2014年07月04日

超音波の利用

意味即実在!
時の内容!

音波の伝搬時が・・
時の有無のスパイラルが新しい直観につながる

そんな気がします

1) カルノー・サイクルの経緯のように
技術の進歩が科学の進歩を促進する。
 (科学と技術の工学的な関係)
こういった関係が「超音波の利用」には
必要(注)な気がします

注:実用や応用には多くのパラメータの
適切なバランス感覚が必要
 特に、設計を考慮に入れた
 観察が行えるようになるための
 経験と直感の訓練により
 本質的な発見やアイデアが生まれると思います

コメント:
 実用と言う制約と、興味深い現象の中から、
 適切な開発・設計を行うことは
 開発者の人間性によるところが大変大きいと思います
 諦めずに、粘り強く努力する根拠には、
 「困難を乗り越える喜び」と
 それを理解してくれる「第三者(歴史的、
 あるいは競合者、理解者」があると考えています

2)ワットの蒸気機関の改良のように
 1) 原理的事柄を研究する 
 (超音波の原理を研究する)
 2)ニューコメンの機関を参考に、
 改良して効率を上げる 
 (プラントの制御を参考にする)
 3)弁の開閉をピストンに連動させて
 交互に蒸気を供給する
 (ジャグリングのような連動を検討する)
 4)遊星歯車機構を実用化する
  (新しい脱気マイクロバブル構造を検討する)
 5)速度調整を行う 
 (実験と調整を繰り返す)

コメント:
 この経過には大変深い検討と
 試行錯誤の背景を感じます
 実用を目的としているため、
 幅広く・確実に効果を出すための
 方法になっていると思います
 現在では各分野の研究を
 幅広く理解することが難しいので、
 経験に基づいた直感と
 共同研究が大変重要だと思います

今後、超音波の利用が進み
 大きな発展が実現するために
 検討を続けたいとおもいます


<夢のようなアイデアについて>
1)ソリトンの非線形相互作用は混沌を導かずに、
 逆にある条件の元で、
 自発的に自己組織化された形を生じる。
2)超音波による波は、
 複数の波が重なり合ってできたのではなく、
 初期の状態を維持したソリトンの
 自己集中によって生じるものだとも考えられる。
上記の1)2)を
 西田幾多郎の以下の言葉で
 解釈・消化したいと考えています

そのことにより、基本的な性質による
 超音波の利用が可能になると言うアイデアです

われわれの最も平凡な日常の生活が
何であるかを最も深くつかむことによって
最も深い哲学が生まれるのである
学問はひっきょうLIFEのためなり。
LIFEが第一等のことなり。
LIFEなき学問は無用なり。

コメント
 (現代のものづくりにはもっと
 深い哲学が必要ではないか
 と言う強い思いがあります)
 実際に、新しいシステムや
 装置を開発する場合に、
 「ソフトウェアのオブジェクト」・機械構造・機械要素
 からの限定はあります。
 そして、開発者・設計者の
 主観による限定もあります。
 個人や装置のこれまでの
 経験や経緯(歴史)に基づいて
 統一することが、
 開発であるように感じています。
 従って、この過程から
 創造が生まれているように思います。
 ひとつの例ですが、
 smalltalk等のコンピュータ環境が
 「言語であり、環境であり、
 オブジェクトであり、クラスであり、・・」
 と言うことを統一してSqueakとなりさらに
 新しく展開している状況があると思います。

超音波システム研究所<理念>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1985

<<超音波システム研究所>>
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/




同じカテゴリー(ブログ)の記事
日本人と科学
日本人と科学(2017-08-05 06:49)

水自身の動く能力
水自身の動く能力(2017-06-10 06:16)

ニコラ・テスラ
ニコラ・テスラ(2017-05-28 02:25)


Posted by 超音波システム研究所 at 11:15│Comments(0)ブログ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。