2016年10月01日

良書

「西田幾多郎「讀書」」より

 何人も云ふことであり、云ふまでもないことと思ふが、私は一時代を劃した樣な偉大な思想家、大きな思想の流の淵源となつた樣な人の書いたものを讀むべきだと思ふ。かゝる思­想家の思想が掴まるれば、その流派といふ樣なものは、恰も蔓をたぐる樣に理解せられて行くのである。無論困難な思想家には多少の手引といふものを要するが、單に概論的なも­のや末書的なものばかり多く讀むのはよくないと思ふ。







































同じカテゴリー(随想)の記事
思考について
思考について(2017-02-25 19:14)

橋本凝胤
橋本凝胤(2016-11-19 02:17)


Posted by 超音波システム研究所 at 11:48│Comments(0)随想
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。