2016年11月18日

超音波洗浄器の利用技術

超音波洗浄器の利用技術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
超音波のキャビテーション制御技術を応用した、
表面改質技術を超音波洗浄器に適応させる方法を公開します。



超音波とマイクロバブルによる表面改質効果により
 高い音圧レベルによるキャビテーション効果や
 液循環による加速度効果を制御して
 効率の高い超音波洗浄器の利用を可能にします。

上記の処理方法について
   具体的な方法を提供します。

 超音波の伝搬状態の測定・解析技術を利用した結果、
 洗浄器の水槽部分に対して
 音響特性の改善を確認しています。



■水槽の表面改質

 http://youtu.be/hLNxRvfORBI


この動画のように
 水槽の表面改質と脱気マイクロバブルの利用で
 効果的な利用が可能になります。

 
http://youtu.be/LlPPV2IYZ50

http://youtu.be/2E2aQ6p-iMw

http://youtu.be/P6kNx7y5ILg

http://youtu.be/h4_ks6xL_qs



これは、超音波による表面処理技術の応用であり、
 音響特性による一般的な効果を含め
 新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・
 に大きな特徴的な固有の操作技術として、
  利用・発展できると考えています。


水槽の改良には約1週間(5時間の超音波照射)の処理期間が必要です

上記の処理を行った
   超音波洗浄器の販売も行っています。

  興味のある方はメールで連絡してください


















同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 08:14│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。