2017年06月05日

流水式超音波制御技術

小型ポンプを利用した「流水式超音波制御技術」を開発
(超音波テスターによる<測定・解析・制御>の応用技術)




超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
小型ポンプを利用した液循環により
超音波(音響流)の伝搬状態をダイナミックに制御する
「流水式超音波(音響流)制御技術」を開発しました。

超音波テスターによる
流れと超音波の複雑な変化を、
水槽・液体(マイクロバブル)・超音波振動子・・・
の相互作用を含めた音圧解析により
利用目的に合わせて、
音響流の変化をコントロールするシステム技術です。


実用的には、
現状の液循環装置について
ON/OFF制御(あるいは流量・流速・・・の制御)を
装置の設置状態、対象物を含めた表面弾性波を考慮して
各種相互作用・振動モードを最適化する方法です。

特に、ポンプの特性を利用して、
液体と気体を交互に循環させる・・・により
新しい超音波・マイクロバブルの効果を実現しています。

ナノレベルの応用では、
「流水式超音波システム」として
20メガヘルツまでの周波数変化を含めた
「超音波シャワー」による
効率の高い超音波利用が実現しています。





-今回開発したシステムの応用実施事例-

オゾンと超音波の組み合わせ技術

低出力(50W以下)による10mサイズの水槽への超音波伝搬

ガラス・レンズ部品の精密洗浄(超音波シャワー技術)

複雑な形状・線材・真空部品・・・の表面改質(共振現象の制御技術)

溶剤・洗剤・・・・の化学反応(超音波と流れによる攪拌)

ナノレベルの粉末・塗料・触媒・・・攪拌・分散(表面弾性波の制御技術)

マイクロレベルの金属エッジ部のバリ取り

めっき・コーティング・表面処理・・・

・・・・・・・


上記の技術は、音圧(非線形現象)測定・解析に基づいて、
表面弾性波と流体の流れに関して
ダイナミック制御を実現させる
新しい超音波システムの開発方法です。

興味のある方は、メールでお問い合わせください




■参考動画

https://youtu.be/DhNj693_4ZI

https://youtu.be/xC4YZUxUMlI

https://youtu.be/yMGv35cnKPg

https://youtu.be/egZ_uyJdP4U

https://youtu.be/O7F9suIWrk0

https://youtu.be/p_uMTupXhmo

https://youtu.be/V4nvQYpYgvE


***

https://youtu.be/u-mIRdBCB8Q

https://youtu.be/DjLEV1oZfd0


https://youtu.be/JJ5FvFBvM48

https://youtu.be/raxpfgFSKcE

https://youtu.be/YMi07zuH7QU


***

https://youtu.be/RgYQ6ydgjKA

https://youtu.be/zFEoBMJ9DCo


https://youtu.be/H7HvDsGirFg

https://youtu.be/TN69W4M9_tA

https://youtu.be/l9So25E19do

***


https://youtu.be/6_cvF85ulTc

https://youtu.be/y_shVs61tVU

https://youtu.be/6EoTs3LRMGU

https://youtu.be/VY0iosKFlBU



「流水式超音波システム」は
中性洗剤、アルコール・・・に対しても利用可能です。

現在利用している洗剤、溶剤、洗浄液・・・に対しても
場合によっては利用することができます。

「流水式超音波システム」による効果は
効率的な超音波照射を実現するとともに
マイクロバブル・ナノバブルの発生を促進します。

さらに、一定時間の超音波照射により
ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなます。

その結果、
非常に安定した超音波(音響流)制御を行うことができます。
(超音波伝搬状態の計測・解析により確認しています)



「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

  


Posted by 超音波システム研究所 at 20:18Comments(0)超音波技術

2017年06月05日

洗浄・超音波の基礎から学ぶ、超音波洗浄の活用技術とトラブル対策

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓   
 ■■ 洗浄・超音波の基礎から学ぶ、超音波洗浄の活用技術とトラブル対策 ■■

     http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/887

      日  時:7月12日(水) 10:30~16:30(10:00受付開始)
      一  般:37,800円(資料含む、消費税込)
      特別価格:21,600円(資料含む、消費税込)※
 ※当社通信教育講座(第52期包装技術学校、機械設計技術基礎講座)
  受講中の企業。もしくは同時にいずれかの講座を申し込んだ企業。




 ■講師プロフィール■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   超音波研究所 代表 機械工学 システム技術  斉木 和幸 氏

  [研究]
   超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術の開発
   脱気・マイクロバブル発生液循環装置の開発
   超音波の音圧測定解析装置の開発
   超音波の発振制御プローブの製造技術を開発
   超音波シミュレーション技術を開発
   ナノレベルの超音波乳化分散技術
   農協用水、消火栓、マンホール・・・低周波の振動計測技術の開発




 ■プログラム■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1. 洗浄の基礎知識
  2. 音圧データの測定解析に基づいた問題と改善策
  3. 洗浄で使われる超音波
  4. 洗浄の問題解決テクニック(トラブルシューティング)
  質疑応答

  詳細は →  http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/887

  ■会 場:日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
       http://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/index
  ■主 催:日刊工業新聞社











  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:25Comments(0)セミナー超音波技術