2017年06月10日

<衝撃波>

衝撃波




<衝撃波>
「これは、空気中の波(音波)が非分散、
つまり高音も低音も同じ速さで伝わるのに、
水面波は低周波の音がより速く伝わる(これを分散という)のに起因している。

土用波のくる頃沖へ出ると
大きなうねりが小さな漣(さざなみ)をどんどん追い越して岸辺へ寄せることで、
これもどなたも知っておられることである。」
(柘植俊一のエッセイ より)
・・・・・・・・・・・・・・・・

このことは、
高周波を利用して低周波が発生する
超音波洗浄における新しい方法のヒントになると思います




音場(洗浄物・音響流・放射体・気泡)の条件に
噴流や淀みによる
複雑な多数の周波数を同時に発生させないほうが
効果がある場合の
洗浄の実状を説明する
重要なパラメータになるのではないかと考えています

<アイデアの概要>
気泡の近傍で形成される
ミクロ流を
適切に自己組織化することで
安定した洗浄力のある
音響流が構成できるのではないかと言うアイデアです






















超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

液循環による超音波の非線形制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1428

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906













同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 08:16│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。