2018年06月19日

超音波の音圧測定解析システム「超音波テスターNA」No.4

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
超音波の測定解析が容易にできる
「超音波テスターNA(推奨タイプ)」を製造販売しています。





システム概要(推奨システム::超音波テスターNA)

1.価格 194,400円(税込:消費税8%)

2.内容
  超音波洗浄機の音圧測定専用プローブ 1本
  超音波測定汎用プローブ  1本
  オシロスコープセット 1式
  解析ソフト・説明書・各種インストールセット 1式(USBメモリー)
 

3.特徴(標準的な仕様の場合)

  *測定(解析)周波数の範囲
   仕様 0.1Hz から 10MHz
  *超音波発振
   仕様 1Hz から 100kHz
  *表面の振動計測が可能
  *24時間の連続測定が可能
  *任意の2点を同時測定
  *測定結果をグラフで表示
  *時系列データの解析ソフトを添付

超音波プローブによる測定システムです。
 超音波プローブを対象物に取り付けて発振・測定を行います。
 測定したデータについて、
 位置や状態と、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の音響性能として検出します。






<< 音圧測定 >>

1)超音波テスター資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8fd5379cd652a53540b02469b31ee072.pdf

2)音圧解析に関する資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/d2a25103ad3cc9e7412ba335bcf94507.pdf

3)新しい超音波技術(音圧測定・解析)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/04f7d34712031a85107f74d7fd83a4cf.pdf

4)自己診断方法20160808
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/b80606ed363efa65a12fd7c2c147c9e0.pdf

5)なぜ R を使うべきなのか?
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/0c65c97be4aba10f313a5f3b813a4186.pdf

6)オリジナル技術20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/a6c0b4afdabb85b38f9c4268ba61f30c.pdf






参考動画

https://youtu.be/_AdR57Hc3Q4

https://youtu.be/XgxuKUv8tB8

https://youtu.be/NZFlK0omObU

https://youtu.be/Iivq69LczAo

https://youtu.be/7D67Z6XpsyY

https://youtu.be/mhrUInqk04c

https://youtu.be/s24fmpsq0lw

https://youtu.be/KLAyD6-YxfA

https://youtu.be/XX_a7dj47o0

https://youtu.be/nSGRSY6DS9o

https://youtu.be/vBl1zxZH3ec


***

LCP樹脂、テフロン棒を利用した音圧測定

https://youtu.be/rgleRDkkAls

https://youtu.be/a2n6XvX9UyI

https://youtu.be/OlRE3NMAjDs

https://youtu.be/SF0YXHsNYf8

https://youtu.be/fhsCMD_KL08

https://youtu.be/GGX1Rh36tCw

https://youtu.be/J2FJFqEwWjw

https://youtu.be/KADO1bhd_ck

https://youtu.be/eyXS5QK7clY

https://youtu.be/fGNqcQD3iHY

https://youtu.be/seQLwwsFbJc


***

https://youtu.be/JER71uuSTU8

https://youtu.be/ebPOvkmjt2Q

https://youtu.be/iPXfnQOojmI

https://youtu.be/nMpMVII1AqE

https://youtu.be/iBmE6alhO6c

https://youtu.be/L3_eqZ3vqaU

https://youtu.be/mXhqbmJnOfY

https://youtu.be/y-lhJwh8jHY

https://youtu.be/G75IVDSPfcU

https://youtu.be/FiBI9mDm9fg








<<超音波テスター>>

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波計測装置(超音波テスター)を利用した測定事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1685

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

音圧測定装置(超音波テスター)の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

超音波技術(多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析)
http://ultrasonic-labo.com/?p=12202

超音波の音圧測定解析データを公開
http://ultrasonic-labo.com/?p=2387


<<超音波テスターの利用>>

超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

超音波システムの<測定・評価・改善>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1703

超音波プローブ(音圧測定・振動解析)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1263

オリジナル超音波プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=8163

超音波プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波の非線形振動
http://ultrasonic-labo.com/?p=13908

超音波洗浄システムを最適化する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=2710

表面弾性波を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=14311

超音波振動子の改良による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9865

超音波機器の超音波伝搬状態を測定・評価する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1478

(超音波振動:計測・発振対応)超音波プローブの開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2420

















  


Posted by 超音波システム研究所 at 13:51Comments(0)超音波技術

2018年06月15日

超音波とマイクロバブルと表面弾性波による非線形振動の制御技術

超音波システム研究所は、
 超音波制御により表面弾性波を利用した、
 非線形振動の応用技術を開発しました。




超音波とマイクロバブルと表面弾性波の組み合わせにより
 ダイナミックな超音波伝搬状態を
 目的に合わせて制御します。




ポイントは
 音響流と表面弾性波をマイクロバブル流水を媒体として
 超音波のオリジナル非線形共振現象を
 効率の高い状態で制御可能にします。

<<オリジナル非線形共振現象>>
超音波の発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象
(サブハーモニックのコントロールがノウハウです)

上記の具体的な技術として
 水槽・治工具・・・と超音波の相互作用による
 非線形解析結果(バイスペクトル)を
 目的(洗浄、攪拌、応力緩和・・)に合わせて制御する
 超音波発振制御システム技術を開発しました。

超音波の伝搬状態の測定・解析技術を利用した結果、
 高調波の制御を実現していること
 非線形現象を調整・最適化できることを確認しています。

システムの音響特性を
 (測定・解析・評価)確認して対応することがノウハウです。

補足
超音波と言うことで、高い周波数に注意を向けますが
低周波の振動状態(装置の設置方法・・・)により
超音波が大きく減衰する事例を多数確認しています。
対策は、低周波の測定確認により
様々な方法を採用実施しています






<上記の技術に基づいた下記動画実験から生まれたアイデア>
マイクロバブル(気泡)の近傍で形成されるミクロ流を自己組織化することで
振動刺激・洗浄力・・・のある
異なるタイプの音響流を構成できるのではないかと言うアイデアです

詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。


参考動画

https://youtu.be/iynYdPE1L-s

https://youtu.be/CSYowYANWyw

https://youtu.be/hCscw40uXiI

https://youtu.be/KqNXD3ND3Tg

https://youtu.be/_NZe6RIwEho

https://youtu.be/1bTJc23jb4A

https://youtu.be/Pi1JiDIKxbw

https://youtu.be/g8jYCmkNNSg

***

https://youtu.be/ls2cXuudkmQ

https://youtu.be/Ordtacaqudg

https://youtu.be/K7t2iEnZugQ

https://youtu.be/nmctIiC1ugM

https://youtu.be/n7QXMDwOkIA

https://youtu.be/2b2JQTUF5ts

https://youtu.be/kmxc4iFVJ2c

https://youtu.be/RVDrTRulaG8

https://youtu.be/N4_AmtlfIx0

https://youtu.be/Bg7UAsN-RNI

https://youtu.be/5wPPgGUZZDU

https://youtu.be/mHczXBQwh1E

https://youtu.be/N9IDXglh28g

https://youtu.be/GYSXzwAfclQ

https://youtu.be/CG3qFTq0RlI

https://youtu.be/VVY3HpWUBi4

https://youtu.be/Icm2-podYaU

https://youtu.be/lf3zOnviZwE

https://youtu.be/bqWROAODJbs







超音波の発振・制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波の非線形現象(音響流)をコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

超音波の「音響流」制御による
「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

表面弾性波を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=14311

オリジナル超音波プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=8163

超音波の非線形振動
http://ultrasonic-labo.com/?p=13908

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=1852















  


Posted by 超音波システム研究所 at 18:53Comments(0)超音波技術

2018年06月10日

<超音波のダイナミックシステム>

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
超音波伝搬状態のコントロールに関して、
弾性体の表面弾性波を利用した、
<超音波のダイナミックシステム>を開発しました。






<超音波のダイナミックシステム>

超音波の伝搬状態をシステムとしてとらえ、解析と制御を行う

多くの超音波利用の目的は、
 対象物に伝搬する超音波の
 音圧変化の予測あるいは制御にあります。

しかし、多くの実施例で
 理論と実際の違いによる問題が多数指摘されています。

この様な事例に対して
 1)障害を除去するものは
   統計的データの解析方法の利用である
   <超音波伝搬状態の計測・解析技術>

 2)対象に関するデータの解析の結果に基づいて
   対象の特性を確認する
   <対象物の表面弾性波に関する音響特性を検出する技術>

 3)特性の確認により
   制御の実現に進む
   <非線形現象をコントロールする技術>

 といった方法により
  超音波を効率的な利用状態に改善し
  目的とする超音波の利用を実現した
   オリジナルシステムの実施例が多数あります

 以下の動画も一つの事例です





動画

超音波システム技術

https://youtu.be/hhrKW0QI0DE

https://youtu.be/WpfMT4wE51o

https://youtu.be/Pe4LZgxcCjY

https://youtu.be/ZFww9_817-o

https://youtu.be/r_0CNc1aIzY

https://youtu.be/6jshQgsLsVU

https://youtu.be/hcHUIAl8jzA

https://youtu.be/q3osgF40vrA

https://youtu.be/ir_z0o8XfFU

https://youtu.be/p38OmSeiOu4

<<音響流>>
一般概念

有限振幅の波が
 気体または液体内を伝播するときは、
 音響流が発生する。

音響流は、
 波のパルスの粘性損失の結果、
 自由不均一場内で生じるか、
 または音場内の障害物(洗浄物・治具・液循環)の近傍か
 あるいは振動物体の近傍で
 慣性損失によって生じる物質の一方性定常流である。

音響流は、
 大多数の超音波加工工程、
 浄化、乾燥、乳化、燃焼、抽出・・・過程での
 重要な強化因子であり、
 媒体内の熱交換と物質交換を著しく促進する。

加工工程での音響流の作用効果は、
 それらの速度と寸法因子によって決まる。







メガヘルツの超音波制御技術

https://youtu.be/jEySP-4bGMo

https://youtu.be/PlSce1TDLcc

https://youtu.be/zvoxvB8iOR4

https://youtu.be/ZKsfkHX2EBU

https://youtu.be/Ab5mrJBkFp4

https://youtu.be/br1OOxafD1M

https://youtu.be/Pn8OaRHm9-I

https://youtu.be/77jFoekQ9AI

https://youtu.be/irZux8oyUQo

https://youtu.be/KrzBVOuMUlI

https://youtu.be/UZ9IJRopx3U

https://youtu.be/OSMKSBi_iso

https://youtu.be/dXq7VGYBT48

https://youtu.be/EWHw2fG8KQk

https://youtu.be/bV81bC2-4sU

<<オリジナル非線形共振現象>>
超音波の発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象
(サブハーモニックのコントロールがノウハウです)






表面弾性波を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=14311

オリジナル超音波プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=8163

超音波の非線形振動
http://ultrasonic-labo.com/?p=13908

超音波技術(多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析)
http://ultrasonic-labo.com/?p=12202

超音波<測定・解析>システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1000

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波伝搬状態の最適化技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1010

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350






超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/?p=13404


詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。
  


Posted by 超音波システム研究所 at 12:59Comments(0)超音波技術

2018年06月06日

表面弾性波を利用した超音波制御技術を開発

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
超音波伝搬状態のコントロールに関して、
弾性体の表面弾性波を利用した、
超音波制御技術を開発しました。






超音波伝搬状態の測定・解析・評価・技術に基づいた、
 精密洗浄・加工・攪拌・・・への新しい応用技術です。

各種材料の音響特性(表面弾性波)の利用により
 20W以下の超音波出力で、
 3000リッターの水槽でも、
 10mの鉄鋼配管・・・でも、
 対象物への超音波刺激は制御可能です。

弾性波動に関する工学的(実験・技術)な視点と
 抽象代数学の超音波モデルにより
 非線形現象の応用方法として開発しました。

ポイントは
 表面弾性波の利用です、
 対象物の条件・・・により
 超音波の伝搬特性を確認することで、
 オリジナル非線形共振現象(注1)として
 対処することが重要です

注1:オリジナル非線形共振現象
 オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象


様々な分野への利用が可能になると考え
 各種コンサルティングにおいて提案しています。






参考動画
オリジナル非線形共振現象

https://youtu.be/-LnmwbPu-wg

https://youtu.be/ndRIIdVAr8Q

https://youtu.be/ir_z0o8XfFU

https://youtu.be/w-VicoyU7Bs

https://youtu.be/p38OmSeiOu4

https://youtu.be/omz5tueywS8

https://youtu.be/NpTPSYix3l0

https://youtu.be/nduRM9sHZ_I

https://youtu.be/Ab5mrJBkFp4

https://youtu.be/Cj8WtuXebgk

https://youtu.be/HV1BvBZsB6c

https://youtu.be/Nnqh6TFAYdQ

https://youtu.be/usDfM33Z2U0

https://youtu.be/cQpH6BXtzoU

https://youtu.be/1CkXBn1uYPc

***
超音波の音圧測定

https://youtu.be/XSaxtK5eyEM

https://youtu.be/xMWYJGHDszg

https://youtu.be/MQ4VCnoFEgA

https://youtu.be/g0AFnfxDf4g

https://youtu.be/aI4BzCkWb_M

https://youtu.be/9oM8oPqZlmA

https://youtu.be/P_hd5vezTDM

https://youtu.be/86WpFVyWi4o











超音波洗浄器(42kHz)による
<メガヘルツの超音波洗浄>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

超音波<測定・解析>システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1000

超音波美顔器を利用した、「超音波伝搬制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1205

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232


  


Posted by 超音波システム研究所 at 13:36Comments(0)超音波技術

2018年06月02日

超音波(キャビテーションと音響流)のダイナミック制御技術を開発

超音波システム研究所は、
 目的に合わせた効果的な超音波のダイナミック制御を実現するために、
 <脱気・マイクロバブル発生液循環システム>を利用しています。




超音波液循環技術の説明

1)超音波専用水槽(オリジナル製造方法)を使用しています
2)水槽の設置は
  1:専用部材を使用
  2:固有振動と超音波周波数・出力の最適化を行っています
3)超音波振動子は専用部材を利用して設置しています
  (専用部材により、定在波、キャビテーション、音響流の
   利用状態を制限できます)
4)脱気・マイクロバブル発生装置を使用します
   (標準的な、溶存酸素濃度は5-6mg/l)
5)水槽と超音波振動子は超音波による表面改質を行っています

上記の設定とマイクロバブルの拡散性により
均一な洗浄液の状態が実現します

均一な液中を超音波が伝搬することで
安定した超音波の状態が発生します

この状態から
目的の超音波の効果(伝搬状態)を実現するために
液循環による非線形現象の制御を行います
(水槽内全体に均一な音圧分布を実現して、
 超音波、脱気装置、液循環ポンプ、・・の
 設置・運転・・・制御がノウハウです)

目的の超音波状態確認は音圧測定解析(超音波テスター)で行います




ポイントは
適切な超音波(周波数・出力)と液循環のバランスです
液循環の適切な流量・流速と超音波キャビテーションの設定により
超音波による音響流・加速度効果の状態をコントロールします

脱気・マイクロバブルの効果で
均一に広がる超音波の伝搬状態を利用します

液循環により、以下の自動対応が実現しています

溶存気体は、水槽内に分布を発生させ
レンズ効果・・・の組み合わせにより、超音波が減衰します

もうひとつは
適切な液循環による効率の良い超音波照射時は、
大量の空気・・が水槽内に取り入れられても
大きな気泡となって、水槽の液面から出ていきます

しかし、超音波照射を行っていない状態で
オーバーフロー・・により
液面から空気を取り込み続けると、超音波は大きく減衰します。

この空気を入れる操作は必要です
多数の研究報告・・がありますが
液循環の無い水槽で、長時間超音波照射を行い続け
溶存気体の濃度が低下すると
音圧も低下して、キャビテーションの効果も小さくなります
(説明としては、キャビテーション核の必要性が空気を入れる理由です
 液面が脱脂油や洗剤の泡・・・で覆われた場合も空気が遮断され
 同様な現象になります)

さらに、
超音波照射により、脱気は行われ
溶存気体の濃度は低下して、分布が発生します
単純な液循環では、この濃度分布は解消できません

この濃度分布の解決がマイクロバブルの効果です

脱気・マイクロバブル発生液循環が有効な理由です

注:
オリジナル装置(超音波測定解析システム:超音波テスター)による
音圧測定解析を行い
効果の確認を行っています


様々な分野への利用が可能になると考え
 各種コンサルティングにおいて提案・実施しています。




参考動画

「キャビテーションと音響流」のダイナミック制御

https://youtu.be/Ss46Et2l0Q8

https://youtu.be/vCksjRgIQqo

https://youtu.be/7kTLgCwfHtg

https://youtu.be/n_uPZGe8kOQ

https://youtu.be/mJlZiSePAew

https://youtu.be/R09EutdizZc

https://youtu.be/hLSFRg5Ky4I

https://youtu.be/6zY-Qb-rvLE

https://youtu.be/e8vAzTj6a-4

https://youtu.be/6MxKYHEc8pQ

https://youtu.be/yewabBitCjo





超音波攪拌(乳化・分散・粉砕)

https://youtu.be/s6yrHKsJFtU

https://youtu.be/o1yP4rz3XGo

https://youtu.be/j3s7uXop5oI

https://youtu.be/lfuIjr7xHpg

https://youtu.be/MADMtdvidD8

https://youtu.be/IVw96dvdRpE

https://youtu.be/jr_PHhLu75M

https://youtu.be/TgaYl0YjQkE

https://youtu.be/WWC-WcA8FgM

https://youtu.be/2kOW5p4FYqg

https://youtu.be/zY-EbTmijPk

https://youtu.be/GUJkWe_SvMg

https://youtu.be/_DM7MgJISis

https://youtu.be/1LeDf3w2WO0




超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波攪拌(乳化・分散・粉砕)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3920




超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

超音波洗浄器(42kHz)による
<メガヘルツの超音波洗浄>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

超音波<測定・解析>システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1000

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

物の動きを読む(統計数理)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232





  


Posted by 超音波システム研究所 at 17:41Comments(0)超音波技術