2019年01月29日

セミナー:超音波とファインバブル(マイクロバブル)による洗浄技術

セミナー:超音波とファインバブル(マイクロバブル)による洗浄技術

~接着・接合・表面処理のための
  金属・樹脂部品の表面改質・精密洗浄に役立つ~
 超音波とファインバブル(マイクロバブル)による洗浄技術の基礎と
   導入・改善・トラブル対策のポイント 【デモ付(撮影OK)】

超音波・ファインバブル洗浄は数々のメリットを有する洗浄方法ですが、
一方で効果を発揮するには様々な要点を抑える必要があります。
   本講座では超音波システム研究所の斉木が、
     デモンストレーションや具体事例を交えながら
          超音波洗浄のノウハウを解説します。




超音波システム研究所は、
下記の通り超音波セミナーを行います。


タイトル
「超音波とファインバブル(マイクロバブル)を利用した洗浄技術」

講師 超音波システム研究所 代表  斉木 和幸

受講対象
化学製品・医薬品、医療機器、自動車、精密機械、電気・電子機器・・
 の製造企業の研究開発部門・製造部門・品質保証部門・・
                  の方の役に立つ説明を行います

日時:2019年4月9日(火)10:00~17:00

主催 株式会社 テックデザイン https://tech-d.jp/

受講料: 1名29,980 円(税込/テキスト付)

会場:会 場: テックデザイン会議室(東京 門前仲町駅)
        orリファレンス西新宿(東京 新宿駅)

詳細・申し込み:https://tech-d.jp/chemical/seminar/show/3904




プログラム

Ⅰ.超音波・ファインバブル(マイクロバブル)に関する
  基礎知識と発生メカニズム
 1.超音波の基礎
 2.超音波振動の伝搬現象
 3.ファインバブル(マイクロバブル)

Ⅱ.超音波・ファインバブル(マイクロバブル)による
  洗浄方法とそのメリット
 1.洗浄の基礎
 2.物理作用・化学作用・相互作用
 3.ファインバブルのメリット

Ⅲ.超音波洗浄装置開発ノウハウ
 1.水槽・振動子の設置方法
 2.マイクロバブル発生液循環システム

Ⅳ.簡易機器を使用した、デモンストレーション
 1.ファインバブル(マイクロバブル)の観察
 2.超音波の音圧測定

Ⅴ.洗浄の具体的適用例
 1.洗浄効果実績のある超音波洗浄装置の具体例
 2.洗浄水槽の設計
 3.超音波シャワー洗浄
 4.洗浄の問題解決テクニック

Ⅵ.実際の洗浄工程における導入・改善・トラブル対策のポイント
 1.トラブルシューティング
 2.超音波・洗浄に関する管理方法



<本講座での習得事項>
1.ファインバブルを利用した洗浄液の開発技術
2.ファインバブルを利用した超音波制御技術
3.洗浄物の(数量、材質、洗浄レベル……)
  音響特性に合わせた超音波洗浄技術

<講義概要>
機械製品の製造において、洗浄は接着・接合・表面処理などの
 後の工程を機能させるために必要不可欠です。
特に精密機器においては、
 洗浄の技術レベルが製品の精度に直結するといっても
 過言ではない重要性を有しています。
中でも近年急速に普及が進んでいる
 超音波・ファインバブル(マイクロバブル)洗浄は、
 溶剤・洗剤の使用量が少なく大規模なスペースを必要としない、
 一度に多数の製品を洗浄できる、
 適用対象次第では水のみで十分な洗浄効果を有するなどといった
 メリットを持っています。
しかしながら超音波の特性上、
 適切に使用しないと洗浄ムラが発生する、装置の大規模化が難しい
 などといったデメリットも有しており、
 使用には適切な知識が必要とされます。
また、超音波・ファインバブル(マイクロバブル)による洗浄技術自体も、
 進歩の大きい分野です。
 洗浄対象(樹脂、鉄鋼、ステンレス、ガラス、セラミックなど)の
 表面弾性波によるメガヘルツの超音波伝搬現象を利用することで、
 目的に応じた超音波洗浄の最適化が可能となります。
この技術は超音波洗浄のほか、
 洗浄液・加工油・めっき液の均一化においても効果を発揮します。
本講座では超音波・ファインバブル(マイクロバブル)洗浄の基礎や
 導入・改善・トラブル対策のポイントに加え、
 前述の最新の超音波洗浄技術について、
 その開発者(斉木)が
 デモンストレーションを交えて解説します。

<備考>
実際に超音波洗浄を経験していると理解の助けとなります。
 (メガネの超音波洗浄器でも十分です)
デモンストレーションの動画・写真撮影が可能です。
 (撮影機器をご持参いただくと便利です)




<<超音波実験動画・スライド>>

動画

マイクロバブル発生液循環装置

https://youtu.be/VS1QnCN-Vqg

https://youtu.be/0PZxGVP2MYk

https://youtu.be/osTzNeVYVJg

https://youtu.be/-5b1x_WQls0

https://youtu.be/jtbt0kwsixM

https://youtu.be/69LwTBvW-cc

https://youtu.be/IgcRVQB0AOk

https://youtu.be/7GxNBGe1hnA

https://youtu.be/Nm-YV7Qug64

https://youtu.be/acSig8EPamM

https://youtu.be/0dmv8ywCIaQ

https://youtu.be/p1UmvhOpLoo


スライド

音圧測定解析システム

https://youtu.be/K6Got1Xxn8I

https://youtu.be/JS-gxa3k6lQ

https://youtu.be/a5aQEDQ9bZY

https://youtu.be/UyFLhmb7ygA

https://youtu.be/LP0tK1O-J2I

https://youtu.be/J6k02v-GzBk

https://youtu.be/ZjR03l74t9I

https://youtu.be/2VEbqn2Axu0


超音波発振制御プローブ

https://youtu.be/kpXMW4rh8Ds

https://youtu.be/sBnqRoAkoeo

https://youtu.be/EWy6yVCAWUw

https://youtu.be/0elMFD0JsE8

https://youtu.be/Fy4T54sle_A

https://youtu.be/3fUzv5YPjaE





参考

超音波セミナー
http://ultrasonic-labo.com/?p=14821

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

キャビテーションと加速度の効果に関する新しい分類
http://ultrasonic-labo.com/?p=1251

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波による表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1527

デジタルカメラによる
キャビテーションの写真を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

超音波システム研究所のコンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177





<<超音波洗浄>>

1)超音波洗浄技術
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8b583cdbde0e4e4e85e11d2ba5e56a0d.pdf

http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf


2)注意事項
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/278c3eb92b11c1b8d94535811f61b6da.pdf

超音波洗浄は
 電気・電子部品、光学部品や自動車などの
 機械部品に幅広く利用されています。

超音波は目に見えませんが、
 その現象は非常に複雑であり、
 使用方法を間違うと、減衰してしまったり、
 洗浄ムラが発生してしまったりと、期待していた効果が得られません。

そこで、本資料では
 超音波洗浄を効果的に使用するための
 具体的な技術・方法に関する概要について
 事例に基づいた説明で紹介します。

これまでの常識や一般論とは異なる部分もあるかもしれませんが、
 全て実績に基づくものです。

超音波洗浄技術の向上に是非お役立てください。





<< 超音波技術 >>

1)超音波攪拌装置(推奨)20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8b22150e4b345ecbe10dfd612300047a.pdf


2)超音波測定・実験資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/04f7d34712031a85107f74d7fd83a4cf.pdf

http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/35ca760e77b6e52390ab619e1c0eb33f.pdf


3)超音波テスター資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8fd5379cd652a53540b02469b31ee072.pdf


4)洗浄システム(推奨)20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/e063304164a6dc373b62b1b5dafa339c.pdf


5)音圧解析に関する資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/d2a25103ad3cc9e7412ba335bcf94507.pdf


6)オリジナル技術20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/a6c0b4afdabb85b38f9c4268ba61f30c.pdf


超音波とマイクロバブルによる表面残留応力の緩和処理技術

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

2015年(上記の書籍発行) 以降の進展について
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/be286d705105ef8b1bc8254d3968b8ee.pdf

中小企業広島会報誌-H29.4
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/95a1e4f6f5b475a612043565e4c1e6d6.pdf

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/12f72611ff69c379308e7fb9eb530c2d.pdf


超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

オリジナル技術資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=2098

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187




  


Posted by 超音波システム研究所 at 14:56Comments(0)セミナー

2019年01月23日

オリジナル超音波プローブによる「流水式超音波技術」を開発 No.2

(超音波テスターによる<測定・解析・制御>の応用技術)




超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
 小型ポンプを利用した液循環により
 超音波(音響流)の伝搬状態をダイナミックに制御する
 「流水式超音波(音響流)制御技術」を開発しました。

超音波テスターによる
 流れと超音波の複雑な変化を、
 水槽・液体(マイクロバブル)・超音波振動子・・・
 の相互作用を含めた音圧解析により
 利用目的に合わせて、
 音響流の変化をコントロールするシステム技術です。

実用的には、
 現状の液循環装置について
 ON/OFF制御(あるいは流量・流速・・・の制御)を
 装置の設置状態、対象物を含めた表面弾性波を考慮して
 各種相互作用・振動モードを最適化する方法です。

特に、超音波プローブの特性を利用して、
 ホース・チューブ・パイプ・・・に超音波プローブを取り付けることで
 内部を流れる液体に超音波伝搬制御が可能なり
 新しい超音波・マイクロバブルの効果を実現しています。

ナノレベルの応用では、
 「流水式超音波システム」として
 100メガヘルツまでの周波数変化を含めた
 「超音波シャワー」による
 効率の高い超音波利用が実現しています。





-今回開発したシステムの応用実施事例-

オゾンと超音波の組み合わせ技術

低出力(50W以下)による5mサイズの水槽への超音波伝搬

ガラス・レンズ部品の精密洗浄(超音波シャワー技術)

複雑な形状・線材・真空部品・・・の表面改質(共振現象の制御技術)

溶剤・洗剤・・・・の化学反応(超音波と流れによる攪拌)

ナノレベルの粉末・塗料・触媒・・・攪拌・分散(表面弾性波の制御技術)

マイクロレベルの金属エッジ部のバリ取り

めっき・コーティング・表面処理・・・

・・・・・・・

上記の技術は、音圧(非線形現象)測定・解析に基づいて、
 表面弾性波と流体の流れに関して
 ダイナミック制御を実現させる
 新しい超音波システムの開発方法です。

興味のある方は、メールでお問い合わせください




■参考

https://youtu.be/qO7ZkL3p-dM

https://youtu.be/wLn807PWe7Q

https://youtu.be/PyohZuZLZo8

https://youtu.be/PgoNbjvJ7Bo

https://youtu.be/Fp4cAhbAZCk

***




https://youtu.be/usoQkrZ1sxE

https://youtu.be/XjsRfWWVfh8

https://youtu.be/SRrAxHLhCiM

https://youtu.be/Ys7JduE3gi8

https://youtu.be/4-Y-CiqX2bs

https://youtu.be/KHO4yZ9AFv4

https://youtu.be/fXgDgOOA-Q0

https://youtu.be/DqvZvRTwmEQ

https://youtu.be/c0UEqGF0bzw

https://youtu.be/n2mk_58Ma7k

***




https://youtu.be/dGjG1hQ4V94

https://youtu.be/65a5kOZsg6k

https://youtu.be/BYSW2TU2gMA

https://youtu.be/AcfbmiPo6VU

https://youtu.be/lmmQ10-GevA

https://youtu.be/cECctUEgIuU

https://youtu.be/2VTLM5QEN2M

https://youtu.be/8Abp00Y5IGI

https://youtu.be/4XKDumOIMgI

https://youtu.be/CLQH2Cr4z7s






「流水式超音波システム」は
 現在利用している洗剤、溶剤、洗浄液
 ・・・に対しても利用することができます。

「流水式超音波システム」による効果は
 効率的な超音波照射
(物理作用、化学作用、相互作用)を実現するとともに
 マイクロバブル・ナノバブルの発生を促進します。

さらに、一定時間の超音波照射により
 ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなることで
 安定した超音波の利用(音響流制御)を実現します。
 (超音波伝搬状態の計測・解析により確認しています)






「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1602

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

ジャグリング定理を応用した「超音波制御」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

超音波キャビテーションの観察・制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

  


Posted by 超音波システム研究所 at 09:59Comments(0)超音波技術

2019年01月17日

音圧データの解析に基づいた、超音波のコントロール技術を開発

音圧データの解析に基づいた、超音波のコントロール技術を開発





超音波システム研究所は、
 多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析技術を応用した、
 超音波伝搬状態の「測定・解析・制御・評価技術」を開発しました。

超音波テスターを利用したこれまでの
 計測・解析・結果(注)を時系列に整理することで
 目的に適した超音波の状態を示す
 新しい評価基準(パラメータ)になることを確認しました。

注:
 非線形特性
 応答特性
 ゆらぎの特性
 相互作用による影響

統計数理の考え方を参考に
 対象物の音響特性・表面弾性波を考慮した
 オリジナル測定・解析手法を開発することで
 振動現象に関する、詳細な各種効果の関係性について
 新しい理解を深めています。

その結果、
 超音波の伝搬状態と対象物の表面について
 新しい非線形パラメータが大変有効である事例を確認しています。

特に、洗浄・加工・表面処理効果に関する評価事例・・
 良好な確認に基づいた、制御・改善・・・が実現しています。

<統計的な考え方について>
 統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
 具体的なものとの接触を通じて
 抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
 これが統計数理の特質である






<参考>
以下のプログラムを参考にして開発・作成した
 オリジナルソフト(解析システム)を
 オープンソースの統計解析システム 「 R 」 で
 実行・解析を行っています

生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門:和田孝雄/著:講談社

赤池モデルを臨床にいかす画期的な解説書。
1/fゆらぎ解析に必須かつ難解な赤池モデルと、
 臨床への応用を懇切丁寧に解説。
生体のダイナミクスに関心をもち臨床デ-タ解析に携わる
 医学者・工学者待望の書

内容(「MARC」データベースより)
〈CD-ROM付き〉生体のゆらぎとリズムの時系列解析への入門。
 第一線の研究者である著者が、
 経験した者だけが知る様々な困難点について、
 他に類例のないユニークな視点から細部の議論を展開する。

生体のゆらぎとリズム 和田孝雄著
添付されたプログラムの使用方法
*.exe 解析実行ファイル
*.for 解析プログラムファイル(フォートランのソースファイル)
*.dat 解析データファイル

インパルス応答(時間領域での伝達特性
        ラプラス変換するとS領域での伝達特性)
周波数伝達関数(周波数領域での伝達特性)
 AIRCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のインパルス応答
AIRCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のインパルス応答

多変量自己解析モデルによるフィードバック解析
 ARPCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のパワー寄与率
ARPCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のパワー寄与率






<<超音波の音圧測定・解析>>

1)多変量自己回帰モデルによる
 フィードバック解析により
 超音波伝搬状態の安定性・変化について解析評価します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 対象物の表面状態・・に関する解析評価を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、形状、材質、測定条件・・
 データの最適化に関する解析評価を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の
 非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物の振動モードに関する
 ダイナミック特性の解析評価を行います

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を
 時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。






参考動画

<超音波のコントロール>

https://youtu.be/sTOX9rkJ3JQ

https://youtu.be/qKMvGHVtHls

https://youtu.be/xQgUHwtePOg

https://youtu.be/fXTmTp6eJnQ

https://youtu.be/72AhjrP-IoY

https://youtu.be/1IDvGl1K4Tk

https://youtu.be/d9D_kaSLpTY

https://youtu.be/hu_RK4-7qgE

https://youtu.be/KMsvyh6zNFc

https://youtu.be/iQKKwBOTdT8

https://youtu.be/K_G890GK_G0







<超音波伝の測定>

https://youtu.be/Jo-yvc9xjBM

https://youtu.be/YQMJXJwxn-8

https://youtu.be/EfIggj4HCSM

https://youtu.be/yH9bwRncQYw

https://youtu.be/WlW_YmuRUW0

https://youtu.be/pAHfL3BY9rA

https://youtu.be/yuxjIGqjOiY

https://youtu.be/8BJMHMlHAT8

https://youtu.be/_z7XD1F1zbw

https://youtu.be/e6KWZCqZweg





<<< 超音波の論理モデル >>>

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530










<<< 音圧測定・解析 >>>

メガヘルツの超音波発振制御プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=14570

メガヘルツの超音波を利用する超音波システム技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=14350

超音波プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波プローブによる
 <メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267









<<<超音波の液循環技術>>>

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323







参考書籍
1:解析
 1)叩いて超音波で見る―非線形効果を利用した計測
  佐藤 拓宋 (著) 出版社: コロナ社 (1995/06) 

 2)電気系の確率と統計
  佐藤 拓宋 (著)  出版社: 森北出版 (1971/01)

 3)不規則信号論と動特性推定
  宮川 洋 (著), 佐藤拓宋 (著), 茅 陽一 (著)
   出版社: コロナ社 (1969) 

 4)赤池情報量規準AIC―モデリング・予測・知識発見  
  赤池 弘次 (著), 室田 一雄 (編さん), 土谷 隆 (編さん) 
   出版社: 共立出版 (2007/07)

 5)ダイナミックシステムの統計的解析と制御
  赤池 弘次 (著), 中川 東一郎 (著) 
   出版社: サイエンス社(1972) 

2:シミュレーション
 「波動解析と境界要素法」
  福井 卓雄 小林 昭一 京都大学学術出版会 (2000/03)

3:弾性波動
 「弾性波動論の基本 」 田治米 鏡二 (著) 槇書店 (1994/10)

 「弾性波動論 」佐藤 泰夫 (著) 岩波書店 (1978/03)

4:流体力学
 「内部流れ学と流体機械」 妹尾 泰利 (著) 養賢堂 (1973)

 「流体力学 」日野 幹雄 (著) 朝倉書店 (1974/03)

 「流体力学 」日野 幹雄 (著) 朝倉書店 (1992/12)

 「噴流工学 」社河内敏彦(著) 森北出版(2004/03)

5:超音波
 「やさしい超音波工学―拡がる新応用の開拓」
  川端 昭 (編著), 高橋 貞行 (著) 一ノ瀬 昇 (著)
   工業調査会 増補版 (1998/01)








  


Posted by 超音波システム研究所 at 11:51Comments(0)超音波技術

2019年01月12日

YouTubeに投稿した超音波実験の数が、74000に達しました

超音波システム研究所は、
YouTubeに投稿した、
 超音波に関する動画・スライドの数が、74000に達しました。




超音波システム研究に関する、各種技術の紹介

 洗浄・攪拌・表面改質・化学反応促進・・・
 空中超音波・シミュレーション・計測装置・・・
 ・・・実験・研究・開発・システム・・・・
 ・・・・・・・
 各種の動画・スライドショーを
 YouTubeに投稿しています。





参考(投稿)

https://youtu.be/kMRQsKDkUrc

https://youtu.be/0taz7eClt0A

https://youtu.be/CHysfk2TK6s

https://youtu.be/m-6vWvULjPo

https://youtu.be/gdP2pZ4bMEk

https://youtu.be/o5kJ3vwGZJA




https://youtu.be/oMpZwMUpW48

https://youtu.be/HIUCPxIII8o

https://youtu.be/NgMEtVxG-Us

https://youtu.be/6xvS009hyjA

https://youtu.be/m_G4zrktAv0

https://youtu.be/5ZC-jYMMhG0

https://youtu.be/rY0h7niR-Kw

https://youtu.be/dJBeU5nfGeg




https://youtu.be/4MKT58mNYnc

https://youtu.be/zpInJQktfGg

https://youtu.be/30cgc6TMOMU

https://youtu.be/mz27jeXPBQs

https://youtu.be/Jtri_iT7fPg

https://youtu.be/ru8-TqdTAGc




https://youtu.be/-qMD9tJe96Q

https://youtu.be/KMsvyh6zNFc

https://youtu.be/iQKKwBOTdT8

https://youtu.be/K_G890GK_G0

https://youtu.be/D1PIIx0Ru1A







参考技術

超音波に関する動画・スライド
http://ultrasonic-labo.com/?p=14726

YouTube::投稿動画1
http://ultrasonic-labo.com/?p=1584

YouTube::投稿動画2
http://ultrasonic-labo.com/?p=3722

オリジナル超音波実験
http://ultrasonic-labo.com/?p=13919

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/?p=13404






<<論理モデル>>

超音波技術(アイデア)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7031

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

音圧測定に基づいた「超音波洗浄資料」の無料提供
http://ultrasonic-labo.com/?p=3829

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

発明的創造の心理学について
(TRIZ、ハイパーソニック・エフェクト、 ・・・)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1944





<<超音波プローブ技術>>

メガヘルツの超音波発振制御プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=14570

メガヘルツの超音波を利用する超音波システム技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=14350

超音波プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811




  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:52Comments(0)超音波技術

2019年01月07日

メガヘルツの超音波発振制御プローブ::サンプル出荷開始




超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
超音波伝搬状態のコントロールに関して、
ファンクションジェネレータと組み合わせることで、
1-100MHzの超音波伝搬状態を利用可能にする
メガヘルツの超音波発振制御プローブのサンプル出荷開始しました。




超音波伝搬状態の測定・解析・評価技術に基づいた、
 精密洗浄・加工・攪拌・検査・・への新しい応用技術です。

各種材料の音響特性(表面弾性波)の利用により
 20W以下の超音波出力で、3000リッターの水槽でも、
 数トンの構造物、工作機械、・・への超音波刺激は制御可能です。

弾性波動に関する工学的(実験・技術)な視点と
 抽象代数学の超音波モデルにより
 非線形現象の応用方法として開発しました。




ポイントは
 超音波素子表面の表面弾性波利用技術です、
 対象物の条件・・・により
 超音波の伝搬特性を確認(注1)することで、
 オリジナル非線形共振現象(注2、3)として
 対処することが重要です

注1:超音波の伝搬特性
 非線形特性
 応答特性
 ゆらぎの特性
 相互作用による影響

注2:オリジナル非線形共振現象
 オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
 共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
 超音波振動の共振現象

注3:過渡超音応力波
 変化する系における、ダイナミック加振と応答特性の確認
 時間経過による、減衰特性、相互作用の変化を確認
 上記に基づいた、過渡超音応力波の解析評価


様々な分野への利用が可能になると考え
 各種コンサルティングにおいて提案しています。


コンサルティング内容
1)メガヘルツの超音波発振制御プローブの製造方法
2)メガヘルツの超音波発振制御プローブの使用方法
3)メガヘルツの超音波発振制御プローブの応用方法
4)その他(具体的な超音波装置への適用)
 メガヘルツの超音波発振制御プローブを利用した超音波洗浄機の開発
 現状の超音波装置へ、メガヘルツの超音波発振制御プローブの追加
 ・・・・・

詳細に興味のある方は
 超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。

2019年4月に、新製品として販売予定しています
 試作サンプルによる良好な結果が増えていますので
 希望者に特別提供しています
 使用・購入を希望される方は、メールでお問い合わせください




参考動画・スライド

https://youtu.be/3O8j2nyPZPc

https://youtu.be/Wno20Zspz0o

https://youtu.be/Ov2tqNW5tj0

https://youtu.be/cDQ0LjPmlBY

https://youtu.be/JP17ZcmachU

https://youtu.be/NmkmmOREWYY

https://youtu.be/7_0WIM3P0sY

https://youtu.be/hKowD0PHVkM




https://youtu.be/A1Xq1fKzaEs

https://youtu.be/8wjpNZBxHiI

https://youtu.be/DGpCGOKRf6o

https://youtu.be/IRBg7ro6iP0

***




https://youtu.be/Kpb5cIRjNSw

https://youtu.be/EUty_vxAc7c

https://youtu.be/_dp4cU0_AMA

https://youtu.be/ZYuF4xbsh-c

https://youtu.be/gG9qVZkFV54

https://youtu.be/9Ztc8hJtQd0

https://youtu.be/FEbRkiDBzM4

https://youtu.be/F5VRa-KdjYY

https://youtu.be/ZV87fTnMhqo




https://youtu.be/pvlus14I6t4

https://youtu.be/Ghxld9LdXCs

https://youtu.be/qtR9EJynaTc

https://youtu.be/qLFyeOJTwQI




https://youtu.be/I1rbERUgMhI

https://youtu.be/qDGIITHm7Jg




メガヘルツの超音波発振制御プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=14570

メガヘルツの超音波を利用する超音波システム技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=14350

超音波プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

液晶樹脂による<メガヘルツの超音波制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=14210

超音波と表面弾性波
http://ultrasonic-labo.com/?p=14264




超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

超音波による表面弾性波の制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5609




超音波の非線形振動
http://ultrasonic-labo.com/?p=13908

超音波技術
(多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析)
http://ultrasonic-labo.com/?p=12202

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/?p=13404

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232





【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
住所:〒192-0046 
   東京都八王子市明神町2丁目25-3
   SOHOプラザ京王八王子 303
担当  斉木 
電話 090-3815-3811
メールアドレス  info@ultrasonic-labo.com
(できるだけ,メールアドレスに,お問い合わせ下さい。)
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/


  


Posted by 超音波システム研究所 at 16:35Comments(0)超音波技術

2019年01月01日

謹賀新年

謹賀新年








液循環制御について
 水槽内の液体を、数学のトポロジーに於ける
 3次元空間での、3次元多様体の断面としてとらえます
 この3次元多様体の移動・動きを論理モデルとしてとらえ
 流体のコントロールに応用します
 具体的なイメージとしては
 球体の裏返し現象を、平行移動のポンプと、
 回転移動のポンプの組み合わせで、
 実用化(注)します

注:シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1753







  


Posted by 超音波システム研究所 at 10:15Comments(0)