2014年10月11日

超音波実験写真

超音波システムの技術

超音波振動子を適正に設定することで、
キャビテーションと音響流を、
目的に合わせた状態にコントロールできます

目的に合わせた超音波の効果を
効率よく安定した状態で利用できる「超音波システム」

例1 複数の異なる周波数の振動子を同時に出力して使用する
例2 間接容器による反射・屈折・透過を利用
例3 非線形現象の利用
例4 ・・・・

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450











同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 09:15│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。