2017年03月12日

超音波のダイナミック洗浄技術を開発

超音波システム研究所は、
 対象物の音響特性(オリジナルパラメータ)を評価することで
 目的(洗浄、攪拌、改質・・・)のレベルに合わせた
 キャビテーションと音響流をコントロールする
 代数モデルと
 超音波(ダイナミック制御)技術を開発しました。


今回開発した技術は、
 超音波テスター(オリジナル装置)による伝搬状態の変化を、
 時系列データの各種解析技術を利用して
 音響特性として検出します。
 超音波の非線形現象を特に重視した
 評価基準(抽象代数モデル:スペクトルシーケンス)により
 各種の相互作用を判断します。

音響特性・相互作用・目的(洗浄、攪拌、改質・・・)のレベルを考慮した
 最適化(代数モデルの利用)により
 目的とする超音波の伝搬状態を推定します。
 
推定した超音波の状態を実現するために
 専用水槽、液循環、超音波装置の発振周波数、出力・・を
 超音波(ダイナミック制御)技術として設定します。

説明は、大まかな概要です

具体的な条件(水槽、振動子、サイズ・・・)に合わせて
 超音波の伝搬状態を計測解析する必要があるため
 体系的な一般論にすることは難しいと考えています。

特に、洗浄対象物の構造・材質・数量・・・により
 音響特性は大きく変わります。

音響特性の違いにより
 定在波や音響流に関する
 洗浄効果(超音波の影響)・・の変化を多数確認しています。







参考

表面弾性波の基礎実験

http://youtu.be/D6F4Ip7rjAI

http://youtu.be/1AiCg0u9sPg

http://youtu.be/YwS9yAUYFmI

http://youtu.be/jUmlLWwTRLM


超音波の非線形現象・相互作用

http://youtu.be/ZEFAXjNUFoA

http://youtu.be/oUOuePdJQcI

http://youtu.be/kQLk3hmCJP0

http://youtu.be/dZZP4Bodx-U

http://youtu.be/Yz1gy9rpJfU

http://youtu.be/Rscf31o2qvs








超音波制御システム

http://youtu.be/psZHLqpf4HQ

http://youtu.be/YDmk2Le5arY

http://youtu.be/zqqKbm839KQ

http://youtu.be/99fJaal-7WU

http://youtu.be/a17uBhhqaBY


音響特性の計測

http://youtu.be/hL_S7DkjxOk

http://youtu.be/1HHwsXInVwc

http://youtu.be/d5oJ4Y3tSbI

http://youtu.be/-VQD_J93lvs


超音波プローブを利用して伝搬状態を観察

http://youtu.be/hcKKga-bnHI

http://youtu.be/d27PLmm5vMU


超音波データの統計処理

(時系列データ・自己回帰モデル)

http://youtu.be/MNLYx84JwMU

http://youtu.be/kdVwXq-hxEI










超音波のダイナミック洗浄技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=4008

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波機器の<計測・解析・評価>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2433

「流水式超音波システム」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

超音波を利用した「分散」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1066



同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 08:37│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。