19spbhE

http://youtu.be/Y401hjoLvBs

http://youtu.be/0KrO-YGy-bg

http://youtu.be/4dHVGa5BniM

http://youtu.be/0CQ1yVqYohs

http://youtu.be/e2T9GFlodL0






http://youtu.be/E_jcBENgyMs

http://youtu.be/ylUggeo8C4g

http://youtu.be/JxK-cQAKVVw

http://youtu.be/N6BbEBkwC2A

http://youtu.be/ese7uGJTbkU

http://youtu.be/tWycGTR9p68

http://youtu.be/r_HSvf3Wbp4




http://youtu.be/-mOIAA83Ctw

http://youtu.be/S8L1Z9msx9w

http://youtu.be/0MsaSC875vc

http://youtu.be/cEjSOCyZRhI



これは、新しい方法および技術です、
 今回の非線形性に関する解析結果から
 様々な応用事例(注)が発展しています。

 注:
  1)超音波洗浄における洗浄物に対する効果的な超音波制御
  2)表面改質における効率的な応力緩和制御
  3)超音波攪拌における最適化制御
  4)・・・・

超音波システム(超音波洗浄機)の測定・評価・改善技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972
http://ultrasonic-labo.com/?p=1962







複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波機器の<計測・解析・評価>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波システムの測定・評価・改善技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968








  


Posted by 超音波システム研究所 at 13:15Comments(0)超音波技術

2014年11月23日

散歩(メタセコイア化石林)

散歩(メタセコイア化石林)








  


Posted by 超音波システム研究所 at 20:04Comments(0)ブログ

2014年11月22日

<ステンレス容器>を利用した小型超音波システムを開発

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、
 *超音波振動子の設置による制御技術
 *定在波の制御技術
 *音響流の計測技術 ・・・を応用して
 <ステンレス容器>を利用した
  小型超音波(40kHz 50W)システムを開発しました。

今回開発した技術の応用事例として、
 各種部品・材料の洗浄・攪拌・化学反応促進・・・について、
 超音波を効率良くコントロールすることが可能となりました。

注:ステンレス容器は
 超音波対応の設計と、表面処理を行っています。

超音波専用水槽の設計・製造技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波による金属・樹脂の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004




■超音波技術

http://youtu.be/MedEmfngwdQ

http://youtu.be/zpDA-fbualQ

http://youtu.be/uOgKmcNk0_o

http://youtu.be/-KYIXmHmrOU

http://youtu.be/J0mzXvouifY

http://youtu.be/F7_UrAZfMY0

http://youtu.be/JOwG8p-1mks

http://youtu.be/gN2H8W6bdLU

http://youtu.be/0Ka_gso5GaI

http://youtu.be/YfgCoD7jlAw

http://youtu.be/9T8zUnl1FIQ

http://youtu.be/Ba7LbfTYEaM

http://youtu.be/Bncz479CUxU

http://youtu.be/jwFqP1lhD5E

http://youtu.be/_zjZnhpHpBY

http://youtu.be/-6o_XELTiYg

http://youtu.be/0no-H9-XoG8

http://youtu.be/ifIW2RUPAcs

http://youtu.be/NCiN68x5DT0

http://youtu.be/-ZnndKBYyLc

http://youtu.be/S6GA_Hrki-c

http://youtu.be/Cg2--qyfArU

http://youtu.be/-DqAHxuorpI



解析データ

http://youtu.be/GmzXYJYT1Q4

http://youtu.be/AIA0Jxg3dEM

http://youtu.be/6jKTY9H0OyE


この動画で使用している超音波
MIRAE ULTRASONIC TECH. CO
 パワー洗浄シリーズ(40kHz 50W)



これは、新しい方法および技術です、
 今回の実施結果(注)から
 超音波専用ステンレス容器の音響特性による
 通常の容器では難しい超音波伝搬現象を提案・実施しています。

 注:
  1)テフロン製間接容器を利用した乳化・分散
  2)間接容器による溶剤を利用した超音波洗浄
  3)治工具の音響特性を利用した超音波霧化サイズの制御
  4)ガラス容器との組み合わせによる化学反応制御実験
  5)セラミックや塗料・・ナノレベルの触媒の攪拌・乳化・分散
  6)医薬品・・への均一な粒子製造への応用
  7)ナノレベルのバリ取り
  8)超音波の非線形現象に関する制御
  ・・・・
  ステンレス容器と樹脂容器の特徴と
  対象物の目的・音響特性に合わせた選択・組み合わせがポイントです

出力調整により、数ワットの超音波伝搬状態が
 適切なパワースぺクトルとして実現すると
 超音波の効率的な現象が現れます。
 洗浄・攪拌・改質・加工・・・非常に効果的です。



上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します


小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1602

小型超音波振動子による「超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1280

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

  


Posted by 超音波システム研究所 at 00:18Comments(0)超音波技術

2014年11月21日

超音波実験写真


Posted by 超音波システム研究所 at 09:15Comments(0)超音波技術

2014年11月20日

超音波<応用>実験

超音波<応用>実験

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、
 超音波による<表面の計測・解析技術>を応用した
 正確で簡易的な、<<表面弾性波の計測技術>>を開発しました。

■動画



<ガラス>

http://youtu.be/UFbP377nfuY

http://youtu.be/rsSnHr4jCm0

http://youtu.be/OziqOV9N-Qg

http://youtu.be/lZhIURvSu8g

http://youtu.be/VGn3n5Z_6DM

http://youtu.be/Tk1ehBR0PEI

http://youtu.be/zVzBUxHV7G0

http://youtu.be/E4d24qr4TD8

http://youtu.be/tsLZNhTGZZ0

http://youtu.be/SYPB7hAWqjA

http://youtu.be/uNbmaYCgkD0

http://youtu.be/CW3yJkGIhl8

http://youtu.be/VK5WViu_4MA

http://youtu.be/cZxmdrqsR-4



<ステンレス>
http://youtu.be/UCc3ZuD1s04

http://youtu.be/BsKYWnQmzuA

http://youtu.be/fmiaMET96aA

http://youtu.be/lb20C_plooA


<樹脂>
http://youtu.be/Cq3kZUYPSgg

http://youtu.be/CiZoYzf8CYk

http://youtu.be/vVQAceRpnuk

http://youtu.be/HqgDlEyW5A0

http://youtu.be/63GpsnT8tT4

http://youtu.be/zvLSjq8ZqD8

http://youtu.be/FyC8-VHW4SA

http://youtu.be/eL1v1m9sc2Y

http://youtu.be/p-P-mqCAckw

http://youtu.be/LSkyPgrAmxw

http://youtu.be/54UtgQ8OTrM

http://youtu.be/cgP23sw6rMw

http://youtu.be/UUpe59UBoVU

http://youtu.be/OL9SgZ-rTzE

http://youtu.be/ZWB0ZyayDYo

http://youtu.be/NCsgO0fKW84

http://youtu.be/z2mP7UJHb80

http://youtu.be/ClGq1ATIwAE

http://youtu.be/JzL8d4yJNZ8



 具体例1:
  ステンレス・・・各種配管の伝播速度の計測
 
 具体例2:
  表面の伝播データ分析による
   表面状態や形状による伝搬特性を検出し
   表面弾性波による内部に対する特徴を推測する
   (コンクリートやダイキャスト・・・の内部状態検出)

 ・・・・・

複雑に変化する表面弾性波の受信データを、
 時間や電圧レベルで、単純に評価しません。
 「弾性体に対する伝播状態全体」を考慮するために、
 時系列データの自己回帰モデルを作成し、
バイスペクトル解析・・・で、評価・応用しています

超音波の発振制御技術と
 受信データの分析技術の組み合わせにより
 幅広い応用に、コンサルティング対応しています。

音圧測定装置(超音波テスター)
標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)
特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

「超音波の非線形特性」を利用した、
検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1841

複数の超音波プローブを利用した
「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

超音波を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

超音波システムの測定・評価・改善技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波プローブの<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590


  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:15Comments(0)超音波技術

2014年11月19日

<樹脂容器>を利用した小型超音波システムを開発

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、
 *超音波振動子の設置による制御技術
 *定在波の制御技術
 *音響流の計測技術 ・・・を応用して
 <樹脂容器>を利用した
  小型超音波(40kHz 50W)システム
を開発しました。



今回開発した技術の応用事例として、
 各種部品・材料の洗浄・攪拌・化学反応促進・・・について、
 超音波を効率良くコントロールすることが可能となりました。

■超音波技術

http://youtu.be/3XnOVEXMdJA

http://youtu.be/c1RnEyvzAxY

http://youtu.be/m6IuxJ1WL-U

http://youtu.be/0AihEHhpMUs

http://youtu.be/OBe1FXg4Rok

http://youtu.be/qBknbC3QKPc

http://youtu.be/NXCBxNjzTfs

http://youtu.be/iks5yWmh23E

http://youtu.be/aqGr2IyJ5OU



解析データ

http://youtu.be/SjjlI-5SiT4

http://youtu.be/qp4dB-mxKzE

http://youtu.be/lci_Oqzgn0M

http://youtu.be/ehWHQ9AlQQI

http://youtu.be/gUkdhCFrSNU

http://youtu.be/e2vSsVfOZUk

http://youtu.be/6Rml1FfAU5o



この動画で使用している超音波
MIRAE ULTRASONIC TECH. CO
 パワー洗浄シリーズ(40kHz 50W)


これは、新しい方法および技術です、
 今回の実施結果(注)から
 樹脂容器の音響特性による
 金属容器では難しい超音波伝搬現象を提案・実施しています。

 注:
  1)テフロン容器を利用した乳化・分散
  2)プラスチック容器による溶剤を利用した超音波洗浄
  3)樹脂容器の音響特性を利用した超音波霧化サイズの制御
  4)ガラス容器との組み合わせによる化学反応制御実験
  5)セラミックや塗料・・ナノレベルの触媒の攪拌・乳化・分散
  6)医薬品・・への均一な粒子製造への応用
  7)ナノレベルのバリ取り
  8)超音波の非線形現象に関する制御
  ・・・・

  樹脂容器として「ペットボトル」は便利ですが
  形状・サイズ・製造方法・・・により
  超音波の伝搬状態が大きく異なります
  目的に合わせて、適切な容器を利用することがポイントです


上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します




小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1602

小型超音波振動子による「超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1280

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972
http://ultrasonic-labo.com/?p=1962

複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波機器の<計測・解析・評価>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波システムの測定・評価・改善技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波システム(超音波洗浄機)の測定・評価・改善技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968

株式会社 ワザワ 超音波事業部
http://ultrasonic-labo.com/?p=3272

有限会社 共伸テクニカル 超音波事業部
http://ultrasonic-labo.com/?p=3270

  


Posted by 超音波システム研究所 at 15:16Comments(0)超音波技術

2014年11月19日

超音波実験写真


Posted by 超音波システム研究所 at 09:14Comments(0)超音波技術

2014年11月18日

超音波実験写真


Posted by 超音波システム研究所 at 15:17Comments(0)超音波技術

2014年11月17日

超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術 No.2

超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術 No.2

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、
超音波の測定・解析技術に基づいた、
超音波伝播現象における「音響流」を制御する技術を開発しました。



この技術は、
 対象物や治工具(間接容器・・)の状態(形状・材質・表面・・)による
 「音響流」を目的(洗浄、攪拌、反応、改質、・・)に合わせて
  制御して利用することを可能にしました。

複数の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する場合や
 各種材料(がらす、ステンレス、樹脂・・)の組み合わせにより、
 高調波による超音波の伝搬状態を
 効果的に利用(制御)することが可能になります

従って、(目的に対して)有効な超音波伝搬状態
 (パワースペクトルのダイナミック特性(注))が実現します。

注:音響流に対する、超音波システム研究所のオリジナルパラメータです

これは、洗浄・表面改質・化学反応の促進・・・に対して
 効果的な伝搬状態を検出・確認出来る、ということで大変有効です

さらに、定在波の制御と組み合わせることにより、
 キャビテーションと加速度の効果を
 目的に合わせて
 幅広い範囲で制御する方法に発展しました。

具体的には、
 超音波の各種設定・治工具・・の条件が明確になりました。



オリジナルの超音波伝搬状態の測定・解析技術により、
 様々な事例について
 表面状態の「音響流による変化・・」による効果を多数確認しています。


■参考:技術の背景

流れとかたち
 コンストラクタル法則(constractal law)
 Adrian Bejan & J.Peder Zane 紀伊国屋書店 2013年

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1779



■参考:動画

(2種類の液循環を採用しています
 液循環1:マグネットポンプ 流量:12リットル/min
 液循環2:ギアポンプ 流量:600-800cc/min 

http://youtu.be/8HiVFrK1x2g

http://youtu.be/-r6tzK_cvT8

http://youtu.be/n8aETJqeE8A

http://youtu.be/aeDB8TrhDnA


http://youtu.be/p9N5vebNnxg

http://youtu.be/n1n4iR5wOh4

http://youtu.be/NL1kwSQEzjQ

(1種類の液循環を採用しています
 液循環1:マグネットポンプ 流量:10-12リットル/min) 

脱気マイクロバブル発生液循環システムとガラス容器・ステンレス容器

http://youtu.be/jCrJwm80yUs

http://youtu.be/8BGITz4-37g

http://youtu.be/R1fsXgprJTw

http://youtu.be/Gh3ovGlkfuo

http://youtu.be/qORFUwB64IU

http://youtu.be/6EJHuT5MNSw

http://youtu.be/2xT4znDY3I4


脱気マイクロバブル発生液循環システム

http://youtu.be/98tAs_aTN94


脱気マイクロバブル発生液循環システムとステンレス容器

http://youtu.be/2RQWIlKDZA0

http://youtu.be/bpSswxJoc5Y

http://youtu.be/nq8nxN1Caoc

http://youtu.be/Hv_X3C3LVRU


脱気マイクロバブル発生液循環システムとガラス容器

http://youtu.be/KWIzlBbYWgw

http://youtu.be/E9Lv0XDpofw

http://youtu.be/1wvIBwQfGxU





これは、新しい超音波解析技術であり、
 超音波のダイナミック特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・に、
 各種操作方法として<利用・応用>しています。

特に、ナノレベルの分散・攪拌への応用により
 付加価値の高い技術に発展しています。


なお、今回の方法ならびに技術ノウハウを
 コンサルティング事業として、対応しています。

超音波の代数モデルによる制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

「音色」を考慮した「超音波発振制御」技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

超音波システム研究所のコンサルティング対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212



  


Posted by 超音波システム研究所 at 13:01Comments(0)超音波技術

2014年11月16日

設計者

鈴木孝
傑作と駄作の差は、設計者がもう一度考えるか考えないかの差である。
そのためには理論がまだ未熟であっても手を挙げて反論する精神が技術屋には特に必要である。考えざるを得なくなるからである。 
( 20世紀のエンジン史 鈴木孝 著 出版 : 三樹書房 発行年月 : 2001.12 )

例えばノーベル賞の湯川博士のアイデアは理論に詰まって、考え考え考えた末のヒラメキであろうが、もの作り屋のヒラメキも本質は同じである。ただ、技術屋の場合、多くは問題に対して苦心惨憺、四苦八苦、考え考え考え、継いだり接いだり、煮たり焼いたり、こんなことやって見よう、こんな事どうだろうと、と繰り返す。しかし、これがイノベーションであり、チャレンジであり、そしてこれが具現化すれば創造となり「もの」はワンナップするのである。

( エンジンのペルソナ (モコビークラブ)より )


<< 7層のカスケードと水の律動 >>
7層のカスケードはリズム過程群を認知している。各々の水槽は、
流体の流れとなる律動だけではなく、三次元のリズムをも導く。
水のレベルは水槽の中で上昇下降を繰り返している。水はそれぞれで律動的拍動状態にある。
これまでにも、目視で淀みの発生が多いカスケードと発生が少ないカスケードの水槽状態があります
液温の分布で確認しても淀みの多い水槽は大きな温度差があります
カスケードの位置・高さ・流量・温度 等を調整していく必要を感じています

キャビテーションの発生とエロージョンについて
自動車エンジンの燃焼技術を参考にすると、
振動子の表面の液の流れが淀むところでエロージョンが発生することが考えられます
従って、適度な流れを振動子の表面に起こすことで対策は可能です
この流れのコントロール要因に水自身の動く能力が関係しているように考えています
1/fのような形態で全体を適度に揺らす必要があるように感じています
液の流れの作り方として整流板やポンプ等からの吐き出し方向の影響も大変大きいことも考察できます
(これまでの不安定な現象の解明に新しいパラメータとして有効だと考えます)









  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:17Comments(0)超音波技術

2014年11月15日

分裂型イノベーション

クレイトン・クリステンセン
“The Innovators Dilemma”

分裂型イノベーションこそ、新しい起業を生み、現存する優良企業に打ち勝ち、取って代わることが可能となる



これからの構想について

1)実用化されてきた磁気と超音波による処理技術(ロシア)
超音波による工業用水の処理(水あかに対する超音波の作用)
これまでの経験からマイクロバブルとの組み合わせによる効果的な結果を出しています(洗剤に対する分解能力は大変高いものがあります)

2)磁気法と超音波法による水の組合せ処理
超音波による鋼材の表面清浄(表面の不働態化と腐食抑制)(ロシア)
表面の不働態化と腐食抑制に対して効果のある事象が起きていますが現状では制御できていません(パラメータが確認できていません)

3)産業革命以前に、水の主な機能は生命過程の支持だった。
今やその主な機能は科学技術に奉仕することである。
水自身の動く能力はほぼ完全に無視されている。
自然の循環は律動的運動の要素としてその力を啓示しているというのにである。ジョン・ウィルクス
こういったことも経験としては適合事例があります
完全に無視するわけにはいかないと考えています

4)音響兵器
音響兵器(おんきょうへいき)とは音波を投射することにより対象物を破壊、あるいは対人において戦闘能力を奪うことを目的とする兵器である。1960-1970年代に旧ソビエト連邦が低周波を利用した物を実用化したとする説も見られる。
現用のものでは、長距離音響装置LRAD(Long Range Acoustic Device)と呼ばれるものがイラク駐留米軍に配備されるとの報道が2004年にあった。この装置は直径80cmの椀型をしており重量約20kgで、約270mの効果範囲にある対象に向け作動させる事で、攻撃の意欲を無くさせる事ができるとしている。
2005年11月5日、エジプトからケニアへの航海途上にあった米国の民間・商用豪華客船がソマリア沖で武装海賊の襲撃を受けた際、長距離音響装置(LRAD)で海賊を撃退したことが報じられた
これだけの結果を出すことが可能なエネルギーであることから、効率の改善により大きく飛躍すると思います(洗浄における現状の使用状態は各種の制御により少なくとも1/4 ~ 1/10 の出力で対応可能です)
この改善を上記のヒントを検討して進め、もう一桁変えたいと考えています

  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:17Comments(0)ブログ

2014年11月15日

YouTubeに投稿した動画の数が、25000に達しました

超音波システム研究所は、
YouTubeに投稿した、
 超音波に関する動画の数が、25000に達しました。




超音波システム研究に関する、各種技術の紹介

 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・
 ・・・・・・・
 各種の動画・スライドショーを
 YouTubeに投稿しています。




参考(動画)

http://youtu.be/bmDaMdU0uzg

http://youtu.be/ozTG7bRzSL8

http://youtu.be/p8atJyfZXkM

http://youtu.be/T1KaPPkoZT4

http://youtu.be/XRyn23MlnqM

http://youtu.be/uF649pvIg9A

http://youtu.be/mWBXlVKmWgg



http://youtu.be/8UTsWMBUEGg

http://youtu.be/DZVFoydeNDw

http://youtu.be/Te8UHj80xUM

http://youtu.be/2nWTjg-H9dw

http://youtu.be/h6W-4LOrvxY

http://youtu.be/O24t_iD8kZ4

http://youtu.be/cK19ozFIARU

http://youtu.be/9023TEh0hXM

http://youtu.be/TD1ZHBFz0aY



http://youtu.be/udB68hg0H_c

http://youtu.be/2BbSQkcBafg

http://youtu.be/EB_IGH29h60

http://youtu.be/pZfoeCqovAk

http://youtu.be/CoP-QKJd_dw

http://youtu.be/juJvJnYpe7c

http://youtu.be/gVottFhtHlo

http://youtu.be/ZA1BeUSA55s

http://youtu.be/0lEgrqCt4VQ

http://youtu.be/ePhJYFRdU9Q

http://youtu.be/9cZIPExgRMQ



http://youtu.be/vwQrM6Tu4So

http://youtu.be/siyam79bDSY

http://youtu.be/qeTi68Stloo

http://youtu.be/zVVHfFaAGJs

http://youtu.be/FoYMtqb9ZxA

http://youtu.be/_ky-rDtDwd0



参考技術

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波制御システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

アルミ箔の超音波分散
http://ultrasonic-labo.com/?p=5550

超音波<発振制御>技術に関する実験動画
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

超音波プローブによる<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波プローブの<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413



超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

音圧測定装置(超音波テスター)の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波機器の<計測・解析・評価>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

  


Posted by 超音波システム研究所 at 08:17Comments(0)超音波技術

2014年11月14日

書籍「超音波工学と応用技術」について

書籍「超音波工学と応用技術」について

本書は専門外の広範な技術者を対象とする

超音波工学についての適切な参考図書が無いために、

今日まで超音波のもつユニークな可能性が十分活用されていないことを考慮して、

本分野の著名専門家たちが著述した、

全国の技術系大学学生や大学院学生とまた研究開発担当者や現場技術者のための

最初の貴重なバイブル的参考書である。

ベ.ア.アグラナート エヌ.エス.ハフスキー 他 著・邦訳
●15,000円・A4判・296頁 新日本鋳鍛造出版会




主要内容

*自由振動と波

*有形物体の自由振動 

*減衰振動と強制振動

* 衝撃波の形成 

*放射圧

*音響流

*キャビテーション 

*超音波振動源

*有用鉱物の選鉱プロセスでの超音波作用の利用

*富化に先立つスラリーの超音波処理

鉱物粒子の表面膜と反応皮膜の音響分散




*周波数領域の異なる音場の同時作用による超音波微粉砕プロセスの制御

*超音波場内の湿式冶金プロセスの強化 

*液体金属の超音波処理の基礎

* 強力超音波場内での溶融物からの気体及び固体非金属介在物の除去機構

*金属及び合金の超音波アトマイジング

*晶出過程にある金属の超音波処理の基礎 




*超音波場内の非鉄金属及び合金の連続鋳造

*超音波キャビテーションを使っての複合材料の作製

*超音波分散と水撃加工 

*超音波清浄 

*高純度金属及び半導体の作製時の超音波の採用 

*半導体材料方面の超音波処理




この書籍が100%正しいとは思いません、

時代と技術の進歩によるものもありますが、間違いもあると思います

しかし、この書籍の中はほとんど実験方程式と実験状態を説明する図です、

少なくとも実験による確認が行われたと思われます

このことを検討していくと新しい実験と応用が生まれると感じています

特に、超音波関係者からは「だめだ」と言われるような実験や方法論もあります(注)

私はこれからもこの書籍を参考に新しい実験を続けたいと思います

それはこの書籍には、

ソ連(当時)の研究者による実験や理論に対する考え方が現れていると感じるからです

特に、未知の領域あるいは複雑な事象に対して探求していく力強さは大変参考になります

注:この方法を応用することで

従来の25%以下の出力で2倍以上の音圧状態を発生させました







  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:16Comments(0)

2014年11月14日

超音波の<ダイナミック特性を考慮した制御>技術を開発

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、

オリジナル技術(超音波テスター)による、

超音波伝搬状態の各種解析結果と

統計モデルによる関係性の理論(解析・検討・整理)により

超音波<ダイナミック特性を考慮した制御>技術を開発しました。

この方法は、音圧データの自己相関を主要パラメータとして利用します。
 
その結果、液体の流れによる
 音圧変化や伝搬周波数の影響を判断が可能になり、
 キャビテーションや音響流を目的に合わせて制御します。

これまでの実績から
 超音波洗浄機に関して
 音圧データの自己相関による
 効果的な、液循環の評価方法となっています。



参考

http://youtu.be/3aYXB7R3p7c

http://youtu.be/GXh2How-5rw

http://youtu.be/r5baJc_3HI4

http://youtu.be/CneaANIFCCg

http://youtu.be/Fbl5OOiwy84

http://youtu.be/xo2L4tQhzYo

http://youtu.be/MpQIdaM0r8s

http://youtu.be/8e-W8SwB3bg

http://youtu.be/6Rml1FfAU5o

http://youtu.be/e2vSsVfOZUk

http://youtu.be/qp4dB-mxKzE

http://youtu.be/ehWHQ9AlQQI

http://youtu.be/GmzXYJYT1Q4

http://youtu.be/AIA0Jxg3dEM

***


http://youtu.be/uLh1lpAsPmc

http://youtu.be/xiK2v5vPyKQ

http://youtu.be/Dc_DgmdaV2Q

http://youtu.be/xrMgD3MrJI4

http://youtu.be/yymaNNofufY

http://youtu.be/ZttTBbJp-Rg

http://youtu.be/N4RldwNb0Bw

http://youtu.be/A3Qo8SiPJE4

****


http://youtu.be/MVAKacJLers

http://youtu.be/IRMCg9_opuo

http://youtu.be/CkSmBy8xobs

http://youtu.be/UoBKWzXWUfs

http://youtu.be/BnD5bhd-udY

http://youtu.be/2_b0dYg4h4Y

http://youtu.be/IfN1m7vQbkY

http://youtu.be/UJPybykeEtc

http://youtu.be/yPzL3Mn14Ns

http://youtu.be/euwm3qYr0L0

http://youtu.be/v4-geUpzEiY

http://youtu.be/kUk2ASr61mw




超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の<ダイナミック特性を考慮した制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1142

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187




超音波の<ダイナミック特性を考慮した制御>技術を開発
http://aeropres.net/release/html/14768



  


Posted by 超音波システム研究所 at 08:17Comments(0)超音波技術

2014年11月13日

研究


Posted by 超音波システム研究所 at 17:21Comments(0)ブログ

2014年11月13日

ハイパーソニック・エフェクト

電車の通過による
 振動・音の変化を観察しています。



http://youtu.be/npyniKYr7wA

http://youtu.be/vYwIvtFSdyA

http://youtu.be/SFaPRvKMFQo

http://youtu.be/YhbR8mdThl0

 蝉の音が興味深い状態です

 耳(人間)と
 装置(デジタルカメラのマイクとパソコンのスピーカー・・)と
 音(電車、蝉・・・)
 による相互作用です

 超音波技術に応用可能だと考えています



超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

http://youtu.be/KzbG-m43pTU

http://youtu.be/J-Q7TrLylAU


参考 
「音色」を考慮した「超音波発振制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

超音波実験写真 no.4
http://ultrasonic-labo.com/?p=1595

キャビテーションの写真を利用した超音波制御
http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

発明的創造の心理学について
(TRIZ、ハイパーソニック・エフェクト、 ・・・)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1944

http://youtu.be/-ZBop2y12qE




  


Posted by 超音波システム研究所 at 08:16Comments(0)超音波技術