2016年11月02日

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料の公開

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料の公開

複雑に変化する超音波の利用状態を、
 音圧や周波数だけで評価しないで
 「音色」を考慮するために、
 オリジナル製品(超音波テスター)による
 測定(時系列)データの自己回帰モデルにより解析して
 評価・応用しています

統計数理に基づいた
 実験を繰り返しながら
 超音波の論理モデルを検討しています










超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した、
 << 超音波コンサルティング >>を提供します

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311
数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350
音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082
物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074


***********************
超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
***********************



















同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 13:17│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。