2016年11月19日

オゾンとマイクロバブルと超音波(洗浄技術の開発)

超音波システム研究所は、
 オゾンとマイクロバブルと超音波を
 洗浄目的に対して、効果的に利用する技術を開発しました。




<脱気・マイクロバブル発生液循環システム>に関して
 オゾン(気体)をバブリングすることで
 超音波の物理的な非線形現象とオゾンの化学反応を
 安全にコントロールする技術を開発しました。


<<基礎となる技術::超音波液循環技術>>

1)超音波とマイクロバブルによる表面処理を行った、
  各種容器(水槽、超音波洗浄器・・・)を使用します。

2)水槽・超音波洗浄器の設置は
  低周波の振動モードに対して利用可能な範囲になるよう
  干渉材・・を使用します。

3)脱気・マイクロバブル発生液循環装置を使用します。
  (設定のノウハウ)
  ポンプの吸い込み側のホース位置は、
  渦の発生がない範囲で液面上部にセットします
  ポンプの吐き出し側のホース位置は、
  効果的に液面までの流れが発生するように容器底面にセットします


上記の設定とマイクロバブルの拡散性により
 均一な洗浄液
 (脱気:溶存酸素濃度 4-5mg/l程度)の状態が実現します。

<<オゾン利用について>>
上記の洗浄液の状態に対して
オゾン発生装置によりオゾン(気体)をバブリングすることで
マイクロバブルの分散効果と脱気による効果で
オゾンが効率よく液体に溶解します。

気体の流量・流速分布・・・を適切に設定することで
目的に合わせた、オゾンによる化学反応を発生させることができます。

補足:均一な液中を超音波が伝搬することで、
    安定した超音波の状態が発生します。


以下の動画は
調理用具についた、肉や魚の臭いを洗浄した事例に関するものです。

<<参考動画>>

https://youtu.be/2YOexVQA04g

https://youtu.be/5xWVtQVgwhA

https://youtu.be/oaxwQh6AFJg

https://youtu.be/jAZPxgqlF6o

https://youtu.be/IeY51pxFccE

https://youtu.be/jjgJiQ5C77s

https://youtu.be/vH6eRtsUng0

https://youtu.be/J7mzOgniDSY

https://youtu.be/rNUwCbo69nU

https://youtu.be/2QH84aRRUNQ

https://youtu.be/06Oc852OB_A

https://youtu.be/FlSbzsyoK9M

https://youtu.be/00ZFjEamSEk


注:オゾン発生装置
 オゾンバスター 
 アースウォーカートレーディング株式会社
 http://www.earthwalker.asia/


オゾン発生装置を適切な設定で、実現すると
マイクロバブルは超音波作用によりナノバブルに分散します
ナノバブルによる超音波の安定性と、
オゾン水の化学反応の効果が
相互作用により非常に大きくなることを、確認しています。
(具体的な制御は、音圧測定・・・コンサルティング対応しています
 表面処理・撹拌・粉砕・・・では、
 通常の超音波利用とは反対の設定を行う成功事例が多い傾向にあります)



液循環による超音波の非線形制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1428

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します


詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。
 オゾンと超音波の組み合わせに関しては、沢山のノウハウがあります。
  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:23Comments(0)超音波技術

2016年11月19日

超音波発振計測解析システム

超音波発振計測解析システム(超音波テスター No.4)



超音波システム研究所は、
 超音波の伝搬状態に関する、
 オリジナル装置:発振・計測・解析システム(超音波テスター)を、
 製造・販売しています。

<< 超音波発振計測解析システム(超音波テスター)>>




システム概要

1.価格 15万円(最少仕様)~
   仕様確認の上、見積もりを提示させていただきます

2.内容

  パソコン 1台
  超音波プローブ 1個~ 
  デジタルオシロスコープ 2ch~
  解析ソフト(インストール済み) 1式
  説明書 1式
  利用目的の確認により、仕様を提案します




3.特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
   (測定可能範囲 0.01Hz から 25MHz)
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
   (出力 250mV から 2V)
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付







超音波プローブによる測定システムです。
 超音波プローブを対象物に取り付けて発振・測定を行います。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響性能として検出します。


目的に合わせた特殊超音波プローブを開発・製造対応します





<<動画>>

https://youtu.be/HyiKHpNhQhc

https://youtu.be/pwUUyrW6J1c

https://youtu.be/9VLErIStliU

https://youtu.be/feX2IJB55kk

https://youtu.be/7ybLEaA3QJk

https://youtu.be/VbbZhBuQ0Hs

https://youtu.be/jdOKLTOVhZg




https://youtu.be/sB4GZtj2GGk

https://youtu.be/oLZjuMYDG8o

https://youtu.be/jG46NNIEDiU

https://youtu.be/vw2vjFdfPY0

https://youtu.be/06rfACdhpf8

https://youtu.be/NWCa8wNGSOI




https://youtu.be/dK0HsgyXL38

https://youtu.be/PwTfw9oltm0

https://youtu.be/8FR2butmYqc

https://youtu.be/kPIro94jUTI

https://youtu.be/c0Lmaernduk




https://youtu.be/Vl3b50JfbvU

https://youtu.be/4thhL-wQoFE

https://youtu.be/waJCru9H3yk

https://youtu.be/EQ--8va2Ntw




脱気マイクロバブル発生液循環

https://youtu.be/j0AHUq0p1A4

https://youtu.be/06GWEKmuifg

https://youtu.be/CkLo0v8eANg

https://youtu.be/-KDqCM7JeXA

https://youtu.be/LshizWiG9KU

https://youtu.be/zUNu8J8I1UM




https://youtu.be/wie8-E_UUe8

https://youtu.be/RDeQsRVjxXw

https://youtu.be/mpvYCPvj6TU

https://youtu.be/jGr9xh-eqSg






超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722




複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

超音波プローブの<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705







超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779











  


Posted by 超音波システム研究所 at 12:33Comments(0)超音波技術

2016年11月19日

橋本凝胤

どんな素朴な見方でもいいから、
 自分の眼でものを見、

どんな単純な考え方でも結構だから、
 自分の頭でものごとを考える習慣を
 つけるのが
 先決問題である。

そしてそれが
 科学の第一歩である。
(中谷宇吉郎著 科学と社会 より)








われわれの生活はいつでも、

自らの心の生活でなければならない。

客観の生活であってはならない。

主観の生活でなければならない。

主体的に生きていかなければならない。


橋本凝胤・著「信仰する心とは」より



1) カルノー・サイクルの経緯のように
技術の進歩が科学の進歩を促進する。
 (科学と技術の工学的な関係)
こういった関係が「超音波の利用」には必要(注)な気がします
注:実用や応用には多くのパラメータの適切なバランス感覚が必要
特に、設計を考慮に入れた観察が行えるようになるための
経験と直感の訓練により、本質的な発見やアイデアが生まれると思います

コメント:
実用と言う制約と、
興味深い現象の中から、適切な開発・設計を行うことは
開発者の人間性によるところが大変大きいと思います
諦めずに、粘り強く努力する根拠には、「困難を乗り越える喜び」と
それを理解してくれる
「第三者(歴史的、あるいは競合者、理解者」があると考えています




2)ワットの蒸気機関の改良のように
2-1) 原理的事柄を研究する
(超音波の原理を研究する)
2-2)ニューコメンの機関を参考に、改良して効率を上げる
(プラントの制御を参考にする)
2-3)弁の開閉をピストンに連動させて交互に蒸気を供給する
(ジャグリングのような連動・相互作用・・を検討する)
2-4)遊星歯車機構を実用化する
(新しい脱気マイクロバブル構造を採用する)
2-5)速度調整を行う
(実験と調整を繰り返す)





コメント:
この経過には大変深い検討と試行錯誤の背景を感じます
実用を目的としているため、
幅広く・確実に効果を出すための方法になっていると思います
現在では各分野の研究を幅広く理解することが難しいので、
経験に基づいた直感と共同研究が大変重要だと思います
今後、超音波の利用が進み
大きな発展が実現するために検討を続けたいとおもいます







  


Posted by 超音波システム研究所 at 02:17Comments(0)随想