2013年06月14日

散歩

東京都
八王子市
小宮公園

http://youtu.be/7msLYViIeDE


******

工学的なことについて

工学は現実的なバランスを設定して
実際にものづくりを行う
と言う
大変な作業であり、

山積みの課題に対する
責任をもった
妥協の産物だと思います
技術者が
技術を広めるために必要な事柄について
それは
 「技術への情熱・信念」と
 「現実的な態度・判断力・責任感」
決断を下すには、当然「信念」がなければならない。
結果を十分認識した上での「冷静な判断力」も欠かせない。

しかし、その実行のためには、
周囲の同意を得なければならない。

そこで説得の作業が必要になる。
では、相手を説得する上で大事なことは何か。

 「情と理」が尽くされたものではないか。
情・・信念と自覚
理・・論理的思考による合理的な判断

今、このことが大切だと考えます

超音波の伝播現象における「音響流」を測定する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1197

超音波を利用した「表面弾性波(surface elastic wave)の計測技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1184

超音波洗浄機を改良する方法-No.3
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1179

超音波による材料の強度を評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1163

超音波キャビテーションによるダメージを推定する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1152

揺動ユニット制御による「超音波(キャビテーション・加速度・音響流)洗浄技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1136

超音波を利用した部品検査技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1117


Posted by 超音波システム研究所 at 13:15│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。