2014年06月09日

超音波による材料の強度を評価する技術

超音波による材料の強度を評価する技術

超音波システム研究所は、
超音波の非線形性に関する「測定・解析・制御」技術を応用した、
超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術により、
各種材料・(組み付け・接合状態を含む)部品に関する、
強度評価パラメータを検出・評価する技術を開発しました。

超音波テスターを利用したこれまでの
計測・解析により
各種の関係性・応答特性(注)を検討することで
 超音波の伝搬状態と各種材料・部品の
  構造と洗浄面の状態に関する
  これまでのデータを統計処理することで
  強度評価に関する方法を開発しました。

注:パワー寄与率、インパルス応答・・・


従来の、材質や形状による評価が、
 実際の洗浄効果につながらない原因として
 今回検出したパラメータの関係が
  大きく影響していると考えています

参考

 http://youtu.be/pqYnJbPJi48

 http://youtu.be/HOZ_Z-jXNoI

 http://youtu.be/EPhLfroQcBI

 http://youtu.be/Cq4K9WUuu20

 http://youtu.be/Rd_Ua_w0q_0

 http://youtu.be/xvBbQsySBDs

 << 今回のパラメータを応用した事例 >>
 音響特性として「対象物の複雑さ」を定義します
 その結果

 1:対象物の構造が複雑で、目的とする洗浄部分がシンプルな場合
   対象物への超音波伝搬状態は制御しやすいが
    洗浄部分への高周波の伝搬制御は難しい
    (このような洗浄事例の場合、
      治工具の利用や液循環制御が有効です)

 2:対象物の構造がシンプルで、目的とする洗浄部分が複雑な場合
   対象物への超音波制御は難しいが
    洗浄部分への高周波(高調波)の伝搬は実現しやすい
    (このような洗浄事例の場合、
      超音波の発振制御が有効です)

 上記のように
  超音波計測・解析により
  対象物の構造と強度を推定し
  洗浄方法を決定することが可能になりました

注意
 超音波の測定・解析に関して
 サンプリング時間・・・の設定は
 オリジナルのシミュレーション技術を利用しています
 ( オリジナルノウハウの部分です )

なお、今回の技術は
 超音波システムの設計・開発技術として
 コンサルティング対応しています。




同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 13:18│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。