2013年07月12日

超音波洗浄の新しい「評価技術」を開発

超音波洗浄の新しい「評価技術」を開発
(超音波洗浄に<時系列データの統計数理モデル>を利用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、
 超音波洗浄に関して、
 <統計的な考え方>を利用した
 効果的な「洗浄評価方法」に関する技術を開発しました。

<統計的な考え方について>
 統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
 具体的なものとの接触を通じて
 抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
 これが統計数理の特質である

■超音波技術

 http://youtu.be/9kmbzUoOo-k

 http://youtu.be/MVxekU0mb7k

 http://youtu.be/oqLqn0GdNpQ

 http://youtu.be/9e6h0C1nQmM

 http://youtu.be/Akcgl2MtVes

 http://youtu.be/sIDc_0kqrOY

 http://youtu.be/ut1_KAAhDEk

 http://youtu.be/WWriScjNj-A

 http://youtu.be/5mXpEy7_nCQ

 http://youtu.be/4C2d75R2rVc

 http://youtu.be/ADSks8pZhX8

 http://youtu.be/jrUl9Y2HdIc

 http://youtu.be/lSx8Bx7oO0Q

 http://youtu.be/NB3whSKUKQs

 参考

 http://youtu.be/vQ0zRBBbZNQ

 http://youtu.be/i8iuT8utuBo

 http://youtu.be/-CWhlFHPm34

 http://youtu.be/9Gc0Qo1n4X8

 http://youtu.be/bDPqY4ouSI8

 http://youtu.be/_0kF2CJh_PA

 http://youtu.be/vZ0do-0bfvs


 具体例1:
  製品・部品に関する、洗浄目的を明確にする
  客観的な<論理モデル>の構築と
  現実的な<結果>データによる
  整合性のある<統計的な処理技術>
 
 具体例2:
  洗浄環境・洗浄条件の変化に対応した
   統計数理の応用技術による
   原因や影響の検出と
   洗浄評価パラメータの検証・改善技術

 ・・・・・


なお、今回の技術をコンサルティング事業として、
展開することを計画しています。

超音波洗浄は、具体的な洗浄対象(製品・部品)に合わせ、
 費用・時間・・・・を考慮した
 固有の評価技術を開発することが大切だと考えています


プレスリリース(超音波システム研究所)

<超音波のダイナミック制御技術>を開発
http://aeropres.net/release/html/5613


超音波プローブの「発振・制御」技術を開発
http://aeropres.net/release/html/4727


超音波の音圧測定装置(超音波テスター)資料を公開
http://aeropres.net/release/html/4481


超音波「分散」技術を開発
http://aeropres.net/release/html/4091


キャビテーションと加速度の効果に関する新しい分類
http://aeropres.net/release/html/3616


超音波資料を公開
http://aeropres.net/release/html/3544


技術提携
http://aeropres.net/release/html/3187


超音波洗浄器の利用技術
http://aeropres.net/release/html/3358




同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 07:11│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。