2016年09月29日

超音波:音圧解析グラフ

超音波:音圧解析グラフ

このグラフは

 音圧データのフィードバック解析(ARモデル)による

 パワースペクトルの解析結果です




<<超音波の音圧測定・解析>>

1)多変量自己回帰モデルによる
 フィードバック解析により
 超音波伝搬状態の安定性・変化について解析評価します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 対象物の表面状態・・に関する解析評価を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、形状、材質、測定条件・・
 データの最適化に関する解析評価を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の
 非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物の振動モードに関する
 ダイナミック特性の解析評価を行います




この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミックな伝搬特性を
 時系列データの解析により、
 表面状態の特徴に適応させることで実現しています。

ポイントは
 発振波形と発振周波数・出力電圧の最適化です。

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1703







参考書籍

















同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 07:41│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。