2017年06月30日

超音波の発振制御システム No.5

超音波システム研究所は、
 オリジナル超音波プローブの発振制御により、
 対象物に伝搬する超音波振動の、
 非線形現象をコントロールする技術を開発しました。





音圧測定解析システム(超音波テスター)
 ファンクションジェネレータによる発振制御を
 対象物の音響特性に合わせて、
 発振出力、波形、変化・・・させることで、
 超音波の伝搬状態をコントロールします。

注:対象物の音響特性と
 超音波の発振制御で、
 相互作用による振動現象を利用した
 超音波のダイナミック制御・・・・を行います
 (超音波テスターで、音圧の測定・解析・確認を行っています)

この技術を、
 精密洗浄や化学反応実験・・・に用いた結果、
 ナノレベルの効率の高い超音波システムとして
 応用(洗浄・改質・反応制御・・)することが可能となりました。

これは、従来では干渉や共振により減衰すると考えられた状態について
 大きな可能性を示した結果だと考えます。

今後、超音波による非線形現象はますます可能性を広げていくと考え
 研究開発を含め、実用的な提案をしていきます。






参考動画

https://youtu.be/Tg1lU3yHmRc

https://youtu.be/vF9QVsvBL4s

https://youtu.be/P04ec6FXHu8

https://youtu.be/CCVeC2GYEJE

https://youtu.be/MkYepUO9qJU

https://youtu.be/XkNUmJvI8aE

https://youtu.be/0htyYFFWGeI

**

https://youtu.be/VK-50cV0uc4

https://youtu.be/kp1t9eEpXc0

https://youtu.be/PjQTpTMWaao

https://youtu.be/kU7fuWGf1K0

https://youtu.be/47SQ3_SPiK8

https://youtu.be/YyDlcetlKGo

****

https://youtu.be/kd2tBf2rkJ8

https://youtu.be/e0ag-iUx2Ag

https://youtu.be/PJrfef4I0vs

https://youtu.be/T5waIpnpnww

https://youtu.be/i5ecYjnF76I

https://youtu.be/Ddd1vrf_v48

https://youtu.be/GI5Ezf93q9Y

https://youtu.be/sSnkbWFsORI

https://youtu.be/RKic9kBiMQo

https://youtu.be/mQiR3gt25sY

https://youtu.be/dEykF2Y-CS8

https://youtu.be/CUk6Gug_0K0







<<参考>>

超音波の発振・制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852







  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:18Comments(0)超音波技術

2017年06月27日

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術を開発 No.2

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 小型のギアポンプによる
 脱気・マイクロバブル発生装置を利用した
 超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術を開発しました。





-この技術による応用事例-
 音響流とキャビテーションの最適化による超音波洗浄
 音響流制御による超音波攪拌(乳化、分散、粉砕)
 音響流による伝搬周波数の変化を利用した化学反応の制御
 音響流とマイクロバブルによる表面改質(残留応力の緩和)
 音響流を利用した加工液による加工装置への応用
 音響流によるメガヘルツのシャワー効果
 音響流によるメッキ液の改良
 ・・・・・・・

 ガラス製の水槽を利用したソノケミカル反応実験
 ナノ粒子の製造実験
 霧化サイズのコントロールによるコーティング実験
 各種材料の攪拌実験
 ・・・・・・・

 ガラス部品の精密洗浄実験
 複雑な形状・線材・・の表面改質実験
 溶剤・・の化学反応実験
 ・・・・・・

<<音響流の利用技術>>

1)2種類の超音波を利用した洗浄
2)流水式超音波洗浄(超音波シャワー)
3)表面を伝搬する高調波(1MHz以上)の利用
4)ガラス・樹脂・ステンレス・・各種容器の音響特性を利用
5)キャビテーションと定在波の最適化(音圧測定解析)を利用
6)その他(非線形現象、相互作用・・)
 流れる水に超音波を伝搬させ、
 シャワー状にして洗浄対象を洗浄する・・・


以下の動画は、上記に関する基礎実験の様子です


<参考動画>

小型ポンプによる「音響流の制御システム」

https://youtu.be/ec-WndkROdU

https://youtu.be/_9kyNqlaRRE

https://youtu.be/fBbSx4u5Ing

https://youtu.be/AvWHyw15OPU

https://youtu.be/mwwVofvQB70

https://youtu.be/7Is1J7NhHhY

https://youtu.be/ixzpW4DLjIA

https://youtu.be/BmuzfOklKJQ

https://youtu.be/SiPmnLaTlRI

https://youtu.be/LfXuCbrM3Qc

https://youtu.be/-_gr6ZMXHjg

https://youtu.be/y7snMT91GmU

https://youtu.be/7rQilg7Lym0

***

https://youtu.be/dNatKlzixwQ

https://youtu.be/n_6FNx0GZWo

https://youtu.be/IxJE467Ug_w

https://youtu.be/kpA6Yx6RQ1U

https://youtu.be/Y-Z3aOA5nPk

https://youtu.be/93g2LcQvztk

https://youtu.be/fDDV4fNXVlc

https://youtu.be/JtKzFZJk32E

https://youtu.be/Q63TkJ1EJEc

https://youtu.be/2pE2VVeKTck

https://youtu.be/Nv9ufCPgW2g

https://youtu.be/1yDGvHw1OdM

https://youtu.be/1rzRdMlOpL0

https://youtu.be/Nf7hwQeLotc

https://youtu.be/ppo7353ENYg

https://youtu.be/CDIJfkI2tBA

https://youtu.be/18-BxHDLyPQ

https://youtu.be/H7HvDsGirFg

https://youtu.be/e9UghLDb9eQ

https://youtu.be/IDq3Ye1dNDA

https://youtu.be/6_cvF85ulTc

***

https://youtu.be/qoBLgKQbccY

https://youtu.be/mfgUlgSQGvU

https://youtu.be/OCm8Zojaf8Q

https://youtu.be/ad6OkIw38Dc

https://youtu.be/7bQd0vDA-2w

https://youtu.be/uNc8Qk2VzT8

https://youtu.be/rmV51ycCQCw

https://youtu.be/ec-WndkROdU

https://youtu.be/SRe3lS6IklU

https://youtu.be/fBbSx4u5Ing

https://youtu.be/YdtQ_qMK-KQ

https://youtu.be/pbe6tiMQ68U

https://youtu.be/8Eysztk-ses



 「脱気・マイクロバブル発生装置」は
  中性洗剤、アルコールに対しても利用可能です。
  現在利用している超音波洗浄液・・・に対しても
  確認テストにより、利用することができます。

 但し、各種の液体に対して、音響伝搬特性の測定解析を行い
  適切な治工具や容器との組み合わせ・・・が必要になります。


 「脱気・マイクロバブル発生装置」による効果は
  効率的な超音波照射を実現するとともに
  ナノバブルの発生につながります。
  さらに、一定時間の超音波照射により
  ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなります。
  その結果、
  非常に安定した超音波の非線形制御を行うことができます。
  (マイクロバブルによる超音波伝搬状態の効果は、
   適切なサイズの範囲があることを、計測・解析により確認しています)


 様々な応用事例が発展しています。

 40kHzの超音波を利用して
 音響流の制御により1MHzの伝搬状態を実現させることも可能です

 あるいは
 40kHzの超音波を利用して
 音響流の制御により10kHz以下の振動モードを利用した
 高い音圧レベル(100-1000倍)の実現も可能です

コンサルティング対応しています。


<<参考>>

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:59Comments(0)超音波技術

2017年06月21日

「ナノテクノロジー」の研究・開発<超音波の非線形制御技術>

「ナノテクノロジー」の研究・開発<超音波の非線形制御技術>




超音波システム研究所は、
 *複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術
 *間接容器の利用に関する「弾性波動」の応用技術
 *振動子の固定方法による「定在波の制御」技術
 *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術
 *液循環に関する「ダイナミックシステム」の統計処理技術
 *超音波の「非線形現象に関する」制御技術
 *超音波とマイクロバブルによる「表面改質技術」
 *超音波の「音圧測定・解析技術」
 *磁性・磁気と超音波の組み合わせ技術
 *超音波による「金属部品のエッジ処理」技術

 上記の技術を組み合わせることで
  対象物に合わせた、超音波の非線形制御技術を開発しました。





今回開発した技術の具体的な応用事例として、
 カーボンナノチューブ、銀粉、鉄粉、銅粉、アルミニウム粉、
 ガラス、樹脂、セラミック、ポリマー、・・・
 に対して、超音波特有の効果(表面刺激)を実現しました。

 詳細な特性につきましてはメールでお問い合わせください。

 特に、
 超音波の発振周波数に対する、
 対象物への伝搬状態(キャビテーションと音響流の効果)を
 明確に制御(最適化)することで、安定した表面処理を実現します。

 非常に単純な事項が多いのですが
 具体的な対象や目的により様々な設定があります。
 詳細は、ノウハウとしてコンサルティング対応しています。

複数の超音波振動子を利用する場合は
 発振の順序、出力設定、水槽内の液面の振動・・に関する
 各種(時間の経過による特性の変化・・)の問題に、
 <相互作用の影響>をグラフとして、把握することが重要です。

超音波・洗浄・改質・攪拌・・・様々な応用・研究・・につながっています。




■参考動画・スライド

https://youtu.be/so6w6TA3YFw

http://youtu.be/jowNkJJIRAY

http://youtu.be/lkiFPQL2jpI

https://youtu.be/oMmPio-Naxc

http://youtu.be/b2lkl_DrptI

https://youtu.be/-vz8XblTAM4

https://youtu.be/G_iM0Mm6ycY

https://youtu.be/fqgbTPjoiP8

https://youtu.be/toIT_PQccx4

https://youtu.be/d3-eOKXZ2jo

https://youtu.be/ubr1w7tVyts

https://youtu.be/o3wO-xx9Y8E

https://youtu.be/OSWarWU9vNk

https://youtu.be/mJByyvumpl4

https://youtu.be/CfQm7Ts_vfQ

https://youtu.be/ImDMFT37oBU

https://youtu.be/QW4b0fmdpUs

https://youtu.be/pZlek0uf-4U

https://youtu.be/bvxEamfL2_o

https://youtu.be/lxXXbL_HJgk

https://youtu.be/n4BWbIGIHoI

https://youtu.be/V1CfvUhxW_A

https://youtu.be/iKdf4c6f4IQ

https://youtu.be/VhsCkGNHWho

https://youtu.be/FFCcyuswQyc

https://youtu.be/lNaRZis193g

https://youtu.be/h2hlbSsBIx0

http://youtu.be/VStQrJFBxrw

http://youtu.be/ZVpXLAnIXGo

http://youtu.be/25y4zHCrE2I

http://youtu.be/4H87dATnOVA

http://youtu.be/WxipcOkvrvo

http://youtu.be/2BjWJ4UZfrs

http://youtu.be/bCBi5Fc5V0M

http://youtu.be/f1ev0gDGuYQ

http://youtu.be/Z86YJLbPZD8

https://youtu.be/9JcXtGdTEw4

http://youtu.be/f1ev0gDGuYQ

http://youtu.be/J_i7RcsuUrI

http://youtu.be/L1h3HqNtP3Y

http://youtu.be/iyv8rr5cPhw

https://youtu.be/e_f9ORiHgwo

https://youtu.be/mRiX5BRLUFs

http://youtu.be/ZGK0Mrk8hEo

http://youtu.be/fwpRXMACIj8

http://youtu.be/uKOFBPDlO5w

https://youtu.be/FYU3qrcZ2bU

https://youtu.be/nzP3E92J-08

https://youtu.be/n_6FNx0GZWo

https://youtu.be/LNd4Z7W0-co

https://youtu.be/Aq_HK85XHXY

https://youtu.be/Wa3VddPcscY

https://youtu.be/75BIEHH697E

https://youtu.be/DYzhjG0dhE0

https://youtu.be/RZgPWg6XfrY

https://youtu.be/p1ZoLS3d52w

https://youtu.be/zuky3GzBo8U

https://youtu.be/rxtJpB1BQ6M

https://youtu.be/ryazAOmKx2g

https://youtu.be/G79TzUOirR8

***

https://youtu.be/mF_8x9AAAMM

https://youtu.be/ikUaL95P0dU

https://youtu.be/3q_Bk0PmgXE

https://youtu.be/i50vmEVIC5Y

https://youtu.be/uY25RYS3cSs

https://youtu.be/Z6iknlagukU

https://youtu.be/ZVn03jWvjns

https://youtu.be/HKSk1Upoutc

https://youtu.be/edUUGaERlBk

https://youtu.be/FLfZWXdlIgg

https://youtu.be/TWAh-XTtVQE

https://youtu.be/3uPVi-x-Uw4

https://youtu.be/6XiEAwJ0C2w






これは、超音波に対する新しい視点です、
 今回の実施結果から
  対象物と超音波振動子の周波数の関係よりも
  システムの超音波振動による非線形現象・相互作用の影響が
  大変大きいことを確認しています。
  超音波の伝搬状態を有効に利用するためには
  相互作用による伝搬周波数の状態変化・・を検出して
  最適化(制御)することが重要だと考えています。


 コンサルティング事業としては、
 2種類の超音波振動子の同時照射を使用するシステムを
 主体として展開しています。













■参考

超音波の発振・制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

オリジナル技術(音圧測定解析)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波攪拌(乳化・分散・粉砕)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3920

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

アルミ箔の超音波分散
http://ultrasonic-labo.com/?p=5550

磁性・磁気と超音波(Ultrasonic and magnetic)
http://ultrasonic-labo.com/?p=3896

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454




超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

超音波システム研究所<理念Ⅱ>
http://ultrasonic-labo.com/?p=3865












  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:18Comments(0)超音波技術

2017年06月21日

2017年06月21日

表面改質に関する書籍の発売(発刊 2015年3月27日)

マイクロバブルと超音波との組み合わせによる
 樹脂・金属の表面改質に関する書籍が、、
 株式会社 情報機構様より
マイクロバブル(ファインバブル)の
 メカニズム・特性制御と実際応用のポイント
」として発売されています。



この書籍は
 未だ解明されていない点も多い、超微細気泡の謎に迫る!
 各種メカニズムに関する最新の知見と各種応用技術を詳述!・・を
 一冊の書籍としてまとめたものです。

発刊・体裁・価格
発刊  2015年3月27日  定価  63,000円+税
体裁  B5判 ソフトカバー 469ページ  
ISBN 978-4-86502-079-3





詳細、申込方法はこちらを参照
http://www.johokiko.co.jp/mousikomi/index.php#no3

書籍の概要
http://www.johokiko.co.jp/publishing/BC150301.php



目次
第一章 マイクロバブル(ファインバブル)の発生メカニズムとその設計・制御法

第1節 超高速旋回式
1.マイクロバブルとは何か
2.超高速旋回式マイクロバブル発生装置
 2.1 発生装置と発生原理
 2.2 マイクロバブルの発生機構
 2.3 旋回速度の計測
3.超高速旋回式マイクロバブルの特徴
 3.1 発生頻度分布
 3.2 収縮を起点として生起する物理化学的特性
 3.3 装置の選択基準
4.適用分野と装置の適用問題

第2節 加圧溶解法
1.加圧溶解法の概要と気泡径・数密度の特性
2.気泡発生メカニズム
3.発生後の気泡の時間変化




第3節 エジェクター方式
1.エジェクター方式とは
2.アスピレーター
3.マイクロバブル発生に求められるエジェクター
 3.1 エジェクターの条件
  3.1.1 安定した径(単分散)の微細気泡が発生できること
  3.1.2 気泡径を自在に制御できること
  3.1.3 少ないエネルギー(低圧)で生成できること
  3.1.4 目詰まりを生じないこと
  3.1.5 スケールアップが可能であること
 3.2 エジェクター方式を利用した用途別の効果および製品の一例
  3.2.1 マイクロバブルシャワーヘッド
  3.2.2 酸化防止用窒素置換ノズル
  3.2.3 食器洗浄機
  3.2.4 洗濯機
  3.2.5 養殖場の酸素供給装置
  3.2.6 閉鎖水域浄化装置




第4節 ベンチュリ管式マイクロバブル発生装置の流動特性
1.実験装置と実験条件
2.ベンチュリ管内の気泡挙動
3.ベンチュリ管内の流動場
4.流路方向の圧力分布とボイド率分布
5.ベンチュリ管内の音速

第5節 ナノ多孔質フィルムを使ったマイクロナノバブル発生装置
1.気泡発生メカニズム
 1.1 概要
 1.2 使用されるナノ多孔質フィルムについて
 1.3 発生気泡のコントロール
 1.4 装置の性能を活かすための条件設定・使用のポイント
2.ナノ多孔質フィルムを使ったマイクロナノバブル発生装置の特徴
 2.1 気泡発生装置の特徴
 2.2 発生気泡の特性
3.ナノ多孔質を使ったマイクロナノバブル発生装置の用途
 3.1 排水処理設備での利用用途
 3.2 工業用途への利用
 3.3 農業、養殖業での利用用途
 3.4 その他の利用用途
4.今後の展開

第6節 超音波方式
1.超音波を利用したマイクロバブルの生成メカニズム
 1.1 マイクロバブル生成現象
 1.2 界面の時間的挙動と気泡生成メカニズム
2.超音波利用型マイクロバブル発生装置
 2.1 装置概要
 2.2 マイクロバブルの発生状態と放出挙動

第7節 現場に対応した装置作製・設計のポイント~一次産業に向けて~
1.発生方式の特徴
2.各産業での活用における課題点
3.一次産業に対応するポイント
4.一次産業に対応した発生装置開発の事例
 4.1 水産業における事例
 4.2 農産業における事例




第二章 マイクロバブル(ファインバブル)の特性・挙動・機能性
~各種メカニズムとその制御・評価法~

第1節 マイクロバブル(ファインバブル)の発生・合体・消滅・安定化メカニズム
第1項 マイクロバブルの発生・合体・消滅・安定化メカニズム
1.バブル発生の一般的な道すじ
 1.1 蒸気泡の発生
 1.2 ガス気泡の発生
2.発生のメカニズム―核生成理論の概略とバブル発生
3.消滅のメカニズム―発生したバブルの運命
 3.1 バブルの成長
 3.2 バブルの縮小
 3.3 バブルの合体
4.合体のメカニズム―バブル合体に至る条件
5.安定化のメカニズム―表面張力の熱力学とバブル安定性

第2項 ガス過飽和水中における微細気泡の安定化機構
1.気泡溶解の原理
2.気泡曝気によるガス過飽和水の生成
3.バルクナノバブルの存在性
4.超音波洗浄への応用

第2節 マイクロバブル(ファインバブル)の物性・特性-力学特性と化学反応
1.水中における気泡の力学的特性
2.マイクロバブルの収縮挙動
3.マイクロバブルの収縮に及ぼす温度の効果
4.マイクロバブルの化学反応
5.マイクロバブルの具体的化学反応の例

第3節 マイクロバブル(ファインバブル)の機能発生メカニズム-洗浄効果と生物活性効果
1.マイクロバブルによる洗浄効果
 1.1 マイクロバブルを利用した洗浄試験
 1.2 マイクロバブル洗浄のメカニズム
2.マイクロバブルの生物活性作用
 2.1 酵母に及ぼすマイクロバブル効果
 2.2 マイクロバブルを用いたクルマエビの養殖
 2.3 マイクロバブルを用いたノリの養殖
3.マイクロバブルの生物への作用メカニズム
 3.1 マイクロバブルとタンパク質の相互作用
 3.2 マイクロバブルの生理活性作用のメカニズム




第4節 マイクロバブルの物理学的特性
1.マイクロバブル技術の基本
 1.1 マイクロバブルの特徴
 1.2 マイクロバブルの収縮運動
  1.2.1 限界気泡径
  1.2.2 可視化装置
  1.2.3 収縮パターン
  1.2.4 収縮過程における特徴
  1.2.5 収縮過程における時間的変動特性
 1.3 気体の溶解度とマイクロバブルの関係
2.窒素マイクロバブルと酸素マイクロバブル
3.マイクロバブルの負電位特性
4.マイクロバブルの発光特性

第5節 マイクロバブル水の物理化学的特性
1.マイクロバブル水の基本的性質
 1.1 マイクロバブル水とは何か
  1.1.1 マイクロバブル水の定義と分類
  1.1.2 空気マイクロバブル水
 1.2 各種液体を用いたマイクロバブル水
  1.2.1 淡水マイクロバブル水と海水マイクロバブル水
  1.2.2 人工精製水
  1.2.3 各種汚染水
  1.2.4 低温水と高温水
  1.2.5 特殊な液体
 1.3 発生装置の違いによる相異
2.マイクロバブル水の化学的特性
 2.1 発生装置によるマイクロバブル水の相異
  2.1.1 超高速旋回式装置で製造されるマイクロバブル水
  2.1.2 加圧溶解式装置で製造されるマイクロバブル水
 2.2 液体の種類によっても異なる
3.生物適応水としてのマイクロバブル水
 3.1 生理活性水としてのマイクロバブル水
4.生理活性現象の観察

第6節 マイクロバブルを利用した気液・中和反応
1.炭酸ガスを用いた気液反応型中和のメリット
2.反応効率に影響を与える因子
3.マイクロバブル型気液混合機
4.実施例

第7節 マイクロバブルの気泡径測定法
1.気泡径計測手法の概要及び分類
2.各種計測手法の原理と特徴
 2.1 直接撮影に基づく方法(画像処理法)
 2.2 散乱光強度に基づく方法(光散乱粒子カウンタ法、レーザ回折・散乱法)
 2.3 散乱光の干渉を利用する方法(位相ドップラ法、干渉画像法)
 2.4 ブラウン運動に基づく方法(ブラウン運動追跡法、動的光散乱法)
 2.5 コールターカウンタ法
 2.6 共振式質量測定法




第8節 シミュレーション
第1項 マイクロバブルの粒子シミュレーション
1.粒子シミュレーションの原理
2.粒子シミュレーションの適用範囲
3.例:マイクロバブルの力学的つりあい
4.例:核生成のシミュレーション
5.例:薄液膜の安定性
6.例:水溶液の表面特性




第2項 マイクロバブル分散液の物性・特性評価シミュレーション
1.単一マイクロバブルの運動方程式
 1.1 並進運動方程式
 1.2 体積運動方程式
2.気泡群としての粘度特性
 2.1 テイラーのエマルジョンの理論
 2.2 ムーニーの高濃度球形分散体モデル
3.全体流動を記述する支配方程式と数値解法
 3.1 混合体としての保存方程式
 3.2 数値計算手順
4.シミュレーションの事例
 4.1 気泡噴流
 4.2 物体まわりのマイクロバブル浮上流


第三章 マイクロバブル(ファインバブル)応用のポイント

第1節 物質製造・化学工学プロセス
第1項 超音波マイクロバブル発生法を利用する金属ナノ粒子の合成
1.超音波マイクロバブルを利用する金属イオンの還元と金属ナノ粒子の生成
2.各種実験条件で生成されるマイクロバブル特性と金属イオン還元反応の関係
 2.1 溶存ガスが還元反応に与える影響
 2.2 添加有機物が還元反応に与える影響
 2.3 超音波強度が還元反応に与える影響
 2.4 超音波周波数が還元反応に与える影響
3.金属ナノ粒子のサイズ制御合成の例(還元速度と粒子サイズの関係)
4.超音波マイクロバブルから発生する物理的作用が粒子の凝集に与える影響
5.金属ナノ粒子の形状制御合成の例(超音波照射時間の影響)

第2項 ファインバブル/ウルトラファインバブルの有機合成・反応への応用
1.はじめに
 1.1 気相が関与する化学反応
2.有機合成用FB/UFB発生装置
3.FB/UFB手法によるアルコールの空気(酸素)酸化反応
 3.1 アルコールの空気(酸素)酸化反応
 3.2 Cu+ / TEMPO触媒系空気酸化反応
 3.3 Fe3+/ NO3? / TEMPO触媒系空気酸化反応
 3.4 Br? / NO2 / TEMPO触媒系空気酸化反応
4.FB/UFB手法による接触水素化反応
 4.1 接触水素化反応の工業的な利用
 4.2 アルケン・アルキンの接触水素化反応
 4.3 芳香族ニトロ化合物の接触水素化反応
5.FB/UFB手法による過酸化水素合成
 5.1 過酸化水素の工業的製法
 5.2 アントラキノン法による過酸化水素合成
 5.3 合成過酸化水素水の直接的利用
6.FB/UFB手法による光酸化反応
 6.1 一重項O2による光酸化反応
 6.2 一重項O2によるγ-terpineneの光酸化的芳香族化
 6.3 一重項O2によるアミンの光酸化的脱水素化ホモカップリング
 6.4 一重項O2によるスルフィドの増感剤フリー光酸化反応
7.FB/UFBの効果
 7.1 有機溶媒中における溶存酸素飽和率
 7.2 有機溶媒中におけるウルトラファインバブルの計測
 7.3 種々の溶媒と気体におけるウルトラファインバブルの計測

第3項 中空マイクロカプセルの製造
1.マイクロバブルを利用した中空マイクロカプセルの製法
2.バブルテンプレート法による中空ポリ乳酸マイクロカプセルの製造
3.Gas/O/W法による中空ポリ乳酸マイクロカプセルの製造

第4項 微細気泡の晶析技術への利活用
1.微細気泡が関与する異相界面に着目した反応場の応用例
2.液相の組成・物性の変化と気泡の微細化効果
 2.1 N2微細気泡を用いた塩化ナトリウムの粒径制御
 2.2 N2微細気泡を用いたグリシンの多形制御
3.供給ガス種の変化と気泡の微細化効果
 3.1 CO2/NH3微細気泡を用いた炭酸カルシウムの多形制御
4.マイクロ波の併用と気泡の微細化効果
 4.1 CO2微細気泡を同伴する水溶液へのマイクロ波照射による炭酸リチウムナノ粒子の製造

第5項 マイクロバブル発生装置を利用した界面活性剤を必要としないエマルション技術
1.混合と溶解
2.界面活性剤を必要としないエマルション生成技術への応用
3.SFNEの水和構造からの安定メカニズムの解明




第2節 水処理・水質浄化
第1項 排水処理
1.下水再生利用の現状と課題
2.オゾンマイクロバブルによる下水再生処理
 2.1 マイクロバブルによる消毒・不活化の原理
 2.2 マイクロバブル生成方式
 2.3 下水再生処理フロー
3.下水再生処理システムの実証事例
 3.1 パイロットプラント概要
 3.2 長期実証結果例
 3.3 開発方式の経済性と保守性
  3.3.1 コストに関する成立性
  3.3.2 維持管理面に関する成立性
4.今後の適用展開

第2項 水質浄化・汚泥分解
1.ファインバブルを用いたバイオエタノールの製造工程における排水処理
 1.1 実験装置および方法
 1.2 結果および考察
2.ファインバブルを用いた余剰汚泥のオゾン分解
 2.1 実験装置および方法
 2.2 結果および考察




第3項 ファインバブルを利用した膜濾過技術
1.ファインバブルを利用した河川水の膜濾過処理
 1.1 ファインバブル発生器
 1.2 膜濾過装置
 1.3 膜ファウリング抑制効果(気液二相流旋回型)
2.河川水質と膜ファウリング抑制効果の関係(加圧溶解型)
3.ファインバブルによる膜ファウリングの抑制メカニズム

第4項 マイクロバブル存在下における光化学反応プロセス設計
1.マイクロバブル存在下における光照射法 ― 外部照射と内部照射―
2.マイクロバブルを用いた光化学反応で生成する活性酸素種の計測法
3.紫外光照射によるマイクロバブルからのオゾン生成とその環境浄化プロセスへの応用
4.マイクロバブルを用いた光化学反応における無機塩の効果
5.マイクロバブルと酸化チタン光触媒の関係
6.有機化合物の分解におけるマイクロバブルの効果
7.光触媒とマイクロバブルの併用における課題

第3節 洗浄
第1項 ベンチュリ管式マイクロバブル発生装置を用いたノンケミカル洗浄技術
1.ベンチュリ管と洗浄対象
2.ベンチュリ管内の流動挙動と発生気泡径
3.洗浄能力の定量評価
4.洗浄のメカニズム

第2項 洗浄における界面活性剤との混合と相乗効果
1.実験概要
 1.1 人工汚染布
 1.2 洗浄率の算定法
2.洗浄液
 2.1 ファインバブル混合液の洗浄効果




第3項 洗浄における機械的作用との相乗効果
1.実験概要
2.交番流式洗浄
3.交番流式洗浄におけるファインバブル混合液の洗浄効果
4.濡れ性との関係

第4節 超音波との組み合わせによる樹脂・金属の表面改質
1.何が問題か?
2.どのようにして解決するのか?
 2.1 マイクロバブルと超音波の組み合わせ効果1
 2.2 マイクロバブルと超音波の組み合わせ効果2
 2.3 マイクロバブルと超音波の組み合わせ効果3
 2.4 マイクロバブルと超音波の制御
  2.4.1 超音波伝搬状態の測定・解析技術
  2.4.2 超音波専用水槽の設計・製造技術
  2.4.3 液循環技術
3.マイクロバブルと超音波伝搬状態の制御・最適化
4.具体例




第5節 殺菌・消毒
第1項 バイオフィルムへの適用と浸透殺菌効果
1.目的
2.試験
 2.1 酸素微細気泡水の生成および評価
 2.2 バイオフィルムの作成
 2.3 薬剤浸透性の評価
3.試験結果
4.考察

第2項 食品の殺菌・消毒応用
1.低加圧二酸化炭素マイクロバブル(MBCO2)殺菌処理装置の概要
 1.1 MBCO2殺菌装置を開発した経緯
 1.2 バッチ式MBCO2処理装置の殺菌効果
 1.3 2槽式MBCO2処理装置の殺菌効果
2.MBCO2の殺菌メカニズム解析における現状
3.現状における課題

第6節 食品分野
第1項 マイクロバブルが味・香りに及ぼす影響とその評価
1.2槽式MBCO2により殺菌・酵素失活処理した清酒の品質評価
 1.1 清酒の殺菌および酵素失活
 1.2 清酒の官能評価
 1.3 清酒の香気成分
2.2槽式MBCO2により殺菌処理した無ろ過ビールの品質評価
 2.1 ビール酵母の殺菌
 2.2 ビールの官能評価
 2.3 ビールの香気成分
 2.4 その他の成分

第2項 マイクロナノバブル入り食品の開発とその効用
1.食品製造に適したマイクロナノバブルと発生装置
 1.1 食品製造に適したマイクロナノバブルの性質
 1.2 食品製造に適した発生装置
2.食品製造工程での利用例
 2.1 マイクロナノバブル入り食品
  2.1.1 マイクロナノバブル水を使った食品製造
  2.1.2 食材へのマイクロナノバブル混入
  2.1.3 マイクロナノバブル水の浸透性を使った製品開発
 2.2 オゾンマイクロナノバブルの利用
 2.3 その他食品製造工程への利用
3.今後の展開




第7節 農業分野
第1項 農業利用
1.マイクロバブルの農業利用の契機
 1.1 巨大ホテイアオイの出現
 1.2 農業利用の開始と発展
2.マイクロバブル野菜
 2.1 マイクロバブル野菜とは何か
 2.2 マイクロバブル野菜の特徴
3.マイクロバブルの植物活性
 3.1 植物活性に関する定義
 3.2 マイクロバブル水との反応性
 3.3 成長促進の要因
 3.4 味の向上
4.農業利用におけるマイクロバブル技術の役割




第2項 オゾンマイクロバブルによる植物の残留農薬除去および品質評価
1.オゾンマイクロバブルによる柿葉の残留農薬除去効果および品質評価
 1.1 オゾンマイクロバブル処理による柿葉の農薬除去効果
  1.1.1 フェニトロチオン
  1.1.2 ベノミル
 1.2 オゾンマイクロバブル処理による柿の葉の品質評価
  1.2.1 色素
  1.2.2 破断強度
2.水温の違いがオゾンマイクロバブルによる野菜の留農薬除去効果に及ぼす影響
 2.1 水温の違いが各O3処理における野菜のFT残留率に及ぼす影響
 2.2 オゾンマイクロバブル処理が野菜の品質へ及ぼす影響
  2.2.1 破断強度
  2.2.2 色素

第8節 水産分野
第1項 完全閉鎖型陸上養殖システムへの応用 -成長促進効果との関わり-
1.マイクロバブル技術の水産養殖への展開と課題
2.完全閉鎖型陸上養殖システムの構築
3.魚介類の成長促進に最適なマイクロバブル条件の決定-キタムラサキウニを例に-
 3.1 諸条件
 3.2 ウニの成長に最適なマイクロバブル条件、想定される成長促進メカニズム
4.事業展開における課題

第2項 養殖応用
1.閉鎖循環式養殖おけるマイクロバブルの必要性
2.泡沫分離装置
 2.1 原理と特徴
 2.2 泡沫分離装置と気泡(マイクロバブル)供給機
 2.3 泡沫分離装置の性能とマイクロバブル
 2.4 泡沫分離の機能・性能に及ぼす送気量
3.曝気装置




第9節 医療・美容分野
第1項 微小バブル製剤の活用展開と現場ニーズ
1.超音波造影と造影剤
 1.1 超音波造影剤に求められる特性
 1.2 第二世代造影剤
 1.3 第二世代造影剤による超音波診断法
 1.4 第二世代超音波造影剤 Sonazoid
2.超音波セラノスティクス
 2.1 キャビテーションと分子導入
 2.2 超音波セラノスティクスに向けたバブルリポソームの開発と応用
 2.3 固形腫瘍を標的とするバブルリポソームによるセラノスティクス
 2.4 RGD-バブルリポソームによる血栓に対するセラノスティクス
3.超音波セラノスティクスの今後

第2項 マイクロバブルバス―効果と製品設計・展開
1.微細気泡入浴システム
 1.1 バスシステムの微細気泡生成装置の概要
 1.2 温浴効果
 1.3 保湿効果
2.マイクロバブルシャワーの効果
 2.1 マイクロバブルシャワーの概要
 2.2 洗浄効果
3.製品設計の留意点と今後の展開




第3項 血流改善を目的としたマイクロバブル炭酸製剤
1.市販の炭酸スキンケア製剤
2.炭酸ガスの皮膚への供給を高めるためのアプローチ
 2.1 炭酸ガスの浸透促進
 2.2 炭酸ガスの保持
3.炭酸スキンケア製剤への応用

第10節 船舶・海水設備
第1項 船舶の抵抗低減
1.気泡による抵抗低減のメカニズム
2.船舶用のマイクロバブル発生装置
3.船舶抵抗低減への応用例

第2項 海生生物の付着抑制技術
1.海生生物の付着
 1.1 生物被膜
 1.2 付着動物
2.海水中のガス・マイクロバブル
 2.1 気泡径
 2.2 水質影響
3.ガス・マイクロバブルの付着抑制効果
 3.1 空気・窒素・二酸化炭素による比較
 3.2 プレート式熱交換器への適用例
 3.3 CO2マイクロバブルの防汚メカニズム
4.空気マイクロバブル適用の基礎検討
 4.1 マイクロバブルの防汚効果
 4.2 検討方法
 4.3 付着抑制効果
 4.4 応用のポイント




第11節 土木分野
第1項 液状化対策
1.マイクロバブル水注入による液状化対策技術
 1.1 地盤の不飽和化による液状化対策
 1.2 マイクロバブル水注入による飽和度低下効果
 1.3 マイクロバブル水注入液状化対策工法の設計
 1.4 マイクロバブル水注入液状化対策工法の施工方法
2.実地盤での試験施工例
 2.1 試験施工概要
 2.2 マイクロバブル水による空気注入
 2.3 マイクロバブル水注入による飽和度変化

第2項 土壌・地下水浄化・VOC除去
1.浄化の原理と特徴
2.使用するバブル特性とその条件
3.浄化工法の概要
4.適用性試験
 4.1 塩素化VOCを含む地下水
 4.2 燃料油由来のBTEXを含む地下水
5.実サイトでの施工事例
 5.1 ガソリンによる汚染サイト
 5.2 塩素化VOCによる汚染サイト




第12節 その他応用
第1項 染色加工
1.羊毛の防縮加工
2.綿布の漂白
 2.1 水温およびpHの違いによる溶存オゾン濃度の影響
 2.2 オゾン・マイクロバブルによる綿布の漂白
3.染色廃液の処理

第2項 ファインバブルによるディーゼル機関の環境負荷低減
1.使用するバブル特性とその条件
 1.1 エジェクタ式ファインバブル混入器
 1.2 ファインバブルの特性と生成条件
 1.3 粒度分布
 1.4 GC/MS分析
2.ディーゼル機関への適用
 2.1 実験装置
 2.2 インライン型ファインバブル混入装置
 2.3 実験方法
 2.4 燃費への影響
 2.5 ファインバブル燃料によるディーゼル機関の燃費低減メカニズム





第四章 マイクロバブル技術20年と今後の課題
1.マイクロバブル技術の誕生とその発展
2.マイクロバブル技術の特徴
3.マイクロバブル技術の壁
4.「生成期後期」の課題
 4.1 マイクロバブル発生技術
 4.2 科学的課題
 4.3 技術的課題
5.次の「成長期」に備えて


  


Posted by 超音波システム研究所 at 07:15Comments(0)超音波技術

2017年06月20日

充電式超音波洗浄器(50kHz)を利用した実験動画 No.5

充電式超音波洗浄器(50kHz)

超音波システム研究所は、
 充電式超音波洗浄器(50kHz)と
 治工具(樹脂容器、ガラス容器、ステンレス容器・・)を利用した
 超音波制御技術に関する実験動画を公開しています。








超音波伝搬状態の変化を
 超音波テスターで測定・解析します。

音圧測定装置:超音波テスターの特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付

超音波プローブによる測定・解析システムです。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響特性として検出し
 目的に合わせて、応用(制御)します。










<実験動画>

https://youtu.be/ue3HRPwfMEo

https://youtu.be/qIP9UUohdz8

https://youtu.be/5lmp0rxQu40

https://youtu.be/10gokRuHa30

https://youtu.be/BxbE7LZJ37s

https://youtu.be/jYkaU7_LOpg

https://youtu.be/9IOfJa-EKaw

https://youtu.be/3vN3J-vlxQQ

https://youtu.be/ut-Ly8o50v8

https://youtu.be/9FbI_bVlaXs

https://youtu.be/pSurr4XFxJY

https://youtu.be/ujWXH2Rhy8k




https://youtu.be/wYN3LkXn3lI

https://youtu.be/PSM6Cs6EJDI

https://youtu.be/eph4Xp-wKvs

https://youtu.be/V53rARPigLM

https://youtu.be/uxBVAYeAhGo

https://youtu.be/6qEcZiFg2F8

https://youtu.be/YUFSWwaF9H8

https://youtu.be/DjLEV1oZfd0

https://youtu.be/RgYQ6ydgjKA



https://youtu.be/H7HvDsGirFg

https://youtu.be/pd1vpeDFL_c

https://youtu.be/9kH8RTlEhMs

https://youtu.be/obKM8oHhpDA

https://youtu.be/z0ybhWFrxNk

https://youtu.be/6_cvF85ulTc

https://youtu.be/Llw0PxudzaA

https://youtu.be/VY0iosKFlBU

https://youtu.be/aVn9AwLsSJk

https://youtu.be/g8g7rglgHds




超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 no.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

オリジナル技術(音圧測定解析)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662


<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905




<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267




<<< キャビテーション・音響流 >>>

超音波キャビテーションの観察・制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波機器の超音波伝搬状態を測定・評価する技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1478

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

小型超音波振動子による「超音波システム」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1280

超音波振動子の改良による、超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9865


  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:29Comments(0)超音波技術

2017年06月20日

超音波のミクロポリフォニー(新しい超音波制御技術)

超音波のミクロポリフォニー(新しい超音波制御技術)

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
ジェルジ・リゲティが
1960年代に用いた作曲方法(ミクロポリフォニー)を応用した
新しい超音波制御技術を開発しました。




複雑な振動状態について、線形現象と非線形現象を
 相互作用と各種部材の音響特性を
 音圧データの統計数理の解析結果に基づいた
 新しい評価方法で最適化します。

超音波洗浄、加工、攪拌、・・・表面検査、・・ナノテクノロジー、・・
応用研究・・・ 様々な対応が可能です。


超音波のミクロポリフォニー

ミクロポリフォニー:Mikropolyphonie

ハンガリーの作曲家ジェルジ・リゲティが 1960年代に用いた作曲方法で,
多数の声部がそれぞれ細かく動きながら,
全体は一つの音響層の動きのように聞こえる多声手法。


「アトモスフェール」 ジェルジ・リゲティ作曲
Ligeti Atmospheres

https://youtu.be/mgvn3fII6M8

https://youtu.be/wIZG1IcpR-4

https://youtu.be/1AgAy-k-xcc






Hannigan & GSO - LIGETI Mysteries of the Macabre

https://youtu.be/sFFpzip-SZk

https://youtu.be/w0Tvj83xqDw

Aventures

https://youtu.be/Nso8hPgjB_E

Mysteries of the macabre:Alicia Amo, soprano

https://youtu.be/eMGyn5vcUlM

Koloratursopran

https://youtu.be/BkRRc9RPbGU








ミクロポリフォニーを超音波制御に応用した実験を行っています

https://youtu.be/l6pYo437bpc

https://youtu.be/l0ed-oOxIyM

https://youtu.be/qG9AyqSeQ2E

https://youtu.be/vybJDE5nFBg

https://youtu.be/-Gj2g4yokv0

https://youtu.be/HiyP-G25qXE

https://youtu.be/raX-s9j8UXg




超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

超音波の発振・制御・解析技術による部品検査技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2104

超音波の応答特性を利用した、表面検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10027

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665








参考動画

制御技術の参考になった音楽(暫時的位相変換プロセス)

 スティーヴ・ライヒ:作曲,

 Four Organs

 https://youtu.be/TYqs3NHCrlE

 Music for 18 Musicians

 https://youtu.be/ZXJWO2FQ16c

 https://youtu.be/PMsYuFrKUQ8

 Pendulum Music

 https://youtu.be/fU6qDeJPT-w

 Drumming

 https://youtu.be/doJk4yPwJDk

 Pendulum Music

 https://youtu.be/fU6qDeJPT-w

 It's Gonna Rain
 https://youtu.be/vugqRAX7xQE

 テヒリーム

 https://youtu.be/JbyrPhOzC24

 https://youtu.be/q6I1Qp8DR0c



 ルチアーノ・ベリオ:作曲
 「シンフォニア」
 https://youtu.be/9YU-V2C4ryU

 Folk songs
 https://youtu.be/Q_DpEaKsFm4


 アントワヌ・ボイハー作曲

 https://youtu.be/KnK5LaEDBig

 https://youtu.be/8AA1VA4mcH0





上記の音楽を参考にした超音波実験

https://youtu.be/SgVElVXELTg

https://youtu.be/E09-DsvPmi8

https://youtu.be/662qDjHObJY

https://youtu.be/LSGiQkbQvRE

https://youtu.be/d03MB3Q7V-E

https://youtu.be/FqcWL3WLnAY

https://youtu.be/wGy5YLa_fUA

https://youtu.be/QTSIVX6EIlU

https://youtu.be/st6ld6AKZOs

https://youtu.be/GRAeL4RRkJo

https://youtu.be/2yP3vmcPNr0

https://youtu.be/6QzzOBAwrR0

https://youtu.be/9QZWoj4l0Nw

https://youtu.be/vR6QUejZq2Y

https://youtu.be/n17IEainsOI

https://youtu.be/QFGW1l_A9cc

https://youtu.be/2bFW_mf-rv8

https://youtu.be/hyKzJYjfMJY

***

https://youtu.be/pHXi3H9T3Dk

https://youtu.be/iwq7x1f4lFs

https://youtu.be/EUNpvMCJhDc




超音波の発振・制御技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

オリジナル技術(音圧測定解析)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662


<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905




<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

空中超音波の伝搬状態を評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1552

超音波プローブによる表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1962


<<< キャビテーション・音響流 >>>

超音波キャビテーションの観察・制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>サービス
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波機器の超音波伝搬状態を測定・評価する技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1478

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10177


  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:16Comments(0)超音波技術

2017年06月19日

小型ポンプを利用した「流水式超音波制御技術」を開発 No.4

(超音波テスターによる<測定・解析・制御>の応用技術)

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 小型ポンプを利用した液循環により
 超音波(音響流)の伝搬状態をダイナミックに制御する
 「流水式超音波(音響流)制御技術」を開発しました。




超音波テスターによる
 流れと超音波の複雑な変化を、
 水槽・液体(マイクロバブル)・超音波振動子・・・
 の相互作用を含めた音圧解析により
 利用目的に合わせて、
 音響流の変化をコントロールするシステム技術です。

実用的には、
 現状の液循環装置について
 ON/OFF制御(あるいは流量・流速・・・の制御)を
 装置の設置状態、対象物を含めた表面弾性波を考慮して
 各種相互作用・振動モードを最適化する方法です。

特に、ポンプの特性を利用して、
 液体と気体を交互に循環させる・・・により
 新しい超音波・マイクロバブルの効果を実現しています。

ナノレベルの応用では、
 「流水式超音波システム」として
 20メガヘルツまでの周波数変化を含めた
 「超音波シャワー」による
 効率の高い超音波利用が実現しています。





-今回開発したシステムの応用実施事例-

オゾンと超音波の組み合わせ技術

低出力(50W以下)による5mサイズの水槽への超音波伝搬

ガラス・レンズ部品の精密洗浄(超音波シャワー技術)

複雑な形状・線材・真空部品・・・の表面改質(共振現象の制御技術)

溶剤・洗剤・・・・の化学反応(超音波と流れによる攪拌)

ナノレベルの粉末・塗料・触媒・・・攪拌・分散(表面弾性波の制御技術)

マイクロレベルの金属エッジ部のバリ取り

めっき・コーティング・表面処理・・・

・・・・・・・

上記の技術は、音圧(非線形現象)測定・解析に基づいて、
 表面弾性波と流体の流れに関して
 ダイナミック制御を実現させる
 新しい超音波システムの開発方法です。

興味のある方は、メールでお問い合わせください





■参考動画

https://youtu.be/Nv9ufCPgW2g

https://youtu.be/cY3FKtWVc8Y

https://youtu.be/dMSSqMv3dCM

https://youtu.be/Ic5GEjFIx9U

https://youtu.be/b338wdQGUB0

https://youtu.be/1rzRdMlOpL0

https://youtu.be/6qEcZiFg2F8

https://youtu.be/Nf7hwQeLotc

https://youtu.be/jCSAjRQKjqg

https://youtu.be/LoxWrX_p_Cs

https://youtu.be/Oh7ct4Ylb2Q

https://youtu.be/gW92as0JaLo




「流水式超音波システム」は
 中性洗剤、アルコール・・・に対しても利用可能です。

現在利用している洗剤、溶剤、洗浄液・・・に対しても
 場合によっては利用することができます。

「流水式超音波システム」による効果は
 効率的な超音波照射を実現するとともに
 マイクロバブル・ナノバブルの発生を促進します。

さらに、一定時間の超音波照射により
 ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなます。

その結果、
非常に安定した超音波(音響流)制御を行うことができます。
(超音波伝搬状態の計測・解析により確認しています)



「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1602

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

ジャグリング定理を応用した「超音波制御」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

超音波キャビテーションの観察・制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177




  


Posted by 超音波システム研究所 at 19:32Comments(0)超音波技術

2017年06月18日

超音波を利用した「霧化」技術

超音波を利用した「霧化」技術

超音波システム研究所は、
 超音波ホーン(50kHz 10W)と
 バイモルフポンプを利用した、
 超音波霧化技術を開発しました。

今回開発した技術は
 ポンプや超音波ホーンの条件を設定することで、
 霧化する水滴のサイズをコントロールできます。
 弾性波動の非線形現象を応用します。

超音波ホーンの周波数に関して、特別な制限はありません。
 オリジナルの超音波伝搬状態の測定・解析技術により、
 振動子の周波数と治工具・・の組み合わせによる
 伝搬状態の調整・制御・・・を可能にしています。





■参考動画

http://youtu.be/6Do-OO8058g

http://youtu.be/i2vUm_KcrBM

http://youtu.be/_nokbem0AlA

http://youtu.be/oZEsNVkZC20




http://youtu.be/AX4sQTEgEsc

http://youtu.be/YB47K-SNazQ

http://youtu.be/Pj4m27gOJnE

http://youtu.be/E-W9x-zhIj4

http://youtu.be/UqpuUmSY-1U

http://youtu.be/WLfJNmBjQn8





超音波霧化

http://youtu.be/NPohLlWlmc8

http://youtu.be/uqgF9_raybs

http://youtu.be/r1xWkaD4RmA

http://youtu.be/y4PN9e4cYUg

http://youtu.be/Y2-kE_gl2xg




http://youtu.be/KaWTsbgTWMY

http://youtu.be/4ZMngoo-Mh8

http://youtu.be/bd0WVCiHtBw

http://youtu.be/-8K_7Fw3rok

http://youtu.be/yVGlArIiES4


超音波ホーン(50kHz 10W)に関する基礎実験

http://youtu.be/Nr5LY90W5IQ

http://youtu.be/hZqiJmwd6sE

http://youtu.be/_6WEVVr30wI

http://youtu.be/xL7-qu0CWfI

http://youtu.be/inCjgdt6UCE

http://youtu.be/wN3raEVKyBs




この技術は、
 部品のコーティングを目的に開発しました。
 コーティング液や対象物の条件に合わせた
 固有の操作技術として、
 コンサルティング対応しています。

超音波を利用した霧化技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2371

「洗浄ビーズ」を利用した「超音波洗浄技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3200

超音波美顔器を利用した、組み合わせ「超音波伝搬制御技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1205

複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波プローブの<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波による金属・樹脂の表面改質技術
http://aeropres.net/release/html/3242
 






  


Posted by 超音波システム研究所 at 11:15Comments(0)超音波技術

2017年06月17日

LCP樹脂(上野液晶ポリマーUENOLCP)を利用した超音波実験

LCP樹脂(上野液晶ポリマーUENOLCP)を利用した超音波実験




超音波システム研究所は、
 超音波の応用に効果的な
 LCP樹脂を利用した超音波実験を公開しています。

樹脂名:LCP樹脂(上野液晶ポリマーUENOLCP)
 https://www.ueno-fc.co.jp/lcp/
 UENO LCPは、
 液晶ポリマーの世界的原料(モノマー)メーカーである
 上野製薬株式会社がその強みとノウハウを活かし、
 独自に研究開発した熱可塑性ポリマーです。

製造販売:上野製薬株式会社  https://www.ueno-fc.co.jp/


上野液晶ポリマーUENOLCPの特性は
 超音波やマイクロバブルの組み合わせにより
 様々な応用を可能にしています。

基本的な特性は、上野製薬株式会社のHPで確認してください。

超音波との関係につきましては
 超音波システム研究所が
 1)2014年6月から超音波伝搬に関する測定確認を開始しました
 2)2015年8月から
   高圧部品メーカーの超音波洗浄で使用開始しました
 3)2015年12月から
   自動車部品の超音波を利用しためっき処理で使用開始しました
 4)2017年2月から超音波加工・化学反応・・応用を開始しました

注:2017年6月現在、良好な結果に基づいて継続使用中です

洗浄・加工・化学反応・攪拌・・・に対する成果は非常に大きい状況です

注意:特許出願済み
   LCP樹脂(液晶ポリマー)の超音波利用に関しては
   上野製薬株式会社による特許出願が行なわれています







■参考動画

https://youtu.be/NSXbUwyZv9M

https://youtu.be/MIDS8ur3Ds0

https://youtu.be/vB2q1As6Mqw

https://youtu.be/stcCWecCeqk

https://youtu.be/z9qwWy8X4MY

https://youtu.be/tQNjyp9v22I

https://youtu.be/6pzXm2mUseY

https://youtu.be/uxW7Wj34ED0

https://youtu.be/PXk4xMoKpOY

https://youtu.be/tavTLsWsKJ4

https://youtu.be/qNA3pwBJh9I

https://youtu.be/q4uT-MhwC38

https://youtu.be/yMfdnucd4Q0

https://youtu.be/qIP9UUohdz8

https://youtu.be/xMU0gCbosZ8

https://youtu.be/WbBvo1--GaE

https://youtu.be/e10t_6OdESI

https://youtu.be/DNX6v3CF5gU

https://youtu.be/quCTWgBQVRg

https://youtu.be/auhkYr-7Zic

https://youtu.be/TqLngPkAsXs

https://youtu.be/S86UolmsP5c

https://youtu.be/z2ACctdigM8

https://youtu.be/h-2cVW9MxpE

https://youtu.be/9IOfJa-EKaw

https://youtu.be/csypnQZBErQ

***

https://youtu.be/u65YjJIsts4

https://youtu.be/cdvixNY9Zxo

https://youtu.be/fcMmDRGtAVQ

https://youtu.be/hE0p7yU0DAI

https://youtu.be/m5sPWo4Qt3U

https://youtu.be/2D8MPwdkYvM

https://youtu.be/Ak6ewqGnO20

https://youtu.be/omy8_v28lk4

https://youtu.be/z8dYXrfpvRs

https://youtu.be/HWdJH7-UyL0

https://youtu.be/rtgdMUVHFXI




超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662


これは、新しい方法および技術です、
 これまでの実施結果から
 LCP樹脂の音響特性は、
 金属・ガラス・・では難しい超音波伝搬現象を実現しています。



上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します


<樹脂の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563

間接容器と定在波による
音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波振動子の設置方法による、
超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を
解析・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

<樹脂容器・洗浄ビーズ>を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1484

「洗浄ビーズ」を利用した「超音波洗浄技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3200

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:04Comments(0)超音波技術

2017年06月14日

オリジナル超音波プローブの「発振・制御」技術 No.5

超音波システム研究所は、
 オリジナル製品:超音波プローブの「発振・制御」技術を利用した
 部品検査、精密洗浄、ナノ分散、化学反応実験・・・・に関して、
 新しい「超音波<発振・制御>システム」を開発しました。






 目的に合わせたオリジナル超音波プローブによる応用技術です。
 超音波の音圧データを測定・解析・評価することで
 効果的な超音波の発振・制御が実現できるシステムです。

 特に、複数の発振・制御を組み合わせにることで
 高い音圧レベルや、非線形現象による高い周波数について
 コントロールできます。

 部品の接続状態や表面についての検査や
 非常に小さい部品の精密洗浄、表面処理、・・・に関して、
 超音波振動の新しい利用方法として提案しています。


超音波プローブは
 利用目的を確認した「オーダーメード対応」しています。








参考動画

https://youtu.be/9IOfJa-EKaw

https://youtu.be/3vN3J-vlxQQ

https://youtu.be/h-2cVW9MxpE

https://youtu.be/f2wThz-a528

https://youtu.be/dnGof6McfNY

https://youtu.be/Zjw3WtnKaY4

https://youtu.be/43BPNTY235M

https://youtu.be/AxyFpxlDGGU

https://youtu.be/ieU63oPuSNg

https://youtu.be/YaFhdZsMrmA

https://youtu.be/csypnQZBErQ

https://youtu.be/QdzntsdqbUo

https://youtu.be/7gL7vm_f_yE

https://youtu.be/qP5vPAUhYc8

https://youtu.be/ut-Ly8o50v8

https://youtu.be/2c8Gss0C_DY

https://youtu.be/NKiocUkhB_s

https://youtu.be/9FbI_bVlaXs

https://youtu.be/fv8GPjrG0n0

https://youtu.be/OTtnlj_pVrw

https://youtu.be/2RX9iHJo1lM

https://youtu.be/qU0-50wmxUw

https://youtu.be/4858C7gjAvI

https://youtu.be/Q086uh4NxrQ

https://youtu.be/Dj5vjfNA05w

https://youtu.be/1OZGaQ4xXNE

https://youtu.be/J7EuXXSOQVE

***

https://youtu.be/tHPnI_dz4Vk

https://youtu.be/3-ID0frYDlg

https://youtu.be/bDmxVsjq0u4

https://youtu.be/TJLw-6izKfA

https://youtu.be/ICSZUkLyw2k

https://youtu.be/jYkaU7_LOpg

https://youtu.be/HwE3vTsaKaE

https://youtu.be/kbuj0cM5qzo

https://youtu.be/2YDWR5LiQMs

https://youtu.be/Xdq4sPfuf54







<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

「オリジナル振動計測技術」を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1421

超音波を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1117

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004 

超音波の伝搬状態を利用した評価技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=6849
  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:01Comments(0)超音波技術

2017年06月13日

2017年06月10日

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術

超音波システム研究所は、
超音波の伝搬状態に関する、計測・解析・制御技術を応用して、
超音波専用水槽による表面付近の残留応力を緩和する技術を開発しました。




今回開発した残留応力を緩和する技術により
 金属疲労・・に対する疲れ強さの改善を行うことが可能になりました。
 特に、超音波の伝搬状態を
 対象物のガイド波(表面弾性波・・)を考慮した設定により、
 効果的な超音波照射条件・・・を実現させる方法を開発しました。

 金属部品、樹脂部品、粉体部材、・・・の各種に対して
 幅広い効果を確認しています。

この技術を
 コンサルティング対応として提供します

これは、新しい超音波による表面処理技術であり、
 音響特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
  利用・発展できると考えています。




超音波とマイクロバブルを利用した
 表面処理(応力緩和)技術をコンサルティング対応として
 以下の事項を提供します

 1:原理の説明
 2:具体的な装置の説明(必要であれば設計・製造)
 3:操作方法・作業ノウハウの説明
 4:新しい超音波利用技術の説明


実績・事例
 1:超音波水槽の表面改質
 2:超音波振動子の表面改質
 3:金属部品の表面改質
    板金部品、ネジやボルト、・・・
 4:樹脂部品の表面改質
    レンズ、コーティング・塗装部品、・・




参考
 弾性波動
   http://youtu.be/RjuNZzAvYFs

 超音波による表面改質技術の基礎資料 no.1
   http://youtu.be/C4n1KiMhKlo

 超音波による表面改質技術の基礎資料 no.2
   http://youtu.be/_KAlDsgJcUY







 超音波による表面改質技術の基礎資料 no.3
   http://youtu.be/cwn8P5vokRw

 超音波による表面改質技術の基礎資料 no.6
   http://youtu.be/7FMQA50Z1jQ

 超音波による表面改質技術の基礎資料 no.7
   http://youtu.be/1UtmMFq5S4Q

 超音波による表面改質技術の基礎資料 no.9
   http://youtu.be/Ifh7vC7mJnc

 低温焼入れ
   http://youtu.be/A3GoJozHA64

 残留応力分布
   http://youtu.be/MX6oNNIlfBA




 プロセス解析と制御
   http://youtu.be/Cgi5FUoKZhw

http://youtu.be/4WaNI4VWAMk

   http://youtu.be/zkt6Hqodda0

   http://youtu.be/KZTcg7guXkM

   http://youtu.be/mJxnXEn9qUY

   http://youtu.be/Ket9m_4F0Y4




 超音波による表面改質技術の基礎
 (発振制御)
   http://youtu.be/jrDkf6zO7SM

 (マイクロバブル)
   http://youtu.be/hLNxRvfORBI

 (金属疲労)
   http://youtu.be/r4BRGPPIA88

 超音波の応用(表面改質)
   http://youtu.be/PaLIOruT6JQ

 超音波振動子の表面改質効果を利用した「超音波制御」
   http://youtu.be/S82LxMEnyzA

 超音波による表面改質技術
   http://youtu.be/bjz_QX2Do08

   http://youtu.be/_6_NP1yDvIg




<<事例>>

表面改質効果(水槽、振動子)

http://youtu.be/oQSJfYnuz_4

http://youtu.be/bMvpEcDtLdI

http://youtu.be/gdfeKyv2ljM

http://youtu.be/5IaYSwGk2Mc

http://youtu.be/556NJ56C6mA

http://youtu.be/YlLZAEzwUms

http://youtu.be/X13NljWUNfo

http://youtu.be/6wAz35MX6Wc





水槽の表面改質

http://youtu.be/uM9Let1GKFk

http://youtu.be/ibjyXfYdqqs

http://youtu.be/3_iX5sugFyo

http://youtu.be/HE-HhvAZsAU

http://youtu.be/6ID4IrZ1hnA




表面改質した超音波洗浄器

http://youtu.be/WPw5bbr2JFk

http://youtu.be/685E9w_Gg1M

http://youtu.be/JCnvtpfqbCM

http://youtu.be/h4_ks6xL_qs

http://youtu.be/ouraH1EGF8E

http://youtu.be/3CW_ag5QD2I

http://youtu.be/Q2lgp76O72c


自動車用ステンレス配管の表面改質

http://youtu.be/zTr3FP4rd5s

http://youtu.be/Ma1OrwSLotc

http://youtu.be/zgErCi07Y1U

http://youtu.be/0QdwVDg-ESU

http://youtu.be/CBe_C8KY4JY




超音波とマイクロバブルによる、
 ステンレス部品の表面改質処置

http://youtu.be/cwVjFcSqay4

http://youtu.be/lvb086PQgSs

http://youtu.be/XqowR0Y3ku0

http://youtu.be/MhFleV2_H6M

http://youtu.be/yqGaMc4Ye-I

http://youtu.be/83Ww1VXBjZY

http://youtu.be/6QK8iNs_2xo





その他

http://youtu.be/QPI1rQF0XE0

http://youtu.be/cF6LxdCk-ZM

http://youtu.be/UlR8nQVaeNU

http://youtu.be/AIVqj_yI_rM

http://youtu.be/zmD1C3YQVEQ

http://youtu.be/8d3HWESGHP8

http://youtu.be/VVY3HpWUBi4

http://youtu.be/RFLXx1XbNf4

http://youtu.be/a3Yn5-S-NA8

http://youtu.be/Q1Yq42hs5go

http://youtu.be/zhqC3_w0TXA

http://youtu.be/yU1VjyoqBCU

http://youtu.be/xrQdlLFYbvk

http://youtu.be/8iOztANIEas

http://youtu.be/Zh7EBAPSRGw









表面改質・検査技術(音圧測定・解析)

http://youtu.be/zPhz9T-rcjw

http://youtu.be/kc47GvsBZjI

http://youtu.be/fQzJOnerEyo

http://youtu.be/-hxuUUwGCPk

http://youtu.be/LwRQOgaLcgo

http://youtu.be/gsBsyRFK07U

http://youtu.be/EVH-yFi60PQ

http://youtu.be/v4JsYueoqFA

http://youtu.be/WC-N0Cnk1oM

http://youtu.be/ZinIKCQL86I

http://youtu.be/pbTg0Xy4_u4

http://youtu.be/GrFzk8lZ-lU

http://youtu.be/_7wT2_sxQbc

http://youtu.be/6ohlk6OfONE

http://youtu.be/ypefQVq5By0

http://youtu.be/M1c1upTRhHQ

http://youtu.be/uFH_8rWJUR0

http://youtu.be/iRIUPfA9BLw

http://youtu.be/njF9ZuyMgOk

http://youtu.be/EsWbJiXGSUc

http://youtu.be/WC-N0Cnk1oM

http://youtu.be/WvcabHD0n7k


超音波コンサルティング::表面改質
http://youtu.be/0-G-CYRN3j0

超音波による「表面改質(応力緩和)」技術
http://youtu.be/H-QiBHBJWGQ

超音波(表面改質に関する)研究開発資料の公開
http://youtu.be/7u4pWtfrBsQ

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術 
http://youtu.be/kyhKYqQRUV4

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波による金属・樹脂の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843


洗浄システム(推奨)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/52cc97c1a13fd294f53af526edd69990.pdf





  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:10Comments(0)超音波技術

2017年06月10日

<衝撃波>

衝撃波




<衝撃波>
「これは、空気中の波(音波)が非分散、
つまり高音も低音も同じ速さで伝わるのに、
水面波は低周波の音がより速く伝わる(これを分散という)のに起因している。

土用波のくる頃沖へ出ると
大きなうねりが小さな漣(さざなみ)をどんどん追い越して岸辺へ寄せることで、
これもどなたも知っておられることである。」
(柘植俊一のエッセイ より)
・・・・・・・・・・・・・・・・

このことは、
高周波を利用して低周波が発生する
超音波洗浄における新しい方法のヒントになると思います




音場(洗浄物・音響流・放射体・気泡)の条件に
噴流や淀みによる
複雑な多数の周波数を同時に発生させないほうが
効果がある場合の
洗浄の実状を説明する
重要なパラメータになるのではないかと考えています

<アイデアの概要>
気泡の近傍で形成される
ミクロ流を
適切に自己組織化することで
安定した洗浄力のある
音響流が構成できるのではないかと言うアイデアです






















超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

液循環による超音波の非線形制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1428

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906










  


Posted by 超音波システム研究所 at 08:16Comments(0)超音波技術

2017年06月10日

水自身の動く能力

水の特性

水自身の動く能力

















・・・・
産業革命以前に、
 水の主な機能は生命過程の支持だった。

今やその主な機能は科学技術に奉仕することである。

水自身の動く能力はほぼ完全に無視されている。

自然の循環は律動的運動の要素としてその力を啓示している。

ジョン・ウィルクス


こういったことも
 経験としては適合事例があります
 完全に無視するわけにはいかないと考えています











  


Posted by 超音波システム研究所 at 06:16Comments(0)ブログ

2017年06月09日

超音波洗浄器の利用技術(超音波の相互作用)No.4

超音波洗浄器の利用技術(超音波の相互作用)No.4




超音波システム研究所は、
超音波とマイクロバブルを利用した、
表面改質技術を各種治工具・・・に適応させることで、
超音波の相互作用を考慮した、
超音波洗浄器の利用技術を開発しました。

超音波とマイクロバブルによる表面改質効果により
 高い音圧レベルによるキャビテーション効果や
 液循環による加速度効果(音響流)を制御して
 効率の高い超音波の利用を可能にします。

上記の具体的な技術として
 各種治工具(設置台の条件・・)と超音波の相互作用による
 超音波の非線形現象(バイスペクトル)を
 目的に合わせて制御する技術を開発しました。

超音波の伝搬状態の測定・解析技術を利用した結果、
 高調波の制御を実現していること
 非線形現象を調整できることを確認しています。

システムの音響特性を確認して対応することがノウハウです





■超音波洗浄器

https://youtu.be/wqRF6vccobo

https://youtu.be/5O_Xu5bFK0w

https://youtu.be/KPOHBrBcOz4

https://youtu.be/g54YY_wrEsQ

https://youtu.be/bTz2j2iXfho

https://youtu.be/aVn9AwLsSJk

https://youtu.be/7MVziR7atJA

https://youtu.be/qP9uZJBX0Lw




https://youtu.be/9feFa8v09Ic

https://youtu.be/l0ed-oOxIyM

https://youtu.be/sk0p2jcUGTo

https://youtu.be/NdJbtn9oMwc

https://youtu.be/tDhbh4IpPyA

https://youtu.be/DPrKJapwPG8

https://youtu.be/6UpqxZ9m6qw




https://youtu.be/FHWYgSusAh4

https://youtu.be/NUwuoxbKjgs

https://youtu.be/BpwjUFOChK4





メガヘルツの発振制御

https://youtu.be/WPAPoNUDpHM

https://youtu.be/xRuUf53o_d4

https://youtu.be/yfXJuy7iYv4

https://youtu.be/HVX3z21zAEU

https://youtu.be/Qw254RuXP3Y

https://youtu.be/l3MRt6SgTAc

https://youtu.be/inJKNHQLEgM

https://youtu.be/LSTbeqaSCo8

https://youtu.be/AlY3QNSBnZs

https://youtu.be/pSVTmTK5sGQ

https://youtu.be/QxI0WKZcCHI






これは、超音波による表面処理技術の応用であり、
 音響特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
 コンサルティング対応しています。

超音波洗浄器(水槽)の改良には
 約3日間(80分間の超音波照射)の処理期間が必要です

上記の処理方法について
 コンサルティング対応も行っています。

 興味のある方はメールで連絡してください

超音波洗浄器(42kHz)による
<メガヘルツの超音波洗浄>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

超音波美顔器を利用した、「超音波伝搬制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1205

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842




オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500




液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1602




  


Posted by 超音波システム研究所 at 18:57Comments(0)超音波技術

2017年06月09日

超音波実験

超音波実験




超音波(キャビテーション)と
 音響流を
 適正に設定することで、
 目的に合わせた超音波の状態が実現できます

http://youtu.be/01yyH5SRpso





超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2
http://.com/?p=1060

超音波洗浄器(42kHz)による<メガヘルツの超音波洗浄>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

超音波実験写真
http://ultrasonic-labo.com/?p=2005












参考資料を紹介します 

1:解析
 1)叩いて超音波で見る―非線形効果を利用した計測佐藤 拓宋 (著) 
 出版社: コロナ社 (1995/06) 

 2)電気系の確率と統計 佐藤 拓宋 (著)  
 出版社: 森北出版 (1971/01)  尤度の基本的な説明がある

 3)不規則信号論と動特性推定 宮川 洋 (著), 佐藤拓宋 (著), 茅 陽一 (著) 
 出版社: コロナ社 (1969) 非線形解析手法が具体的に書かれている

 4)赤池情報量規準AIC―モデリング・予測・知識発見  
 赤池 弘次 (著), 室田 一雄 (編さん), 土谷 隆 (編さん) 
 出版社: 共立出版 (2007/07) 最新の統計解析手法の説明がある

 5)ダイナミックシステムの統計的解析と制御 赤池 弘次 (著), 中川 東一郎 (著) 
 出版社: サイエンス社(1972)  AIC(情報量基準)の事例説明がある

2:シミュレーション
 「波動解析と境界要素法」 福井 卓雄 小林 昭一 
 京都大学学術出版会 (2000/03) 

3:弾性波動
 「弾性波動論の基本 」 田治米 鏡二 (著) 槇書店 (1994/10) 
 「弾性波動論 」佐藤 泰夫 (著) 岩波書店 (1978/03) 

4:流体力学
 「内部流れ学と流体機械」 妹尾 泰利 (著) 養賢堂 (1973) 
 「流体力学 」日野 幹雄 (著) 朝倉書店 (1974/03) 
 「流体力学 」日野 幹雄 (著) 朝倉書店 (1992/12) 
 「噴流工学 」社河内敏彦(著) 森北出版(2004/03)

5:超音波
 「非線形音響学の基礎」 鎌倉 友男 (著) 愛智出版 (1996/09)

6:その他
 Web Decomp-季節調整・時系列データの統計解析

***********************
超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
***********************

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプを製造販売

超音波<計測・解析>事例

超音波計測装置(超音波テスター)を利用した測定事例

超音波テスターによる部品検査技術を開発

表面検査対応超音波プローブを開発

超音波プローブの<発振制御>技術















  


Posted by 超音波システム研究所 at 07:35Comments(0)超音波技術

2017年06月06日

数学の本質  岡潔著「春風夏雨」角川文庫

数学の本質  岡潔著「春風夏雨」角川文庫

数学の本質は禅と同じであって、
 主体である法(自分)が
 客体である法(まだ見えない研究対象)に
 関心を集め続けてやめないのである。


 そうすると客体の法がt-size:150%;line-height:150%;">
 次第に(最も広い意味において)姿を現わして来るのである。

 姿を現わしてしまえばもはや法界の法ではない。

 道元どうげん禅師はこういっている
(「正法眼蔵」上巻 現成公案
 『心身を挙して色を看取し、
  心身を挙して音を聴取するに、
  親しく会取すれども、
  鏡に影を映すが如くには非ず。
  一方を明らむれば、一方は暗し』
 親しく会取するまでが法界のことであって、
 鏡の映像をよく見ることは自然界のことである。」

( 岡潔著「春風夏雨」角川文庫 発行:株式会社KADOKAWA、「絵画」より)























  


Posted by 超音波システム研究所 at 18:18Comments(0)随想

2017年06月05日

流水式超音波制御技術

小型ポンプを利用した「流水式超音波制御技術」を開発
(超音波テスターによる<測定・解析・制御>の応用技術)




超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
小型ポンプを利用した液循環により
超音波(音響流)の伝搬状態をダイナミックに制御する
「流水式超音波(音響流)制御技術」を開発しました。

超音波テスターによる
流れと超音波の複雑な変化を、
水槽・液体(マイクロバブル)・超音波振動子・・・
の相互作用を含めた音圧解析により
利用目的に合わせて、
音響流の変化をコントロールするシステム技術です。


実用的には、
現状の液循環装置について
ON/OFF制御(あるいは流量・流速・・・の制御)を
装置の設置状態、対象物を含めた表面弾性波を考慮して
各種相互作用・振動モードを最適化する方法です。

特に、ポンプの特性を利用して、
液体と気体を交互に循環させる・・・により
新しい超音波・マイクロバブルの効果を実現しています。

ナノレベルの応用では、
「流水式超音波システム」として
20メガヘルツまでの周波数変化を含めた
「超音波シャワー」による
効率の高い超音波利用が実現しています。





-今回開発したシステムの応用実施事例-

オゾンと超音波の組み合わせ技術

低出力(50W以下)による10mサイズの水槽への超音波伝搬

ガラス・レンズ部品の精密洗浄(超音波シャワー技術)

複雑な形状・線材・真空部品・・・の表面改質(共振現象の制御技術)

溶剤・洗剤・・・・の化学反応(超音波と流れによる攪拌)

ナノレベルの粉末・塗料・触媒・・・攪拌・分散(表面弾性波の制御技術)

マイクロレベルの金属エッジ部のバリ取り

めっき・コーティング・表面処理・・・

・・・・・・・


上記の技術は、音圧(非線形現象)測定・解析に基づいて、
表面弾性波と流体の流れに関して
ダイナミック制御を実現させる
新しい超音波システムの開発方法です。

興味のある方は、メールでお問い合わせください




■参考動画

https://youtu.be/DhNj693_4ZI

https://youtu.be/xC4YZUxUMlI

https://youtu.be/yMGv35cnKPg

https://youtu.be/egZ_uyJdP4U

https://youtu.be/O7F9suIWrk0

https://youtu.be/p_uMTupXhmo

https://youtu.be/V4nvQYpYgvE


***

https://youtu.be/u-mIRdBCB8Q

https://youtu.be/DjLEV1oZfd0


https://youtu.be/JJ5FvFBvM48

https://youtu.be/raxpfgFSKcE

https://youtu.be/YMi07zuH7QU


***

https://youtu.be/RgYQ6ydgjKA

https://youtu.be/zFEoBMJ9DCo


https://youtu.be/H7HvDsGirFg

https://youtu.be/TN69W4M9_tA

https://youtu.be/l9So25E19do

***


https://youtu.be/6_cvF85ulTc

https://youtu.be/y_shVs61tVU

https://youtu.be/6EoTs3LRMGU

https://youtu.be/VY0iosKFlBU



「流水式超音波システム」は
中性洗剤、アルコール・・・に対しても利用可能です。

現在利用している洗剤、溶剤、洗浄液・・・に対しても
場合によっては利用することができます。

「流水式超音波システム」による効果は
効率的な超音波照射を実現するとともに
マイクロバブル・ナノバブルの発生を促進します。

さらに、一定時間の超音波照射により
ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなます。

その結果、
非常に安定した超音波(音響流)制御を行うことができます。
(超音波伝搬状態の計測・解析により確認しています)



「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

  


Posted by 超音波システム研究所 at 20:18Comments(0)超音波技術

2017年06月05日

洗浄・超音波の基礎から学ぶ、超音波洗浄の活用技術とトラブル対策

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓   
 ■■ 洗浄・超音波の基礎から学ぶ、超音波洗浄の活用技術とトラブル対策 ■■

     http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/887

      日  時:7月12日(水) 10:30~16:30(10:00受付開始)
      一  般:37,800円(資料含む、消費税込)
      特別価格:21,600円(資料含む、消費税込)※
 ※当社通信教育講座(第52期包装技術学校、機械設計技術基礎講座)
  受講中の企業。もしくは同時にいずれかの講座を申し込んだ企業。




 ■講師プロフィール■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   超音波研究所 代表 機械工学 システム技術  斉木 和幸 氏

  [研究]
   超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術の開発
   脱気・マイクロバブル発生液循環装置の開発
   超音波の音圧測定解析装置の開発
   超音波の発振制御プローブの製造技術を開発
   超音波シミュレーション技術を開発
   ナノレベルの超音波乳化分散技術
   農協用水、消火栓、マンホール・・・低周波の振動計測技術の開発




 ■プログラム■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1. 洗浄の基礎知識
  2. 音圧データの測定解析に基づいた問題と改善策
  3. 洗浄で使われる超音波
  4. 洗浄の問題解決テクニック(トラブルシューティング)
  質疑応答

  詳細は →  http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/887

  ■会 場:日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
       http://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/index
  ■主 催:日刊工業新聞社











  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:25Comments(0)セミナー超音波技術