2017年03月12日

<統計的な考え方>を利用した「超音波技術」

超音波システム研究所は、
 超音波利用に関して、
 <統計的な考え方>を利用した
 効果的な「測定・解析・評価方法」に関する技術を開発しています。

<統計的な考え方について>
 統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
 具体的なものとの接触を通じて
 抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
 これが統計数理の特質である

超音波の研究について
「キャビテーションの効果を安定させるには統計的な見方が不可欠」

<モデルについて>
モデルは対象に関する理解、予測、制御等を
効果的に進めることを目的として構築されます。

正確なモデルの構築は難しく、
常に対象の複雑さを適当に"丸めた"形の表現で検討を進めます。
その意味で、
モデルの構成あるいは構築の過程は統計的思考が必要です。

<モデルと現状のシステムとの関係性について>
( 考察する場合の注意事項 )

1)先入観や経験は正しくないことがあると考える必要があります

2)モデルの本質を考えるためには、
 圏論(注)を利用することが有効だと考えています
 (実際に応用化学や量子論などで積極的に利用されています)

注:圏論は、数学的構造とその間の関係を抽象的に扱う数学理論





<論理モデルの作成について>
(情報量基準を利用して)

1)各種の基礎技術(注)に基づいて、対象に関する、

D1=客観的知識(学術的論理に裏付けられた理論)
D2=経験的知識(これまでの結果)
D3=観測データ(現実の状態)

からなる 「情報データ群 」、DS=(D1,D2,D3) を明確に認識し
その組織的利用から複数のモデル案を作成する

2)統計的思考法を、
 情報データ群(DS)の構成と、
 それに基づくモデルの提案と検証の繰り返し
 によって情報獲得を実現する思考法と捉える

3) AIC の利用により、
 様々なモデルの比較を行い、最適なモデルを決定する

4) 作成したモデルに基づいて
 超音波装置・システムを構築する

5) 時間と効率を考え、
 以下のように対応することを提案しています

5-1)「論理モデル作成事項」を考慮して
 「直感によるモデル」を作成し複数の人が検討する

5-2)実状のデータや新たな情報によりモデルを修正・検討する

5-3)検討メンバーが合意できるモデルにより
 装置やシステムの具体的打ち合わせに入る

上記の参考資料
ダイナミックシステムの統計的解析と制御
 :赤池弘次/共著 中川東一郎/共著:サイエンス社
生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門
 :和田孝雄/著:講談社 







参考

<統計的な考え方>を利用した「超音波技術」

http://youtu.be/yg4Dz7FoMng

http://youtu.be/qXohr26cVJc

http://youtu.be/ESK1cJ97Zs4

http://youtu.be/GOejlBgvrcU

http://youtu.be/XFA5ydSajyQ

http://youtu.be/fv_ijYvqoaU

http://youtu.be/nXMsI5sNst4

http://youtu.be/GxgtbzyiXPU

http://youtu.be/YWrpdBIplFs

http://youtu.be/UG3Tf0V_wtY

http://youtu.be/-mVGJmlwGHg

http://youtu.be/UG3Tf0V_wtY

http://youtu.be/sHnoqiY6Y64

http://youtu.be/iQIbd9k0sDg


超音波プローブ実験(表面検査技術)

http://youtu.be/Te_ACjMjyMI

http://youtu.be/Uubge-RgRQk

http://youtu.be/XCUP__rcsnE

http://youtu.be/ocYiPRyRhlw


<超音波のダイナミックシステム>

http://youtu.be/RF7wuI6juGY

http://youtu.be/tfN92tDDigc


通信の数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む<統計的な考え方>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

シャノンのジャグリング定理を応用
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1753


  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:17Comments(0)超音波技術

2017年03月12日

超音波技術


Posted by 超音波システム研究所 at 10:17Comments(0)超音波技術

2017年03月12日

カイジョー 投込振動子型超音波洗浄機 2​0​0​G

カイジョー製 投込振動子型超音波洗浄機 2​0​0​G

http://youtu.be/6t9sGXlu8h0

http://youtu.be/Cwaq-HgT0gU

http://youtu.be/k27OKem_rP8





●​コ​ー​ド​長​さ​:​2​m
●​電​流​:​2​A
●​発​振​周​波​数​(​k​H​z​)​:​3​8
●​高​周​波​出​力​(​W​)​:​1​5​0
●​電​源​(​V​)​:​単​相​1​0​0
●​質​量​(​k​g​)​:​4​.​5

セット内容
●​発​振​器
●​投​込​振​動​子

メーカー希望 
小売価格(1台)
 ​2​1​0​,​0​0​0円(​2​0​0​,​0​0​0円​)

インターネット販売
http://www.orange-book.com/

超音波システム研究所で購入し、動作確認を行っています

大変素晴らしい特性を確認しています

これまでにない新しいタイプの超音波装置です
測定解析を行うことで
 非線形性に関する特徴が明確になります
 目的に合わせた
 「音響流」の制御を非常に簡単に実現できます
 詳細は、コンサルティング対応します







超音波システム研究所
ホームページ
 http://ultrasonic-labo.com/

超音波の伝播現象における「音響流」を利用する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1410

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1962
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1953
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波機器の<計測・解析・評価>(出張)サービス
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波計測装置(超音波テスター)を利用した測定事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1685

超音波テスターによる部品検査技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1532

表面検査対応超音波プローブを開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1557

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波技術1
  http://ultrasonic-labo.com/technology

インフォメーション
  http://ultrasonic-labo.com/blog

超音波システム研究所は、
 部品検査、精密洗浄・・・に関して、
 新しい「音圧・振動」測定・解析対応の
 超音波プローブを開発しました。
 製造・発売対応します。

新しい超音波プローブです。
 測定・発振・制御に合わせた、
 超音波(の伝搬状態)が利用できます。

特に、発振・受信の組み合わせによる
 応答特性を利用した
 部品検査や小さい部品の精密洗浄に関して、
 超音波振動の新しい利用が可能になるプローブです。

概略仕様
 測定範囲 0.01Hz~20MHz
 標準コード長さ 50cm

解析技術
1)多変量自己解析モデルによるフィードバック解析により
 超音波の安定性・変化について検討します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 水槽・振動子・治工具・・に関する検討を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、水槽、液循環・・
 の最適化に関する検討を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物に合わせた、洗浄・攪拌・分散・改質・・・
 の検討を行います

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を
 時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。

具体的な超音波伝播周波数の状態により、
 解析の有効性を考慮する必要があるため
 すべてに適応する設定はありません。
 (事前のシミュレーション検討を行っています)









<<超音波システム研究所>>
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:58Comments(0)超音波技術

2017年03月12日

超音波のダイナミック洗浄技術を開発

超音波システム研究所は、
 対象物の音響特性(オリジナルパラメータ)を評価することで
 目的(洗浄、攪拌、改質・・・)のレベルに合わせた
 キャビテーションと音響流をコントロールする
 代数モデルと
 超音波(ダイナミック制御)技術を開発しました。


今回開発した技術は、
 超音波テスター(オリジナル装置)による伝搬状態の変化を、
 時系列データの各種解析技術を利用して
 音響特性として検出します。
 超音波の非線形現象を特に重視した
 評価基準(抽象代数モデル:スペクトルシーケンス)により
 各種の相互作用を判断します。

音響特性・相互作用・目的(洗浄、攪拌、改質・・・)のレベルを考慮した
 最適化(代数モデルの利用)により
 目的とする超音波の伝搬状態を推定します。
 
推定した超音波の状態を実現するために
 専用水槽、液循環、超音波装置の発振周波数、出力・・を
 超音波(ダイナミック制御)技術として設定します。

説明は、大まかな概要です

具体的な条件(水槽、振動子、サイズ・・・)に合わせて
 超音波の伝搬状態を計測解析する必要があるため
 体系的な一般論にすることは難しいと考えています。

特に、洗浄対象物の構造・材質・数量・・・により
 音響特性は大きく変わります。

音響特性の違いにより
 定在波や音響流に関する
 洗浄効果(超音波の影響)・・の変化を多数確認しています。







参考

表面弾性波の基礎実験

http://youtu.be/D6F4Ip7rjAI

http://youtu.be/1AiCg0u9sPg

http://youtu.be/YwS9yAUYFmI

http://youtu.be/jUmlLWwTRLM


超音波の非線形現象・相互作用

http://youtu.be/ZEFAXjNUFoA

http://youtu.be/oUOuePdJQcI

http://youtu.be/kQLk3hmCJP0

http://youtu.be/dZZP4Bodx-U

http://youtu.be/Yz1gy9rpJfU

http://youtu.be/Rscf31o2qvs








超音波制御システム

http://youtu.be/psZHLqpf4HQ

http://youtu.be/YDmk2Le5arY

http://youtu.be/zqqKbm839KQ

http://youtu.be/99fJaal-7WU

http://youtu.be/a17uBhhqaBY


音響特性の計測

http://youtu.be/hL_S7DkjxOk

http://youtu.be/1HHwsXInVwc

http://youtu.be/d5oJ4Y3tSbI

http://youtu.be/-VQD_J93lvs


超音波プローブを利用して伝搬状態を観察

http://youtu.be/hcKKga-bnHI

http://youtu.be/d27PLmm5vMU


超音波データの統計処理

(時系列データ・自己回帰モデル)

http://youtu.be/MNLYx84JwMU

http://youtu.be/kdVwXq-hxEI










超音波のダイナミック洗浄技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=4008

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波機器の<計測・解析・評価>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2433

「流水式超音波システム」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波を利用した「分散」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1066
  


Posted by 超音波システム研究所 at 08:37Comments(0)超音波技術