2015年06月21日

<セミナー:動画によるBtoBマーケティングツールWKX活用の実績>

<セミナー:動画によるBtoBマーケティングツールWKX活用の実績>

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市、代表:斉木)は、
下記の通りセミナーを行います。

タイトル
「 動画によるBtoBマーケティングツールWKX活用の実績」

講師 超音波システム研究所 代表  斉木 和幸

日時1 2015年7月 7日(火)13:00~
日時2 2015年7月22日(水)13:00~
受付  12:45

会場 「日本技術者連盟」

住所: 東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル5F
   <銀座線/南北線溜池山王駅 徒歩1分>

受講料 無料

主催:一般社団法人 日本技術者連盟(Japan Engineers Federation)




参考(超音波実験動画)

http://wkx21c.org/v/tech/90062

http://wkx21c.org/v/tech/323981

http://wkx21c.org/v/tech/5212

http://wkx21c.org/v/tech/5208

http://wkx21c.org/v/tech/712923

http://wkx21c.org/v/tech/712918

http://wkx21c.org/v/tech/558421

http://wkx21c.org/v/tech/551945

http://wkx21c.org/v/tech/535302

http://wkx21c.org/v/tech/738846

http://wkx21c.org/v/tech/738841

http://wkx21c.org/v/tech/738831

http://wkx21c.org/v/tech/712928

http://wkx21c.org/v/tech/706413

http://wkx21c.org/v/tech/706412

http://wkx21c.org/v/tech/706398




 超音波<測定・解析>システム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1000

 音響流の制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5457

 超音波水槽の新しい液循環システム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

 超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

 超音波制御装置(制御BOX)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

 2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

 超音波による表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1527

 超音波による金属・樹脂の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

 超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

 超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

 シャノンのジャグリング定理を応用した
 「超音波制御」方法
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

 デジタルカメラによる
 キャビテーションの写真を利用した超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

 超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

 超音波システム研究所のコンサルティング
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

 樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530
  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:17Comments(0)セミナー

2015年06月19日

脱気・マイクロバブル発生液循環

脱気・マイクロバブル発生液循環
(超音波制御技術)

超音波洗浄機は
通常、オーバーフロー・・による流れや環境・・で

空気が大量に水槽に入り、
超音波が大きく減衰するという現象が起きます

対策のポイントは

適切な超音波と液循環のバランスです
液循環の適切な流量・流速と超音波(キャビテーション)の設定により
超音波(音響流・加速度効果)の伝搬状態をコントロールします

脱気・マイクロバブルの効果で
均一に広がった超音波の伝搬状態が可能です

液循環により、以下の自動対応が実現しています

溶存気体は、水槽内に分布を発生させ
レンズ効果・・・の組み合わせにより、超音波が減衰します

もうひとつは
適切な超音波照射時は、大量な空気・・が水槽内に取り入れられても
この動画のように、大きな気泡となって
水槽の液面から出ていきます

従って、超音波照射を行っていない状態で
大量にオーバーフローを行い続けると減衰します。

しかし、この空気を入れる操作は必要です
多数の研究報告・・がありますが
液循環の無い水槽で、長時間超音波照射を行い続け
溶存気体の濃度が低下すると
音圧も低下して、キャビテーションの効果も小さくなります
(説明としては、キャビテーション核の必要性が空気を入れる理由です)

超音波照射により、脱気は行われ
溶存気体の濃度は低下して、分布が発生します
単純な液循環では、この濃度分布は解消できません

そこで
マイクロバブルの効果です
<マイクロバブルの分散性と
 液循環の組み合わせにより
 水槽内の溶存酸素濃度を均一化します>

脱気・マイクロバブル発生液循環が有効な理由です





  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:47Comments(0)超音波技術

2015年06月16日

超音波発振計測解析システム

超音波発振計測解析システム

超音波システム研究所は、
 超音波の伝搬状態に関する、
 オリジナル装置:発振・計測・解析システム(超音波テスター)を、
 製造・販売しています。




<< 超音波発振計測解析システム(超音波テスター)>>

システム概要

1.価格 15万円(最少仕様)~
   仕様確認の上、見積もりを提示させていただきます

2.内容

  パソコン 1台
  超音波プローブ 1個~ 
  デジタルオシロスコープ 2ch~
  解析ソフト(インストール済み) 1式
  説明書 1式
  利用目的の確認により、仕様を提案します




3.特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
   (測定可能範囲 0.01Hz から 25MHz)
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
   (出力 250mV から 2V)
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付




超音波プローブによる測定システムです。
 超音波プローブを対象物に取り付けて発振・測定を行います。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響性能として検出します。


目的に合わせた特殊超音波プローブを開発・製造対応します





<<音圧発振測定動画>>

https://youtu.be/9IK4fmkUKyo

https://youtu.be/TZDsxPKmpaQ

https://youtu.be/f9JDEfYJzeQ

https://youtu.be/TI0MAhBs3Sg

https://youtu.be/fXpT4CISGaE

https://youtu.be/r8aydGw9Nqg

https://youtu.be/F2og642qioM

https://youtu.be/1zvI5VV1Sis

https://youtu.be/QFezXLL1Vbo

https://youtu.be/5_n_6Mlo_00

https://youtu.be/VyV3wqOJ5nY

https://youtu.be/7tzdqX8a11c

https://youtu.be/wV7ABDWhs5Q

https://youtu.be/uvob0prgrlY

https://youtu.be/x-40oAvPhmg

https://youtu.be/a5kYf8wWUaI

https://youtu.be/1IrvPdMyx9Y

https://youtu.be/qgit-Ra8j5E

https://youtu.be/Yg3roJN2cqo

https://youtu.be/5faX4WsQeqw

https://youtu.be/-07tfP_Kij8

https://youtu.be/W-Erjt5b0K4

https://youtu.be/C2Ztl7WVMD0




超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

超音波プローブの<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705















  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:18Comments(0)超音波技術

2015年06月13日

超音波の「流れとかたち・コンストラクタル法則」No.4

超音波システム研究所は、
 流れとかたちに関する「コンストラクタル法則」を利用した、
 超音波利用技術を開発しました。




参考動画のような、川の流れを観察しています

超音波利用に関して
 流れの観察経験により
 音響流を直感的に
 とらえられると考えています

音響流<一般概念>
有限振幅の波が
 気体または液体内を伝播するときに、
 音響流が発生する。

音響流は、
 波のパルスの粘性損失の結果、
 自由不均一場内で生じるか、
 または
 音場内の
 障害物(洗浄物・治具・液循環)の近傍か
 あるいは
 振動物体の近傍で
 慣性損失によって生じる
 物質の一方性定常流である。




<参考>

1)振動について
ロイヤル・インスティテューション 133回「振動」より
機械工学の重要な一分野のほとんどすべてを、
ここに記述してみようと思っている
【著者】リチャード・ビジョップ 
【訳者】中山秀太郎  出版社:講談社(1981年 ブルーバックス B-471)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/d84ac354211817300e3ef1ba76e64a8d.pdf

2)流れとかたち
 すべてのかたちの進化は
 流れをよくするという「コンストラクタル法則(constractal-law)」が支配している!
【著者】 エイドリアン・ベジャン Adrian Bejan  J. ペダー・ゼイン J. Peder Zane
【訳者】 柴田裕之 【解説者】 木村繁男  出版社:紀伊國屋書店 (2013年)




3)サイバネティクスはいかにしてうまれたか
【著者】 ノーバート・ウィナー 
【訳者】 鎮目恭夫  出版社:みすず書房(1956年)

・・・・・・・
絶えず移動するさざ波の塊を研究して、
 これを数学的に整理することはできないものだろうか。
・・・・・・・・

水面をすっかり記述するという
 手におえない複雑さに陥らずに、
 これらのはっきり目に見える事実を
 描き出すことができるだろうか。

波の問題は
 明らかに平均と統計の問題であり、
 この意味でそれは
 当時勉強していた、ルベーグ積分と密接に関連していた
・・・・

私は、自然そのものの中で
 自己の数学研究の言葉と問題を
 探さねばならないのだということを知るようになった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして、サイバネティクスの立場から見れば、
 世界は一種の有機体であり、
 そのある面を変化させるためには
 あらゆる面の同一性を
 すっかり破ってしまわなければならない
 というほどぴっちり結合されたものでもなければ、
 任意の一つのことが
 他のどんなこととも同じくらいやすやすと
 起こるというほどゆるく結ばれたものでもない。
・・・・・・

・・・・・・
 理想的には、
 単振動とは遠い過去から遠い未来まで時間的に
 不変に続いている運動である。
 ある意味でそれは永遠の姿の下に存在する。

音を発したり、止めたりすることは、
 必然的にその振動数成分を変えることになる。

この変化は、小さいかもしれないが、
 全く実在のものである。

有限時間の間だけ継続する音符は
 ある帯域にわたる多くの
 単振動に分解することができる。

それらの単振動のどれか一つだけが
 存在するとみる事はできない。
 時間的に精密であることは
 音の高さがいくらかあいまいであることを意味し、
 また音の高さを精密にすれば
 必然的に時間的な区切りがつかなくなる。
・・・・・・・

・・・・・・・


上記を参考・ヒントにして
 超音波伝播現象における
 「非線形効果」を測定・利用する技術を
 流れをよくするという「コンストラクタル法則(constractal-law)」で
 整理することで、超音波利用技術にまとめています。




参考動画<流れの観察>

https://youtu.be/a2vljq6dSus

https://youtu.be/yO3aHgSRVII

https://youtu.be/_4V_m5uMtcM

https://youtu.be/F0YUk0WMWls

https://youtu.be/A3yaCciamJs

https://youtu.be/hds6wxvAK3s

https://youtu.be/NJ86JNSkY6E

https://youtu.be/36S5VgDXO9Y

https://youtu.be/Xz2ujfh30CU

https://youtu.be/VlQcZZAbvFU

https://youtu.be/aO0kGSjskIM

https://youtu.be/-jdriygET9U

https://youtu.be/qsIGNUNRxcE

https://youtu.be/Hm1LfAAbj34

https://youtu.be/ueQvoq_mbWY

https://youtu.be/Qyn-hm6VHd0

***

https://youtu.be/qJ2ASrTbAIg

https://youtu.be/ML9r_y1JrY0


注:
くりかえし
 超音波と
 流体の変化(流れ、渦、波・・)を
 観察して  
 イメージを修正しながら
 音響流に関する論理モデルを考え続けます

1年ぐらい経過してくると
 渦の動きが見えてきます
 そこから
 ぼんやりと、洗浄物に対する
 音響流の影響がわかります





超音波制御<応用例>

https://youtu.be/MhvxCuYXDHM

https://youtu.be/cq_JCx59gAA

https://youtu.be/d_o9CIv1bL0

https://youtu.be/WNRcShLzIow

https://youtu.be/T6SMk4NJrdA

https://youtu.be/IMdVcGLvdRU

https://youtu.be/zX-pqDmhUsM

https://youtu.be/1iPmegbNzI0

https://youtu.be/OTYvtSsOD1s




超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

「超音波の非線形現象」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

超音波による
「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

発明的創造の心理学について
(TRIZ、ハイパーソニック・エフェクト、 ・・・)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1944

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753




参考書籍
1:解析
 1)叩いて超音波で見る―非線形効果を利用した計測
佐藤 拓宋 (著) 出版社: コロナ社 (1995/06) 

 2)電気系の確率と統計
佐藤 拓宋 (著)  出版社: 森北出版 (1971/01)

 3)不規則信号論と動特性推定
宮川 洋 (著), 佐藤拓宋 (著), 茅 陽一 (著)
   出版社: コロナ社 (1969) 

 4)赤池情報量規準AIC―モデリング・予測・知識発見  
    赤池 弘次 (著), 室田 一雄 (編さん), 土谷 隆 (編さん) 
    出版社: 共立出版 (2007/07)

 5)ダイナミックシステムの統計的解析と制御
赤池 弘次 (著), 中川 東一郎 (著) 
    出版社: サイエンス社(1972) 

2:シミュレーション
 「波動解析と境界要素法」
福井 卓雄 小林 昭一 京都大学学術出版会 (2000/03)

3:弾性波動
 「弾性波動論の基本 」 田治米 鏡二 (著) 槇書店 (1994/10)

 「弾性波動論 」佐藤 泰夫 (著) 岩波書店 (1978/03)

4:流体力学
 「内部流れ学と流体機械」 妹尾 泰利 (著) 養賢堂 (1973)

 「流体力学 」日野 幹雄 (著) 朝倉書店 (1974/03)

 「流体力学 」日野 幹雄 (著) 朝倉書店 (1992/12)

 「噴流工学 」社河内敏彦(著) 森北出版(2004/03)

5:超音波
「やさしい超音波工学―拡がる新応用の開拓」
川端 昭 (編著), 高橋 貞行 (著) 一ノ瀬 昇 (著)
  工業調査会 増補版 (1998/01)

  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:16Comments(0)超音波技術

2015年06月12日

YouTubeに投稿した超音波技術動画の数が、37000に達しました

超音波システム研究所は、
YouTubeに投稿した、
 超音波に関する動画の数が、37000に達しました。





超音波システム研究に関する、各種技術の紹介

 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・
 ・・・・・・・
 各種の動画・スライドショーを
 YouTubeに投稿しています。




参考(投稿動画)

https://youtu.be/AGH4FmyJ8gc

https://youtu.be/j5SW7ZtBE64

https://youtu.be/XgOnX-ai46A

https://youtu.be/ROdroHqeKAk

https://youtu.be/13BNLsQTmMg

https://youtu.be/HMtRXeCqddI

https://youtu.be/UgxsLUwu1Zg

https://youtu.be/EzkW_x6tXgQ

https://youtu.be/q_m6ghYODNQ

https://youtu.be/EgXP1xOA3oM

https://youtu.be/oCoN_g6qV-U

https://youtu.be/WT3zDAnpyL0

https://youtu.be/vRA8TL-SBCA

https://youtu.be/ZCMws_5HvJw

https://youtu.be/p3d2vBAq2_0

https://youtu.be/t2xUhqIvBQg

https://youtu.be/EeFNZlIcR7M

https://youtu.be/FVFbPg8qyvI

https://youtu.be/fsSkCvTUOms




https://youtu.be/1k_aDIrJip0

https://youtu.be/oLPEyidRMZ4

https://youtu.be/uWjsu1fbYqI

https://youtu.be/qJ2ASrTbAIg

https://youtu.be/a2vljq6dSus

https://youtu.be/aO0kGSjskIM




https://youtu.be/d_o9CIv1bL0

https://youtu.be/P6DRGV-_AJY

https://youtu.be/lcC8-jdl7Ps

https://youtu.be/yq53flgCSd8



参考技術

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波システム研究所<理念Ⅱ>
http://ultrasonic-labo.com/?p=3865
  


Posted by 超音波システム研究所 at 15:18Comments(0)超音波技術

2015年06月11日

超音波システム(超音波洗浄機)の測定・評価・改善技術を開発 No.2

超音波システム研究所は、
 超音波制御が簡単にできる、
 超音波システムの「測定・評価・改善」方法を開発しました。




超音波伝搬状態の影響に関する
 測定・解析・評価技術に基づいて、
 目的に合わせた、
 超音波の発振と液循環の制御をおこないます。

この技術を応用した、
 各種水槽サイズの超音波システムを
 <コンサルティング>
 <脱気・マイクロバブル発生液循環装置の追加>
 <設計・製造・販売>・・・・対応しています。




参考動画

https://youtu.be/nY2HeyI64RI

https://youtu.be/EW8yLOpyhb8

https://youtu.be/TcmLqCmp48M

https://youtu.be/lfAs8NiDLys

https://youtu.be/wDALZ8Aet04

https://youtu.be/zt9BYEzk0XY

https://youtu.be/-tFSKM1Se7E

https://youtu.be/sG-8WIvGhcI

https://youtu.be/ibMVla5ZoKA

https://youtu.be/_l9h5FPEKiM


解析・評価

https://youtu.be/Gbj3nSjm7x8

https://youtu.be/_y7WgAIZUDE

https://youtu.be/r1mLRTccqCY

https://youtu.be/GFMm0g2tzFE


基礎実験

https://youtu.be/1dRHhLhXORk

https://youtu.be/qPYaoqQUkmM

https://youtu.be/pblFmgZY4Sw

https://youtu.be/hJ30eX35pK4

https://youtu.be/d2_5yfxt0LA

https://youtu.be/Fh3PHy07D60

https://youtu.be/asO6V7mUBSE

https://youtu.be/b7g8GXwHTDQ

https://youtu.be/kAjVNyIPNlE

https://youtu.be/K-X-lVsS_t0




超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1410

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波機器の<計測・解析・評価>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波<キャビテーション・音響流>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

通信の数学的理論を応用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

「超音波の非線形現象」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878
  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:16Comments(0)超音波技術