2017年05月15日

オリジナル非線形共振現象

オリジナル非線形共振現象




<<オリジナル非線形共振現象>>

https://youtu.be/dDC68mH8YI4

https://youtu.be/f9Y-_g_rvl4

https://youtu.be/E9R0vjgH3vQ

https://youtu.be/3g52IWuC5ZM




https://youtu.be/p9rn3Oq2yag

https://youtu.be/sa0lTSaO0pY




https://youtu.be/IxNjB_dtzKM

https://youtu.be/SVYN9EPEYsM

https://youtu.be/KhPNPNJoKIQ

https://youtu.be/ziSv_T4-jcU




https://youtu.be/ssFhp1nbzgQ

https://youtu.be/ahktvXGUWcs

https://youtu.be/RXvfi5QCQPs




注:オリジナル非線形共振現象
 オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象










  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:14Comments(0)超音波技術

2017年05月15日

<効果的な超音波洗浄技術について>

効果的な超音波洗浄技術について

洗浄液について

1) 汚れに対する洗浄液の効果について論理モデルを持つこと

2) 汚れによる洗浄液の変化(トムス効果 等)について洗浄効果の論理モデルを持つこと

3) 環境変化による洗浄液の変化について洗浄効果の論理モデルを持つこと




4) 洗浄液の交換サイクルについて洗浄効果の論理モデルを持つこと

5) 洗浄液の管理状態(バラツキ)について論理モデルを持つこと

6) 洗浄液の液循環(バラツキ)について論理モデルを持つこと

7) 洗浄液に対する超音波の発振状態について論理モデルを持つこと




8) 洗剤の界面活性剤による泡や空気(溶存酸素)の性質が変化することについて

論理モデルを持つこと (超音波の周波数・界面活性剤の濃度・溶存酸素濃度の関係に

ついてはインターネット上に多数の報告があります)

9) 洗浄液に対する洗浄物の影響(量的側面と質的側面)について論理モデルを持つこと

10) 洗剤の濃度等(液温、溶存酸素)による洗浄効果について論理モデルを持つこと

11) 洗剤による洗浄時の泡の発生状況と泡と汚れの影響について論理モデルを持つこと

12) 上記の各項目について時系列データの変化に対する最適化を検討すること




<効果的な超音波洗浄技術について>




洗浄物について

13) 洗浄物に対する材料特性と超音波の影響について論理モデルを持つこと

14) 洗浄物の製造方法・表面処理・超音波の関係性について論理モデルを持つこと

15) 洗浄物の環境変化(各種バラツキを含む)による影響についての論理モデルを持つこと

16) 洗浄物の連続洗浄作業について洗浄効果の論理モデルを持つこと




17) 洗浄物と洗浄治具の関係について洗浄効果の論理モデルを持つこと

18) 洗浄物・洗浄治具・超音波(音響流、レンズ効果 等)の関係についての論理モデルを持つこと

19) 洗浄物の種類・大きさ・洗浄数の変化について洗浄効果の論理モデルを持つこと

20) 洗浄物の超音波(音響流 等)による環境変化(液温の上昇 等)の影響について

洗浄効果の論理モデルを持つこと

21) 上記の各項目について時系列(データ)の変化に対する最適化を検討すること






洗浄水槽について

1) 洗浄水槽の液循環について論理モデル(よどみ対応、反応、拡散流 等)を持つこと

2) 洗浄水槽の洗浄液の各種分布状態(液温、溶存酸素濃度 等)について論理モデルを持つこと

3) 洗浄水槽の超音波の各種分布状態(流速、音圧 等)について論理モデルを持つこと

4) 洗浄水槽の材質(表面処理 等)と洗浄液の反応について論理モデルを持つこと

5) 洗浄水槽の均一性(反応率、プラグ流)について洗浄論理モデルを持つこと





6) 洗浄水槽・洗浄液・洗浄物について最適化を行うこと

7) 洗浄水槽・リンス水槽の関係(ラインバランス 等)について最適化を行うこと

8) 洗浄水槽の作業性(メンテナンス 等)について作業モデルを持つこと




9) 洗浄水槽の改良(間接水槽の利用 洗浄液の変更 等)について論理検討を行うこと

10) 洗浄水槽に対する超音波の影響(量的側面と質的側面)について論理モデルを持つこと

11) 上記の各項目について時系列の変化に対する最適化を検討すること




 説明  

溶存酸素:溶存酸素(Dissolved oxygen,以下DOと略す)とは,水中に溶存している分子状の酸素のこと

音響流:通常,流体中を強い音波が伝搬すると媒質流体の移動現象がみられます。

また,静止流体中で物体が振動するときも,物体の周りに一定方向の流れが生じます。

いずれも音響流といいます。

レンズ効果:あるはずもないものが画像に映ってしまうものや、

本来の形が歪んで見えたりする場合を超音波診断ではアーチファクトと呼びます。

アーチファクトの中にレンズ効果による虚像があります。凹レンズ効果では音波は拡散する。




最適化:特定の制約を与えられた中で結果の最大値(/最小値)をもたらす組み合わせを見つけ出すこと。

数理最適化の手続きは一般に以下の3つのステップから成る.
1. 問題のポイントを整理して数学モデルを作成する.
2. モデルの特性を考慮した適切な方法(アルゴリズム)を用いて解を求める.
3. 得られた解をもとに現実の問題の解決策を実施する.

時系列データ:通常同じ間隔の時間ごとに記録された数値のこと.




自己回帰:時系列データが持つこの時間的相関は、「自己相関」と呼ばれる。

自己相関を持つ系列が逐次的に決定される構造を、「自己回帰(auto-regression)」と言う

プラグ流:プラグ流とは、すべての分子が同じ時間で排出される仮想的な流れ。

あるいは押し出し流れ、ピストン流などと呼ぶ。




トムス効果:「トムス効果」とは、水に極微量(ppb程度)の高分子を、

たとえばポリエチレンを溶かすと、その水中を動く物体の抵抗が劇的に減る、という効果である。

拡散係数:k(定数)・T(温度)/6・π・μ(粘性率)・P(粒子の半径)  アインシュタインの式










  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:39Comments(0)超音波技術

2017年05月15日

音響流の制御技術(超音波シャワー)を開発 No.4

音響流の制御技術(超音波シャワー)を開発
(超音波テスターによる<測定・解析・制御>の応用技術)




超音波システム研究所は、
超音波テスターによる、
治工具や流水の音響特性(振動モード)を
目的に合わせて、効果的に利用する
超音波<洗浄・加工・撹拌・改質・化学反応・・・>に適した
「音響流の制御技術」を開発しました。




<<音響流の利用技術>>

1)2種類の超音波を利用した洗浄
2)流水式超音波洗浄(超音波シャワー)
3)表面を伝搬する高調波(1MHz以上)の利用
4)ガラス・樹脂・ステンレス・・各種容器の音響特性を利用
5)キャビテーションと定在波の最適化(音圧測定解析)を利用
6)その他(非線形現象、相互作用・・)
 流れる水に超音波を伝搬させ、
 シャワー状にして洗浄対象を洗浄する・・・

以下動画は、上記に関する基礎実験の様子です




<<参考動画>>

https://youtu.be/OgDsP8iPNeI

https://youtu.be/50SnY3pRaz0

https://youtu.be/rn_Os_xWL50





https://youtu.be/Yd4K8D1DIQc

https://youtu.be/Y3MhcRSn_T4

https://youtu.be/zPW7i4LHB70

https://youtu.be/aYiXDJ3IivQ

https://youtu.be/U9OrXnnHZy0




https://youtu.be/Ctbj2oPZpzA

https://youtu.be/gohnRj5yXps

https://youtu.be/uWwNMdPGoPQ

https://youtu.be/9nCuYqnTtg4





https://youtu.be/g6I3O6x0xzo

https://youtu.be/J3GRQ8-8nuk

https://youtu.be/NJvy6vcFLk8

https://youtu.be/meA2Yng4Ujo

https://youtu.be/BL8s9M0kVmA

https://youtu.be/Eehd4QY86sw




https://youtu.be/WlUomCvtQcs

https://youtu.be/VnkcXYOLfzE

https://youtu.be/27_SgQdAAcE

https://youtu.be/-07DJ-6phgc

https://youtu.be/GYJDh9Dz1yA

https://youtu.be/xDxUz6kMjE8







<<音響流>>
*************
一般概念
有限振幅の波が
 気体または液体内を伝播するときは、
 音響流が発生する。
音響流は、
 波のパルスの粘性損失の結果、
 自由不均一場内で生じるか、
 または音場内の障害物
 (洗浄物・治具・液循環)の近傍か
 あるいは振動物体の近傍で
 慣性損失によって生じる
 物質の一方性定常流である。

音響流は、
 大多数の超音波加工工程、
 浄化、乾燥、乳化、燃焼、抽出・・・
 過程での
 重要な強化因子であり、
 媒体内の熱交換と
 物質交換を著しく促進する。

加工工程での音響流の作用効果は、
 それらの速度と寸法因子によって決まる。





***コメント**********
ナノレベルの物質
 (洗浄の場合は汚れ・・)を対象とする
 超音波操作では、
 音響流に関する制御技術は
 製造方法・表面状態・・・・
 を大きく変える場合があります。

特に、
 洗浄を検討する場合には、
 汚れの音響流による動きを理解し、
 対応・対処することで効率の高い洗浄が可能になります。

音響流とキャビテーションや加速度による
 超音波効果との関係は非線形音響学を
 応用した測定解析により明確になります。

注: 非線形音響学
「線形理論に立脚した従来の音響理論と,
 流体力学で取り扱うような
 強い衝撃波理論を補完する
 橋渡し的存在である」






<<<超音波技術>>>

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の伝播現象における
「音響流」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1410

液循環ポンプによる
「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212




超音波<キャビテーション・音響流>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

間接容器と定在波による
音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波を利用した「表面弾性波の応用技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=5581

流れと音と形の観察:コンストラクタル法則
http://ultrasonic-labo.com/?p=7302







<<<超音波の論理モデル>>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530









  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:18Comments(0)超音波技術

2017年05月15日

超音波洗浄<基礎実験>




参考(投稿動画)

超音波洗浄<基礎実験>

https://youtu.be/j2WQ_myPQBU

https://youtu.be/KMq9gPFEBVM




https://youtu.be/C5AN6zTY7p4

https://youtu.be/C1r16hOzLvE




https://youtu.be/ASavFEHFyeI

https://youtu.be/xvAkClPZ4mA

https://youtu.be/rHt3537JYKg




https://youtu.be/_4AIluySj34

https://youtu.be/vJ9YTFTso6s

https://youtu.be/T7LhrzOTthk




https://youtu.be/cEkwlloZmDg

https://youtu.be/tlvuiOby3W8

https://youtu.be/JwLxTRe0c2k

https://youtu.be/a8lRZRCpjb4




https://youtu.be/weQ-kSVQkAc

https://youtu.be/NRjzaMA8NQI




https://youtu.be/n4_y0mGPcSU

https://youtu.be/yrLucsZcr-M

https://youtu.be/sxiFXybK120




https://youtu.be/t_X0ZmPXbO4

https://youtu.be/VOePQjZaYvw

https://youtu.be/vRTYyxQY1_c

https://youtu.be/rMuJwWceMz0

https://youtu.be/szRg6VgEf-4




https://youtu.be/9iAvUwaIyMs

https://youtu.be/3ITuJp64Iuk

https://youtu.be/WP4VX1JckMU




https://youtu.be/INtZxdh3ajY

https://youtu.be/j6Pzs_2zImo

https://youtu.be/RHrJgW6V52Y

https://youtu.be/S6Ae29dPsR4




https://youtu.be/v_Mr-BvXN3k

https://youtu.be/Qn_b-hcmaqI

https://youtu.be/wwhI7pMTreg




超音波プローブの発振制御実験

https://youtu.be/0MmGBNbIliA

https://youtu.be/RU3sTj_8ggE

https://youtu.be/teh_7O5VW4A




https://youtu.be/_nLsdH0qIq0

https://youtu.be/pPNDQ2go9dY




表面弾性波の観察

https://youtu.be/mFIE4xCZ0gc

https://youtu.be/g25qdd5E1QI




https://youtu.be/c-MtagH1jYk

https://youtu.be/R4jaKuHeivs




超音波実験写真(スライドショー)

https://youtu.be/8mDmTyBRkEE

https://youtu.be/9fDsmDkSYJk

https://youtu.be/FZ4bNn0IQyo

https://youtu.be/3gOKwrCRayc

https://youtu.be/wo--DJI5A3Q

https://youtu.be/fK3IRd9V068





https://youtu.be/QsP69Z6f2dA

https://youtu.be/k0M-ozmziWo






https://youtu.be/d-2m7SdQG10

https://youtu.be/A377DGiF_1g

https://youtu.be/S00g0y3y-Bc

https://youtu.be/99OZy5cWPZM

https://youtu.be/HNemwafElHA










  


Posted by 超音波システム研究所 at 08:15Comments(0)超音波技術

2017年05月15日

オリジナル超音波システムの開発技術 No.5

オリジナル超音波システムの開発技術 No.5




超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 オリジナルの超音波発振測定解析装置(超音波テスター)による、
 音響特性を利用した、
 超音波制御技術による、超音波システムの製作技術を開発しました。

新しい超音波の応用技術です。
 各種対象物の音響特性を利用することで
 安価なシステムで、
 高い音圧や高い周波数の超音波伝搬状態を実現します。



 
変動する振動状態(モード)を利用する
 ダイナミックシステムとしての、
 応用装置(洗浄、加工、攪拌・・システム)開発も可能です。

ポイントとしては、
 複雑に変化する超音波振動の伝搬状態を、
 時系列データの自己回帰モデルで、
 フィードバック解析することにより、
 超音波効果の主要因である
 非線形現象をグラフ化・評価・応用することです。

この技術について
「超音波コンサルティング」対応します




参考動画

https://youtu.be/p1ig_iNJ2Rg

https://youtu.be/Svl76fjVdvg

https://youtu.be/xQ2uFd_gfxc

https://youtu.be/ngJ6ByRe6aY




https://youtu.be/xY8w7A-kIUw

https://youtu.be/uNJpqe4IQAo

https://youtu.be/7x-hWxa6-bc

https://youtu.be/7wIvk8iZjYs

https://youtu.be/omLkQ-Byc9k

https://youtu.be/HyBxLkck5U0





<<基礎実験>>

https://youtu.be/cUfexFIXCBY

https://youtu.be/BM9ob7iuNaU

https://youtu.be/BmzjPWqhoa4

https://youtu.be/MhcRv1Rxiok

https://youtu.be/rzixVjP3958




https://youtu.be/3gGpcNpgVbw

https://youtu.be/EPOSp2wpEHE

https://youtu.be/xvJcsayF4nI

https://youtu.be/4IDf9f6yUNc

https://youtu.be/38mF53jSZNA

https://youtu.be/-uxaj6Ji6i4

https://youtu.be/KkEVcAUBUAU

https://youtu.be/7zop8_jwXww

https://youtu.be/f8yh0ZmWNhs

https://youtu.be/iKXlfWYTdaY

https://youtu.be/IWZ06UgaEVQ




https://youtu.be/Bkzaaoky5aY

https://youtu.be/nHdl1kll2Ak

https://youtu.be/8PoIs-2Zpto

https://youtu.be/5CS5YdzMFXc

https://youtu.be/43VWlPDHbFE

https://youtu.be/u_45WuQDuZk




<<超音波洗浄機での応用実験>>

https://youtu.be/1-LANSrUFhY

https://youtu.be/auFxUQCyV_E

https://youtu.be/PzEbgq2QPM0

https://youtu.be/kI5gKpP1vwc

https://youtu.be/vpNQM8Gxd5I

https://youtu.be/KGGYC18qCdk




https://youtu.be/TZ-kNlzrZ44

https://youtu.be/sAZ17zjSnfI

https://youtu.be/zSDqT2i3Kbg



オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

超音波プローブの<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267




超音波測定解析の推奨システムを製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842




表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232





  


Posted by 超音波システム研究所 at 07:16Comments(0)超音波技術