2016年03月11日

超音波振動子を、超音波の利用目的に合わせて制御する方法 No.2

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、
シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法を開発し
コンサルティング提案・実施対応を行っています。

超音波照射による現象を 安定して効率よく利用するためには

超音波発振機や振動子以外の条件に関する 検討や開発も必要です

水槽や液循環・・・の影響も大きいのですが

現在使用中の超音波を効率用利用するための

単純ですが大きな改善が可能な

アイデアと方法を紹介します

( 具体例や実績は多数あります

 20cc-2500リットルまで対応実績があります )


この制御は簡単で、非常に効率が高いので是非利用してください

省エネルギーにもなります、
 広く普及させたいと考えています 特許申請は行いません

(インターネットで公開し類似の特許が登録されないようにしています)

詳細については「 超音波システム研究所 」にお問い合わせください

単純ですが、個別の要因(水槽、伝搬対象物、・・)により適切な設定が必要です

<制御について>

各種データの時系列変化の様子を解析・評価して、
時間で移動するボールのジャグリング状態に相当する
超音波伝搬現象の「サイクル」と、「影響範囲」を見つけます

この関係性からボールN個のジャグリング状態を設定して制御を行うと、
システムの状態に適した制御となり、効率の高い超音波システムとなります


<< シャノンのジャグリング定理の応用 >>

注:JUGGLING THEOREM proposed by Claude E. Shannon


シャノンのジャグリング定理

( F + D ) * H = ( V + D ) * N

F : ボールの滞空時間(Flight time)
D : 手中にある時間(Dwelling time)
H : 手の数(Hands)
V : 手が空っぽの時間(Vacant time)
N : ボールの数(Number of balls)

<< 応用 >>

F : 超音波の発振・出力時間
D : 循環ポンプの運転時間
H : 基本サイクル(キャビテーション・加速度のピークの発生する)
V : 脱気(マイクロバブル発生液循環)装置の運転時間
N : 超音波(発振)周波数の異なる振動子の数


ポイント(ノウハウ)は、非線形現象の発生状態を
 対象物による相互作用を考慮した
 測定解析評価に基づいて、コントロールすることです。


参考動画




<< 振動子が2台の場合 >>

事例1

https://youtu.be/C4I50uOQuL8

https://youtu.be/gkSMSvsRqow

https://youtu.be/A-7-SKv-6PQ

https://youtu.be/Dx9GOfVxYPo

https://youtu.be/3j5DqoNCrEw

https://youtu.be/9iJJDNh6j9s

https://youtu.be/Znn6xIVD7kk

https://youtu.be/QiYDlH9aSic

https://youtu.be/hM3YX4eSdHk

https://youtu.be/LzUKIoJC8VA

https://youtu.be/L-UO2nFnS_o

https://youtu.be/WqN_C5ZCAq4

https://youtu.be/3ovK5EFDA7Q

**

https://youtu.be/6t9sGXlu8h0





事例2

https://youtu.be/Ohuv7HeeaCA

https://youtu.be/-JWDPWKv9Tg

https://youtu.be/l8lztNvGAmE

https://youtu.be/vkIm9WILYd4

https://youtu.be/cukQmoYrtTI

https://youtu.be/QefAU4IkHcw

https://youtu.be/guWgiw4XWo8

**

https://youtu.be/Ws0kO7tSsvA






<< 振動子が1台の場合 >>

事例3

https://youtu.be/vIjs8qpYO64

https://youtu.be/bontj0ZeQwQ

https://youtu.be/AXcmgGiQZZc

https://youtu.be/A51cDEoO_fg

https://youtu.be/wTZyXrX77XM

https://youtu.be/pzOiK8YSVWs

https://youtu.be/up2dIQF9Okk





事例4

https://youtu.be/B8ejzYHuetg

https://youtu.be/LwgXS23f6Ms

https://youtu.be/p21XUvxoTEM

**

https://youtu.be/OQ7PS5l_L1g

https://youtu.be/v6ZMZs-m3p4

https://youtu.be/mhVN5kJHqoY


<< 振動子が3台の場合 >>

事例5

https://youtu.be/b9Q_H8WbEX0

https://youtu.be/wS1dg-W54sM

https://youtu.be/jiETrO8O3Z8

https://youtu.be/mE6WuH0WsSY

https://youtu.be/i0JLRNg6sNY

***

https://youtu.be/RR_f3G53THc

https://youtu.be/n0CtL4vWX4s

https://youtu.be/LQwvkQzLCc0

https://youtu.be/3-TE-Ne3_lI


<< 振動子が4台の場合 >>

事例6

https://youtu.be/FCGmUWEZLsQ

https://youtu.be/0TFwR6TRjDA

https://youtu.be/3VRldsn5MaY

https://youtu.be/0c7NgWg-8ZU

https://youtu.be/AsyABZrwbtk




参考

超音波振動子を、超音波の利用目的に合わせて制御する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=9888

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

超音波洗浄機を改良
http://ultrasonic-labo.com/?p=1179

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

<樹脂の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563

流れと音と形の観察:コンストラクタル法則
http://ultrasonic-labo.com/?p=7302

株式会社 ワザワ 超音波事業部
http://ultrasonic-labo.com/?p=3272

有限会社 共伸テクニカル 超音波事業部
http://ultrasonic-labo.com/?p=3270




同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 14:19│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。