2016年09月18日

<樹脂容器の音響特性>を利用した超音波システムを開発

超音波システム研究所は、
 *超音波振動子の設置による制御技術
 *定在波の制御技術
 *音響流の計測技術 ・・・を応用して
 <樹脂容器の音響特性>を利用した
  超音波(72kHz 300W)システムを開発しました。



今回開発した技術の応用事例として、
 各種部品・材料の洗浄・攪拌・化学反応促進・・・について、
 超音波の非線形現象をコントロールすることが可能となりました。



■超音波技術

http://youtu.be/BndYUtQqslA

http://youtu.be/n8vMoUkeRJM

http://youtu.be/dmBkqIe3TgI

http://youtu.be/29Nac5-WPPk

http://youtu.be/Qnw-DhsOKnY

http://youtu.be/E3ZGIZ8LysM

http://youtu.be/L0zzx2MtH9Y




***

http://youtu.be/yXEjTKX90jY

http://youtu.be/jCpOA917Zvc

http://youtu.be/cD9W4Gz3NE0

http://youtu.be/6K5ibd-jsEc




***

http://youtu.be/qfqqZa5EoEs

http://youtu.be/QPX6OabOA8E

http://youtu.be/kP7PLAkC03Y

http://youtu.be/anBU6InBuYg

http://youtu.be/rVXhBqq8I7E




***

http://youtu.be/tqUICQ5Clzw

http://youtu.be/I2czdxdX9xI



これは、新しい方法および技術です、
 今回の実施結果(注)から
 樹脂容器の音響特性による
 金属容器では難しい超音波伝搬現象を提案・実施しています。

 注:
  1)テフロン容器を利用した乳化・分散
  2)プラスチック容器による溶剤を利用した超音波洗浄
  3)樹脂容器の音響特性を利用した超音波霧化サイズの制御
  4)ガラス容器との組み合わせによる化学反応制御実験
  5)セラミックや塗料・・ナノレベルの触媒の攪拌・乳化・分散
  6)医薬品・・への均一な粒子製造への応用
  7)ナノレベルのバリ取り
  8)超音波の非線形現象に関する制御
  ・・・・

  樹脂容器として「ペットボトル」は便利ですが
  形状・サイズ・製造方法・・・により
  超音波の伝搬状態が大きく異なります
  目的に合わせて、適切な容器を利用することがポイントです


上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します




<樹脂容器の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563


「超音波の非線形現象」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

超音波による
「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

間接容器と定在波による
音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736




超音波「音圧測定装置(超音波テスター)」の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波機器の<計測・解析・評価>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934




超音波システムの測定・評価・改善技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906







同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 09:13│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。