2018年02月26日

超音波プローブの発振制御による表面検査技術 No.3

超音波システム研究所は、
 対象物の表面を伝搬する超音波データの解析実績から
 メガヘルツの超音波発振による、新しい表面検査技術を開発しました。




超音波プローブの発振制御による
 「音圧・振動」測定・解析技術を応用した方法です。

目的(対象物の表面を伝搬する振動モード)に合わせた
 超音波プローブの開発対応による、
 コンサルティングにより
 評価技術の説明対応を行っています。

新しい超音波発振制御技術です。
 対象物の音響特性に合わせた、
 メガヘルツの超音波伝搬状態に関する共振現象を利用することで
 様々な特徴を検出することが可能です。

特に、発振・受信の組み合わせによる
 応答特性を利用した
 部品検査や、小さい部品の精密洗浄評価・・・に関して、
 超音波振動の新しい応用が可能になる基本技術です。

表面弾性波の伝搬現象に関する、超音波のダイナミック特性を
 測定・解析・評価に基づいて
 論理モデルを構成・修正しながら検討することで
 検査目的に合わせた効果的な利用を可能にしました。





超音波プローブの概略仕様
 発振・測定範囲 0.01Hz~100MHz
 コード長さ 10cm~
 対象材質 ステンレス、樹脂、セラミック、ガラス・・・

 対象物の音響特性を、目的に合わせて、最適発振します。

この技術は、超音波洗浄に関して
 洗浄バラツキを発生する原因を明確にします。
 従って、超音波制御による対応・対策を可能にします。
 

参考(実験動画)

https://youtu.be/J4C5HBEjhPw

https://youtu.be/ucxfzElbnS8

https://youtu.be/4VSLMthzCAM

https://youtu.be/TGQx8Iroo0s

https://youtu.be/_8BPsVVTKJs

https://youtu.be/i63jBISt6Ek

https://youtu.be/hpoHwpEjDro

https://youtu.be/6lka6dxT1rQ

https://youtu.be/EgdHLkif0nE

https://youtu.be/EmEPEo3EhCU

https://youtu.be/zl3dRBxkb2s

https://youtu.be/j0jCmmYjEEQ

***

https://youtu.be/wjM9KtLut5o

https://youtu.be/nTUHQ6W8CbY

https://youtu.be/LUsPNEKwobE

https://youtu.be/jHh0MFH5rwY

https://youtu.be/IRceiNIBKGY

https://youtu.be/l-5j4ukd2j8

https://youtu.be/kx0bb_siFf8

https://youtu.be/xSm4YKBcHu4

https://youtu.be/3m-I08KsX4c

https://youtu.be/CIzfVlxNKe4

https://youtu.be/zFIek-T8Y98

https://youtu.be/MdDJfFOkF2s

https://youtu.be/_nYTw5IghM0

https://youtu.be/qdayG4l_MYg

https://youtu.be/nZ7yJtjmKVo

***

https://youtu.be/JjOpQ48qRvQ

https://youtu.be/waJyJOoe2JQ

https://youtu.be/7oVKBpgV8UA

https://youtu.be/xW_ZSLain0Y

https://youtu.be/CxZzV7Vh988

https://youtu.be/9x6Okp5Gebw

https://youtu.be/MB4Af8X2yCo

https://youtu.be/x0ARBX28KB8

https://youtu.be/Kwa8kTfrzaQ

https://youtu.be/jhGb8VxGT78

https://youtu.be/SxSaODY7hgw

https://youtu.be/B0RkPIuEjow

https://youtu.be/Wz60bajGWmc

https://youtu.be/iOT4fqtIhT0

https://youtu.be/W3Px6JSgIs8

https://youtu.be/skrlSHzoLwQ

https://youtu.be/xNr3TEvUi7E

https://youtu.be/1tJ8Ac6zCLA

https://youtu.be/Z7TN-03twDQ

https://youtu.be/Ae51Ld58Sc8

https://youtu.be/_7maHNmQX0s

***

https://youtu.be/BUAhAwiY4-8

https://youtu.be/NNxguGeljmk

https://youtu.be/mciUncl9V6I

https://youtu.be/_OXz9fk08pg

https://youtu.be/VLAL0X0KqWM

https://youtu.be/0ocqZKPzzOc

https://youtu.be/XkRKJ6YCh54

https://youtu.be/ZxALuuRzg4c





超音波洗浄機の<計測・解析・評価>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波プローブによる<メガヘルツの超音波発振制御>技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

脱気マイクロバブル発生液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

<樹脂容器の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563

超音波プローブの<発振制御>技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

空中超音波の伝搬状態を評価する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1552

間接容器と定在波による、音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

超音波の応答特性を利用した、表面検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10465

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を「解析・評価」する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177











詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。

  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:21Comments(0)超音波技術

2018年02月24日

<<キャビテーションのコントロール>>

<脱気・マイクロバブル発生液循環システム>による非線形制御技術

<<キャビテーションのコントロール>>




超音波システム研究所は、
 目的に合わせた効果的な超音波のダイナミック制御を実現する、
 <脱気・マイクロバブル発生液循環システム>に関して
 メガヘルツの超音波発振制御とのくみあわせにより
 超音波の非線形現象をコントロールする技術を開発しました。





超音波液循環技術の説明

1)超音波専用水槽(オリジナル製造方法)を使用しています。
  (材質は、樹脂・ステンレス・ガラス・・対応可能です)
2)水槽の設置は
  1:専用部材を使用
  2:固有振動と超音波周波数・出力の最適化を行っています。
  (水槽の音響特性に合わせた対応を実施します)
3)超音波振動子は専用部材を利用して設置しています
  (専用部材により、定在波、キャビテーション、音響流の
   利用状態を制限できます)
4)脱気・マイクロバブル発生装置を使用します。
   (標準的な、溶存酸素濃度は5-6mg/l)
5)水槽と超音波振動子は表面改質を行っています。

上記の設定とマイクロバブルの拡散性により
均一な洗浄液の状態が実現します。

均一な液中を超音波が伝搬することで
安定した超音波の状態が発生します。

この状態から
目的の超音波の効果(伝搬状態)を実現するために
液循環制御を行います
(水槽内全体に均一な音圧分布を実現して、
 超音波、脱気装置、液循環ポンプ、・・の運転制御がノウハウです)

目的の超音波状態確認は音圧測定解析(超音波テスター)で行います。




ポイントは
適切な超音波(周波数・出力)と液循環のバランスです
液循環の適切な流量・流速と超音波キャビテーションの設定により
超音波による音響流・加速度効果の状態をコントロールします。

マイクロバブルの効果で
均一に広がる超音波の伝搬状態を利用します。

液循環により、以下の自動対応が実現しています。

溶存気体は、水槽内に分布を発生させ
レンズ効果・・・の組み合わせにより、超音波が減衰します。




適切な液循環による効率の良い超音波照射時は、
大量の空気・・が水槽内に取り入れられても
大きな気泡となって、水槽の液面から出ていきます。

しかし、超音波照射を行っていない状態で
オーバーフロー・・により
液面から空気を取り込み続けると、超音波は大きく減衰します。

この空気を取り入れる操作は必要です
多数の研究報告・・がありますが
液循環の無い水槽で、長時間超音波照射を行い続け
溶存気体の濃度が低下すると
音圧も低下して、キャビテーションの効果も小さくなります。
(説明としては、キャビテーション核の必要性が空気を入れる理由です
 液面が脱脂油や洗剤の泡・・・で覆われた場合も空気が遮断され
 同様な現象になります)




さらに、
超音波照射により、脱気は行われ
溶存気体の濃度は低下して、分布が発生します
単純な液循環では、この濃度分布は解消できません。

この濃度分布の解決がマイクロバブルの効果です。

脱気・マイクロバブル発生液循環が有効な理由です。

注:
オリジナル装置(超音波測定解析システム:超音波テスター)による
音圧測定解析を行い
効果の確認を行っています。






上記の液循環状態に対して
超音波プローブによるメガヘルツの超音波発振制御を行うことで
超音波の非線形現象が幅広い周波数帯で発生するとともに
ダイナミックな超音波の変化を実現します。

気体の流量・流速分布・・・を適切に設定することで
目的に合わせた、非線形現象を発生させることができます。




<<参考動画>>

https://youtu.be/l2Y42lSuvxU

https://youtu.be/61_E57OEB4s

https://youtu.be/9GZYTuzREe0

https://youtu.be/mlX94XFEqqY

https://youtu.be/u9xWEb-B1EQ

https://youtu.be/5BDITNLcjCY

https://youtu.be/PI3dAnnQmXQ

https://youtu.be/2KzAYORuq4w

https://youtu.be/W0ZgpzB0hSI

https://youtu.be/xodhREWmBfY

https://youtu.be/bjiKx2OULko

https://youtu.be/ACt7-McUujM

https://youtu.be/v6ZMZs-m3p4

https://youtu.be/aJ455bNFa4g

https://youtu.be/_Z5A7dLiEJk




<<< キャビテーション・音響流 >>>

超音波キャビテーションの観察・制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

キャビテーションと加速度の効果に関する新しい分類
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1251


間接容器と定在波による、音響流とキャビテーションのコントロール
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1471






  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:33Comments(0)超音波技術

2018年02月20日

オリジナル超音波プローブの「発振・制御」技術 No.10

超音波システム研究所は、
 オリジナル製品:超音波プローブの「発振・制御」技術を利用した
 部品検査、精密洗浄、ナノ分散、化学反応実験・・・・に関して、
 新しい「超音波<発振・制御>システム」を開発しました。




 目的に合わせたオリジナル超音波プローブによる応用技術です。
 超音波の音圧データを測定・解析・評価することで
 効果的な超音波の発振・制御が実現できるシステムです。

 特に、複数の発振・制御を組み合わせにることで
 高い音圧レベルや、非線形現象による高い周波数について
 コントロールできます。

 部品の接続状態や表面についての検査や
 非常に小さい部品の精密洗浄、表面処理、・・・に関して、
 超音波振動の新しい利用方法として提案しています。




超音波プローブは
 利用目的を確認した「オーダーメード対応」しています。


参考動画

https://youtu.be/WGWcH_DlDyo

https://youtu.be/zftFqCJdj14

https://youtu.be/hz0Ekrw97x0

https://youtu.be/FAbSlIkpmNM

https://youtu.be/6jNRa6QTjME

https://youtu.be/uNcK_YZdoF8

https://youtu.be/J1fjSP5KzHM

https://youtu.be/wDyG1D-EvA8

https://youtu.be/wtvbULu-4fE

https://youtu.be/if4BrH0dSF4

https://youtu.be/D81TOL2lnI4

https://youtu.be/r0GsoXaMzkE

https://youtu.be/es5APowmTzw

https://youtu.be/l15LNdVkykU

***

https://youtu.be/zmGcSOVUUh8

https://youtu.be/zO6bCJHLUIU

https://youtu.be/ItSfdJZKoDs

https://youtu.be/WNocrrorwGY

https://youtu.be/qSI_cuZGFPc

https://youtu.be/hCS8Zhxr2sk

https://youtu.be/li8BTND0agE

https://youtu.be/IQqS_AOpNYE

https://youtu.be/J2IWzAswST0

https://youtu.be/Md-kUPvsA40

https://youtu.be/cmEHMHy9ydk

https://youtu.be/mNjj5hTAats

https://youtu.be/DZTBbT50kL8

https://youtu.be/rxnojzcCICU

https://youtu.be/0Tv6b9BB_x8

https://youtu.be/aEnkHm935UE




<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

オリジナル技術(音圧測定解析)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

「オリジナル振動計測技術」を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1421

超音波を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1117

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004 

超音波の伝搬状態を利用した評価技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=6849

超音波の非線形振動
 http://ultrasonic-labo.com/?p=13908

超音波による表面弾性波の制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5609

音と超音波の組み合わせ技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=12463

超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

超音波プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波を利用した「表面弾性波の計測技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1184

超音波プローブの<発振制御>技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波の発振・制御技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:36Comments(0)超音波技術

2018年02月03日

超音波の発振制御システム No.6

超音波システム研究所は、
 オリジナル超音波プローブの発振制御により、
 対象物に伝搬する超音波振動の、
 非線形現象をコントロールする技術を開発しました。




音圧測定解析システム(超音波テスター)
 ファンクションジェネレータによる発振制御を
 対象物の音響特性に合わせて、
 発振出力、波形、変化・・・させることで、
 超音波の伝搬状態をコントロールします。

注:対象物の音響特性と
 超音波の発振制御で、
 相互作用による振動現象を利用した
 超音波のダイナミック制御・・・・を行います
 (超音波テスターで、音圧の測定・解析・確認を行っています)

この技術を、
 精密洗浄や化学反応実験・・・に用いた結果、
 ナノレベルの効率の高い超音波システムとして
 応用(洗浄・改質・反応制御・・)することが可能となりました。

これは、従来では干渉や共振により減衰すると考えられた状態について
 大きな可能性を示した結果だと考えます。

今後、超音波による非線形現象はますます可能性を広げていくと考え
 研究開発を含め、実用的な提案をしていきます。




参考動画

https://youtu.be/Jxav8DFwmPU

https://youtu.be/Cr79nC41Ly8

https://youtu.be/xrL2pP0t4uo

https://youtu.be/VE0Ib5dkDrQ

https://youtu.be/ClXXFO8BdAk

https://youtu.be/j4heh4v6NVI

https://youtu.be/DF9OEDGzR5g

https://youtu.be/CvdJopzwSWc

https://youtu.be/naS5eXUOR9U

https://youtu.be/naS5eXUOR9U

https://youtu.be/EvDLDJxZMB4

https://youtu.be/EvDLDJxZMB4

https://youtu.be/QNh6enbroHE

https://youtu.be/FHb8NYxuOts

https://youtu.be/SmdAj-sZMZ4

https://youtu.be/SksjN6OjV8w

https://youtu.be/SisHc9HJ4pE

https://youtu.be/C1aqdcOvrBc

https://youtu.be/GTlntRzHoiw

https://youtu.be/LULRM1EwB0Q

https://youtu.be/za5CGUi4qnA

https://youtu.be/LkyP--U8c50

https://youtu.be/N9L0GkT4xCg

***

https://youtu.be/Elbm9RT07lM

https://youtu.be/4CnbW0OHgyY

https://youtu.be/9J6su39xKi8

https://youtu.be/tD-Lbus0LR8

https://youtu.be/-KXjlcR_iQo

https://youtu.be/QwGYYCnn7HQ

https://youtu.be/uPVWGDx_Fkc

https://youtu.be/WBSaoOJCZr4

https://youtu.be/5X-tyXdlzPs

https://youtu.be/b3fykO_AqxU

https://youtu.be/1gZfaYzOFcE

https://youtu.be/AcSjx5ZhyDw

https://youtu.be/MvAuC8x-06U

https://youtu.be/m3JTcfLfOLk

https://youtu.be/cZ4wDn7vOZQ

https://youtu.be/EHjyg3m7TwE

https://youtu.be/x_yGehzA7uA




<<参考>>

超音波の発振・制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852

  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:52Comments(0)超音波技術