2017年02月28日

樹脂・ガラス・・・の音響特性を利用した超音波技術を開発

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 <樹脂・ガラス・・・の音響特性>を利用した
 超音波発振制御技術を応用した
 超音波の利用方法をコンサルティング対応しています。

新しいプラスチック(エンジニアリングプラスチック・・)の特性は
 超音波やマイクロバブル(脱気・曝気)の組み合わせにより
 様々な応用を可能にしています。
 詳細は、企業秘密・・になるため公開されていませんが
 樹脂・ガラス・・・の音響特性を利用した
 治工具と超音波の組み合わせによる
 洗浄・加工・化学反応・攪拌・・・成功事例が増えています。








オリジナル超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=9894

超音波<測定・解析・制御>システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1173

■参考動画

https://youtu.be/muLG1ntYz34

https://youtu.be/8QF730USQ6E

https://youtu.be/vZT8luAzzNU

https://youtu.be/K-oqYPWavdY

https://youtu.be/ODhdWISggm0

https://youtu.be/4AWNyqMj34c

https://youtu.be/ItygUHlh8XE

https://youtu.be/2EYd2oWKSys

https://youtu.be/JyZCfWPTSbM

https://youtu.be/AbmsjdDxeHw

https://youtu.be/3UBz-41niBA

https://youtu.be/PRa9GjSUl8g

https://youtu.be/SqQBsJK9IxE

https://youtu.be/LodemMLJgQY

https://youtu.be/UfOhrexjNQE

https://youtu.be/5Y92GHxy4uc

https://youtu.be/CxxaATUzZSo

https://youtu.be/ZN-3FWeBvhk

https://youtu.be/a4yMd7CQ3_k

https://youtu.be/xnPWvtm0QFo

https://youtu.be/1hTZ9bSzwac

https://youtu.be/Fuy7jdNN57Y

https://youtu.be/6NEm0FkhACg

https://youtu.be/_eueUffxLqw

https://youtu.be/UhQTshX7bPU

https://youtu.be/OGdDVYFudZU

https://youtu.be/0rQ1Rx_E4DE

https://youtu.be/flZl5K7dO3o

https://youtu.be/zHIkTJZRo1g



これは、新しい方法および技術です、
 これまでの実施結果(注)から
 従来では低周波の共振現象になる・・・・、
 金属・ガラス・セラミック・樹脂・・・
 単独では発生しにくい超音波の非線形伝搬現象を実現しています。

 注:
  1)超音波シャワーを利用した乳化・分散
  2)溶剤への流水式超音波洗浄
  3)樹脂の表面弾性波を利用した超音波霧化制御
  4)非線形伝搬現象による化学反応制御
  5)ナノレベルの攪拌・乳化・分散、表面改質
  6)治工具の超音波特性を利用した均一な粒子製造への応用
  7)脱気と曝気によるナノレベルのバリ取り技術
  8)めっき液・塗料・・の製造
  ・・・・

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

超音波の応答特性を利用した、表面検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10465

 樹脂容器として「ペットボトル」は便利ですが
  材質・形状・サイズ・製造方法・・・により
  超音波の伝搬状態が大きく異なります。
  目的に合わせて、
  音響特性の測定解析に基づいた
  適切な容器を利用することがポイントです。

超音波機器の超音波伝搬状態を測定・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1478



上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します

<樹脂容器の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

間接容器と定在波による
音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波振動子の設置方法による、
超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を
解析・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

<樹脂容器・洗浄ビーズ>を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1484

「洗浄ビーズ」を利用した「超音波洗浄技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3200

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662


  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:41Comments(0)超音波技術

2017年02月26日

2種類の超音波振動子を利用した超音波システム No.3

超音波システム研究所は、
 2種類(28kHz、72kHz)の超音波(振動子)による
 超音波の非線形現象(キャビテーション・音響流)制御を実現する
 超音波システム(洗浄、加工、撹拌・・)技術を開発しました。





超音波システム概要

1:2種類の超音波振動子(基本タイプ 28kHz,72kHz)

2:脱気・マイクロバブル発生液循環システム

3:水槽:任意
(ステンレス、塩ビ、・・対応できます
 オーバーフロー構造も必要条件ではありません
 注:理想的にはオーダーメードの超音波専用水槽となります)

4:超音波と液循環の制御(相互作用の確認に基づいた最適化)

5:超音波テスターによる、音圧管理

<超音波>
MIRAE ULTRASONIC TECH. CO
 1)パワー洗浄シリーズ(28KHz 300W)
 2)精密洗浄シリーズ(72/KHz 300W)

注:メーカー、周波数、出力・・・音圧測定解析により対応できます

*特徴

超音波テスターによる、音圧測定解析に基づいて
 水槽、超音波振動子、液循環の関係を
 目的の超音波状態に最適化します




<<ポイント>>
超音波の正確な発振周波数の測定と
水槽、超音波振動子、治工具、・・の
音響特性の解析による確認に基づいた
効果的な超音波伝搬状態を実現させる
以下の技術です

1)マイクロバブルを利用した、「液体」の均一化
2)超音波の非線形現象(音響流)のダイナミック制御
3)超音波の発振制御(注)

注)シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

治工具と各種の制御により、超音波照射状態を適正に設定することで、
 キャビテーションと加速度(音響流)の効果を、
 目的に合わせた状態にコントロールできます。


-システムの応用事例-
 ガラス製の水槽を利用した精密洗浄
 間接容器を利用した表面改質
 ナノレベルの攪拌・乳化・分散・粉砕
 各種の化学反応処理
 メッキ液・コーティング液の開発
 ナノ粒子の製造
 複雑な形状へのコーティング・・表面処理
 表面の残留応力の緩和処理
 水の改質(ラジカル化)
 表面弾性波を利用した目的のサイズの霧化 
 ・・・・・・・




参考動画

https://youtu.be/rNYeVZ8s4qw

https://youtu.be/NnMRo_h4ios

https://youtu.be/q27kfP6Vkrc

https://youtu.be/bLpxhxmx-UY

https://youtu.be/26Utz6zhRTM

https://youtu.be/F3BeviBDlK4

https://youtu.be/nn8mWC_M2fU

https://youtu.be/pfeEOGblcQw

https://youtu.be/x8IVzlpQrKs

https://youtu.be/nwAhK8patJk

https://youtu.be/-dlenZ6Cqac

https://youtu.be/6ofPprcmsCQ

https://youtu.be/qAzQZCVSj3U

https://youtu.be/InOR6Yca4wk

https://youtu.be/uiqrWFyWzHo

https://youtu.be/DnkmatJT_CI

https://youtu.be/8gjTz2-xEU8

https://youtu.be/CmFiA7B0JGE

https://youtu.be/-aEwd6_AKVM

https://youtu.be/U6L2xoFkfMI




超音波洗浄システムの製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7378

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波専用水槽の設計・製造技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

推奨する「超音波(発振機、振動子)」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1798

<<超音波制御装置>>
株式会社 ワザワ 超音波事業部
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3272

<<超音波専用水槽>>
有限会社 共伸テクニカル 超音波事業部
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3270

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

**********************

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

**********************













  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:29Comments(0)超音波技術

2017年02月25日

思考について

橋本凝胤のことば
凝胤師は地動説を知識としては知っておられたにもかかわらず、
「地球に住んでいる、生きているかぎりは、天道説が正しい!」と、主張されたのです。
つまり、科学というのは大事なものであるけれど、
それ以上に「情緒」というものが大切であるので、
太陽が地球の周りをまわっていると言い続けられたのです。

人間性とはいかなるものであるか。
われわれは人のために生きているのではない。
社会のためにでも世界のためにでも、世界人類のために生きているわけでもない。
それを世界人類のために
生きているような考え方を持たねばならぬように訓練されてきているわけです。(中略)

しかしこういうものに、われわれは左右されてはいけないのです。
いつでも一人のときに、一人の生活の中に、
道というものが厳然となければならないのです。

何事もこつこつと続けることの大切さ,少しずつ積み上げていくことの尊さを忘れてはいけない

岡潔のことば
一九二九年から一九三二年まで私はフランスにいた。
その間に、私は次のような「不思議」に目覚めた。俳句はわずか十七字の短詩である。
自分の句の「評価」をどうしてするのだろう。
今日非常によく出来たと思っても、翌日には、昨日のあれは気のせいだったと思うかもしれない。
むしろ今日の喜びが大きければ大きいほど、
反動として、翌日はそれを強く否定してしまいたくなるだろう。

ところで芭蕉は本当によい句というものは、
十句あれば名人、二句もあればよい方である、という意味のことを言っている。
こんな頼りないものの、
わずか二句ぐらいを得ることを目標にして生きてゆくというのは、どういうことだろう。
にもかかわらず、芭蕉の一門は全生涯をこの道にかけたようにみえる。
どうしてそのような、たとえば薄氷の上に全体重を託するようなことができたのだろう。
この問題は在仏中には解決できなかった。
帰ってからよく調べているうちに、だんだんわかってきたのであるが、その要点をお話しよう。
「価値判断」が古人と明治以後の私たちとで百八十度違うのである。
一、二例をあげると、古人のものは、「四季それぞれよい」「時雨のよさがよくわかる」である。
これに対応する私たちのものは、「夏は愉快だが冬は陰惨である」「青い空は美しい」である。
特性を一、二あげると、私たちの評価法は、他を悪いとしなければ一つをよいとできない。
刺激をだんだん強くしてゆかなければ、同じ印象を受けない。
こんなふうである。これに対し古人の価値判断は、それぞれみなよい。
種類が多ければ多いほど、どれもみなますますよい。
聞けば聞くほど、だんだん時雨のよさがよくわかってきて、深さに限りがない。
こういったふうである。芭蕉一門はこの古人の評価法に全生涯をかけていたのであった。
この古人の評価法の対象となり得るものが情緒なのである。

「頭で学問をするものだという一般の観念に対して、
私は本当は情緒が中心になっていると言いたい。
・・・木にたとえるとインスピレーション型は花の咲く木で、情操型は大木に似ている。
・・・情操が深まれば境地が進む。 」
「コピーは紙とインキで作れるが、
オリジナルは生命の燃焼によってしか作れない。
灼熱した情熱や高いポテンシャルエナジーがなければどうにもならないのである。」

「十考えても、そのうち本当のものである可能性は一つくらいしかない。
その可能性の中で、さらにまた本当のものは十分の一だ。
(中略) 可能性の可能性と言うのは、これは「希望」のことなのだ…」
「私は、一つの詩を読んで10秒以内で判る,
同じ詩を子供達に与えて3日3晩,2万4千倍の開き、情緒の器の違いです。
今のように記憶ばかりの勉強法では、20歳が限界。
お勉強の合間、合間に美しい音楽を聴いて下さい。情緒を深めてから勉強、
一日に情緒の器作りはあればあるほど良い」
人は極端に何かをやれば、必ず好きになるという性質を持っています。好きにならぬのが不思議です。」

加藤耕山のことば
坐禅をして心が一つになったとき、誰しも言葉に表せない大きな悦びを感じて、
坐禅が「安楽の法門」であることを実感できる。
坐禅を始める人は多くても続ける人は少ないが、
そこまでいった人は坐禅を一生の友とすることになる。
西田幾太郎さんという哲学者が、「快楽と苦痛」ということで次のようなことを言っている。
「心が完全な状態、即ち統一の状態にあるときが快楽で、
不完全な状態すなわち分裂の状態にあるときが苦痛である」。
だとすれば、心が乱れていればどれほど豊かな生活をしていても苦痛な状態なのである。
ここでいう快楽と苦痛は、幸と不幸と言い換えても良いと思う。
「奥多摩の龍」と恐れられた徳雲院の故加藤耕山老師の偈、
行く先に 我が家ありけり 蝸牛
この句は、よく味わうと、仏法はこれに尽きる 耕山曰く。

野中郁次郎のことば
「知識を磨いて知恵にまで高めるには、審美眼や倫理観がないとダメだ。」
「経営は科学ではない。だからMBAだけでは決して学べない」
「マネジメントはクラフトでありアートであり、そしてサイエンスを総合したもの」
野中さんは、こんなコトも話していました。
「未来を知る方法は未来を自分で創造するしかない。
企業の差は、未来を創る能力の中にある。
未来はどんなに分析しても分からない。
唯一分かるのは、世のため人のために何をやりたいかということ。
そういう理念を掲げ、持続的に動機付けるためには志の高いビジョンに賭けるコト。
この「賭ける」という決断をしたときにはじめて我々は運命に抗するコトが出来る。
「賭ける」という場に立たない限り、誰もコミットしないと思うんです。
そういう未来に賭けながら、ミクロの現実の中に入り込んで未来を探っていく。
そこで得た気付きを美徳の現実、あるいは卓越性に向かって絶えずまわし続けていく。
知識を知恵になるまで磨くとはそういうコトだと思う」
野中氏は「日本には古くから理想の行動プログラムとしての“型”があった。
型は人を枠にはめるが、すぐれた型を体得すれば、動きに無駄がなくなり自由が保証される。
さらに“型”は獲得するだけで終わりではない。
“型”には不断のフィードバックを通じて革新しつづける
“修・破・離”という自己超越プロセスが組み込まれている」と述べている。
すなわち、経営の基本を学ぶことから出発し、やがて自社独自のやり方、“型”を作り、
やがて更に革新を進めていき新しい環境に合わせ、次の型を作っていくことである。
数多くの日本企業が導入に走った成果主義。
しかし、これがうまく機能しているという企業は実に少ないのが現状です。
目標管理制度の下で現場の社員がいくら頑張っても、
思うような評価を得られずにモチベーションが下がるというという状況が蔓延しているためです。
業績向上を狙ったはずが、企業の活性力を落とし、長期的には業績が悪化するということもあり得ます。

それでは、なぜ、これまでの成果主義は機能しなかったのでしょうか。
その理由は現場の社員にビジョンや戦略、戦術の背景が浸透していないためです。
すなわち、経営層や管理職の「思い」が伝わっていない。
単に、目標となる数字を下に降ろしたところで、現場は期待通りには動いてくれないのである。










  


Posted by 超音波システム研究所 at 19:14Comments(0)随想

2017年02月25日

カルノー・サイクルの経緯のように

カルノー・サイクルの経緯のように

技術の進歩が科学の進歩を促進する。
 (科学と技術の工学的な関係)
こういった関係が「超音波の利用」には必要(注)な気がします
注:実用や応用には多くのパラメータの適切なバランス感覚が必要
特に、設計を考慮に入れた観察が行えるようになるための
経験と直感の訓練により、本質的な発見やアイデアが生まれると思います




コメント:
実用と言う制約と、
興味深い現象の中から、適切な開発・設計を行うことは
開発者の人間性によるところが大変大きいと思います
諦めずに、粘り強く努力する根拠には、「困難を乗り越える喜び」と
それを理解してくれる
「第三者(歴史的、あるいは競合者、理解者)」があると考えています



カルノー・熱機関の研究

REFLEXIONS SUR LA PUISSANCE MOTRICE DU FEU ET SUR LES
MACHINES PROPRES A DEVELOPPER CETTE PUISSANCE
著者 サヂ・カルノー 訳者 広重徹


物理学における重要な基本法則、
熱力学の第一法則、第二法則が、ともに、
物理学の専門家でない医師マイヤーと工兵士官カルノーとによって、
それぞれ血液の研究、熱機関の効率の研究から導かれたことは科学史上、
特筆に価することであろう。

本書は、サヂ・カルノーの
画期的な研究が発表された唯一の論文
『熱の動力についての考察』ならびに
『数学、物理学その他についての覚書』の原文に忠実な翻訳と
訳者の懇切な注、弟イポリット・カルノーによる伝記と思い出、
さらに、カルノーの研究が科学・技術の歴史の中に占める位置に焦点をあてた、
熱力学の歴史的背景についての訳者による解説から成っている。

カルノーの仕事が注目されるのは、
まず第一に、その物理学(熱力学)への貢献の大きさと、
複雑な実際問題のなかから
最も本質的な関係を抽出し
理論を構成していく手腕の鮮やかさによる。

さらに、とくに彼が注目を惹くのは、
その熱機関の研究こそ産業時代の科学の始まりであり、
かつみごとな典型だからである。

科学が技術と本格的に結びつき、
その結果として、
今日われわれが見るような内容と形式とを具えた科学が形成されたのは、
ほぼ19世紀中葉のことであり、
カルノーの研究は、その最も早い大きな成果であった。

そしてまた、カルノーその人が
産業時代の科学を担うにふさわしい資質、性向、思想の持主であった。

本書は、これらのことを十分に示してくれるであろう。
今日、19世紀以来の科学技術文明の人間的意味と行末とが深刻に問われている。

この問を実りあらしめるために必要なことの一つは、
産業時代の科学というものをさらに深く、
具体的に検討することであろう。

その意味でも、カルノーの生涯と業績は省みるに値するであろう。






目次

はしがき  広重徹

I 熱の科学と技術―熱力学の歴史的背景 広重徹
II-1 火の動力についての考察  サヂ・カルノー
II-2 数学、物理学その他についての覚書  サヂ・カルノー
III カルノーの生涯  イポリット・カルノー

株式会社 みすず書房








  


Posted by 超音波システム研究所 at 18:03Comments(0)ブログ

2017年02月25日

物理学とは何だろうか

朝永振一郎
『物理学とは何だろうか』上・下
1979 岩波新書


・・・

このときカルノーは蒸気エンジンのかわりに

ピストンのついた空気エンジンを構想するのだが、

そこで「熱だめ」や「ピストンをじわじわと動かす」

という段階が必要になる。



ボルツマンが狙ったことは、

確率論と力学の関係をはっきりさせたいという、

その一点に尽きる、



もしボルツマンが長生きしていたら、

ボルツマンが時代をまとめる科学を構築したかもしれない

・・・・


コメント
 上記の全体的な思考は
  強い「直感と意志」から生まれていると感じます





「直感と意志」 西田幾多郎:著

私は昔、プロチノスが自然が物を創造することは直観することであり、
万物は一者の直観を求めると云つた直観の意義を、
最能く明にし得るものは、我々の自覚であると思ふ。

自覚に於ては、我が我を対象として知るのであり、
知ることは働くことであり、創造することである、
而して此の知るといふことの外に我の存在はない。

.........

併し作用が作用の立場に於て反省せられた時、
時は更に高次的な立場に於て包容せられて意志発展の過程となる。
而して乍用の乍用自身が自覚し、創造的となる時、
意志は意志自身の実在性を失つて一つの直観となる。

而してかゝる直観を無限に統一するものが一者である、
一者は直観の直観でなければならぬ。





ものごとは、心で見ないと良く見えない
いちばん大切なことは、目に見えない   星の王子さま

詩人でないものは数学者になれない   湯川秀樹

数学の本体は調和の精神である   岡潔


コメント
 調和・・・
 設計(工学)の本質も調和のように思います




<<超音波システム研究所>>
ホームページ
http://ultrasonic-labo.com/

音圧測定装置(超音波テスター)
標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)
特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454




















  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:14Comments(0)ブログ

2017年02月25日

キャビテーションの発生とエロージョンについて

キャビテーションの発生とエロージョンについて





自動車エンジンの燃焼技術を参考にすると、
振動子の表面の液の流れが
淀むところでエロージョンが発生することが考えられます

従って、適度な流れを振動子の表面に起こすことで対策は可能です

この流れのコントロール要因に
水自身の動く能力(水の律動的状態)が関係しているように考えています

7層のカスケードはリズム過程群を認知している。

各々の水槽は、流体の流れとなる律動だけではなく、
三次元のリズムをも導く。

水のレベルは水槽の中で上昇下降を繰り返している。
水はそれぞれで律動的拍動状態にある。

7層のカスケードと水の律動




















  


Posted by 超音波システム研究所 at 05:12Comments(0)超音波技術

2017年02月24日

充電式超音波洗浄器を利用した霧化実験動画 No.5

超音波システム研究所は、
 充電式超音波洗浄器(50kHz)を利用した
 超音波霧化技術に関する実験動画を公開しました。




超音波伝搬状態の変化を
 超音波テスターで測定・解析しています。

音圧測定装置:超音波テスターの特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付

超音波プローブによる測定・解析システムです。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響特性として検出します。


<実験動画>

https://youtu.be/-cl7GPCjS_k

https://youtu.be/nMFUowfGqeI

https://youtu.be/Omc0V9lrL3A

https://youtu.be/KUYubnXyrZ8

https://youtu.be/NMGghIkMYr8

https://youtu.be/gLeP4-Fhq6Y

https://youtu.be/uBRRyAKrzh0

https://youtu.be/uxHc5ks6Viw

https://youtu.be/5oj38vPBEYg

https://youtu.be/DvT-5S6RkLo

https://youtu.be/QKiKpPe1quM



https://youtu.be/oZEsNVkZC20

https://youtu.be/oVSxxbiEehk

https://youtu.be/WLfJNmBjQn8

https://youtu.be/AX4sQTEgEsc

**

超音波霧化

https://youtu.be/uj5IX-AjCMk

https://youtu.be/Q6R5AmlsEbo

https://youtu.be/pdqNnRLpjRw

https://youtu.be/KaWTsbgTWMY

https://youtu.be/Ki9vYUKWiCY



充電式超音波洗浄器:ホーン部の表面改質処理

https://youtu.be/RM8PVqyyNtI

https://youtu.be/RP1tohygAVw

https://youtu.be/04lZbpphtsg



超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 no.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

オリジナル技術(音圧測定解析)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

音と超音波の組み合わせ技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=12463

超音波プローブによる非線形伝搬制御
http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1410

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

空中超音波の伝搬状態を評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1552

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

流水式超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=9762

物の表面を伝搬する超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1566

  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:25Comments(0)超音波技術

2017年02月22日

オリジナル超音波実験:実験の公開 No.20

オリジナル超音波実験:実験の公開 No.20

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
音圧測定装置:超音波テスターを利用した実験を公開しています。







音圧測定装置:超音波テスターの特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付

超音波プローブによる測定・解析システムです。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響特性として検出します。


目的に合わせた特殊超音波プローブを開発・製造対応します








公開実験

https://youtu.be/UhQTshX7bPU

https://youtu.be/l3VsOyjB4vI

https://youtu.be/6NEm0FkhACg

https://youtu.be/Z_SCM9J5ODo

https://youtu.be/BcaO_22y5T8

https://youtu.be/rFgUZFfJt5g

https://youtu.be/_eueUffxLqw

https://youtu.be/4WYJE7aQn9w

https://youtu.be/bM7cBY5PedA

https://youtu.be/OGdDVYFudZU

https://youtu.be/0rQ1Rx_E4DE

https://youtu.be/M7uQKcOHc-E

https://youtu.be/ipssfiqq6vQ

https://youtu.be/50pyFN8o_LQ

https://youtu.be/-MoBsdbeLfk

https://youtu.be/3pX7Sd816tQ

https://youtu.be/flZl5K7dO3o

https://youtu.be/9u372jEqV3A

https://youtu.be/yq2A7xtbm60

https://youtu.be/ox9hwPzmxh0

https://youtu.be/0HX8xDhJW28

https://youtu.be/31rnBmkbHM8

https://youtu.be/57Bys0xEh_I

https://youtu.be/DGKuJWxiiEg

https://youtu.be/rb8mCoL25MM

https://youtu.be/ZEW8TulXovY

https://youtu.be/5mqHmWzqNtk

https://youtu.be/uJRFtCtLk2k

https://youtu.be/WtK8B9_Dik4

https://youtu.be/g3pPBZtJ_VQ

https://youtu.be/JWv7Jrb0v80

https://youtu.be/l0_HY5CSl2A

https://youtu.be/9PN8UwYtTkk

https://youtu.be/HCvKVap6PaA

https://youtu.be/qejG1FOyJ8Y












オリジナル技術(音圧測定解析)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662


<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905



<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267








<<< キャビテーション・音響流 >>>

超音波キャビテーションの観察・制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波機器の超音波伝搬状態を測定・評価する技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1478

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

  


Posted by 超音波システム研究所 at 11:30Comments(0)超音波技術

2017年02月18日

<脱気・マイクロバブル発生液循環システム>

報道関係各位
                          2017年02月18日
                       超音波システム研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<脱気・マイクロバブル発生液循環システム>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
 目的に合わせた効果的な超音波のダイナミック制御を実現する、
 <脱気・マイクロバブル発生液循環システム>に関して
 メガヘルツの超音波発振制御とのくみあわせにより
 超音波をコントロールする技術を開発しました。







超音波液循環技術の説明

1)超音波専用水槽(オリジナル製造方法)を使用しています。
  (材質は、樹脂・ステンレス・ガラス・・対応可能です)
2)水槽の設置は
  1:専用部材を使用
  2:固有振動と超音波周波数・出力の最適化を行っています。
  (水槽の音響特性に合わせた対応を実施します)
3)超音波振動子は専用部材を利用して設置しています
  (専用部材により、定在波、キャビテーション、音響流の
   利用状態を制限できます)
4)脱気・マイクロバブル発生装置を使用します。
   (標準的な、溶存酸素濃度は5-6mg/l)
5)水槽と超音波振動子は表面改質を行っています。

上記の設定とマイクロバブルの拡散性により
均一な洗浄液の状態が実現します。

均一な液中を超音波が伝搬することで
安定した超音波の状態が発生します。

この状態から
目的の超音波の効果(伝搬状態)を実現するために
液循環制御を行います
(水槽内全体に均一な音圧分布を実現して、
 超音波、脱気装置、液循環ポンプ、・・の運転制御がノウハウです)

目的の超音波状態確認は音圧測定解析(超音波テスター)で行います。


ポイントは
適切な超音波(周波数・出力)と液循環のバランスです
液循環の適切な流量・流速と超音波キャビテーションの設定により
超音波による音響流・加速度効果の状態をコントロールします。

マイクロバブルの効果で
均一に広がる超音波の伝搬状態を利用します。

液循環により、以下の自動対応が実現しています。

溶存気体は、水槽内に分布を発生させ
レンズ効果・・・の組み合わせにより、超音波が減衰します。

適切な液循環による効率の良い超音波照射時は、
大量の空気・・が水槽内に取り入れられても
大きな気泡となって、水槽の液面から出ていきます。

しかし、超音波照射を行っていない状態で
オーバーフロー・・により
液面から空気を取り込み続けると、超音波は大きく減衰します。

この空気を取り入れる操作は必要です
多数の研究報告・・がありますが
液循環の無い水槽で、長時間超音波照射を行い続け
溶存気体の濃度が低下すると
音圧も低下して、キャビテーションの効果も小さくなります。
(説明としては、キャビテーション核の必要性が空気を入れる理由です
 液面が脱脂油や洗剤の泡・・・で覆われた場合も空気が遮断され
 同様な現象になります)

さらに、
超音波照射により、脱気は行われ
溶存気体の濃度は低下して、分布が発生します
単純な液循環では、この濃度分布は解消できません。

この濃度分布の解決がマイクロバブルの効果です。

脱気・マイクロバブル発生液循環が有効な理由です。

注:
オリジナル装置(超音波測定解析システム:超音波テスター)による
音圧測定解析を行い
効果の確認を行っています。


上記の液循環状態に対して
超音波プローブによるメガヘルツの超音波発振制御を行うことで
超音波の非線形現象が幅広い周波数帯で発生するとともに
ダイナミックな超音波の変化を実現します。

気体の流量・流速分布・・・を適切に設定することで
目的に合わせた、非線形現象を発生させることができます。









<<参考動画>>

https://youtu.be/TeQedM_zDcA

https://youtu.be/ULw6O5J-Wcs

https://youtu.be/IBcKSPO1Hls

https://youtu.be/OncdcIpkSCE

https://youtu.be/qVlSAwFF1Ps

https://youtu.be/wp9xHfERBz8

https://youtu.be/HYwFqwDeXb0

https://youtu.be/aq-hnuwA-Cw

https://youtu.be/TI_7Hxljvrk

https://youtu.be/J9Xr27RJ8Kc

https://youtu.be/DDbrqW_fWgg

https://youtu.be/TQ1YanlAZuo

https://youtu.be/UnXnoHFKfj4

https://youtu.be/-VBJ-7ohGAM

https://youtu.be/Neam2Ajr5MI

https://youtu.be/j-3Vg9ksRWg

https://youtu.be/-wN0n8xVWlE

https://youtu.be/cZGI4QbiKQk

https://youtu.be/K6Krg_H1uy8

https://youtu.be/liTi2d6HVBI

https://youtu.be/3hYx4ElWl1c


<<参考写真>>

https://youtu.be/ijKBabU75j4

https://youtu.be/bBVqWBT1HJ0

https://youtu.be/D5hSP-W5xVA

https://youtu.be/qPGHVpSamcw

https://youtu.be/PlS1yhH2nNc

https://youtu.be/lQ3a2DeXWuo

https://youtu.be/c-nwWWjE1rI

https://youtu.be/snYMC83Z97I

https://youtu.be/sBns8w3iylA

https://youtu.be/yMMVrz7GT78

https://youtu.be/TOidiV5QIO4

https://youtu.be/vc3hwGH40hk

https://youtu.be/vb55Is66JeI

https://youtu.be/G-17fItuVho

https://youtu.be/VJAExtZujus

https://youtu.be/29JcjQ-A4d8



上記の技術に関して、
目的の超音波利用に合わせた
水槽の構造設計や液循環位置(ポンプへの吸い込み口、吐出口)は
非常に重要ですが
目的・サイズ・洗浄液・・によりトレードオフの関係が発生する場合があり、
一般的な設定はありません
(具体的な数値は、コンサルティング対応しています)

適切な設定が実現すると
マイクロバブルは超音波作用によりナノバブルに分散します
ナノバブルによる超音波の安定性は、マイクロバブルに比べて大きく
非線形現象の制御がより簡単になります
(具体的な制御は、音圧測定・・・コンサルティング対応しています
 洗剤の使用や撹拌・・では、
 通常の洗浄とは反対の設定を行う成功事例が多い傾向にあります)



超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1410

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します



【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
住所:〒192-0046 
   東京都八王子市明神町2丁目25-3
   SOHOプラザ京王八王子 303
担当  斉木 
電話 090-3815-3811
メールアドレス  info@ultrasonic-labo.com
(できるだけ,メールアドレスに,お問い合わせ下さい。)
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

  


Posted by 超音波システム研究所 at 13:45Comments(0)超音波技術

2017年02月13日

<< 超音波資料を公開 >> No.4

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市、代表:斉木)は、
ホームページから
各種資料がダウンロードできるように公開しました。





<<超音波洗浄>>

1)超音波洗浄技術
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8b583cdbde0e4e4e85e11d2ba5e56a0d.pdf

2)注意事項
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/278c3eb92b11c1b8d94535811f61b6da.pdf

超音波洗浄は
 電気・電子部品、光学部品や自動車などの
 機械部品に幅広く利用されています。

超音波は目に見えませんが、
 その現象は非常に複雑であり、
 使用方法を間違うと、減衰してしまったり、
 洗浄ムラが発生してしまったりと、期待していた効果が得られません。

そこで、本資料では
 超音波洗浄を効果的に使用するための
 具体的な技術・方法に関する概要について
 事例に基づいた説明で紹介します。

これまでの常識や一般論とは異なる部分もあるかもしれませんが、
 全て実績に基づくものです。

超音波洗浄技術の向上に是非お役立てください。



<< 超音波技術 >>

1)超音波攪拌装置(推奨)20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8b22150e4b345ecbe10dfd612300047a.pdf


2)超音波実験資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/35ca760e77b6e52390ab619e1c0eb33f.pdf


3)超音波テスター資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8fd5379cd652a53540b02469b31ee072.pdf


4)洗浄システム(推奨)20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/e063304164a6dc373b62b1b5dafa339c.pdf


5)音圧解析に関する資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/d2a25103ad3cc9e7412ba335bcf94507.pdf


6)オリジナル技術20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/a6c0b4afdabb85b38f9c4268ba61f30c.pdf


詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。


参考

https://youtu.be/3BkLcbv5tGM

https://youtu.be/bgD5UK53gOE

https://youtu.be/gRluaCx1ifs

https://youtu.be/mwdCUVNyv9E

https://youtu.be/s6bAlJGyN90

https://youtu.be/6UqdS_-s63I

https://youtu.be/4mxnrJq5gnM

https://youtu.be/monb_H6pBek

https://youtu.be/wl7cWPy5a6g

https://youtu.be/cMwXC8Ac6TQ

https://youtu.be/dCQC7sj-WY4

https://youtu.be/8d3HWESGHP8

https://youtu.be/3pmhJixQhi0

https://youtu.be/LBCKMltWfkc

https://youtu.be/LsE8jI-MspI

https://youtu.be/kwkc2N3QDCA

https://youtu.be/_k8605Kb89s

https://youtu.be/6t9sGXlu8h0

https://youtu.be/UZE147Nsgvg

https://youtu.be/AxTMCqr9ldU


超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

オリジナル技術資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=2098

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

洗浄セミナー
http://ultrasonic-labo.com/?p=1865

流水式超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2231

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

超音波の非線形現象
http://ultrasonic-labo.com/?p=2533

超音波制御装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

  
タグ :超音波


Posted by 超音波システム研究所 at 20:31Comments(0)超音波技術

2017年02月11日

非線形振動(叩く)を利用した超音波制御技術

非線形振動(叩く)を利用した超音波制御技術

超音波システム研究所は、
*超音波伝搬状態の測定技術(オリジナル製品:超音波テスター)
*超音波伝搬状態の解析技術(時系列データの非線形解析システム)
*超音波伝搬状態の最適化技術(相互作用の最適化処理)
*表面弾性波の応用技術
・・・・
上記の技術を応用して

<非線形振動(叩く)と超音波の組み合わせ>を利用した
対象物に伝搬する
超音波(非線形共振現象)の制御技術を開発・応用しています。

注:オリジナル非線形共振現象
オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
超音波振動の共振現象







今回開発した技術の応用事例として、
各種部品・材料の状態(空中、水中、弾性体との接触・・)
に合わせた、超音波の効果的な利用
(洗浄・改質・攪拌・化学反応促進・加工・検査・・)を実現させ、
実績を増やしています。


■参考(実験動画)

https://youtu.be/iCnl7ULVMc4

https://youtu.be/Sv5Jr5cywtA

https://youtu.be/yX0ytvw0EbQ

https://youtu.be/-0u4kRXUg88

https://youtu.be/q8UBMc1x8Yg

https://youtu.be/5idB5uEsies



https://youtu.be/TeZTzAtQuWo

https://youtu.be/mkQRd4uK0hg

https://youtu.be/gYhzOxh2f2M

https://youtu.be/gRFnsYL-jS8

https://youtu.be/dSRgtHh8AFU

https://youtu.be/8vzVjjw8NEY

https://youtu.be/H0ovY5DtjBU

https://youtu.be/JqqgJRP3jgg



https://youtu.be/HCKt1AV6DjA

https://youtu.be/DKZ0n-cY-4s

https://youtu.be/M1fjgWyjT3c

https://youtu.be/b7c1Wgely0Y

https://youtu.be/Undj0kP3cXw

https://youtu.be/x_A4WE7yVgE

https://youtu.be/XCcZQO-ic3c

https://youtu.be/bqZgr1pwaE8



https://youtu.be/60li9oWfRpE

https://youtu.be/9e-gQ7JNOMs

https://youtu.be/a-KZ7VSxWZ4

https://youtu.be/UcQIsyEO3sI

https://youtu.be/-G1ayBockrQ

https://youtu.be/FGt7Q0-MOEw

https://youtu.be/BWDAGwoQl10


https://youtu.be/Vziyupy6sd8

https://youtu.be/QHWFblPFveI

https://youtu.be/ZjKMa8zaTFs

https://youtu.be/X_-NZJynt-c

https://youtu.be/CuKydIlKNiM

https://youtu.be/M5N3TcwnaYA

https://youtu.be/avpGOh-kc8A

https://youtu.be/BbhFTTItlTs


これは、新しい方法および技術です、
非線形振動(叩く)に含まれる低周波の振動エネルギーにより
高い周波数の超音波を
減衰を押さえて利用することを可能にしたため
低出力(10W)以下の超音波の利用で
様々な効果を確認しています。

各種の実施結果(注)から
様々な組み合わせによる幅広い対応を提案・実施しています。

注:
1)ナノレベルの乳化・分散
2)溶剤を利用した超音波洗浄
3)超音波霧化サイズの制御
4)化学反応制御実験
5)ナノレベルの触媒の攪拌・乳化・分散
6)均一な粒子製造への応用
7)金属の表面処理
8)メガヘルツの超音波伝搬
9)・・・

なお、今回の技術(詳細なノウハウ・・)を
コンサルティング事業として、提供(対応)しています。

非線形振動(叩く)(低周波振動:100Hz-1kHz)と
超音波(高周波:10kHz-5MHz)制御を組み合わせることで
目的に合わせた非線形現象をコントロールできます。



「超音波の非線形特性」を利用した、検査技術を開発 NO.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1841

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

超音波洗浄に関する非線形制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1497

表面検査対応超音波プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1557

  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:14Comments(0)超音波技術

2017年02月08日

YouTubeに投稿した超音波実験の数が、58000に達しました

報道関係各位
                          2017年02月08日
                       超音波システム研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

YouTubeに投稿した超音波実験の数が、58000に達しました

(超音波システム研究に関する動画・スライドを投稿しています)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波システム研究所は、
YouTubeに投稿した、
 超音波に関する動画・スライドの数が、58000に達しました。










超音波システム研究に関する、各種技術の紹介

 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・
 ・・・・・・・
 各種の動画・スライドショーを
 YouTubeに投稿しています。


参考(投稿)

https://youtu.be/p2PtjldjidU

https://youtu.be/5Sd-9ZhJw4I

https://youtu.be/A0-KVZfaApU

https://youtu.be/ahZ9tiIHf4U

https://youtu.be/lvMEscamndA

https://youtu.be/CAZMUf2CVak

https://youtu.be/UJnocUq0v7c

https://youtu.be/l8FD7skRT3A

https://youtu.be/nrzzPvDKkew

https://youtu.be/W_k0DRGbU4s

https://youtu.be/wRxV1cFQ6jc

https://youtu.be/wBrEzpa6gmU

https://youtu.be/Ke3_wUgm3To

https://youtu.be/y-6B22nREvc

https://youtu.be/m9cMjlTsth0

https://youtu.be/s27H3fv6PqA

https://youtu.be/2pkYyl4IltI

https://youtu.be/wOtERXi3lTA

https://youtu.be/Wj2q5eBNoi8

https://youtu.be/1_yjmhRys0E

https://youtu.be/fWKih0QrtEs

https://youtu.be/1bkf909NnR0

https://youtu.be/al2Siu35NOU

***

https://youtu.be/u_GsSl3gRD8

https://youtu.be/joLdRZSNmj8

https://youtu.be/RTQdyviEFf0

https://youtu.be/_SGejblO0kw

https://youtu.be/0dOx_YXvhHE

https://youtu.be/0HV743XtCr0




参考技術

YouTube::投稿動画(57000)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1584

YouTube::投稿動画(56000)
http://ultrasonic-labo.com/?p=3722

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

超音波<キャビテーション・音響流>制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波の非線形現象
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

超音波測定解析の推奨システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

  


Posted by 超音波システム研究所 at 06:48Comments(0)超音波技術

2017年02月04日

オリジナル超音波プローブの「発振・制御」技術

オリジナル超音波プローブの「発振・制御」技術




超音波システム研究所は、
 オリジナル製品:超音波プローブの「発振・制御」技術を利用した
 部品検査、精密洗浄、ナノ分散、化学反応実験・・・・に関して、
 新しい「超音波<発振・制御>システム」を開発しました。

 目的に合わせたオリジナル超音波プローブによる応用技術です。
 超音波の音圧データを測定・解析・評価することで
 効果的な超音波の発振・制御が実現できるシステムです。

 特に、複数の発振・制御を組み合わせにることで
 高い音圧レベルや、非線形現象による高い周波数について
 コントロールできます。

 部品の接続状態や表面についての検査や
 非常に小さい部品の精密洗浄・・・に関して、
 超音波振動の新しい利用方法として提案しています。


超音波プローブは
 利用目的を確認した「オーダーメード対応」しています。









参考


https://youtu.be/CAZMUf2CVak

https://youtu.be/ODFn1Z-LP-8

https://youtu.be/UJnocUq0v7c

https://youtu.be/LD4c6YWutBU

https://youtu.be/l8FD7skRT3A

https://youtu.be/kMKuy6FTnwc

https://youtu.be/nrzzPvDKkew

https://youtu.be/fcrYd6UOTt8


***


https://youtu.be/g9LOmVBptzY

https://youtu.be/5Sd-9ZhJw4I

https://youtu.be/y5WvMVVJYZ4

https://youtu.be/vQPlxRX0LUc

https://youtu.be/A0-KVZfaApU

https://youtu.be/i1X9-lbQh6o

https://youtu.be/D0OGiI75Fak

https://youtu.be/ahZ9tiIHf4U

https://youtu.be/hC2TGc1JHO4

https://youtu.be/h3917lHyN6o

https://youtu.be/4ictWUX0aA8

https://youtu.be/xx0RL7WQji8

https://youtu.be/QVzSRNMtX1Y

***

https://youtu.be/W_k0DRGbU4s

https://youtu.be/tXck7FtM7SQ

https://youtu.be/1VAOwXncUNY

https://youtu.be/wRxV1cFQ6jc

https://youtu.be/v4TRLa707Qo

https://youtu.be/ldNRWhEtpqU

https://youtu.be/wBrEzpa6gmU

https://youtu.be/Hi3RaOhm_ok

***

https://youtu.be/s27H3fv6PqA

https://youtu.be/wOtERXi3lTA

https://youtu.be/gF6kTQzftNM

https://youtu.be/2kY5QtZZmh8

https://youtu.be/IFBkGuJkFME

https://youtu.be/bQCwtvSNXmA

https://youtu.be/DsPdKV0IAng

https://youtu.be/J5Q8TkZQwOA

https://youtu.be/-S9LEpaKIsI

https://youtu.be/fWKih0QrtEs

https://youtu.be/BJPfROj6pYY

https://youtu.be/ZEvSPWlg8gI

https://youtu.be/1bkf909NnR0

https://youtu.be/-sqDhqmvWyo

https://youtu.be/E_JG0sC9KlQ


<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530


<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

「オリジナル振動計測技術」を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1421

超音波を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1117

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

  


Posted by 超音波システム研究所 at 15:21Comments(0)超音波技術