2016年11月18日

超音波実験

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム

http://youtu.be/aif3F9D_sJ4

http://youtu.be/ukX2E4lFfLo





超音波システム研究所は、
複数の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する
超音波システムを設計・製造・販売します。

本システムは
 異なる超音波周波数の振動子による
 定在波の制御により、キャビテーションと加速度の効果を
 具体的な伝搬周波数のスペクトルとして変化させるという
 制御を可能にした装置です。

 周波数28+72kHz、出力200Wの超音波照射で、
 1ミクロンの分散効果を実現させることも
 周波数28+40kHz、出力280Wの超音波照射で、
 ダメージを発生させずに洗浄することも可能です。

 オリジナルの超音波伝搬状態の測定・解析技術により、
 振動子の組み合わせによる制御状態が実現することを確認しています。






型番「USW-28・72S」<推奨>
 (28kHz 72kHz の超音波振動子を制御するタイプ)

型番「USW-40・72S」
 (40kHz 72kHz の超音波振動子を制御するタイプ)

型番「USW-28・40S」
 (28kHz 40kHz の超音波振動子を制御するタイプ)




■参考動画

 http://youtu.be/I3ZoL_srPEk

 http://youtu.be/gCwzdYApLuE

 http://youtu.be/Sz3Qi_8wr8s

 http://youtu.be/LAgvK8YWy4Q

 http://youtu.be/dHBcDbxTo6c

 http://youtu.be/CctDOCeCVeI

 http://youtu.be/tDEyWN60C9A

 http://youtu.be/51hI62zphNg

http://youtu.be/OdtmXynvU74

これは、新しい超音波技術であり、
 超音波のダイナミック特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
  コンサルティングにおいて利用・発展対応しています。


 原理の論理的な説明と
  具体的な方法(技術)について
  コンサルティング対応させていただきます。
 

















同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 06:13│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。