2013年05月21日

超音波の「相互作用」を利用した制御技術

超音波の「相互作用」を利用した制御技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、
 *複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術
 *代数モデルを利用した「定在波の制御」技術
 *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術

 上記の技術を組み合わせることで
  超音波の相互作用を利用した制御技術を開発しました。


今回開発した技術の応用事例として、
超音波の発振周波数に対する、
 対象物への伝搬周波数の関係を明確に制御できるようになりました。

特に、複数の超音波振動子を利用する場合には
 発振の順序、出力変化の方法、水槽内の液面の振動・・に関する
 各種(時間の経過による特性の変化・・)の問題に、
 <相互作用の影響>をグラフとして、把握が可能になりました。

その結果
 40kHzの超音波振動子を使用した
   200-300kHzの超音波利用が簡単になり
 洗浄・改質・攪拌・・・様々な実績につながっています。

■超音波技術

 http://youtu.be/OrVns5aR1sA

 http://youtu.be/k2LCs5-dQDs

 http://youtu.be/5kPLHcJ50wA

 http://youtu.be/nZXyjPVhn-w

 http://youtu.be/U3ai0bJnRRQ

 http://youtu.be/ZcckjrunA0Y

 http://youtu.be/ZGGc43MIrZI

 http://youtu.be/Ij_ArRvP214

 http://youtu.be/9-a6O7abdw8

 写真資料
  http://picasaweb.google.com/ussiJP

これは、超音波に対する新しい視点です、
 今回の実施結果から
  対象物と超音波振動子の周波数の関係よりも
  システムの超音波振動による相互作用の影響が
  大変大きいことを確認しています。
  超音波の伝搬状態を有効に利用するためには
  相互作用による伝搬周波数の状態を検出することが
  重要だと考えています。


なお、今回の技術を
 2種類の超音波振動子の同時照射に適応すると
 大変簡単に伝搬周波数の制御が実施できます。

 コンサルティング事業としては、
 2種類の超音波振動子の同時照射を使用するシステムを
 主体として展開しています。

追記
 周波数28kHz、出力200Wの超音波照射で、
 1ミクロンの分散効果を実現させることも
 ダメージを発生させずに洗浄することも可能である。
 この原因を追求することにより開発しました。

参考
 超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」
 http://youtu.be/dSs7tiwCQck
 http://youtu.be/JpT9S93P4to

 (製造販売中の「音圧測定装置(超音波テスター)」について
 オンライン通販 Amazon.co.jp での販売対応を開始しました。2013.2.16 )

 超音波テスター(部品検査)
 http://youtu.be/JpT9S93P4to


2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム

音圧測定・解析データ

■参考動画

 http://youtu.be/5z11o1gI7Ds

 http://youtu.be/n4BWbIGIHoI

 http://youtu.be/6g9y70HdiiE

 http://youtu.be/aXBswoSBhPc

 http://youtu.be/f7XkmIlWNR0

 http://youtu.be/YHk4zJEyh00

■参考スライド

 (28+72kHz)
 http://youtu.be/vSYNmrWXTXk

 (28kHz)
 http://youtu.be/BCwnJqgdCws

 (72kHz)
 http://youtu.be/p5wHcvMSZ5g

 http://youtu.be/yHa8dGI5NTM

 http://youtu.be/848WvfeYYEM

 http://youtu.be/M1FMCCMFi9E

 http://youtu.be/0MmiDKdr-AM
 
 http://youtu.be/WDYaOPH4p60

 http://youtu.be/Z7qEuhsccsQ










同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 08:17│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。