2015年08月25日

昭和への遺書 敗るるもまたよき国へ( 月刊ペン社、1968年)より

―私が皇居で文化勲章をいただいたとき、そのあとでコーヒーを御馳走になった。

私はその席で、「西洋の文化はインスピレーション型、東洋の文化は情操型だと思います。
これはいわば花木型と大木型というようなものです。

日本の教育は大木型の人を育てることを目標にしてほしいと思います。」と申し上げた。
そうすると皇太子殿下(現天皇)は「大木型の人を作る教育というのは僕も賛成だな。」と仰せられた。
是非皆様にお伝えして置きたいと思う。


「天上大風」
―私はそれを見るとすぐわかった。とっさで、
 何がどうわかったのかわからないが、いっさいがわかってしまったのであろう。
 良寛の書がいわば真正の書であることを、少しも疑わないようになったから。

https://youtu.be/VV87OIc-pUw

http://www2.tsuda.ac.jp/suukeiken/math/suugakushi/sympo08/08takase.pdf




『私は数学の研究に没入しているときは、自分を意識するということがない。』

『知的独創はつねに知と未知との境において起こるのである。
 これが容易に起こらないのは、知の麻痺が非常に深いからであると思う。』

『実際、微温的なものでは役に立たない場合がある。
 少なくとも数学についていえば、オリジナルとコピーとは全く異なっている。
 コピーは紙とインキで作れるが、オリジナルは生命の燃焼によってしか作れない。
 灼熱した情熱や高いポテンシャルエナジーがなければどうにもならないのである。』




同じカテゴリー(ブログ)の記事
日本人と科学
日本人と科学(2017-08-05 06:49)

水自身の動く能力
水自身の動く能力(2017-06-10 06:16)

ニコラ・テスラ
ニコラ・テスラ(2017-05-28 02:25)

超音波実験
超音波実験(2017-04-20 06:50)


Posted by 超音波システム研究所 at 16:32│Comments(0)ブログ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。