2019年05月05日

非線形超音波伝搬現象 

<<< 非線形超音波伝搬現象 >>>


キャビテーションと音響流の働きは微妙で、
これを把握しなければ思うような振動現象を実現できないのが超音波洗浄の実態です。

しかし、超音波の発振周波数の音圧レベルを調整しているだけでは
洗浄効果の改善にはつながりません。
洗浄効果の働きに関係するイメージとして、
音響流(非線形現象)があります。

ところが、これらのイメージは洗浄セミナー・・では説明しないことが多く、
超音波発振周波数の音圧レベルを上昇させることばかりになります。

ここで頭を冷やして、
音響流がどうして洗浄効果につながるのかを考えなくてはなりません。

始めに答えを書きます。非線形現象が発生しているのです。

何を言っているのか?と感じるでしょう。
これには条件があり、非線形現象を継続するのです。
難しい理由として、「非線形現象は単調な制御により無くなってしまいます」。

単調な(ONOFF制御:ONの時間とOFFの時間が同じ)
 液循環ポンプや超音波の制御では共振現象により
 低周波の発生あるいは騒音問題に発展してしまいます。

時間経過に伴う音圧データの変化を
 時系列データの統計解析手法で解析・確認しながら
 各種制御の設定を実現すると
 安定した非線形現象(複雑な変化)を
 目的に合わせてコントロールできます。

次の問題として、より高いレベルの洗浄に関しては、
 メガヘルツの超音波制御を追加して
 高い音圧レベルで、高い周波数(高調波)の
 非線形超音波伝搬現象を実現させることです

非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 

非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 
非線形超音波伝搬現象 



同じカテゴリー(超音波技術)の記事

Posted by 超音波システム研究所 at 16:53│Comments(0)超音波技術
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。