2015年03月26日

<超音波洗浄のダイナミック液循環システム>

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、
 ダイナミックシステムの統計的解析と制御に基づいた、
 (赤池弘次/共著 中川東一郎/共著:サイエンス社)
 オリジナルの音圧測定解析技術(超音波テスター)による、
 超音波洗浄のダイナミック液循環制御技術を開発しました。



<超音波洗浄のダイナミック液循環システム>

超音波水槽内の液循環を
 システムとしてとらえ、解析と制御を行う

多くの超音波(水槽)利用の目的は、
 水槽内の液体の音圧変化の予測
 あるいは制御にあります。

しかし、多くの実施例で
 理論と実際の違いによる問題が
 多数指摘されています。

この様な事例に対して

1)障害を除去するものは
 統計的データの解析方法の利用である
 <超音波伝搬状態の計測・解析技術>

2)対象に関するデータの解析の結果に基づいて
 対象の特性を確認する
 <洗浄対象物、攪拌対象物、治工具・・・の
 音響特性を検出する技術>

3)特性の確認により
 制御の実現に進む
 <キャビテーションのコントロール技術>

といった方法により
 超音波を効率的な利用状態に改善し
 目的とする超音波の利用を実現した
 液循環効果の利用例が多数あります

参考
ダイナミックシステムの統計的解析と制御
 :赤池弘次/共著 中川東一郎/共著:サイエンス社

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074



ポイント(ノウハウ)は
 液循環制御による
 超音波の変化を測定解析することです!

以下の動画も一つの事例です

https://youtu.be/60Irrr10jm0

https://youtu.be/6bu7b3e3yiI

https://youtu.be/zUjC7NacSXg

https://youtu.be/QZcUCsa-rYU

https://youtu.be/kkDOCrY3r7I

https://youtu.be/sKULT4og-y8

https://youtu.be/pvP4N5_hdxU

https://youtu.be/BIkENLreJwg

https://youtu.be/f6hNa6iK2bw

https://youtu.be/C_BTRZqot6k

https://youtu.be/Yr5q5kg50zc

https://youtu.be/5_DKNDPeZxg

https://youtu.be/ni539Mh9n5Y

https://youtu.be/a6YXJqwHbLM

https://youtu.be/wXAns3ywCL0

https://youtu.be/3i_GMZTrn5U

https://youtu.be/ixm9GnTOgwo



超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波システム(超音波洗浄機)の
測定・評価・改善技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968

<<超音波制御装置>>
株式会社 ワザワ 超音波事業部
http://ultrasonic-labo.com/?p=3272

<<超音波専用水槽>>
有限会社 共伸テクニカル 超音波事業部
http://ultrasonic-labo.com/?p=3270

「超音波の非線形現象」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

超音波による
「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

間接容器と定在波による
音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

超音波振動子の設置方法による、
超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を
解析・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878





同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 08:18│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。