2017年02月25日

キャビテーションの発生とエロージョンについて

キャビテーションの発生とエロージョンについて





自動車エンジンの燃焼技術を参考にすると、
振動子の表面の液の流れが
淀むところでエロージョンが発生することが考えられます

従って、適度な流れを振動子の表面に起こすことで対策は可能です

この流れのコントロール要因に
水自身の動く能力(水の律動的状態)が関係しているように考えています

7層のカスケードはリズム過程群を認知している。

各々の水槽は、流体の流れとなる律動だけではなく、
三次元のリズムをも導く。

水のレベルは水槽の中で上昇下降を繰り返している。
水はそれぞれで律動的拍動状態にある。

7層のカスケードと水の律動























同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 05:12│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。