2017年05月14日

2種類の超音波振動子を動作させた状態です

2種類の超音波振動子(28kHz 72kHz)を動作させた状態です

http://youtu.be/68Q2uNZNGeg








脱気・マイクロバブル発生液循環システムを採用しています

出力は 28+72kH == 350~440W の状態です

振動子の固定方法により、
 定在波の発生と超音波の干渉(減衰)を制御しています







参考資料を紹介します

1:解析
 1)叩いて超音波で見る―非線形効果を利用した計測佐藤 拓宋 (著)
 出版社: コロナ社 (1995/06) 

 2)電気系の確率と統計 佐藤 拓宋 (著)  
 出版社: 森北出版 (1971/01)  尤度の基本的な説明がある

 3)不規則信号論と動特性推定 宮川 洋 (著), 佐藤拓宋 (著), 茅 陽一 (著) 
 出版社: コロナ社 (1969) 非線形解析手法が具体的に書かれている

 4)赤池情報量規準AIC―モデリング・予測・知識発見  
 赤池 弘次 (著), 室田 一雄 (編さん), 土谷 隆 (編さん) 
 出版社: 共立出版 (2007/07) 最新の統計解析手法の説明がある

 5)ダイナミックシステムの統計的解析と制御 赤池 弘次 (著), 中川 東一郎 (著) 
 出版社: サイエンス社(1972)  AIC(情報量基準)の事例説明がある

2:シミュレーション
 「波動解析と境界要素法」 福井 卓雄 小林 昭一 
 京都大学学術出版会 (2000/03)

3:弾性波動
 「弾性波動論の基本 」 田治米 鏡二 (著) 槇書店 (1994/10)
 「弾性波動論 」佐藤 泰夫 (著) 岩波書店 (1978/03)

4:流体力学
 「内部流れ学と流体機械」 妹尾 泰利 (著) 養賢堂 (1973)
 「流体力学 」日野 幹雄 (著) 朝倉書店 (1974/03)
 「流体力学 」日野 幹雄 (著) 朝倉書店 (1992/12)
 「噴流工学 」社河内敏彦(著) 森北出版(2004/03)

5:超音波
 「非線形音響学の基礎」 鎌倉 友男 (著) 愛智出版 (1996/09)

6:その他
 Web Decomp-季節調整・時系列データの統計解析








***********************
超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
***********************

超音波の新しい「溶着」技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1522

超音波を利用した「振動計測技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1502

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

<樹脂容器>を利用した超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1484

超音波機器機の超音波伝搬状態を測定・評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1478

デジタルカメラによるキャビテーションの写真を利用した超音波制御
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

超音波の<ダイナミック特性を利用した制御>技術を開発 no.2
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1299















同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 07:15│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。